March 23, 2019

つきじ 宮川本廛 そごう川口店 ランチ丼

槇原敬之のコンサートを見に行った際、お昼ご飯を頂こうと初めて川口の駅前を歩きながら目に入ってきたのがそごう。少しゆっくりできる場所の方が良いなと言う思いもあり、10Fのレストラン街に行ってみました。

川口駅東口のコンコース。そごうは駅からロータリーを越えて直ぐ。この写真の左側の建物です。
川口駅東口

10Fのレストラン街。川が流れるような構造になっていましたが・・・ 水は流れていなかったような(^_^;)
そごう川口10Fレストラン街

確かこの辺は鰻が有名だったなと思い出し、「つきじ 宮川本廛 そごう川口店」をチョイスしました。こんな外観のお店でしたが、後から調べたら新宿や町田など結構店舗があるようで(^_^;)
つきじ 宮川本廛 そごう川口店 外観

店外に出ていたメニュー。この日は土曜日でしたがランチもありました。



つきじ 宮川本廛 そごう川口店 サンプル

店内の様子。奥の方は分かりませんが、想定通り落ち着いた感じです。ちなみにここは禁煙席。14:30〜喫煙になる席もあるようです。

つきじ 宮川本廛 そごう川口店 禁煙席

奮発しようかとも思いましたが、お買い得っぽいランチ丼が税込1,566円だったのでそれをチョイスしました。
ちょっと鰻が寂しそうな気もしますが・・・


10分程度でサーブされたランチ丼。名前こそ「丼」ですが、瀬戸物ではなくちゃんと蓋もついていてお重のようにも見えますが。

つきじ 宮川本廛 そごう川口店 ランチ丼 01

蓋を開けてみました。流石に鰻の量的には寂しい感じがしますね。

つきじ 宮川本廛 そごう川口店 ランチ丼 02

鰻のアップ。量はともかく絵的には程よく締まっていて美味しそうな感じです。

つきじ 宮川本廛 そごう川口店 ランチ丼 03

実際に頂いてみると・・・


お値段を考えればまあ及第点・・・という感じでしょうか。

香ばしくタレの味が濃すぎないので鰻の味を良く感じられましたし、脂分も少なくさっぱりとしていました。ふわっとした鰻ではなくしっかりと身が締まっている感じでしたね。

その分、鰻の泥臭さのような部分がやや感じられてしまったのがやや気になったところ。薄味な分余計に気になっただけだとは思いますが。

鰻の値段は量に左右されるものと考えていますが、まあこの値段でこの量&クオリティなら必要十分かなと思います。

関連ランキング:うなぎ | 川口駅


Posted by kazumitsuzuka at 12:08│Comments(0)clip!