May 28, 2017

REGZA Z9500 録画用 アイ・オー・データ HDC-LA3.0 購入編

以前ここで紹介したREGZA Z9500の録画用外付けUSB-HDD、BUFFALOの「HD-AV1.5TU2/A」。流石に相当酷使してきた(嫁さんがひたすら録画しまくっている)こともあり、動作が不安定になってきました。


不安定と言うのは・・・


・録画に失敗する
・録画 or 再生時に一瞬固まったりするような挙動を示す


位でそれ以上に何かがある訳でないんですが、ちょくちょく発生するようになってきたんですよね。

残念ながらZ9500はSeeQVaultより前の世代の機種ですし、そのSeeQVaultもまだ普及しているという状態ではないような気がするので、差し当たりHDDを1台追加し、録画を新HDDに向けて旧HDDを退役させる作戦に出ました。


ということで選んだのがたまたま特価になっていたアイ・オー・データの「HDC-LA3.0」。持ち腐れることになりますがUSB3.0対応の3TB品です。Z9500は公式には2TBまでしか対応しないようですが、実際には4TBまではOKのようなので、費用対効果が高そうなモノをチョイスしました。USB-HDDは番組数で500という制限もあるので、容量一杯(268時間相当なので全て30分番組だと3TBの容量より先に500番組に引っかかる)までは使い切れない可能性もありますけどね。

これが「HDC-LA3.0」。イートレンドで3月下旬に送料&税込7980円也。この頃の同じようなスペックの品と比べて500〜1,000円くらい安いかな。外装が極めてシンプルなのが印象深いですね。
I-O DATA HDC-LA30 02

アイ・オー・データのHDDを買う機会が最近なかったのでHDD本体の外装は結構新鮮に感じられます。

背面はこんな感じ。個人的には物理的な電源スイッチ(オートとOFFの切り替えですが)があるのは何かと嬉しかったり。
I-O DATA HDC-LA30 01

ということで、まずは自作機でベンチを取ってみました。


ここで紹介したUSB3.0ハブ、ELECOMの「U3H-S418BBK」経由です。
I-O DATA HDC-LA30 ベンチ

まあこんなものでしょうね。PC用の外付USB-HDDとしては静かな方だと思いますし、LEDがUSB3.0=青、USB2.0=緑と光るのも意外と気が利いている印象です。


ということでZ9500に接続するんですが・・・


接続編につづく



Posted by kazumitsuzuka at 10:44│Comments(0)TrackBack(0)clip!
Trackback URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kazumitsuzuka/51854517