August 28, 2017

F1 2017 第12戦 ベルギーGP

ハンガリーGPからサマーブレイクを挟んで約1ヶ月。連続開催もあるスケジュールだと4週間ぶりが妙に長く感じられますが、第12戦はスパ・フランコルシャンでのベルギーGPですね。
スパ・ウウェザー次第で下位チームにも上位進出の目がある上、ここ数年のカレンダーではもう珍しくなってきた昔のレイアウトを残すコースですが・・・


メルセデス有利と思われたこのコースで、FPまではフェラーリ(特にスパが大得意のライコネン)が好タイムをマークして面白くしてくれそうだと思いきや、予選ではやはりハミルトンが1分42秒553というコースレコードを大幅に更新するタイムでポールGET。ハミルトンはこれが通算68回目のポールとなり、ついにミハエルの記録に並ぶことになりました。
まあ、今年のマシンはコーナーが大幅に速くなっているので、予選レコードという意味では2005年(この頃は30m程度コースが長かった)のそのミハエルの1分43秒726になり、これを超えたのは5位のフェルスタッペンまでなんですけどね。

決勝はスパにしては珍しく天候安定し、降水確率も10〜20%とのこと。天気に起因して荒れるレースは期待できそうもありませんでしたが、久しぶりに純粋なレースとして面白かったなと。


例年ラソースやケメルストレ−トエンドでクラッシュが起きたりするんですが、今回はスタート〜1Lap目には大きな混乱はなし。順当にラミルトン-ベッテル-ボッタス-ライコネンの4強にレッドブル2台が(今回は同士討ちもなく)続いたんですが、白眉だったのはアロンソ。予選ではバンドーンのスリップを使いながらもQ3には進めなかったものの、スタートから大外を回って11番グリッドからこのトップ6に続く7番手にジャンプアップ。流石にその後はどんどんとパスされてしまいましたが、この辺は流石だなと。まあ、アロンソ本人は相当気に入らなかったらしく無線で「恥ずかしい(embarrassという単語を使っていたようですが)」としきりにコメントしていましたし、レース中盤には雨が来ないことを確認して(自主的に?)リタイアしてしまっていい加減に愛想を尽かされてしまっても仕方がないのかも・・・

トップ争いに目を移すと、4強と言いながら実質ハミルトンとベッテルのマッチレースの様相となり、1回目のストップを終えても順位は変わらず。少なくとも「抜ける」スパのコース上での直接対決がみられると思いきや・・・

ここで最近どう見ても仲の悪いフォースインディアのチームメイト、オコンとペレスが接触。実は序盤にもこの2台はウォールに押し付けるような格好で競り合っていて、今回もついに接触。実はこのレース、AT950Wで録画してPSVitaに転送して通勤中に鑑賞していたんですが、思わず声が出てしまった程ビックリしたんですよね。派手なクラッシュではありませんでしたし、2台とも完走扱いになっている&どちらにもペナルティはなかったものの、無駄なチームメイト間での接触としか思えませんでしたからね・・・

この接触でパーツがコース上に飛び散り、ついにセーフティーカーが発進。川井ちゃんがコメントしていましたが、スパはSC率59%もあるそうで・・・ ハミルトンとベッテルもこの際に最後のピットストップを終え、10Lap程度を残していよいよリスタート。

ベッテルがオールージュでハミルトンの背後にピタリと着け、これは抜けると思ったものの・・・ ケメルストレート序盤〜中盤でスリップから出たベッテルはハミルトンをかわし切れなかったんですよね。一瞬何かあったのかと思うようなシーンでしたが、あとで解説陣の話を聞いて納得。
SCのスロー走行でタイヤを温めきれずにややペースを上げきれなかったハミルトンに対し、ストレートに入っる時点でこれに追いついてしまったベッテル。早めにスリップから出るしかなかったということでしたが、コメントされていたようにのようにもしハミルトンが誘い込んでいたらと思うと、バクーでの接触も含めてレベルの高さにちょっとぞっとしますね。


と、レースは結局このままベッテルがハミルトンを追い切れず、仕掛けることも出来ずに2位フィニッシュ。フェラーリの方がマシンが落ち着いてように見えたのでどこかでチャンスがあるかとも思いましたが、同じマシンに乗るチームメイトを完全に置き去りにした2人のポイントリーダーの争いは見ごたえがありましたね。

ハミルトンの今季5勝目で2人のポイント差はわずか7。文字通り勝てば確実にひっくり返る数字ですから、いよいよ終盤に向けて盛り上がってきましたね。


さて、次戦は連続開催となる9/3決勝のイタリアGP。雨でも降らない限り今のマクラーレン・ホンダには厳しいパワーサーキットですから、同じように地元のフェラーリよりもメルセデスが優位なはずですが・・・ そろそろ赤銀対決から目が離せなくなりそうですね。


〔レース結果〕

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f1gp/2017/08/f1-1-0106.html

http://www.gpupdate.net/ja/results/11300/-2017-belgian-f1-/


〔ニュース記事〕

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2017/08/gppp-b200.html

http://www.gpupdate.net/ja/f1-news/357562/


Posted by kazumitsuzuka at 18:05│Comments(0)clip!