【 アニメ 】
December 28, 2020

アニメ映画 クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろし

地上波で放送されていたアニメ映画「クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 〜失われたひろし〜」。クレヨンしんちゃんの映画は感動できる的な印象を持っていたので、録画してPSVitaにおでかけ転送して鑑賞しました。


勝手にもっと古い作品だとばかり思っていいたら、2019年公開のものだったんですね。


あらすじ的には・・・


新婚旅行に行っていないみさえとひろしは、みさえが見つけてきたオーストラリアで金環日食をバックに写真撮影が出来るという激安新婚旅行ツアーに一家で参加する。


そこには巨大なエメラルドの伝説があり、金環日食の日に姫に婿をささげるとお宝としてそれが手に入るとのこと。現地の仮面族を筆頭に、各地から集まったトレジャー・ハンターたちがこれを狙うが、ひろしがその足の臭さから婿として選ばれ仮面族に連れ去られてしまう。

みさえ、しんのすけ、ひまわりの3人はひろしを救うべく、運の悪いトレジャーハンター「インディ・ジュンコ」と当初は反目し合いながらも協力して仮面族のテリトリーに乗り込んでいく・・・


という感じ。


ここからはネタバレアリの感想を少々。

  続きを読む

Posted by kazumitsuzuka at 07:44Comments(0)
July 27, 2020

アニメ映画 未来のミライ

2018年のカンヌ国際映画祭監督週間に選出されて上映された国産のアニメ映画「未来のミライ」。地上波で放送されていたのを録画し、PSVitaにおでかけ転送して鑑賞しました。例によって細田守自身が原作小説を記していたことは知らなかったんですが。


あらすじ的には・・・


4歳の男の子くんちゃんは、設計士のおとうさん、第2子を妊娠中のおかあさん、ミニチュアダックスフントのゆっこと横浜で仲良く暮らしていた。おとうさんが自ら設計したその自宅は緩い傾斜地を上手く利用して建てられた特徴的な構造で、上段の居住空間と下段のフリー?スペースを階段で繋ぎ、中央に大きな樫の木のある中庭があるものだった。

そんなくんちゃん達の元に、出産のため入院していたおかあさんと長女の未来ちゃんがやって来たが、おとうさんとおかあさんは未来ちゃんの育児に追われくんちゃんが未来ちゃんに嫉妬し始め、未来ちゃんの顔で遊んだり未来ちゃんを新幹線のおもちゃで叩いたり・・・それをとがめられて癇癪を起したくんちゃんが中庭に飛び出すと、何やらチャラい男に出会う。その男は人間の姿をしたミニチュアダックスフントのゆっこで、くんちゃんが生まれた時に既にこの家で飼われていたゆっこが同じように嫉妬の感情を持ったことをくんちゃんに説明するのだった。


という感じ。


ここからはネタバレアリの感想を少々。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:03Comments(0)
June 15, 2020

アニメ映画 クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王

多分随分前のスカパー!の無料放送日にEW1200が勝手に録画してくれていた「クレヨンしんちゃん」のアニメ映画「アクション仮面VSハイグレ魔王」。PSVitaにおでかけ転送して鑑賞しました。


全く予備知識はなかったんですが、1993年公開の初劇場版だったそうです。「クレヨンしんちゃんの劇場版は感動的なものが多い」程度の感覚でHDDから消さずに見ることんしたんですけどね。


あらすじ的には・・・


「アクション仮面」の撮影中に突然スタジオ内で想定していなかった爆発が起き、アクション仮面が負傷してしまう。その際、何者かが現れてアクション仮面の力の源でありベルト収納されているアクションストーンを奪い去ってしまう。

撮影は代役を立てて行われたが、しんのすけは「うそんこ」としてこれを見破る程だった。


一方、しんのすけ達の間ではチョコビのおまけのアクション仮面カード集めが流行っていた。その中でもNo.99のカードは発行枚数が少なく幻と呼ばれていたが、しんのすけは怪しい駄菓子屋さん偶然これを手に入れる。

その数日後、突然海に行くことになった野原家は海辺のアクション仮面アトラクション・ハウスを偶然見つけ、「時空移動マシン」というアトラクションでアクション仮面が本当に存在している別のパラレルワールドに移動していた。実はNo.99のカードはその際のキーとなるものだったが、これはしんのすけを呼び寄せ、アクションストーンを失ったアクション仮面を呼び戻すためのものだった。

この世界では宇宙人のハイグレ魔王が地球侵略を開始しており、アクション仮面の復帰が今や遅しと待たれていた・・・


という感じでしょうか。


古い映画ですが、ここからはネタバレありの感想を少々。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 07:45Comments(0)
May 25, 2020

アニメ映画 ディズニー 塔の上のラプンツェル

タイトルくらいしか知らなかったディズニーのアニメ映画「塔の上のラプンツェル」。地上波で放送されていたのをEW1200で録画し、そのままREGZA Z9500で鑑賞しました。日本語バージョンでしたが。


あらすじ的には・・・


「どんな病気をも治す金色の花」の魔力で何百年も若さを保っていたゴーテル。その金色の花の魔力がプリンセスのラプンツェルの金色の髪に受け継がれたことを知り、赤ん坊のラプンツェルを誘拐して森の奥の高い塔幽閉するようにして育て、その力を我が物にしていた。

18年もの間、ラプンツェルは塔の外に出ることを禁じられていたが、毎年自分の誕生日の夜に遠くの空に現れる無数の灯りを不思議に思い、「あの灯りを見に行きたい」と外の世界への想いを募らせていた。

そんな中、王国のティアラを盗み出した泥棒のフリン・ライダーが衛兵に追われてこの塔に逃げ込みラプンツェルと出会う。ラプンツェルはフリンを捕らえ、「自分に灯りを見せて塔に戻すこと」と「ティアラを返す」ことを交換条件としてフリンと2人で塔の外に出る。


という感じ。


ここからはネタバレありの感想を少々。


  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:02Comments(0)
October 24, 2019

アニメ映画 ライオン・キング

フルCG版が2019年に公開された際、連動するように地上波で1994年版のアニメ映画「ライオン・キング」が放送されていたので、EW520で録画してPSVitaにおでかけ転送して鑑賞しました。 

既に25年も前の作品なんですが、断片的なミュージカルの場面紹介やディズニーランドのショーなどでおおよそのあらすじを知っている程度で、完全に初見でしたが。 


あらすじ的には・・・ 

プライドランドに生まれたライオンの王子、シンバ。誰からも尊敬されている父ムファサに代わって将来王になることが約束されていた身だったが、権力を狙う叔父のスカーの策略にはまり、結果的にムファサを殺されてしまう。 


失意のもとにプライドランドを離れ、ジャングルの片隅でミーアキャットのティモン&イボイノシシのプンバァと暮らし、ハクナ・マタタの精神も抱いて大きく成長したシンバの元に、幼馴染のナラが現れる。プライドランドは王となったスカーがハイエナと手を組んで支配していたが、食べ物もなくなってしまうほどの悲惨な状態だった。父を殺して逃げだしたという負い目を乗り越え、シンバは意を決してプライドランドに戻るが・・・ 


という感じでしょうか。 


今更ネタバレもないかと思いますが、ページをかえて感想を少々。 


  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:09Comments(0)
November 30, 2018

アニメ映画 聲の形

大今良時の漫画を映画化した「聲の形」。HNKで放送されていたのを録画鑑賞しました。

原作漫画は一通り読んでいたので何となく記憶が残っている中での鑑賞です。

あらすじ的には・・・

小学校時代に転校してきた、耳が不自由な西宮硝子。石田将也達は西宮硝子を面白がってからかい始め、これがエスカレートしていじめに発展。
が、西宮硝子の補聴器が異常なペースで壊れたりなくなったりすることをきっかけにこれが公になり、責任を押し付け合った石田将也グループに亀裂が入った結果石田将也自身がいじめのターゲットになってしまう。


数年後。


小学校時代のいじめが自分に跳ね返ってきていると感じ、自殺まで考えた高校生の石田将也だったが、西宮硝子と偶然再開し、周囲の仲間も交えて交流を始めるのだが・・・


という感じでしょうか。

細部はともかくおよそ原作漫画をなぞった形になっていたかと思います。あ、そういえば映画を作るとかその辺の話はなかったですかね。


ここからはネタバレ有の感想を少々。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 06:40Comments(0)
October 24, 2018

アニメ映画 ファインディング・ドリー

ファインディング・ニモの続編となる「ファインディング・ドリー」。地上波で放送されていたので録画鑑賞しました。
ファインディング・ニモが2003年の映画で、今作が2016年とかなり時間が空いたこともあって既にニモの方の記憶が曖昧なんですが・・・



あらすじとしては、ニモの物語から1年後、マーリンと共にニモを探してくれたドリーが激流に飲まれて気を失ったことをきっかけに幼い頃の記憶を思い出し、子供の頃にはぐれてしまっていた両親を探すべく、マーリン&ニモと一緒に旅に出る。
が、目的地であるカリフォルニアに着いた矢先、ドリーは人間に捕まり海洋生物研究所に捕らわれてしまう・・・


という感じ。


全体的に前作と大きくは変わらないようなお話なんですが・・・


ここからはネタバレ有の感想を少々。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 21:38Comments(0)
June 19, 2018

アニメ映画 名探偵コナン ベイカー街の亡霊

コナンの映画は一通りTV放送されたもので観ているんですが、再放送された「ベイカー街の亡霊」を改めて録画鑑賞しました。

結構昔の作品だなという感覚はあったものの、鑑賞後に調べたら2002年の6作目。そこまで古いとは思っていませんでしたけどね。


あらすじ的には・・・


MITに在籍する天才少年のヒロキ・サワダは1年で人間の5年分成長するという人工頭脳「ノアズ・アーク」を開発したが、一躍時の人となってしまい、友人と遊ぶことすら許されない監視下に置かれることとなった。ヒロキはこれに耐え切れずに「ノアズ・アーク」を一般電話回線いに逃がし、自身は投身自殺してしまった。

その2年後。

コナン達少年探偵団は、工藤優作や阿笠博士が開発に携わった仮想体感ゲーム「コクーン」のプレミアに招かれた。同じように招待されていた官僚や政治家の二世・三世達と共に「コクーン」を体験することになったコナン達だが、ゲームの開始直後にゲーム自体が日本のリセットを狙う「ノアズ・アーク」に乗っ取られ日本の将来を担うべき子供達50人が人質に取られてしまう。
5つの仮想空間からプレイヤーが1人でも無事に生還すれば50人は無事に解放されるが、プレーヤーが全滅した場合には現実世界でも本当に子供達の命が奪われるという条件が付きつけられ、コナンたちは「オールドタイム・ロンドン」という19世紀末のロンドンを舞台としたステージに向かい、ジャック・ザ・リッパーを捕えようとするが・・・


という感じ。


既に古い作品ではあるものの、ネタバレになってしまうのでページを変えて感想を少々。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:01Comments(0)
January 03, 2018

アニメ映画 おおかみこどもの雨と雪

何度か地上波で放送されながら鑑賞し損ねていたアニメ映画「おおかみこどもの雨と雪」。次の放送を待とうかとちょっと悩みながらも、先日Blu-rayをレンタルして鑑賞しました。



あらすじ的には・・・


大学で花が出会い恋に落ちた寡黙な男・・・ 実はニホンオオカミの末裔「おおかみおとこ」だった。花はこれを受け入れ2人の子供を設けるが、姉の「雪」も弟の「雨」もおおかみに変身出来る「おおかみこども」だった。しかし、雨が生まれて間もなく「おおかみおとこ」は事故で亡くなってしまう。花は独力で「おおかみこども」2人を育てようとするが、遠吠えなどが近所迷惑になってしまうことを踏まえ、人里はなれた古民家に移住。当初は戸惑う3人だったが、次第に周囲とも打ち解けていく。
雪も雨もおおかみこどもであることを隠しながら小学校に通い始めるが、雪は周囲との差を感じ始める一方、雨は次第に学校を避け、山に通うようになる。

そんな中、雪が転校生の草平を怪我させてしまう・・・

という感じでしょうか。


何度か見る機会を逃していて断片的にTVの画面などを見ていることもあってちょっと微妙な感じなんですが、ここからはネタバレありの感想を少々。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 13:39Comments(0)
October 09, 2017

映画 インサイド・ヘッド

地上波で放送されていたので、ディズニー&ピクサーというキーワードが気になった以外は何の気もなしにAT950Wで録画し、PSVitaに転送して鑑賞してみました。
ちらっと見て面白くなさそうならそのまま見るのを止めようか位の気持ちだったんですけどね。


あらすじ的には・・・


自然にあふれるミネソタで明るく健やかに育った11歳の少女ライリーが、父親の転勤でサンフランシスコの街中に引っ越ししてきた。引っ越しのトラックがトラブルで遅れた上、狭く薄暗い街中の家に嫌悪感を覚えながらも新しい学校や友達に溶け込もうとするライリー。
そのライリーのインサイドヘッドの司令部では、新生活に戸惑うライリーの行動や感情を司る「ヨロコビ」「カナシミ」「イカリ」「ムカムカ」「ビビリ」の5つの感情を司る個性的なキャラクターが奮闘していたが、アクシデントで「ヨロコビ」と「カナシミ」が司令部の外に放りだされ、ライリーはヨコロビとカナシミという感情を失ってしまう。「ヨロコビ」と「カナシミ」は何とか司令部に戻ろうとライリーのインサイドヘッドで大冒険を繰り広げるが・・・


という感じ。文字通り頭の中の描写がそれなりに多いので、現実世界での出来事はライリーの引っ越し位しかないというちょっと変わった作品なんですよね。


ピクサーのアニメをちゃんと見ること自体が何年か振りのように思いますが、ここからはネタバレありの感想を少々。


  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 12:13Comments(2)
December 09, 2016

映画 バケモノの子

2015年の映画にも関わらず2016年の7月に地上波で早くも放送された「バケモノの子」。細田守の監督・脚本作品とのことでちょっと期待して録画鑑賞しました。

あらすじ的には・・・


両親の離婚と親権者の母親の交通事故死によって突然両親を失った9歳の少年、連。親戚に引き取られるところから逃げ出し、渋谷のセンター街を警察官から逃げ回っていたが、そこで偶然バケモノである熊徹と出会う。1人で生きられる強さを求めていた連は熊徹を探したが、裏路地からバケモノの世界「渋天街」へ迷い込んでしまう。

熊徹と連の2人は性格がまるで合わずに喧嘩が絶えなかったが、「宗師」の後継者候補として見込みのある弟子を欲していた熊徹と、強さを求める連がお互いに相手を求める部分もあったのか、師匠と弟子として切磋琢磨しあい、8年後には多くの入門希望者を引き寄せる親子の様な関係にまでなっていた。

が、その頃連は偶然に渋天街から渋谷に戻り、女子高生の楓や生き別れになった父親と再開する。人間界への想いや自身の内部にある闇に気づいた連は・・・


という感じ。


キービジュアルなどの事前情報からは異世界の格闘活劇という位に思っていたんですが、実は結構奥が深かったようで・・・


ここからはページを変えて感想を少々。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:03Comments(0)TrackBack(0)
August 26, 2016

アニメ 逆転裁判 OP2 人生は素晴らしい

この春から放送されているアニメ、逆転裁判。ゲームの方を(4作目までですが)好んでプレイした記憶があってアニメも懐かしみながら録画して鑑賞していたんですが・・・

当初はこんなキャラいたなあとか、ゲームの雰囲気出ているなぁとか言う程度の印象だったんですが、2クール目に入ってオープニングテーマがジャニーズWESTの「人生は素晴らしい」に変わり、ストーリーがゲームの2作目、更に「逆転サーカス」に入ったところで印象が一変。


アニメ自体の作りは変わっていないと思いますが、タチミサーカスのアクロとバット兄弟のエピソードまで話が進み、犯人=単純な悪人とも言い切れないちょっと切なさの残るこの事件を反芻しながらオープニングをよーく見ると、アクロとバットの兄弟が空中ブランコしているんです。劇中では弟のバットがライオンに噛まれて意識不明(植物状態?)、兄は車椅子から立ち上がれない状態で空中ブランコなんて夢のまた夢・・・でも・・・


人生は素晴らしい 未来とは七不思議 信じれば叶う夢

ちょっとうるっと来ちゃいました。


たかがアニメ、たかがゲームかも知れませんが、元気出ました。エピソードごとの大団円記念撮影的な団長も生きているカットもありましたし。

アニメ自体は2クールで終了だとするとあと数話で終了ですが、5作目以降もちょっとプレイして見たくなりましたね。既に6がリリースされているようですが(^_^;)

  
Posted by kazumitsuzuka at 00:18Comments(0)TrackBack(0)
July 10, 2016

アニメ MAJOR ワールドシリーズ編 夢の瞬間へ&メッセージ

第6シリーズで打ち止めかと思っていたNHKのアニメ、MAJOR。満田拓也の原作漫画のボリュームから第7シリーズでクローズして欲しいなぁと思いもあったんですが・・・

2016年になって(たまたま番組表で見かけたんですが)、4/9に『ワールドシリーズ編 夢の瞬間へ』、4/17に『メッセージ』がそれぞれ放送されていたんですよね。
‘み’はほとんど認知していなかったんですが、前者は原作漫画のクライマックスとなるワールドシリーズでのレイダースとの対決を描いた2011〜2012年リリースのOVA、後者は吾郎がホーネッツをリリースされて打者としてNPBで再起する場面が描かれている2010年のコミックス最終巻に限定添付されたものなんだそうです。


で、今回は逃さず録画して鑑賞したんですが・・・


ここからはページを変えて2作纏めての感想を少々。


  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:10Comments(0)TrackBack(0)
June 26, 2016

アニメ 聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話

昔を懐かしんで聖闘士星矢の映画など見ていたのにたまたまタイミングが合っただけだと思いますが、TOKYO MXで「THE LOST CANVAS 冥王神話」が放送されていたので、録画して鑑賞しはじめました。

THE LOST CANVAS 冥王神話は車田正美の原作ではあるもの作画は手代木史織で、ジャンプではなくチャンピオンで原作漫画が連載されていたもののようで殆どその存在すら知らなかったんですが・・・

見始めてみるとなかなか悪くないなと。


キャラのタッチも全く車田星矢とは全く違いますし当初は違和感もあったんですが、描かれているのが車田星矢でも語られる事がある「243年前の前聖戦」であることや、共通するキャラとしてシオンや童虎、パンドラやヒュプノス&タナトスなどが登場すること、更に同じ星座の聖闘士が同じ懐かしい技を使ったりもして・・・ 懐かしさにも駆られて随分と楽しく鑑賞し始めたんですよね。
そんな中でもオッと思ったのがアルデバラン。星座の星の名前をそのまま冠しているゴールドセイントって他にいないように思いますし(調べたらこのLOST CANVASのレオはレグルスという名前でしたが)、なぜ前大戦でも同じ名前なんだろうと気になっていたんですが、これってタウラスのゴールドセイントの字(あざな)のようなもので本当の名前は現聖戦・前聖戦それぞれの人間が別に持っていたってことなんですね。現聖戦のアルデバランの名前にはそんな設定はないのかも知れませんが。

更に・・・


物語の中盤でハーデスが空をキャンバスとして絵を描き始め、完成したら全人類が死滅するという感じの状況になるんですが、この描写が個人的には圧巻でした。舞台が中世ヨーロッパですし、その頃の宗教画が持つような雰囲気のCANVASが空に描かれるようになるんですよね。天使を思わせるような描写や色味や雰囲気、その絵画に時間を切られたような逼迫感・・・ これは流石だなと。

まだ中盤までしか見ていないんですが(中盤で放送が長く中断しているようです)、この先ちょっと楽しみにしながら鑑賞しようと思います。


  
Posted by kazumitsuzuka at 00:30Comments(0)TrackBack(0)
January 20, 2016

アニメ ルパン三世 イタリアン・ゲーム

年明け1/8の「金曜ロードSHOW!」で放送されていたルパン三世のTVスペシャル「イタリアン・ゲーム」。AT950Wで録画したままになっていたんですが、先日やっとPSVitaに転送して鑑賞しました。


ちょうど2015年の秋から放送していてイタリアが舞台になっている第4TVアニメシリーズも(録画でこそあるものの)余り遅れないように鑑賞しているので、サブタイトルと青いジャケットのルパンが登場する予告からこれと直接関連したスペシャルだということは分っていたんですが、ちょっと想定と違って・・・


ということで、ここからはネタバレありの感想を少々。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 06:50Comments(0)TrackBack(0)
January 13, 2016

横浜 港北のとなりのトトロ

少し前にTVで紹介されていたような気がする横浜港北(厳密には都筑区になるんですけど)に隠れている「となりのトトロ」。隠れとトトロとでも言うんでしょうか? 先日年始の買い出しの際にPriusで通過する機会があったので、その際の画像を紹介しておこうかと。
1601横浜都筑のトトロ01
ちなに場所はこの辺。


この「北部病院入口」という交差点で北向き(センター南駅至近からセンター北方向を向いている形)で信号待ちしている時に、嫁さんにLGL21で撮影してもらったものを切り出してちょっと加工したもの。

あ、ちなみに赤信号停車中の携帯の操作自体は道交法上問題がないハズなんですが、警察に声を掛けられたりすることもあるようなので自粛(^_^;)


そんな状況なので画質は全く酷い状態ですが、トトロ見つかりました?


見つかっていない人は続きを読むから回答をどうぞ。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:59Comments(0)TrackBack(0)
January 09, 2016

映画 聖闘士星矢 天界編 序奏 〜overture〜

‘み’が子供の頃流行った「聖闘士星矢」。原作漫画だけでなくTVアニメも見ていた記憶があるんですが・・・


割と最近になって知ったんですが、TVアニメはポセイドン編で終了していてその後の「冥王ハーデス編」がOVAとしてアニメ化されていたので、ちまちまとこれをレンタルして鑑賞していたんですよね。で、予想外にこのOVAが良く出来ているなと思えたこともあり、「天界編 序奏 〜overture〜」もDVDで見てみたと。


原作漫画自体はハーデス編で一応終了しているものの、漫画やアニメも多数の派生作品などがあってイマイチ理解していないんですが、ストーリー的にもハーデス編の直接の続編にあたるのが原作漫画世代には有り難い限りですね。


あらすじという程のものでもありませんが・・・


冥王ハーデスの呪いで半ば廃人のようになっていた星矢が、神に逆らったことを咎として月の女神アルテミスの放った天闘士(エンジェル)に命を狙われる。
アテナは星矢の命を救うために女神の地位を捨て、地上世界の支配権を姉であるアルテミスに譲り渡すが、アルテミスは地上への天罰として人類滅亡を図り・・・

小宇宙を燃やすことも出来なくなっていた星矢に加え、紫龍、氷河、瞬、一輝が立ち上がりアテナのもとへと向かうが、遂にはアテナとアルテミスの兄である太陽神アポロンが出現し・・・

という感じでしょうか。


ここからはページを変えて感想を。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 14:15Comments(0)TrackBack(0)
August 20, 2015

DVD ジパング

2004年〜2005年に掛けて地上波で放送されていたアニメ、ジパング。言わずと知れたかわぐちかいじ原作漫画がアニメ化されたもので、漫画の方も一通り読んでいる‘み’は原作がまだ連載中だった当時一通り見た記憶があるんですが、26話分9枚のDVDがレンタルできるようになっていたので少しずつ借りて鑑賞してみました。

放送当時はまだアナログ環境でしたし、スゴ録こそ稼働していたものの録画DVDを残したりはしていなかったので、10年以上経過しての再鑑賞ということになるんですよね。


あらすじ的にはおよそ原作漫画通りなんですが、26話しかないこともあって冒頭〜「みらい」の横須賀帰?港直後まで。ちょうど満州に舞台が移る辺りで尻切れトンボ的に終わってしまったのに妙にがっかりした記憶がよみがえりましたけどね(^_^;)


ということで、今更ながら感想を少々。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 07:15Comments(0)TrackBack(0)
June 29, 2015

DVD 剣風伝奇ベルセルク

映画版のベルセルク3作をBlu-rayで見終えて、そういえばTVシリーズがあったなと思い立って7枚のDVDをレンタルして少しずつ鑑賞していたんですが・・・

前日やっと見終わったので感想を少々。


あ、セルではちゃんとBlu-rayにもなっているようですね。


TVシリーズ自体多分全く見ていないので完全に初見なんですが、ストーリー的にはちょうど映画3作とマッチする黄金時代編を30枠のTVアニメ26話で描いたもので、作品自体が1997〜1998年のものなので既に20年弱が経過しているんですよね。時期的にはまだDVDの出始めの頃になるんでしょうから、レンタルしたDVDも後からリリースされたものでしたし(DVDは2001年、Blu-rayは2012年でした)。

で、一通り見ていて思ったのが・・・


古いものなので絵的にはお世辞にも綺麗とは言い難い物がありましたが、昔ながらのセルアニメ(実際にどうやって作成されたのかまでは知りませんが)のとしては十分見られたのかなと。ベヘリットとかお城とか一部昔のCGを使ったような場面も(おまけの総集編のような部分で)ありましたが、映画版の違和感満点のCG動作キャラよりは安心して見られましたね。

逆にちょっと気になったのは、描写が抑えられている点。地上波で放送されたものなので放送コードや今でいうレーティングの問題はあるんでしょうが、戦闘シーンの残虐な描写や性的な表現はこんなものだっけ?と思える程ソフトだったので、ちょっとニュアンスが違って伝わるんじゃないかと思える程でした。まあ、そればっかりが印象に残るよりは良いとは思いますし、全体としては原作の雰囲気が良く出いていて最新の映画3部作よりも良い出来のように思えますけどね。


原作の方はどうも未完のまま終わってしまいそうな雰囲気ですが、漫画にしろ映画にしろTVアニメにしろ、もうちょっと続きが見たいところなんですよね。映画は一応完全映像化を目指していると聞いたことがありますが、気持ち的にはこのTVシリーズの続きが見たい位だったり(^_^;)


果たしてどうなることやら・・・

   
Posted by kazumitsuzuka at 05:35Comments(0)TrackBack(0)
June 15, 2015

アニメ 太陽の黙示録

その存在と断片的なストーリーを知っている程度だったかわぐちかいじの漫画、太陽の黙示録。沈黙の艦隊もジパングも大好きな‘み’は読もう読もうと思っていてなかなか機会がなかったんですが・・・ 正確に言うと機会がなかった訳ではないんですが、東日本大震災があってどうにも気持ちが乗らなかったんですよね・・・

で、先日やっと漫画を読み終えたところ、アニメのDVDがリリースされているのを発見しレンタルして鑑賞しました。よくよく調べてみると2006年にWOWOWで放送されたものだそうで、前編「海峡」後編「国境」の2作がリリースされていたんですけどね。


で、あらすじ的には漫画原作通り、複数の大地震と富士山の噴火で分断され、荒廃した日本列島で両親を探す柳舷一郎の様子から、15年後の台湾での武装蜂起抑止のエピソードまでなので、1〜4巻に相当する感じですね。

ということで、ここからへネタバレありの感想を少々。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 06:43Comments(0)TrackBack(0)