May 19, 2015

映画 ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE

随分前に地上波で放送されていたアニメ映画「ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE」。数年前のTVスぺシャルも見た記憶があるんですが、今回も録画してPSVitaに転送して鑑賞しました。


あらすじというか大枠としてはTVスペシャル(調べたら2009年の3月だったようですが、もっと最近のような気がしますね)の延長戦という感じで、今回はルパン一味が来日。
米花町の銀行の貸し金庫に保管されている宝石「チェリーサファイア」を頂くというルパンからの予告状が届き、銭形警部が目暮警部と協力してこれに当たるが、ちょうど来日していた海外の人気男性アイドル、エミリオやそのマネージャーを巻き込み、もっと大きな陰謀が渦巻いていた・・・という感じでしょうか。


と、まだ新しい作品なのでここからはネタバレありの感想を少々。


率直に面白かったですね。


日本というかコナン中心の世界にタッチの違うルパンたちが登場してもキャラの絵的にもストーリー的にも大きな違和感はなかったですし、ちゃんとそれぞれのキャラクターの特徴が際立ってましたからね。

オープニングの両作品キャラ紹介もそれぞれの作品のそれを踏襲していて引き込まれましたし、その直後のキッドの発砲シーンにも一瞬(まさに中森警部のように)あれ??っと思わせてくれましたからね。
逆にちょっとオミットされていたようなルパンの残酷な一面や、銭形警部がやけに真面目だったりする描写はちょっと気になりましたが、この辺はコナン側のキャラの役回りってことなのかなと。


‘み’の中で良い意味で妙に印象に残っているのは、中盤に蘭達が米花タワー(だったかな?)から中釣りになり、これをコナンが救うシーン。コナンの映画ではありがちな展開ではあるものの、次元とコナンの親子コンビが瞬時に救出に掛かった場面なんですよね。次元が瞬時にガラスを打ち抜くための撃ち方を計算して実行に移し、間髪入れずコナンが飛び出す様は良い組み合わせ&役割分担だったかなと。

ルパンとコナンも互いに真剣に遣り合い(流石に細部は覚えていませんが、TVスぺシャルよりシビアな印象でしたね)ながらも、ラストではちゃんと元鞘に収まったりしていていいバランスだなと。


ただ・・・ ちょっと詰め込み過ぎかなとも。


尺が100分強ほどのところに両作品(特にコナン側)のサブ〜準レギュラー的なキャラクターが多数登場し、その上でこの映画の犯人側に当たる人物が何人か絡んでくるので、もう何が何だか(^_^;)
 実は速度を上げて再生していたので、アレ?と思っているうちに話が進んでそのキャラのシーンが終わっているようなことがしばしば。普通速で再生していたらここまでの印象にはならなかったかも知れませんし、オールスターのお祭りだと思えば全く違和感はないんですけどね。


‘み’がルパン三世のTVシリーズを子供時代にかなり見ていたこともあってか(正確には毎日のように夕方再放送をしていた年代があり、これを見ていた)、かなり面白く見られたのは事実。栗田貫一のルパンにも随分と違和感がなくなってきましたし、今後も不定期&散発だとしてもシリーズ的に続けてくれると嬉しいですね。



Posted by kazumitsuzuka at 05:25│Comments(0)TrackBack(2)clip!
Trackback URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kazumitsuzuka/51797799
Trackbacks
世紀の大泥棒ルパン三世と小学生の姿ながらも名探偵の江戸川コナンの対決を描く長編劇場版です。テレビのスペシャル版では既に対決済みの二人ですが、今作では秘宝チェリーサファ ...
ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE/栗田貫一【カノンな日々】at May 19, 2015 09:13
「ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE」は人気アニメシリーズルパン三世と名探偵コナンがコラボした夢の対決で2009年にテレビスペシャルからの続編となり、今回は日本を舞台にル ...
「ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE」再び出会ったルパンとコナンが対決した先にみた同じ正義感の志を持った者同士の事件解決推理ショー【オールマイティにコメンテート】at May 19, 2015 06:17