February 03, 2017

名古屋 キッチンなごや 金しゃち定食

F1関連で鈴鹿方面へ行ったのではなく、仕事で名古屋に行った際、駅から余り離れられない条件でお昼を頂く機会が。F1の時には結構混雑している「うまいもん通り」に飛び込みで行ってみると、まだお昼前の11:30頃だったこともあって並ばずに入店出来たのが「キッチンなごや」。

お店の外観。うまいもん通りの中でもかなり端の方にあるお店です。

名古屋 キッチンなごや 01
その反対側に新しくオープンしたラーメン屋さんが集まっている方は既に結構行列になっていましたけどね。


お店の外側から見たサンプル。定食ってご飯などがないのでちょっとイメージし難いですが・・・
名古屋 キッチンなごや 02

店内の様子。この画像は隣の団体さんが抜けた後のショットなので狭くは感じないと思いますが、エキナカのお店なので狭い印象はぬぐえませんね。

名古屋 キッチンなごや 03
で、頂いたのは金しゃち定食。ご飯、味噌汁、キャベツがお代わりOKで税込1,600円とは今思えばかなり高い印象ですが、折角の名古屋メシですからね。


これがその金しゃち定食。味噌カツ定食+エビフライ2本という贅沢な定食です。
名古屋 キッチンなごや 金しゃち定食 02
メインディッシュをアップで。確かにエビフライ2本でも定食として成立しそうな気もするので高くても仕方がないかなぁ

名古屋 キッチンなごや 金しゃち定食 01
ということで頂いてみると・・・


まずエビフライ。想像以上に海老がプリッとしていて、良い意味で期待を裏切られました。サイズも大き目で食べ応えがあり、このエビフライ2本に何か安目のフライが少しあれば「エビフリャー定食」で十分通りそうです。

味噌カツはまあ見た目と期待値通り。ちょっとお肉がパサついた感はありましたが、厚みはしっかりとあって甘すぎない味噌だれがバランスを取る感じになっていました。まあ、どうしてもこうやってしっかり掛けてしまう味噌だれだとカツの衣のサクサク感は損なわれてしまいますけどね。

予想外だったのは味噌汁。名古屋なので勝手に赤味噌のそれを期待していたんですが(‘み’は赤味噌の味噌汁が結構好き)、上の写真で分かるように違ったんですよね・・・ とはいえ、具材の大根も含めて美味しかったとは思えましたが。


そうそう、最後に2点。

流石に味噌カツは定番というか大回転するメイン商材らしく、ほぼすべての人が味噌カツの絡むアイテム(殆どが味噌カツ定食だった)をオーダーしていましたが、やたらとサーブが速かったなぁと。‘み’の頂いた分も揚げたてのアツアツという感じではなかったですから、ある程度作り置きもしくはオーダーを見込んで揚げ始めていると思うべきなんでしょうかね。逆にエビフライは明らかに揚げたてと思われましたが、‘み’の金しゃち定食はサーブまでに10分ほど掛かっていたので、その分時間を食ったのかも知れません。まあ、場所柄スピードが求められるんでしょうけど。

もう1点は良いところで、店員さんが非常に元気ではきはきしていてご飯や味噌汁などのおかわりに気を配ってくれたりしたのが印象的でした。お店が狭いので会計時はレジ前を横切る形で厨房とホール(この言葉は違うかも)を店員さんが往復することになり、お客さんに「後ろ失礼します」的な状況になるんですが、その際の声の掛け方なども非常に丁寧でしたしね。

味噌カツに目が行くと思いますが、エビフライもなかなか捨てがたいですよ〜

関連ランキング:居酒屋 | 名古屋駅名鉄名古屋駅近鉄名古屋駅


Posted by kazumitsuzuka at 12:31│Comments(0)TrackBack(0)clip!
Trackback URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kazumitsuzuka/51847466