June 05, 2017

REGZA Z9500 録画用 アイ・オー・データ HDC-LA3.0 接続編

REGZA Z9500での録画用に購入したアイ・オー・データの「HDC-LA3.0」。持ち。購入編に引き続いて接続編です。

まずZ9500はHDD用のUSBポートが1つしかないのでUSBハブ使用が必要になります。

で、そのハブは公式にはセルフパワー必須のようなんですが、セルフパワーだとHDDの電源が自動連動しないんじゃないかとちょっと不安になった上、ここで紹介したUSB3.0のバスパワーハブ「ORICO 4ポートUSB3.0ハブ W5PH4-U3」が最終的に余っていたのでまずはこれで挑戦。

AC電源も今回の新HDDとUSBハブをセルフパワーに変更する可能性があることも踏まえて、一時的な話になるかも知れないとはいえACアダプターが増えてちょっと困りそうだったので、ELECOMのOAタップ「T-ADR4BK」を購入。
ELECOM T-ADR4BK 02
「隣のコンセント差込口をふさがずにACアダプタを接続できる電源延長コード」という謳い文句どおり、複数のACアダプタを同じようなところに設置するときに便利なアイデア商品ですね。
ELECOM T-ADR4BK 01

あ、正確に言うと先に旧HDDを単体で上記ハブ経由の接続に変更して問題がないことは確認しています。ハブを噛ませてもそれだけで録画データがリセットされたりすることはないのでご安心を(^_^;)

改めてREGZA Z9500の電源を落とし、新HDDをハブ経由意で接続してみると、特に問題なく登録されました。新旧2台のHDDが同時に使用でき、共に同時録画&再生テストも問題なし。

と・・・ここからちょっと困ったのが、どうやってこの2台の新旧HDDを切り替えて行くかなんですが・・・



1.旧HDDには1.5TB分ほぼ満タンの録画データがある。
2.旧HDDへの録画予約も沢山ある。
3.出来ればこれら(録画済データ&録画予約先)を新HDDに全て簡単に移して旧HDDは退役させたい。
4.3.がNGでも旧HDDへの録画は停止し、再生のみにしたい。


と考えたんですが・・・


‘み’はそもそも新旧HDD間の録画データ移動は出来ないと思っていたんですが、これが同じUSBハブに接続されているHDD間やNASならムーブ可能だったのに良い意味でちょっとびっくり。DRの30分番組で6〜7分とそこそこの時間を要しましたし、当然HDD録画中はムーブ不可、かつ一度にムーブできるのは16番組のみとなかなか制約が大きかったですけどね。

あ、今回HDD移行に際して「REGZA HDD Easy Copy」というフリーソフトの存在も知ったんですが、HDDを間然に入れ変える訳でもないので今回は使用していません。Max500という番組数も気になるので・・・

録画予約の方は新HDDを登録した際に「録画先を変更するか?」と聞かれてYesと回答したことで全ての予約が切り替わったと一瞬ぬか喜びしたんですが、これはデフォルト設定のみが変わっただけ(T_T) しかも番組予約から予約先のHDDを変更することも出来ず、結局少しずつ切り替えていく(旧HDDへの予約が終われば自動的に切り替わっていくという程度)ことになってしまいましたが(^_^;)


REGZA Z9500も2010年の故障交換から既に6年以上が経過しているので何時まで持つか分りませんし、USB-HDDへの録画は見て消す用途と割り切っているとは言え、データが飛んでしまうとかいう状況は避けたいので、今回は良いタイミングで換装出来た様に思います。

SeeQVaultが普及すると随分変わるんですけどね。

あ、旧HDDの方は一度番組を全部綺麗に消化した後、PCでフォーマットとかして様子を見ようかなと思っています。


   
Posted by kazumitsuzuka at 08:06│Comments(0)TrackBack(0)clip!
Trackback URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kazumitsuzuka/51854590