July 08, 2013

F1 2013 第9戦 ドイツGP 決勝

予選ではハミルトンの2戦連続ポールGETとなったF1第9戦、ニュルブルクリンクでのドイツGP。

今回は23:45からのBS中継だったので、AT950Wで録画し朝早起きして観戦しました。BSに変わった時に地上波より見やすい時間帯になるような話だったように記憶していますが、この時間帯だと地上波時代と変わらない様な・・・(^_^;)


決勝も綺麗に晴れ渡ったニュルブルクリンク。気温24度、路面温度42度と夏らしいコンディションになり、タイヤ的にはメルセデスに厳しくフェラーリやロータス有利な流れになりそうですが・・・


スタートではポールのハミルトンの蹴り出しが悪く、ベッテルとウェーバーが1-2体制に。これはベッテルの勝ちパターンに嵌ったかと思いきや・・・ 今回はなかなかの波乱含みに。

Q3をミディアムで走ったマッサが序盤に突然挙動を乱してコースアウト・リタイアしたかと思えば、ウェーバーが1回目のストップで右リアを脱落させ、そのホイールがFOMのカメラクルーをヒット。クルーは意識こそあるようですが病院送りに・・・ ウェーバーは21位でレースに復帰こそしましたが、実質これでレース終了。しかもチームはレース後に罰金まで言い渡されてしまいました。まあ、お金で済めば・・・
ハミルトンもどうにもセッティングが詰まっていなかったようでズルズルと後退。画面で見ても明らかにタイヤが傷んでいるのが分かりましたしね。

上位陣が脱落し楽になったかと思えたベッテルですが、今回は逃げを打つことが出来ず、天候が味方したのかロータスデュオがベッテルに離されずにグロージャン-ライコネンが2-3位を走行。ピット戦略次第では・・・と思っていると、24Lap目にビアンキが豪快に白煙を上げてストップ。マシンからは炎も上がりましたが、なんとコースサイドに止めたマシンがスルスルと後退してコース上へ(^_^;)
この面白いトラブルでセーフティーカーが導入され、上位陣がピットイン。差も更に詰まって面白くなってきましたが・・・

レースが動いたのは40Lap目あたり。

2番手のグロージャンが3回目のストップを敢行すると、これに呼応するかのようにベッテルもその翌周にピットへ。この2台の位置関係は変わりませんでしたが、ライコネンはステイアウトしまさかこのまま走りきるのでは?と思わせぶりな展開に。

川井ちゃんを「ゾクゾクする」と言わしめたこのロータスの作戦。グロージャンを先に入れてライコネンを爆発させてトップを奪取するというまさにチームプレイを絵に描いたような展開で、ベッテルがまんまと引っかかったと思われましたが・・・
ライコネンも50Lap目にピットイン(^_^;)

ライコネンは最後のスティントでソフトを履き終盤にはベッテルに1秒圏内=DRS圏内ギリギリまで迫りましたが、結局仕掛けるところまでは行かずにそのままチェッカー。


ベッテルは通算30勝目で、実はこれが母国初優勝。タイトルを何度も取りながら母国で勝てないってセナを思い出しちゃいますが・・・
3位にはライコネンに道を譲ったグロージャンが入り、以下アロンソ-ハミルトン-バトン(バトンは2ストップだったようです)-ウェバー(セーフティーカーでここまで上がったのはラッキーですね)-ペレス-ロズベルグ(メルセデスGP)-ヒュルケンベルグというトップ10となりました。



次戦は3週間後7/28決勝のハンガリーGP。これならイギリスとドイツの間を2週間あけても良いように思うのは‘み’だけでしょうか・・・?

ちなみにこの後は恒例の夏休みで1ヶ月間隔があいてスパでのベルギーGPというカレンダーですが、こうなるともう秋。いよいよタイトルを計算する時期に来たなぁと思えますが、今シーズンはウェーバーの引退でストーブリーグが秋から盛り上がりそうな気もするんですよね〜(^_^;)



〔レース結果〕

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f1gp/2013/07/f1-5d16.html

〔ニュース記事〕

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2013/07/gp2-3-83b3.html

http://www.gpupdate.net/ja/f1-news/297288/



Posted by kazumitsuzuka at 12:07│Comments(0)TrackBack(4)clip!
Trackback URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kazumitsuzuka/51733625
Trackbacks
1st:S ベッテル 2nd:K ライコネン 3rd:R グロージャン F1 第
2013 F1 第9戦 ドイツGP 決勝 感想【ミーハー日記】at July 08, 2013 23:00
地元ドイツのファンで埋め尽くされたスタンド、大声援のなかレッドブルのS.ベッテルが母国GP初勝利を挙げました。2位にはロータスのK.ライコネン、3位には同じくR.グロージャンが入りました。レースはポールポジションだったAMGメルセデスのL.ハミルトンがスタートでレッドブ
ベッテルが母国GP初勝利(2013第9戦ドイツGP)【E's Monologue.】at July 08, 2013 21:57
F1GPも第9戦、ドイツGPである。ドイツといえば、ベッテルの地元であるが、不思議なことに過去にベッテルが優勝したことはない。やはり地元ならではのプレッシャーがあるのかもしれない。 フロントローからのスタートとなり、スタートを決めてトップに飛び出し、後続
F1ドイツGPとインディカーポコノ、寝不足となる深夜のレース【【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)】at July 08, 2013 20:56
ドイツGPは地元ベッテル初制覇、23位にロータス勢: FMotorsports F1勝ったのはレッドブルのベッテル,2...
F1GP2013 ドイツ【Kyan's BLOG V】at July 08, 2013 12:54