July 18, 2014

Blu-ray 機動戦士ガンダムUC episode7「虹の彼方に」 その2

ここで細切れに鑑賞して簡単な感想を書いた「機動戦士ガンダムUC episode7 虹の彼方に 」。もう1度キチンと観る時間を取れたので、改めての感想を。


まずは分かり易いところでモビルスーツなどの気になった場面から。


‘み’はほぼリアルタイムでファースト以降(ファーストは再放送だったと思いますが)を観ているので、やはり昔のモビルスーツが今の絵で再現されるのは結構好きだったりするんですよね。


妙に印象が強かったのがシュツルム・ガルス。まんま過去のMSでこそありませんが忍者でもあるかのような活躍といい、ちょっと変わった効果音といい、海外ウケでも狙ったのかと思える程だったので・・・

ズサとか、バウ(リバウなのかな?)、口からビームを吐くザクIII、ファンネルをキチンと使っていたヤクト・ドーガなどなど・・・
この辺は素直に「おっ」と思っちゃいましたね。
まあ、ep4のトリントン攻防でもしっかり旧MSが描かれているので、その宇宙版ともいう感じでちょっと食傷気味ではありましたけどね(^_^;)

逆にファーストの時代のコロニー落としとかの場面を今のレベルの絵で描いてくれていたのはちょっと嬉しかったですけど。

登場した時何だか分からなかったのがガエルの駆ったシルヴァ・バレト。駆ったというよりネオ・ジオングとともにほぼ棒立ちのようにも見えましたが、MSV的な設定だとばかり思っていたのでちょっとびっくりしましたね。インコムとかちゃんと使っていましたが・・・最終巨大MAには歯が立たない感じでしたね。

同じように目を引いたのがシャイアン基地の防衛に当っていた2機。1機はZプラス、そしてもう1機はなんとグスタフ・カール。共にトライスターに直ぐ抑えられてしまって見せ場はありませんでしたが、特にグスタフ・カールの方は「閃光のハサウェイ」での量産機の先行配備ということになるので世界観が繋がっていることの明示にもなっているなと。


MS本体以外の部分で気になったのが以下の2点。



ユニコーンの3枚のシールドが大活躍していたなと(^_^;) 原作でもアンジェロ戦などで多少勝手に動いたりしていましたが、ここまで縦横無尽に好き勝手に動いてくれるとちょっと不可解にすら感じられちゃいましたね。


同じように違和感があるのがネオ・ジオングのサイコシェード。原理云々はともかく、WEB上などの情報を集めると「人工的にサイコフィールドを形成し、その中の現象を自由に操作出来る」的なもののようですが、ここまで来ると何でもアリ過ぎるような気もしますね。まあ、この通りだとするとユニコーンとバンシィの武装解除を図るかのように武器系統が軒並み爆破されたのも理解できますが・・・


そうそう、最後に・・・


小説を読んだ際に気になっていた「コロニーレーザー」が目に見えないというお話とそれをサイコフィールドで防ぐ場面。
ep7ではこれまでの宇宙世紀の映像作品と同じように思いっきりレーザーが見える形で描かれていましたし、まあそんなものなのかなと思いながらも・・・ 妙に感心したのが、レーザーの光軸が地球の引力圏(だと思う)でしっかりと曲げられていた点。シャイアン基地のディスプレイでもちゃんとこれを計算していたように描写されていましたし、実際に発射されたレーザーもちゃんと曲がっていましたからね。
しかし・・・ こうなるとこの「コロニーレーザー」ってなんなんでしょう(^_^;) 光が引力の影響を受けるのは分かっているつもりですが、レーザーとは名ばかりで超巨大メガ粒子砲位に思った方が良いんでしょうかね?


そしてこのレーザーを食い止めるサイコフィールドも違和感満点。

どうしても小説のイメージが先行してしまうんですが、小説ではなにやら正体の分からないフィールド(というより力場とか靄とかそんな表現の方が良いのかも)をサイコフレームを少しでも多く集めて形成できるかも知れない、防げるかも知れない、と文字通りかすかな可能性に掛けた試みで、この時のミコットの「間違った世界でも、可能性が無くなった世界でも、みんなが生きていければそれでいいでしょう!」が非常に印象深かったんですが・・・
サイコフィールドがはっきりと円いシールド状になり、ユニコーン・バンシィ・ユニコーンシールドの3段構えでこれをはっきりと丸く形成して減衰させちゃうんですよね。
絵的に見えないもの尽くしでは成立しないのかも知れませんが、ここはもうちょっとふにゃっとした曖昧な部分とリスクを背負った危機的な表現を残して欲しかったですね。

なにやらダラダラ書いてしまったので、もう1つエントリを分けてストーリー面を別途書こうかと思います。


つづく

 
Posted by kazumitsuzuka at 07:30│Comments(0)TrackBack(0)clip!
Trackback URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kazumitsuzuka/51778174