February 28, 2017

Blu-ray 「F1 グレート・ドライバー グレイテスト・レース (HOW IT WAS) 」

2017年の総集編を予約しようとして、Amazonで目に付いて思わずポチとしてしまったのがユーロ・ピクチャーズの「F1 グレート・ドライバー/グレイテスト・レース (HOW IT WAS) 」。この手のF1の映像作品って今までDVDが中心でしたが、Blu-rayならまあ買ってみてもいいかなと。
Blu-ray F1 HOW IT WAS 01

内容的には今までの名勝負というかタイトル確定に絡んだりして語り草になるような場面を集めたもので、真新しいものがある訳ではないんですが、ドライバーが当時を振り返るインタビューと当時の映像が中心なので随分印象が違ったりはしました。

Blu-ray F1 HOW IT WAS 02
尺が90分しかなく、10イベント分しか収録されていないのが珠に傷ですが、「そうそう、こんなことあったよね〜」と懐かしめること請け合いです。


1つ目のニキ・ラウダが1984年にプロストから王座を守った最終戦のエピソード、ネルソン・ピケがラウダに「手を貸す」と言っておきながら直ぐにコースアウトして脱落したというエピソードは初見だったので笑わせてもらいましたし、1997年のヘレスを‘み’の大好きなジャック・ビルヌーブが振り返ったのも興味深かったですしね。


改めてこれを見ていて、昔のレースって結構特徴的だったなぁと改めて感じてしまいました。最近のレースって皆同じように見えてあまり記憶に残りませんしね・・・
単に記憶力が落ちただけかも知れませんが(^_^;)



Posted by kazumitsuzuka at 00:03│Comments(0)TrackBack(0)clip!
Trackback URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kazumitsuzuka/51849058