【 スリランカ 】
December 12, 2016

2016.03 スリランカ旅行 番外編2 コロンボのレッドブル

スリランカ旅行の際にコロンボで立ち寄った地元のスーパー、アルピコスーパーセンター(ALPICO SUPER CENTRE)ではレッドブルも購入していたので、Wild Elephantに引き続いて紹介。

これはスーパーのカート内でのショット。355mlの大きなロング缶で293ルピー。
1603スリランカ レッドブル005
裏面。
1603スリランカ レッドブル004
シンハラ語とタミル語と思われるラベルが貼ってあるのが印象的ですね。

1603スリランカ レッドブル006
JANコードが90376467で90始まりなのでオーストリア本国産ですね。


折角なので帰国後に日本のレッドブルを購入して比べてみました。

  続きを読む

Posted by kazumitsuzuka at 00:10Comments(0)TrackBack(0)clip!
December 08, 2016

2016.03 スリランカ旅行 番外編1 Wild Elephant

スリランカ旅行の際、コロンボで立ち寄った地元のスーパー、アルピコスーパーセンター(ALPICO SUPER CENTRE)で購入したエナジードリンクがelephanthouseという会社のWild Elephant。

大量のレッドブルの脇にひっそりと売られていたんですが、何種類かある中でスリランカ=象のイメージでチョイスしました。

1603スリランカ Wild Elephant001
お値段は200ルピー。日本の物価からすると普通の感じですが、スリランカの物価だとちょっと高い感じでしょうか。


現物のアップ。これはスーパーのカート内でのショットです。

1603スリランカ Wild Elephant002
裏側はこんな感じ。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:03Comments(0)TrackBack(0)clip!
November 01, 2016

2016.03 スリランカ旅行 その39 コロンボ〜香港

コロンボでの食事後、そのまま車でバンダラナイケ国際空港まで送ってもらい、スリランカの行程はいよいよ終了。

運転手さんとは駐車スペースで、ガイドさんとは空港のロビー内で別れ、0:40発のCX610で香港へ。

あ、ちなみにこの2人へのチップはどうするべきか悩みましたが、それぞれ残ったお札を数百ルピーずつお渡ししました。ちょっと少ないかなと思いながらも、到着時の空港以外両替する場面もなく、手持ちのルピーも不足しなかったんですよね。


空港内の様子。場所が悪かったのか非常に蒸し暑くて‘み’は相当消耗しましたが、今思えば停電→自家発電→空調抑制だったのかも知れません。

1603スリランカ709

スーツケース内と手荷物の中身をやり繰りし、荷物&身体検査をした後にチェックインカウンターがある構造だったんですが、たまたまそこにあった荷物のウェイトチェッカーを使ってみると・・・ 合計で約43kgと思いっきり重量オーバー。キャッセイパシフィックの重量制限は1人当たり20kgまでなので1つが20kgを超えている分には問題がないんですが、合計で上回ってしまったんですよね。
嫁さんのノリタケが悪さをしているのは当然なんですが・・・


と、ここで再度スーツケースを開けて荷物を整理。セキュテリティチェック後のスーツケースを大胆に開けていてもOKなのはちょっとザルっぽさを感じましたが、ガイドブックなどの重量物や‘み’の充電器やケーブル類などを中心に手荷物に移してなんとか制限をクリア(^_^;)


無事にチェックインと思いきや・・・ 事前にWEBでチェックインが済んでいると思っていたものが、何故かスーツケースを預けるだけという形にして貰えず、通常チェックインの列に並ばされてしまいました。まあ大勢に影響はありませんでしたし、香港でストップオーバーになるので荷物の扱いなどちょっと注意していたんですが、係りの人が先に「香港で1日だけね」的な話をしてくれたので一安心。


そうそう、この時、中国の方がチェックインで揉めていたのが印象的でした。大量に抱えた手荷物(紅茶だったようです)を断られたらしく、捨てるor追加料金を払わざるを得ない状況だったようですが、色々な人に助けを求める感じで重量の猶予分を分けてもらうように交渉して押し込んだ・・・という感じに見えました。近くにいた‘み’達も「Chinese?」と声を掛けられたのでその仲間にされるところでしたが、カウンターの人が最後は根負けしたようにも見えたので、ある意味凄いなと思ってしましたが(^_^;)


その後は出国手続きを経て出発ゲートへ。

1603スリランカ710

1603スリランカ711
この辺・・・ 到着する人と完全に混ざっているんですけど良いんですかね(^_^;)

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:01Comments(0)TrackBack(0)clip!
October 30, 2016

2016.03 スリランカ旅行 その38 コロンボ Raja Bojunでビュッフェ

コロンボの市内観光後は少し車で移動し、Liberty Arcadeという商業ビル(ショッピングモールかな)に入っているレストランRaja Bojun(ラジャ ボジュン)のビュッフェで夕食。


既に日は落ちて真っ暗なんですが、確かに照明も控えめのような気がするので停電のために暗いってことでしょうか。
1603スリランカ698
建物の中は一応明るくなっていました。
1603スリランカ706
確か4Fのお店に入った時にはエレベーターを使った記憶があるんですが、一時的に通電したのか自家発電で賄っていたのか・・・帰る時には厨房の裏の非常階段の様なものを使わされましたが(^_^;)
1603スリランカ705
店内の様子。18:00〜だったそうでちょっと早く入店してしまっていたんですけどね。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:43Comments(0)TrackBack(0)clip!
October 27, 2016

2016.03 スリランカ旅行 その37 コロンボ2

コロンボ市内の観光を更に車で。これは移動中のショットですが、このタワーは建設中で完成未定なんだそうです。ガイドさん曰く「政府が変わったのでいつ完成するかは分らない」んだとか(^_^;)
1603スリランカ682
車は日が落ち始めている海岸沿いを抜けて・・・あ、空に沢山上がっているのは鳥ではなく凧。スリランカでは日本のようにお正月だけではなく一年中凧を上げるんだそうです。
1603スリランカ683
正面の茶色い建物は昔の国会議事堂だそうです。

1603スリランカ684
海岸は後ほど来る事になるので、改めてダッチ・ホスピタル・ショッピング・プリーシンクトへ。 ここもオランダ統治時代に建てられた病院を再開発て2011年にオープンしたショッピングモールだそうです。 レストラン、カフェなどをが入っているスポットだそうで、なかなか良い感じですね。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:02Comments(0)TrackBack(0)clip!
October 24, 2016

2016.03 スリランカ旅行 その36 コロンボ1

ホテルエレファントベイのランチビュッフェ後、車で今度はコロンボへ移動。

キャンディに近づいた時にも随分人や車が増えたなぁという実感はありましたが、流石にコロンボが近くなると車線も増えたりしてかなり都市っぽさが出てきていました。

正確な場所は分りませんが車窓からの様子。

1603スリランカ651

実はこの日は時間的には余裕があるとのことで、嫁さんのリクエストで通常の観光以外に2ヶ所ほど立ち寄り。


まずはパラダイスロード(PARADISE ROAD)

古い建物を改装してお土産物を中心としたお店にしているらしく、店内もかなり良い雰囲気でした。
1603スリランカ652

1603スリランカ655
なんかつい色々買ってしまいそうな雰囲気でしたね。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:01Comments(0)TrackBack(0)clip!
October 21, 2016

2016.03 スリランカ旅行 その35 ホテルエレファントベイのビュッフェ
マハ川の川岸での水浴びから孤児院へ帰る象の行進鑑賞後、そのまま徒歩で5分弱のホテルエレファントベイへ向かい、ランチビュッフェを頂きました。


この辺りの路地裏の様子。

1603スリランカ649
この辺は実は食事後に車に戻る際のショットですが、象の通る道から1本裏に入っただけでこんな静かな感じなんですよね。
1603スリランカ648
完全に民家ですが、雰囲気は良いですね〜

1603スリランカ650
ホテルの外観。名前的にも立地的にも象の孤児院がなければ成り立たないような感じもしますが・・・

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:01Comments(0)TrackBack(0)clip!
October 19, 2016

2016.03 スリランカ旅行 その34 ピンナワラ 象の孤児院2

スリランカ旅行5日目に訪れたピンナワラの象の孤児院。水浴びをしているという象たちに合うべく、孤児院の側から川岸へと向かいました。
ちなみに川はマハ川というネゴンボの少し北辺りで海に注ぐ川の中流域ってところですね。地図を見ていたら2日目にアヌラーダプラへ向かう際にA3で河口近くを渡っていたようですが。


到着した川岸はこんな感じ。
1603スリランカ620
日曜日だったこともあってかかなりの人手でした。
1603スリランカ621
象がこんなに沢山目の前で普通に水浴びしていたりすると光景、TVでしか見たことがありませんね。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:43Comments(0)TrackBack(0)clip!
October 17, 2016

2016.03 スリランカ旅行 その33 ピンナワラ 象の孤児院1

スリランカ旅行5日目、スリランカの最終日となるこの日はアマヤヒルズを9:30に出発し、車でピンナワラの象の孤児院へ向かいました。

アマヤヒルズからの下り坂の様子。上ってくる昨晩は暗くて良く分りませんでしたが、明るいとやっぱりすれ違いも困難なほど狭くて結構な山道でしたね。

A1を西進する間の車窓からのショットを少々。
1603スリランカ599
正確な場所などは分かりませんが。
1603スリランカ598
道すがらの木にフルーツバットの群れを発見。
1603スリランカ600
象の孤児院という言葉の響きから田舎のちょっとした施設なのかなと想像していたんですが・・・

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:05Comments(0)TrackBack(0)clip!
October 14, 2016

2016.03 スリランカ旅行 その32 アマヤヒルズのビュッフェ

スリランカ旅行4日目の夜の宿となったアマヤヒルズホテル(Amaya Hills Hotel)。食事も朝夜ビュッフェだったので、朝夜の様子を織り交ぜながらご紹介。

レストランの外観。プールの1フロア上がレストランになっています。
1603スリランカ597
テラス席もあって日が高くない間は雰囲気もよさそうだったんですが、何故か皆テラス席は断られていたんですよね。嫁さんも「No」とだけ言われたとのことですが、中国の観光客の方は勝手に座ったりしていたようです(^_^;)


内部はこんな感じ。夜やや照明も控えめな印象です。

1603スリランカ577
朝はこんな感じ。自然光が入っているんですが、全く印象が違いますね。
1603スリランカ587
この2枚の写真、多分このスペースの2/3位しか写っていませんから、相当広い場所だったのかなと。日本でいえば大宴会場って感じでしょうか。まあ、満席にはなっていませんでしたけどね。


頂いた料理はこんな感じ。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:03Comments(0)TrackBack(0)clip!
October 11, 2016

2016.03 スリランカ旅行 その31 アマヤヒルズ

キャンディアンダンス鑑賞後に到着したアマヤヒルズホテル(Amaya Hills Hotel)。ヒルズの名の通り結構な山の上にあってなかなか到着しませんでしたが、ガイドさん曰く「良いホテルだけど道が悪い」とのことで妙に納得。


そんなホテルをこの時と翌朝のショットで紹介しておきます。


まずは到着時の外観とロビーの様子。

1603スリランカ563

1603スリランカ548
そこからの夜景。これだとちょっと何が写っているのか良く分かりませんが、キャンディ市内が見えているはず・・・
1603スリランカ576
プールはこんな感じ。

1603スリランカ564
運が良いと朝には雲海が見えることもあるそうですが・・・朝はこんな感じでした。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 08:26Comments(0)TrackBack(0)clip!
October 07, 2016

2016.03 スリランカ旅行 その30 キャンディアンダンス

佛歯寺へのお参り後、そのまま徒歩でキャンディ湖沿いに少し歩き、キャンディダンス鑑賞へ。

1603スリランカ534
イマイチ良く分かっていなかったんですが、キャンディ芸術協会(キャンディアン カルチャーセンター KANDYAN CULTUAL CENTRE)のイベントだそうで、場所はこのナショナル・ミュージアムの直ぐ側のハズ。


それなりに人気があるようで周囲も結構混雑していて、周囲には出店とかも出てお祭りのような感じになっていました。
1603スリランカ535
チケットはツアーに込、しかも座席も予約されていたので詳細は不明ですが、これが劇場。ちなみに劇場入り口の直ぐ傍まで自家用車やトゥクトクが乗り入れて歩行者と入り乱れていたのがちょっと怖かったですね。特に帰路は皆一斉に外に出ていましたし(^_^;)
1603スリランカ536

劇場内の様子。そこそこ薄暗く、湿気も結構なものでかなり蒸し暑かったですね。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 01:00Comments(0)TrackBack(0)clip!
September 27, 2016

2016.03 スリランカ旅行 その29 キャンディの佛歯寺

キャンディ市内を歩いた後は佛歯寺へ。ここを見なければキャンディに来た意味がないとまで言われるスポットだそうですが、‘み’は今回旅行に来ることにならなければ知らなかったかも・・・

とはいえ、アヌラーダプラやポロンナルワを行き来した王権の証「佛歯」が現在保管されているお寺だというだけで重要なんだなという点は理解できます。正式にはダラダー・マーリガーワ寺院というそうです。


入り口にはゲートがあって男女別になっている上、簡単なバッグの蓋を開けて見せる程度の簡単な荷物検査がありました。

1603スリランカ498
佛歯寺が見えてきました。
1603スリランカ499
この花、ちょうど満開時期だったようで咲き乱れていて綺麗でしたね。花弁の大きな海外の桜と言われたらそう思えるような雰囲気でしたが。

1603スリランカ500
この時点で16:30頃でしたが、土曜日の夕方ということもあってかかなり混雑していました。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:05Comments(0)TrackBack(0)clip!
September 24, 2016

2016.03 スリランカ旅行 その28 キャンディ市内

宝石屋さんを出ると、街中を少し走ってキャンディの中心街へ。


土曜日の夕方だったこともあってか道路は大渋滞でしたが、中心街と思しきところで車を降りガイドさんと一緒に街中を少々歩きました。

これは車窓からの1枚。ラウンドアバウトになっていて車が少ないタイミングでした。
1603スリランカ485
キャンディ・マーケット。
1603スリランカ489
何を買ったわけでもありませんが雰囲気のみ。

1603スリランカ487
ランドマークっぽい時計塔が遠くに見えます。近くには行けなかったんですが・・・ このオレンジ色の帯は喪章のようなもの。数日前に高名なお坊さんが亡くなりこの翌日が葬儀なんだそうです。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:04Comments(0)TrackBack(0)clip!
September 21, 2016

2016.03 スリランカ旅行 その27 ノリタケアウトレットと宝石屋

スパイスガーデンを出てキャンディに向かいましたが、道こそ山合いではあるもののキャンディに近づくにつれて人やお店、車も多くなって車速も落ちて来たなぁと思っていると・・・
1603スリランカ473

嫁さんが事前に「寄れるなら寄ってみたい」とリクエストしていたノリタケのアウトレットに到着。

ノリタケって日本のメーカーですが、スリランカのマターレー郊外に工場を持っており、そこで出るB級品をアウトレット販売しているんだそうです。


アウトレットの外観。普通のショップのような感じですけどね。

1603スリランカ481
店内の様子。所狭しとアウトレット品が並んでいました。

1603スリランカ474
あ、現物には値段が付いておらず、一応商品番号と値段が書かれた表が棚に貼ってあったんですが・・・ どの
商品が南蛮なのかも分らず値段が全く不明(^_^;) 何点か店員さんに聞いてみましたが、店員さんもその表以外の資料で調べて回答するという有様だったんですよね。
ざっくりティーカップや小さめのボウルで600〜700ルピー程度という感じだったので、10点弱を購入。
1603スリランカ475
帰国後のショットですがそのうちの一部を紹介しておきます。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:05Comments(0)TrackBack(0)clip!
September 17, 2016

2016.03 スリランカ旅行 その26 スパイスガーデン

ダンブッラの黄金寺院を後にしさらに車で南下。スパイスガーデンに向かいました。検索してもなかなか分からなかったんですが、「Oakray Isiwara Ayurvedic Village」が正式名称のようで、場所的にはダンブッラではなくマターレーになるようです。

山深い感じの道ではあったものの、やや車も増えて来たような気がしましたが、到着したスパイスガーデンの駐車場はこんな感じ。

1603スリランカ458
スパイスガーデンって要は「観光客向けの商業施設で、基本無料で入園出来てスパイスを中心とした植物の説明をしながら、その植物から取れる天然素材のサプリメントというか薬ぽいものをお土産として売る」というう構造。‘み’達には日本語OKのガイドさんというかセールスマンがついて30〜40分位園内を回りながら植物の説明とか薬の試し塗りとか、そんなことを受けることに。
1603スリランカ459
植物の名前を1つ1つ覚えている程頭が良くないので、何枚か撮った写真を貼っておきます。

1603スリランカ464

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:08Comments(0)TrackBack(0)clip!
September 14, 2016

2016.03 スリランカ旅行 その25 ダンブッラ観光2

ダンブッラの石窟寺院内部を観光後、今度は普通に山を徒歩で降りて行きました。


来た道を途中まで戻りますが、こう見ると岩肌と一体化しているような「石窟」感が良く分かります。
1603スリランカ437
ある程度は天然の裂け目などを生かしているんでしょうけどね。
1603スリランカ439
2枚上の写真の屋外の池に咲いていたウォーターリリー。スリランカの国花だそうで、お供えされているものは多く見ましたが、実際にこうやって咲いているのを見たのは初めてかな?
1603スリランカ438
周囲に高いものが山位しかない上、天気も良かったので眺めも良かったですね。小さい黒い点が沢山映っていますがローパスフィルタのゴミではなく鳥です(^_^;)

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:02Comments(0)TrackBack(0)clip!
September 11, 2016

2016.03 スリランカ旅行 その24 ダンブッラ観光1

スリランカ旅行も4日目。この日は朝8:30に車でALIYA RESORTを出発し、ダンブッラへ南下。地名としてはシーギリヤもダンブッラに含まれるようですが。

ダンブッラの街の様子を車窓から。

1603スリランカ392
ここでは有名な「ダンブッラの黄金寺院」を訪れました。元々このダンブッラの黄金寺院は紀元前3世紀の僧院が起源で紀元前1世紀に寺院転換されたんだそうですが、当時から最大級の規模だったんだとか。

通常はストゥーパのある辺りから足で上がって行くんですが、ワゴン車の‘み’達は脇道から中腹まで上がるというショートカットをしてしまいました(^_^;)

1603スリランカ393
この岩山自体約160mあるそうですが、感覚的には中腹というか2/3位は上がったような場所から入場しました。トゥクトゥクとかも結構上がって来ていましたけどね。


なんか裏口臭がするゲート。業務用の運搬路って感じでしょうかね。

1603スリランカ394
石畳の道を少し歩くと・・・
1603スリランカ395
直ぐに開けた感じに。徒歩の人はこの正面側から上がってくる感じです。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:05Comments(0)TrackBack(0)clip!
September 08, 2016

2016.03 スリランカ旅行 その23 ALIYA RESORTのプール

2度目のアーユルヴェーダ終了後、2泊目のALIYA RESORT(アリヤリゾート)へ帰着。

まだちょっと明るい時間帯だったので、シーギリヤロックが見られるのがウリのALIYA RESORTのプールへ行ってみました。

ここからはここで紹介した富士フイルムの水中カメラ「FinePix XP80」の出番です。


折角なのでちょっと回り道簡易博物館のような建屋にも回ってみました。
1603スリランカ379
朝はここでヨガ教室もやっていたりしました。

1603スリランカ378
ホテルのSPAもこの辺にありました。
1603スリランカ382
アーユルヴェーダはここでやるんですね。お値段はこの直前のAthreya Hotel & Spaのそれと余り変わらなかったようです。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:05Comments(0)TrackBack(0)clip!
September 02, 2016

2016.03 スリランカ旅行 その22 アーユルヴェーダ再び

ポロンナルワでの食事後、アリヤリゾート付近まで戻り、前日に予約が必要だった高いけどしっかりしたアーユルヴェーダの施設へ。

例によって正確な場所は分らなかったんですが、後から調べたらどうやらAthreya Hotel & Spa。場所はバハラーナというアリヤリゾートから3〜4kmのところだったようです。
 車窓からメモ的に撮った看板はこんな感じ。これはA6に出るところですが、数百メートル入ったところだったかと思います。
1603スリランカ369
敷地の入り口はこんな感じ。あ、ここからはLGL21でのショットです。
1603スリランカ370
車を降りるとちょっとしたジャングルっぽい雰囲気になっていました。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:37Comments(0)TrackBack(0)clip!