February 25, 2017

中野 威南記 海南鶏飯 スチームチキンライス

中野でランチを頂く際、少し前にニュースになっていた記憶があるシンガポールのチキンライスを食べられる「威南記 海南鶏飯」に行ってみました。
以前シンガポールで頂いたチキンライスがかなり美味しかったので。


お店の外観。中野セントラルパークサウスの2Fの一角にあるお店です。ここでお昼を頂く機会はそこそこあるんですが、以前どんなお店だったかは記憶にありませんね(^_^;)

中野 威南記 海南鶏飯 外観
店内の様子。14:00少し前(ランチは15:00まで)なので特に混雑することもありませんでした。何となくシンガポールっぽい雰囲気が感じられますね。
中野 威南記 海南鶏飯 店内
公園側には結構広いテラス席もあったようですが、真冬の寒さだったので流石に誰も出ていなかったかと。


メニューとチキンライスの食べ方。こんな作法?があったとは知りませんでした。麺類やカレーもあるんですね。

中野 威南記 海南鶏飯 メニュー
テーブルにはその作法に書かれた3種類のソースが。
中野 威南記 海南鶏飯 テーブル
頂いたのは定番のスチームチキンライス。スープ付きで1,100円也。オフィスビルのランチで1,100円はまあ普通のお値段かなと思えますが、中野のサンロードとかの街中ならもっと安いかなと。あ、ちなみにシンガポールでは5ドル=400円強でしたけどね。


中野 威南記 海南鶏飯 スチームチキンライス01

3〜4分程度であっという間にサーブされました。ちょっとこの辺の写真影が写りこんでしまっていますが。


スチームチキンのアップ。

中野 威南記 海南鶏飯 スチームチキンライス02
ライスもアップ。

中野 威南記 海南鶏飯 スチームチキンライス03
3種類のソースも。チリソース、ダークソイソース、ジンジャーソースですが、手作りなんだそうです。

中野 威南記 海南鶏飯 3種類のソース

で、実際に頂いてみると・・・


まずライスは確かチキンスープで炊かれているはずで、期待通りに美味しかったです。そんなにお腹が減っていなかったので無料の大盛はお願いしなかったんですが、ちょっと後悔した程。


が、チキンの方は・・・ なんかちょっと違うなぁと。

厚みのある場所はちょっとパサついたような部分もありましたし、皮の部分も思った程プリッとした感じがしなかったんですよね。しかも骨の部分も結構多くて避けて食べるような感じになってしまって・・・ シンガポール基準なので厳しく感じるんだとは思いますが、もうちょっとお肉はぷりぷりしていたような気がするんですよね。

3種類のソースは中々悪くなかったなと。チリとジンジャーはやや辛みが強いようにも思えましたが、日本向けにアレンジしていると思えば十分許容範囲。ダークソイソースもご飯に垂らしたらそれだけで十分なおかずになるなと思える程でしたし。

今回はチキンがイマイチな印象を受けてしまいましたが、たまたまかなと思いたい部分もあったり、グリルチキンライスの方も気になるので今度はそっちを大盛で頂こうと思います。

あ、食べ終わった後は結構にんにく(パクチーかも?)臭くなったので仕事中の方は要注意です。


関連ランキング:シンガポール料理 | 中野駅



Posted by kazumitsuzuka at 00:46│Comments(0)TrackBack(0)clip!
Trackback URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kazumitsuzuka/51848280