【 城 】
February 15, 2019

2018.12 小田原 小田原市内 その1

小田原城の天守を後にし、小田原の街中を少々観光。実際にはお城に来る前に立ち寄った場所もありますが、その辺りを纏めてこのエントリで。

まずはお城関係で三の丸土塁跡。

街中に突然土手のようなものが表れるんですが、こんな遺構が残っているのは予想外でした。

1812 小田原 小田原城三の丸土塁跡02

1812 小田原 小田原城三の丸土塁跡01

同じように早川口遺構。

三の丸のそれよりも広く残っているようでしたが、こちらは完全な住宅街で周囲は丁度工事されたりしていました。東海道線や小田急線の線路にも近く、直ぐ側に西湘バイパスも通っているのでいつまで残っているのかちょっと気になりますね・・・

  続きを読む

Posted by kazumitsuzuka at 00:23Comments(0)clip!
February 12, 2019

2018.12 小田原 小田原城 その2

気まぐれで訪問した小田原城。その1に引き続いて天守へ。

真下には近づけませんでしたが、下から煽るとなかなかの迫力。
1812 小田原 小田原城天守02

この階段も実は結構きつかったり・・・

1812 小田原 小田原城天守03

ちなみに単体では大人500円也。鉄筋コンクリートの昭和35年再建天守なので内部は博物館のようなものなんですが、展示も小奇麗で意外としっかりしていたなと。1Fの様子を何枚か。

1812 小田原 小田原城天守13

天守の石垣の上の高さを比べたものですが、小田原城は第7位だそうです。

1812 小田原 小田原城天守04

これはどこでも良く見かけますが、お城とその周囲の模型と言うかジオラマ。

1812 小田原 小田原城天守06

墨壷ですかね。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:01Comments(0)clip!
February 08, 2019

2018.12 小田原 小田原城 その1

突然思い立って平日に時間を作り、小田原城に行って来ました。


最近TVなどで箱根が紹介されることが多く、その関連で耳にすることが多かったからかも知れません。新幹線や車で近くを通ることはあってもなかなか見に行く機会がなく、記憶を辿ると多分30数年前に家族で訪れたことがある・・・という感じでしたし。
‘み’の今の家からは田園都市線〜小田急線を乗り継いで2時間コースなので近いようで遠い微妙な距離感なんですが(^_^;)

小田急の小田原駅。綺麗になった・・・というか以前を知らなかったりします。
1812 小田急 小田原駅

駅から数分でお城の内堀に到着。実際には先に食事をしたりお城の周囲を回っているので駅とは反対方向からの絵になっていますが、逆光でなくてかえってよかったかな。
1812 小田原城 01

上の写真にも写っている馬出門。
1812 小田原城 02

そこをくぐった先の馬屋曲輪。文字通り馬屋があったようです。


  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 07:21Comments(0)clip!
November 16, 2018

2018.10 岐阜 大垣 墨俣城

大垣城を後にし、今度は墨俣城へ移動。一度大垣駅へ戻って岐阜聖徳学園大学行きのバスに乗りましたが、お城の近くからも乗車できたようですね(^_^;) ちなみに電車の場合は東海道本線の穂積駅が最寄ですが、徒歩45分程度かかるとのこと・・・
1810 大垣から墨俣へ行くバス

話がそれますが、このバスに乗車している際、車窓からTVで見たことのあるような場面が。確かこの数か月前の警察24時とかの番組で普通のマンションの一室で違法な風俗系のお店をやっている人を逮捕する的なやつだったんですが、どうもそのマンションの前を通ったんじゃないかと・・・勘違いかも知れませんけどね。


駅から30分程でバス停「墨俣」に到着。長良川を渡るすぐ手前にバス停が置かれていましたが、そこからは北に約1km。
1810 墨俣の町
雨もしっかり降っていましたが、徒歩でてくてくと向かいました。


途中で見かけた墨俣神社。
1810 墨俣 墨俣神社

墨俣宿の本陣跡も。

1810 墨俣 本陣跡03

1810 墨俣 本陣跡01
墨俣城内の展示で知ったんですが、この辺りは東海道と中山道をショートカットして結ぶ美濃路で、墨俣はその宿場町の一つだったんだそうです。
1810 墨俣 本陣跡02

川沿いの堤防と桜並木の向こうに墨俣城が。
1810 墨俣 墨俣城01
春の桜の時期は良い絵になりそうです。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 06:51Comments(0)clip!
November 14, 2018

2018.10 岐阜 大垣 大垣城

関ヶ原を回ったあとは東海道線で大垣まで戻り、大垣城へ行ってみました。


駅前の様子。
1810 大垣  01
これは帰路のショットですが、大垣は水が綺麗な街で街中にも湧水が結構多かったりします。あまり時間もなかったので他の湧水は見ていませんが、やや冷たい綺麗な水が湧いていたようです。

1810 大垣  03

この頃には既に雨がぽつぽつと降り始めていましたが、駅からお城までは歩道に屋根が付いていたので助かりました。良く見るとすでにレンズ(フィルター)に雨滴が着いてしまっていますが・・・

1810 大垣  02

10分弱歩いて到着した大垣城東門。
1810 大垣城  01

1810 大垣城  02
天守が復興された際に柳口門が移築されたものなので、戦火で失われる前の姿が見られる部分になるようです。


  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 01:00Comments(0)clip!
December 08, 2017

2017.10 静岡 掛川 高天神城跡

鈴鹿でのF1日本GP観戦に向け、金曜日の朝一に鈴鹿にいるために例年通り前泊する作戦とした‘み’。木曜日の移動が勿体ないのでどこかしら観光してから鈴鹿の近場(今年は津)に宿泊する段取りなんですが、その流れで今回は新幹線を掛川で途中下車することにしました。

ということで、まず向かったのは高天神城跡。戦国時代のお話では固有名詞としてちょくちょく登場する高天神城はもっと山梨県とかに近い側にあるものとばかり思っていたんですが、掛川周りの観光情報を見ていて観光可能範囲だと気が付いたんですよね(^_^;)

掛川駅8:37着のこだまに乗り、掛川駅からは8:58発のしずてつジャストライン掛川大東浜岡線のバスで約20分。
1710 掛川 高天神城跡 01
土方(ひじかた)バス停で下車しました。
1710 掛川 高天神城跡 02

同じ系統のバスでも高天神入口を通るルートもあるんですが、日に数本で朝のみという設定だったので諦めやや距離があるものの昼間でも1時間に1本程度のここからは徒歩で搦手門(北側の入口)へ向かいました。


ちなみにこの土方のバス停が上記2系統の掛川に向けた分岐路になっていて、同じ土方というバス停が3つある(掛川方面が2ヵ所)ので要注意。
1710 掛川 高天神城跡 03
土方バス停の下り線バス停辺りから撮った上の写真だと右に分かれる道にメインの土方バス停があります。


15分ほど歩いて到着した高天神城入口。規模的にこっちが追手門(大手門)だと思っていたんですが、搦手門なんですよね。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:02Comments(0)clip!
December 05, 2017

2017.08 小田原 石垣山一夜城

うなぎ亭 友栄でうなぎを頂いた後、ちょっと足を延ばしたのが続日本100名城にも選ばれているという石垣山一夜城。1590年に豊臣秀吉が小田原北条氏を攻めた際、一夜にして城を築いて北条方の戦意を喪失させたという有名なエピソードがある城の跡ですが、実際には3か月近く掛けて準備していたようですね。

小田原城を見下ろす山の上に建てられた城の跡なので、アクセスする経路もちょっと注意が必要。ちょうど友栄の側からは意外と行きやすそうだったのはラッキーでした。


折角なのでドライブマン720での動画も。「地球博物館前」の交差点を左折する少し手前からのものです。



やや狭い場所もありますが、大型のバスとかと狭い部分でかち合わなければすれ違いも十分可能なルートですね。


ということで駐車場。その側には一夜城 ヨロイヅカファームなるカフェレストランがあり、共用のようでした。鎧塚のネームバリューなのか、一夜城跡よりもこっちのお客さんが多かったようです。

一夜城 ヨロイヅカファーム 01

一夜城 ヨロイヅカファーム 03
小さな畑もありました。種類は分かりませんが蜂が飛んでいたのがちょっと気になりましたが、なんかいい雰囲気でしたね。

一夜城 ヨロイヅカファーム 02
ブルーベリーフロマージュソフトクリームも頂いてみました。380円だったかと思いますが、濃厚で悪くなかったかと。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:03Comments(0)clip!
January 24, 2017

2016.10 静岡 浜松 浜松元城町東照宮など

鈴鹿でのF1観戦に合せて足を伸ばした浜松。浜松城を後にし、浜松駅方面へ。


浜松城を出て、最初に向かったのは浜松東照宮。駅への帰り道なのでちょっと立ち寄る感じですけどね。


ちょっと遡って東側から浜松城天守を臨む。
1610 浜松 浜松城27

徳川家康像も。
1610 浜松 浜松城 徳川家康像
浜松城公園内の階段を下っていると・・・
1610 浜松 浜松城28
園内に住んでいると思われる(リスなどに餌を与えないように的な看板があったので本物かと)リスに遭遇。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:05Comments(0)TrackBack(0)clip!
January 20, 2017

2016.10 静岡 浜松 浜松城

鈴鹿でのF1観戦に合せて足を伸ばした浜松。龍潭寺を後にし、次に向かったのは浜松城。

遠鉄バスを美術館バス停で降り浜松城公園北西側の入り口から向かいました。


あ、後から調べて気が付いたんですが・・・

遠鉄バスに乗るのはこの日の行程でここまでだったんですが、長距離&何度か乗り降りしたこともあり、遠鉄ぶらりきっぷという1日乗車券の方が安価になっていたことが判明。しかも浜松城も少し入場料が割り引かれたようで・・・ 200円とか300円とかのレベルなんですが、妙に悔しいですね。 お値段よりも小銭を意識して結構用意していた(ナイスパスというICカードは導入されているものの、SuicaやPasmoはNGだった)ので・・・


さて、気を取り直して・・・ バス停付近にあった交番もお城っぽい外観になっていて雰囲気が出ていました。

1610 浜松 浜松城01
公園内を進むと・・・

1610 浜松 浜松城02
直ぐに天守が見えてきました。

1610 浜松 浜松城03
この天守は当然鉄筋コンクリートの再現天守。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:23Comments(0)TrackBack(0)clip!
January 27, 2016

斉藤利菜 「愛してしまった」

‘み’のAT950Wは「世界遺産」のキーワードでの自動録画設定がしてあるんですが、そのキーワードに引っかかってBS朝日の「歴史ミステリー 日本の城見聞録」という番組が何度か録画されていて、PSVitaに転送して(再生速度を上げながら)鑑賞していたんですが・・・

番組自体は日本のお城を紹介するもので、実際に当時をイメージしながらお城を攻める側の目線でお城の構造の特徴などをフィーチャーしていく感じのものなんですが、その中で気になったのが表題にした斉藤利菜の「愛してしまった」というナンバー。


ややかすれたようなハスキーボイスで歌われる切な系のスローバラードなんですが、「平穏など 私の手で 壊してしまいたい」というような激情的にも感じられる詩がもうその役割を終えたお城の絵と相まって妙に耳に残り、何度も番組のエンディングを聞き直してしまった程なんですよね。


で、WEBで検索してみたら殆ど情報がない・・・


本人のブログ
があった位で、wikiにも記述がない(2016年1月時点)とは逆に珍しい(^_^;)

斉藤利菜さん(ここからさん付けします)は名古屋を中心に活動されている女性シンガーソングライターで、これまでミニアルバム1枚、シングル2枚、フルアルバム1枚をリリースしている。

 「愛してしまった」はミニアルバムの「Birthday」に含まれているが、CDは手売のみ。music.jpからのダウンロード購入は出来るらしい。


そんな中で本人がライブで歌う動画があったので貼っておきます。

歌詞を完全に聞き取った訳でないですが、不倫とかの許されざる愛のもどかしさや苦しさを歌っているようですね。テーマ的にはちょっと‘み’の想像とずれましたが、曲調はほぼ違和感なしなので、CDが欲しい気もします。

何かダウンロード販売ってモノを持っている感覚が薄くて余り好きではないので・・・(^_^;)


  
Posted by kazumitsuzuka at 05:30Comments(0)TrackBack(0)clip!
December 25, 2015

兵庫 姫路 姫路城の夕景と夜景

姫路城十景にも選ばれている男山に足を運んだ‘み’。


確かこの日の日没は17:45頃だったと思いますが、その少し前に姫路城が赤く染まるのを少し待ってみました。

その少し前の西の空。割ときれいに赤く焼けていますが・・・

1510 姫路 姫路城の夕景06

1510 姫路 姫路城の夕景04
姫路城はこんなもの。

1510 姫路 姫路城の夕景01

1510 姫路 姫路城の夕景02

1510 姫路 姫路城の夕景03
広角にすると空のグラデーションは分りますが・・・

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 06:43Comments(0)TrackBack(0)clip!
December 21, 2015

兵庫 姫路 男山へ

たまごやでの遅いお昼ご飯の後、夕焼けに染まる赤い姫路城が綺麗だという情報を得ていた‘み’は姫路城十景にも選ばれている男山に向かうことにしました。


折角なので直行せずにお城のお堀沿いを少し歩いてみました。
1510 姫路 姫路城と男山05
途中のベンチには何故か子猫が群れていましたが(^_^;)
1510 姫路 姫路城と男山01


1510 姫路 姫路城と男山02
折角なので猫のショットを少々。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 05:25Comments(0)TrackBack(0)clip!
December 10, 2015

兵庫 姫路城 その4

その3では姫路城の天守から降りてきましたが、その4では西の丸を。


菱の門の脇から西の丸へ上がる坂。相変わらず天守が綺麗に見えます。
1510 姫路城 75
西の丸の様子。

1510 姫路城 76
中には入れませんでしたが力の櫓。

1510 姫路城 79
西の丸から天守を望む。松が入って絵が締まりますね。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 23:31Comments(0)TrackBack(0)clip!
December 07, 2015

兵庫 姫路城 その3

その2では姫路城の天守内部を紹介しましたが、その3ではその後を。


天守内部を見学後は自動的に天守の直ぐ下の本丸(備前丸)へ。
1510 姫路城 53
西の丸方面も良く見えました。
1510 姫路城 63
そこから見上げた天守。

1510 姫路城 55
多分20年前にもここから撮ったと思われる1枚。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 22:51Comments(0)TrackBack(0)clip!
December 03, 2015

兵庫 姫路城 その2

その1では天守の直前部分までを紹介しましたが、その2では姫路城の天守内部へ。


入り口で靴を脱いでビニール袋で持って歩く良くあるパターンで天守内へ。

1510 姫路城 25
最初に入った場所はまだ地下に相当するはず。

1510 姫路城 26
修理の際の瓦や・・・
1510 姫路城 29
城下町などの模型がぼちぼち展示され・・・


  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 07:16Comments(0)TrackBack(0)clip!
November 25, 2015

兵庫 姫路城 その1

ここで紹介した大坂城に引き続き、仕事明けのタイミングが良かったので姫路城にも足を延ばしてきました。

大坂城の時と打って変わってドピーカンでしたけどね(^_^;)


姫路城はおよそ20年前(銀塩の写真が残っていましたが、96年の3月になっていました)に見に来ているんですが、平成の大修理も終わって白くなったとのもっぱらの評判なので。
まあ、新幹線の車窓から(修理中のものも含めて)遠目にお城自体は何度かチラ見したことはあるんですけどね。


この日は西から帰る際に途中下車する形になったので、余り乗った記憶のない九州新幹線車両、さくらに乗って姫路駅で下車。

1510 姫路城 01
姫路駅を降りるともう正面にお城が見えました。総構えの平山城で、外曲輪は駅の辺りまで来ていたようですね。

1510 姫路城 02

1510 姫路城 03
およそ20分程度歩くともう天守閣がほど近くに。現存12天守の1つで江戸初期のそれが残っているお城ですが、お城としては南北朝時代まで遡るそうです。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 08:07Comments(0)TrackBack(0)clip!
November 20, 2015

大阪 大阪城 その3

大阪城の天守を後にし、もう少し大阪城公園回りを。

1510 大坂城 35
天守が鉄筋コンクリートの再建ものの上、豊臣時代の城跡の上に盛り土をして徳川時代の天守が建てられているそうで、天守そのものよりも周囲に残っている櫓や門などに重要文化財が多かったりするので、そちらも見て回りました。


まあ、この頃は結構雨が本降りになっていたので殆どがチラ見程度ですけどね。


天守の直ぐ傍にある金蔵。普通の土蔵に見えますが、ここに大判小判がザックザクだったりしたんでしょうか・・・?

1510 大坂城 34
お城とは関係ありませんが、既に閉館してしまっている大阪市立博物館。旧陸軍第四師団司令部庁舎を利用しているそうで雰囲気ありますね。

1510 大坂城 36
南側の桜門手前にある巨石。確かにこの大きさはインパクトがありました。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 07:39Comments(0)TrackBack(0)clip!
November 19, 2015

大阪 大坂城 その2

京セラドーム訪問の際、少し早く大阪入りして足を延ばした大阪城。その1に引き続いて天守内に入ります。

券売機の前はそれほど混雑していませんでした。
1510 大坂城 12

600円のチケットを購入して天守内へ入ると・・・

1510 大坂城 13
まず井戸が。
1510 大坂城 14
海外の方は珍しいのか結構真剣に覗きこんだりしていました。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 06:51Comments(0)TrackBack(0)clip!
November 17, 2015

大阪 大坂城 その1

京セラドーム訪問の際、少し早く大阪入りして足を延ばしたのが大阪城実際にお城に行くのは多分10年以上ぶりなんですよね。その間も遠目に見たことは何度もありますし、その前にも修学旅行で行った記憶はあるんですが(^_^;)


この日は新幹線経由だったので、環状線の大阪城公園駅で下車。松阪〜鈴鹿の前週と同様に雨に祟られるという雨男っぷりを発揮した‘み’ですが、メインは京セラドームの試合観戦なので雨でもOKです(T_T)


大阪城公園内の様子。この辺は全く昔の記憶がありませんね・・・

1510 大坂城 01
青屋門を潜ると・・・

1510 大坂城 02
何故か隼が・・・

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 05:34Comments(0)TrackBack(0)clip!
November 08, 2015

三重 松阪観光 その2 松坂城跡

雨の松阪市内を彷徨った後、そのまま徒歩で松坂城へ。石垣しか残っていないとのことでしたが・・・

1588年に蒲生氏郷が築城した平山城で3重5階の天守があったそうですが、1644年に台風で倒壊したんだとか。


ということで、お城周りのショットを少々。

まずは市庁の向かい側からのショット。正面の森っぽい所が城跡です。

1509松阪 松坂城跡01
大手門側に当たる東側の入り口。門自体はもう少し市庁寄りにあったようです。

1509松阪 松坂城跡02
直ぐのところにある歴史民俗資料館も当然のように休館日・・・

1509松阪 松坂城跡04
「石垣位しか残っていない」という予備知識を持って行ったつもりだったんですが・・・ 「立派な石垣が残っている」という表現の方が正しいのかなと。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 11:30Comments(0)TrackBack(0)clip!