May 15, 2019

2019.02 台湾旅行 その9 昼間の九份

金龍芸品に集合するH.I.Sのツアーで向かった九份。バスは高速道路を経由して1時間弱で到着。
1902 台湾 台北 九分01

週末はここまで上がって来れないそうで、このツアーでも週末は少し下で路線バスに乗り換えるそうです。

あ、この日は金曜日だったんですが、ガイドさんも疑問に思う程明確な理由もなく混雑していたんだとか・・・

今回のツアーは九份滞在がおよそ3時間で、16:00前に到着して明るい時間が見られるだけでなく、19:00頃出発なので夜景も楽しめるというものなんですよね。


ということで、まずは九份の昼間の様子を。

賢崎路の入り口。
1902 台湾 台北 九分02

茶藝館の下の広場まで上がって来ました。既にこの時間帯でしっかり混んでいましたが。

1902 台湾 台北 九分03

1902 台湾 台北 九分06

赤い提灯が良い雰囲気を醸しだしています。


1902 台湾 台北 九分05

1902 台湾 台北 九分04

多分一番九份らしいと思われる茶藝館の辺りのショット。
1902 台湾 台北 九分07

雨こそパラパラ程度にしか降りませんでしたが、霧が酷く景色はほぼ見えないレベルでした。
1902 台湾 台北 九分08

基山街もこの人だかり。商店街というかお土産物屋さんが無数に連なっていました。

1902 台湾 台北 九分10

1902 台湾 台北 九分09

1902 台湾 台北 九分11

1902 台湾 台北 九分12

1902 台湾 台北 九分15

ミニスーツケースはちょっと面白いお土産ですね。

1902 台湾 台北 九分14

臭豆腐も売っていました。ガイドさん曰く臭くないと美味しくないんだそうです。焼いたものは比較的食べやすいとも・・・

1902 台湾 台北 九分13

1902 台湾 台北 九分19

九份だけあってカオナシのキャラグッズもちらほら。版権とかはまあ多分・・・

1902 台湾 台北 九分20

そんな中でもこのお店で草餅を購入。
1902 台湾 台北 九分17
具材が高菜や切り干し大根など塩辛いものだったんですが、柔らかい草餅とマッチして想像以上に美味。日本でも売れるんじゃないかと思える程でした。

1902 台湾 台北 九分18

夜になるまでウロウロし続ける訳にも行かない&折角なのでお茶を頂くことに。

〔Canon EOS 7DMarkII+EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

その10につづく


Posted by kazumitsuzuka at 00:29│Comments(0)clip!