May 07, 2019

2019.02 台湾旅行 その7 台北101

台湾旅行2日目の観光スポットその1は台北101。言わずと知れた世界一の高層ビル(2004年の竣工時)です。

リージェントでのブランチからその足で向かったので、この時もMRTで中山駅→台北101/世貿駅と移動しました。


駅を降りるといきなり101の足元に(^_^;) あ、到着時よりも出発時の方が明らかに天気が良くなっていたので、これは出発時の綺麗なショットだったりします。

1902 台湾 台北 台北101 05

ショッピングモールのような所を抜けて5Fのチケット売り場&展望台直通エレベーター乗り場へ。
1902 台湾 台北 台北101 01

この時も事前にkkdayで15%オフ&お土産(ミルクティのティバッグ)付きのチケットを購入しておいたんですが・・・ 何故か自動発券出来ず。パスポートNo.かクレジットカードの下4ケタを入力する画面でエラーが出てはねられてしまったので、人のいるカウンターに行ってバウチャーを携帯で提示し、チケットを頂きました。
今思えばリージェントでの食事中にチケットを購入し、30分刻みの10:30の時間指定をしてあったにも関わらず到着したのが10:00頃だったので、時間ではねられたのかも知れません。画面のエラーからは読み取れませんでしたけどね。

セキュリティチェックを経て10分程世界最速級のエレベーターを待ち、89Fへ。
1902 台湾 台北 台北101 02

耳がキーンとなるほどの速度で上がりながら殆ど揺れや振動を感じさせないのは流石。


1902 台湾 台北 台北101 03

89Fの様子。この時間帯は外もややガスっていて少し空いた感じでした。

1902 台湾 台北 台北101 04

89Fのお土産物屋さん。ここでお土産のミルクティを頂きました。

1902 台湾 台北 台北101 07

目についたお土産はこの101ボトルのドリンク位でしたけどね。

1902 台湾 台北 台北101 06

ビルの中央部分には何やら大きな球状の物体が・・・ 要は免震装置だそうです。F1マニアの方にはマス・ダンパーと言った方が通りが良いかと思いますが、アロンソがタイトルを取ったルノーR26にはマス・ダンパーが搭載されていて、禁止云々で話題になりましたからね。
1902 台湾 台北 台北101 08

下に降りる際には1F下からも眺められました。

1902 台湾 台北 台北101 09

台湾南部地震の際の動画も89Fで流されていましたが、写真を撮っている人が揺れても我慢して取り続けられるほどまで免震の効果があったようです。


と、ここからは展望台からの周囲のショットを。といっても展望台に上がった頃はまだガスが強かったので、少しそれが晴れて降りる寸前の様子になりますが。
1902 台湾 台北 台北101 10

1902 台湾 台北 台北101 12

1902 台湾 台北 台北101 13

1902 台湾 台北 台北101 14

1902 台湾 台北 台北101 15

1902 台湾 台北 台北101 16

1902 台湾 台北 台北101 11


チケットを引き換えた時には91Fの屋外展望台は閉鎖されていたんですが、89Fをウロウロしている間に運よく解放されたので、そこにも出てみました。

1902 台湾 台北 台北101 18

眺めなどはあまり変わりませんし、柵がある分視野も狭く、一周出来るわけではない(いつもこうなのかは分かりません)ので雰囲気を味わうだけですけどね。あ、建物の最上部は真近に見られましたが。

1902 台湾 台北 台北101 17

下りのエレベーターに乗る前はこんなお土産物コーナーが延々と・・・
1902 台湾 台北 台北101 19

しかも101にほぼ関係が無い宝飾品や工芸品などが売っているのには違和感がありましたけど。

1902 台湾 台北 台北101 20
ちなみに下りのエレベーターの方は15〜20分程待たされました。ウェイティングエリアがかなり広く取られていたので、この待ち時間は短い方だったようですが。

1902 台湾 台北 台北101 21

この後少し周囲を歩いたので、その時の様子も少し紹介しておきます。

少し違う角度から見た台北101。
1902 台湾 台北 台北101 22

三越などが集まる市政府駅方面の様子。
1902 台湾 台北 市政府駅付近 01
広々としていて良い雰囲気でした。
1902 台湾 台北 市政府駅付近 02

少し足を延ばして国立国父紀念館。
1902 台湾 台北 国立国父紀念館 01
101の89Fからもしっかり見えましたね。

1902 台湾 台北 国立国父紀念館  02

国立国父紀念館の近くからの台北101。
1902 台湾 台北 台北101 23
完全に逆光ですが、この頃にはすっかり晴れ渡って26度などまで気温が上がって暑いほどだったんですよね。まあ、午後にはまた曇りに戻りましたが。

1902 台湾 台北 台北101 24

ちなみにこの辺りでは信号待ちをしていたフェラーリ458スパイダー(多分)にも遭遇。
1902 台湾 台北 フェラーリ458スパイダー

原付は異常に沢山走行しているものの、香港などと違ってあまり高級車は見かけないなぁと思っていたんですが、いるところにはいるんですねぇ(^_^;)


〔Canon EOS 7DMarkII+EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

その8につづく


Posted by kazumitsuzuka at 06:57│Comments(0)clip!