【 マクラーレン 】
September 13, 2021

F1 2021 第14戦 イタリアGP

噂通り36年振り開催のオランダGPに引き続き、3週連続開催の3戦目はフェラーリの聖地、モンツァでのイタリアGP。


メルセデスとレッドブル、実質ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンの一騎打ちのようになってきている今シーズン。パワーが必要なコースでメルセデスに流れが行かないかちょっと心配ですが・・・今回はイギリスGPに引き続いて2度目のスプリント予選が導入されるんですよね。


通常の予選では、他では見ないほど軽いリアウィングを付けたマシンの大渋滞の中、噂通りウィリアムズのジョージ・ラッセルに押し出される形で来期アストンマーチンへの移籍となったメルセデスGPのバルテリ・ボッタスが(ポールではなく)予選最速タイムをマーク。2番手にはルイス・ハミルトンが付けてメルセデスのパワーを見せつけられた感がありましたが・・・

スプリント予選ではハミルトンがいきなりスタートをミスって後退。アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは予選6番手だったものの、スタート直後にフロントウィングにダメージを負ってそのままコースアウトしセーフティーカーを呼ぶなど荒れるのかと思いきや、結局はボッタスが危なげなくポールポジションをGET。ハミルトンが5番手に沈んだことでレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが2番手、直線番長化が進んでいるマクラーレンのダニエル・リカルド&ランド・ノリスが3-4番手に並ぶことに。あ、そういえばイギリスGP同様アルピーヌのフェルナンド・アロンソは流石のオーバーテイクを見せてくれていましたが、モンツァだけにもっと抜けるのかと思いきや、意外と大人しいレースというか展開だったなぁと。

とは言え、ボッタスはパワーユニットなどを交換していて最後尾スタートなのでフェルスタッペンが1番グリッドからスタートするという願ってもないグリッドになりました。

で、決勝では・・・

  続きを読む

Posted by kazumitsuzuka at 12:30Comments(0)
January 01, 2021

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。


2020年はコロナウィルスの影響もありこのブログの大きなネタ元になっている西武の試合も少なく、F1日本GPについては開催すらされませんでしたが、少しでも状況が改善されることを願いたいところです。


ということで今年の年賀状は蔵出し画像。2015.03.07の鈴鹿サーキットでのモータースポーツファン感謝デーでデモランをしてくれたマールボロ・マクラーレン・ホンダ MP4/ 4 & MP4/5 & MP4/6 揃い踏みのショットです。実際の年賀状には他にもイラストなどを入れていますけどね。

2021年賀状
今年はホンダF1最終年。鈴鹿で日本GPが開催されると良いんですけどね〜


2021年もよろしくお願いします!

  
Posted by kazumitsuzuka at 00:01Comments(0)
December 15, 2020

F1 2020 最終17戦 アブダビGP

コロナウィルスの影響で変則日程となった今季のF1サーカスもいよいよオーラス。最終17戦目、ヤス・マリーナサーキットでのアブダビGPを迎えることが出来ました。


12月も半ばになってF1レースが見られるとは冷静に考えても相当なイレギュラーだなと思えますが、最後が3連戦だった&同じような砂漠の国が舞台だった&既にタイトルは圧勝で決まっていることもあって感慨深いというよりは食傷気味だったりもしますけどね(^_^;) 


まあ、3連戦初戦のバーレーンGPではロマン・グロージャンの大事故があったり、前戦サヒールGPでは初登場のドライバーが2人いた上、ジョージ・ラッセルの手から初勝利がこぼれ落ちたりと話題には事欠かなかったんですが。

と、予選では・・・


コロナから復活したルイス・ハミルトンは病み上がりということなのか(まだ完調ではないそうですが)、僅差ながら3番手。2番手には細かいところで完璧ではなかったというバルテリ・ボッタス。そのボッタスに0.025秒差ながら今季初ポールを獲ったのはマックス・フェルスタッペン。インタビュアーのデビッド・クルサードが「初ポール」と言ってしまったのは「今季」を端折ったのか間違えたのかは定かではありませんが、ホンダラストイヤーに向かう最後のレースでポールシッターが勝ちやすいコースのポールを獲ったのは喜ばしい限りです。まあ、ブラックアローが2本あるのに対し、赤牛はアレクサンダー・アルボンがいつものように5番手と少し離れたところにいるので簡単にはいかないと思いますが・・・

あ、あと川井ちゃんが思わず「汚名挽回」と言ってしまったのは笑えましたね(^_^;) 


で、決勝。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:03Comments(0)
December 27, 2019

F1 Blu-ray マクラーレン 〜F1に魅せられた男〜

AmazonでオススメされたF1関連のBlu-ray「 マクラーレン 〜F1に魅せられた男〜」。シネマコレクションという安売りパッケージが更に値引きされて1,000円弱で安く売りされていたので、内容も良くわからずに物は試しと購入してみました。「買い合わせ2,000円」のタイミングに合わせたんですが(^_^;)

F1 Blu-ray  マクラーレン 〜F1に魅せられた男〜 01
下に写っているのは同じタイミングで買ったフェラーリモノです。

中身は2017年のニュージーランド映画で、ロジャー・ドナルドソンの監督作品。F1のマクラーレンチームの創始者であり自身もドライバーだったブルース・マクラーレンの生涯を描いたドキュメンタリーもの。当時の映像のみでなく現代の役者さんが演じた場面や、昔の漫画風にコミカルに描かれた部分、当時を知る人たちが昔を思い出しながら語るインタビューなどを織り交ぜていましたが・・・ 

F1 Blu-ray  マクラーレン 〜F1に魅せられた男〜 02

なかなか悪くなかったかなと。 

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:30Comments(0)
June 26, 2019

F1 2019 第8戦 フランスGP

去年からカレンダーに復活したポール・リカールでのフランスGP。相変わらずトリコロールの縞々ランオフエリア(白い部分は少ないですけど)が目に痛いコースです。そもそもランオフエリアが広いのはポール・リカール自体がテストコースだったことに起因するようですが、これはこれでアリかなと。予選も含めてペナルティも多かったですが、ティルケサーキットばかりだとコースの特徴とかを感じにくいですからね。


予選では最終コーナーで後ろから煽られる形になって姿勢を乱すマシンが続出しましたが、結局はハミルトン-ボッタスがフロントローを独占。これだけだといつものパターンかと思ってしまいますが、今回はベッテルが7番手に沈み、代わりにマクラーレンのランド・ノリスが5番手、カルロス・サインツJr.が6番手に入る健闘を見せてくれました。何気にマクラーレンはここ数戦で戦闘力を上げているように見えるのでレースをかき回して貰いたい思いが半分、HONDAと袂を分かって調子が上がるのは・・・という思いが半分だったりしますが(^_^;)


で、決勝レースですが・・・

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:01Comments(0)
December 22, 2018

F1 鈴鹿 2018 日本GP観戦記 その7
VAIOちゃんのページ本体のF1のお部屋に、2018年のF1日本GP、鈴鹿観戦記その7をアップしました。

レジェンドF1デモラン練習走行の様子です。
2018 susuzka 139

2018 susuzka 143

2018 susuzka 159

よろしければご覧下さい〜      

VAIOちゃんバナー



  
Posted by kazumitsuzuka at 11:47Comments(0)
December 16, 2018

F1 鈴鹿 2018 日本GP観戦記 その6
VAIOちゃんのページ本体のF1のお部屋に、2018年のF1日本GP、鈴鹿観戦記その6をアップしました。

FP2観戦の様子です。

2018 susuzka 128

2018 susuzka 118

2018 susuzka 117

よろしければご覧下さい〜      

VAIOちゃんバナー



  
Posted by kazumitsuzuka at 18:11Comments(0)
August 05, 2018

F1 McLaren MP4-31 ショウカー

VAIOちゃんのページ本体のF1のお部屋に、2017年の鈴鹿F1日本GP時に展示されていたMcLaren MP4-31 ショウカーをアップしました。
MaLaren MP431 01

MaLaren MP431 20
HTLMだけ打ち終わってアップするのを忘れていたんですけどね・・・
MaLaren MP431 18

よろしければご覧下さい〜      

VAIOちゃんバナー



  
Posted by kazumitsuzuka at 09:56Comments(0)
September 17, 2017

F1 トロ・ロッソ・ホンダとマクラーレン・ルノー誕生

シンガポールGP開催中の現地で、噂になっていた通りマクラーレン・ホンダが正式に袂を分かち、2018年シーズンからはマクラーレンがそのパワーユニットをルノーとすることが発表されました。
ホンダの方は一時はザウバーと交渉している話もありましたが、結局はトロ・ロッソへのワークス供給を行うことのこと。

結果的にマクラーレンとトロ・ロッソでパワーユニットのトレードという形になりましたが・・・

ここで2016年の鈴鹿でのショットを。

マクラーレン・ホンダのアロンソと
2016鈴鹿 日本GP マクラーレンのフェルナンド・アロンソ
トロ・ロッソ・フェラーリのカルロス・サインツJr.
2016鈴鹿 日本GP トロ・ロッソのカルロス・サインツ

どちらもFP1でのシケイン前後のショットです。

マクラーレン・ホンダ復活に際しては随分と盛り上がった感がありますが、結局3年間(まだ今年はシンガポールを含めて7レース残っていますが)で勝利どころかポディウムにすら上がれず、毎レースのように何かしらのトラブルを抱え、常に廃熱の問題やパワー不足と戦っていた状態だったのは事実なんでしょうし、‘み’ですら「パワーサーキットがホンダに不利」なんて思いたくなかったのも事実ですからね。

特に今年は現役最強といわれるアロンソやチーム首脳からは散々こき下ろされていましたから、まあやむをえないんでしょうかね。

レッドブル本体もパワーユニットでは今でこそダグ・ホイヤーに落ち着いていますがルノーとトラブルを起こしたのは記憶に新しいところですし、そのジュニアチームのトロ・ロッソと組むことには若干の不安もありますが、まともな結果を残さないままの撤退は一番避けて欲しかったので、2018年も戦う場所が確保できて一安心と思うようにしたいなと。

ところで・・・

こうなると気になるのがドライバー。

現在トロ・ロッソを駆るカルロス・サインツJr.は規定路線のようにレースチームの方のルノーへ移籍。マックス・フェルスタッペンとトレードとは言えレッドブルから降格となって以降もパッとしないクビアトの去就は分かりませんが、少なくともひとつ開いたシートにホンダパワーで日本人・・・なんてことになりませんかね。F2に参戦している松下信治が一番近いような気がしますが、スーパーライセンスポイントが足りないかも・・・
2016年の鈴鹿ではトークショーにも来てくれたので是非ステップアップして欲しいんですけどね。
2016鈴鹿 日本GP トークショーの松下信治


〔ニュース記事〕

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2017/09/2018-4328.html

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2017/09/2018-2fa7.html

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2017/09/post-f669.html

  
Posted by kazumitsuzuka at 11:03Comments(0)
December 31, 2015

F1 McLaren HONDA MP4-30 後期カラー

VAIOちゃんのページ本体のF1のお部屋に、2015年の鈴鹿F1日本GP時に展示されていたマクラーレン・ホンダMP4-30 後期カラーネタをアップしました。
MP4-30 black04
後期カラーと言っても実際は第5戦スペイングランプリからこの黒に変更されているので、それまでのシルバーのイメージは薄かったりしますけどね。
MP4-30 black22

よろしければご覧下さい〜      

VAIOちゃんバナー



  
Posted by kazumitsuzuka at 12:23Comments(0)TrackBack(0)
June 21, 2015

F1 鈴鹿モータースポーツファン感謝デー その6

2015.03に鈴鹿サーキットで開催された「モータースポーツファン感謝デー」の様子をVAIOちゃんのページ本体のF1のお部屋にアップしました。

「その6」は・・・ 遂にメインのマクラーレン・ホンダのデモラン。
suzuka15FAN 095
MP4/4,MP4/5,MP4/6のそろい踏みはレースでも見られませんからね〜

よろしければご覧ください。      

VAIOちゃんバナー

  
Posted by kazumitsuzuka at 20:00Comments(0)TrackBack(0)
May 12, 2015

F1 鈴鹿モータースポーツファン感謝デー その2

遅ればせながら・・・2015.03に鈴鹿サーキットで開催された「モータースポーツファン感謝デー」の様子をVAIOちゃんのページ本体のF1のお部屋にアップしました。


「その2」は・・・ ‘み’的にメインのイベントの1つとなる歴代F1マシン大集合の展示鑑賞の一部です。マシンが余りにも沢山あるので3分割の1ページ目です。
suzuka15FAN 010
一応メインはマクラーレンのホンダエンジンテスト車両、MP4-29Hでしょうかね。

よろしければご覧ください。      

VAIOちゃんバナー

  
Posted by kazumitsuzuka at 22:47Comments(0)TrackBack(0)
March 21, 2015

渋谷西武 The F1展 華麗なるフォーミュラ・ワンの世界 再び

西武池袋の「The F1展 華麗なるフォーミュラ・ワンの世界」を鑑賞した後、その帰路で立ち寄ったのが渋谷西武。ここで紹介したように渋谷西武のそれは既に鑑賞済なんですが、密かにラスト3日間は展示車両がMP4-29Hに代えられるので、それだけでも見ておこうと。

実はこのMP4-29H、鈴鹿のファン感謝デーの目玉展示のようになっていて鈴鹿では常に人垣が出来ていたんですよね。流石にマニアックなテスト車両なので同じ個体だとは思いますが・・・


こういう場所で展示されるとマニアでない人が「凄い」なんてコメントして見て行ったりする位なので人垣もなし。土曜日の夜でもこんな程度だったので、たっぷりと撮影させて頂きました。

渋谷西武 TheF1展MP4-29H 06
追って鈴鹿でのMP4-29Hと合わせて別ページで紹介する予定なので、ここではサワリのみ。

渋谷西武 TheF1展MP4-29H 03

渋谷西武 TheF1展MP4-29H 01

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 11:42Comments(0)TrackBack(0)
March 19, 2015

西武池袋 The F1展 華麗なるフォーミュラ・ワンの世界

横浜そごう渋谷西武と回って来た「The F1展 華麗なるフォーミュラ・ワンの世界」。結局3ヶ所目の会場となる西武池袋にも行ってみました。


池袋って意外と通る機会がないので、3/14に西武プリンスドームでオープン戦観戦後、西武池袋線に乗って池袋まで・・・という経路でのアプローチです。この日はなんか西武漬けになってますが(^_^;)


場所は別館2階の西武ギャラリー。こんなところがあることも知りませんでしたし、何やら本館やら何やらでごちゃごちゃしていてちょっと面食らいましたけどね。


中に入るとこんな感じ。まずはパネルでの紹介。
池袋西武 TheF1展01
この辺は天井が低いですが、なんかギャラリーっぽい雰囲気がありますね。


世界を転戦するF1サーカスの紹介も。

池袋西武 TheF1展02
池袋のメイン展示になるマクラーレン・ホンダMP4/4。周囲が暗いので雰囲気がありますね。

池袋西武 TheF1展03
‘み’はMP4/4自体は見たことがあるんですが、見たのはターボのシュノーケルダクトがない後期型だったので、この少なくとも外観が前期型になっているタイプは初見なんですよね。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 21:54Comments(0)TrackBack(0)
March 17, 2015

渋谷西武 TheF1展 華麗なるフォーミュラ・ワンの世界

横浜そごうの「The F1展」に引き続き、渋谷西武のそれにも平日の夜に足を延ばしてみました。そんな訳なので撮影はEOS Mでのものです。


今回は横浜そごう・渋谷西武・池袋西武でそれぞれテーマを変えたイベントになっており、ここで紹介した横浜そごうの「F1を遊ぶ」に引き続いて、「アートとして感じるF1」がテーマになっていました。


前回の「F1 ART SCENE 写真展」の時と同じように2場所構成になっていて、B館1Fにはマクラーレン・ホンダMP4-30が鎮座。
渋谷西武 TheF1展 02
青山のホンダウェルカムプラザで展示されていたヤツそのものだと思いますが、人も少なくてさみしい限りだったり・・・

渋谷西武 TheF1展 01
あ、ちなみにマシンは3/14-16はマクラーレン・ホンダのテスト用車両MP4-29Hにスイッチされるそうです。これも鈴鹿にいたヤツそのものでしょうけどね(^_^;)

A館7階催事場には前回同様の展示スペースが。
渋谷西武 TheF1展 03
内部はパネルによる解説があったり、
渋谷西武 TheF1展 04
光が鈴鹿のコースを駆け抜けるスロットカーのような遊具?が用意されていたり、なかなか手が込んだ造りになっていました。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 21:26Comments(0)TrackBack(0)
March 13, 2015

横浜そごう The F1展 華麗なるフォーミュラ・ワンの世界

マクラーレン・ホンダ復活に向け、2015年のF1開幕前に普段は見かけないほど沢山のイベントが催されていましたが、そのうちの一つ、横浜そごうの「The F1展」に行ってきました。 今回は横浜そごう・渋谷西武・池袋西武でそれぞれテーマを変えたイベントになっているそうで、横浜そごうのそれは「F1を遊ぶ」がテーマ。


日程的に‘み’は鈴鹿のモータースポーツファン感謝デーの帰(これはまた別途紹介予定)に足を延ばすしかなかったので、鈴鹿〜名古屋〜新横浜〜横浜という行程で3/7土曜日の夜に行ってきました。


場所は横浜そごう8Fの催会場。それほど広くもない感じでした。
横浜そごう TheF1展 07
会場内はこんな感じ。マクラーレンMP4/6とHRF1のRA108が鎮座。

横浜そごう TheF1展 06
スロットカーで遊べるようなスペースが半分程度あり、その奥にはTVゲームも。

横浜そごう TheF1展 03
中央にはホンダF1第三期最後のイマイチだったマシン、RA108が置かれていましたが・・・


  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 23:34Comments(0)TrackBack(0)
March 07, 2015

最後の遠征先
最後は横浜そごう。ほとんど地元ですけどね(^^;)
image
  
Posted by kazumitsuzuka at 17:39Comments(0)TrackBack(0)
December 31, 2014

F1 McLaren MP4/7A
VAIOちゃんのページ本体のF1のお部屋に、2014年のF1日本GPで展示されていたMcLaren MP4/7Aのページをアップしました。
McLaren MP47A 01

現時点で最後のマクラーレン・ホンダ。あと数ヶ月もすれば復活するんですけどね(^_^)

よろしければご覧下さい〜      

VAIOちゃんバナー
  
Posted by kazumitsuzuka at 22:16Comments(0)TrackBack(0)
November 22, 2014

F1 鈴鹿 2014 日本GP観戦記 その3
VAIOちゃんのページ本体のF1のお部屋に、2014年のF1日本GP、鈴鹿観戦記その3をアップしました。

GPスクウェアのホンダ系マシンの展示鑑賞です。 2015年から復活するマクラーレンホンダ祭りと言った様相でしたね〜
suzuka2014 031

VAIOちゃんバナー



  
Posted by kazumitsuzuka at 17:59Comments(0)TrackBack(0)
May 16, 2013

F1 HONDA 2015年からF1復帰へ

以前から「マクラーレンホンダ」が復活するのではと噂になっていたHONDAのF1復帰。NHKを含めたTVのニュースで報道されたかと思ったら、いよいよHONDA側から正式に発表されました。

F1は2014年からレギュレーションが大きく変わり、特にエンジンは現行の2.4リッターV8NAから1.6リッターV6ターボへと変更になるため、その年を狙っているような話でしたが、今回のニュースでは2015年にエンジンサプライヤーとしての復帰を図り、マクラーレンへのエンジン供給を行うようです。

マクラーレンホンダでターボと言えば、1988年のセナプロで16戦中15勝と言う驚異的なリザルトを思い出さずにはいられませんね。まあ、1992年一杯で撤退し、HRF1チームとして復帰した第3期は惨憺たる有様だったんですが・・・


これは2007年の富士、HRF1のアースカラーRA107を駆るバトン。
RA107
こっちは2008年の富士、撤退直前のRA108を駆るバトン。

RA108

日本人ドライバーもいなくなってしまい、日本ではちょっと盛り上がりに欠けるようなF1ですが、期待せずにはいられないニュースですね。「欧州市場対策と技術者育成」が狙いということのようですが、やっぱりレースは勝ってナンボ。為替差益なんかもあっての復帰ではあるんでしょうが、7年ぶり4度目の挑戦には是非とも結果を残して欲しいところです。


〔ニュース記事〕

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2013/05/2015f1-e7f1.html

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2013/05/2015f1-05e7.html

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130516-00000558-san-bus_all


http://www.gpupdate.net/ja/f1-news/294718/
  
Posted by kazumitsuzuka at 21:19Comments(0)TrackBack(3)