【 機動戦士ガンダム 】
July 26, 2018

Blu-ray 機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 誕生 赤い彗星

THE ORIGINシリーズの最終話となる「THE ORIGIN VI 誕生 赤い彗星」。Blu-rayを予約購入して鑑賞しました。今回は学習してノーマルなタイプを選択しました(^_^;)



例によって見る時間が取れずにしばらく積んでおいたんですが・・・

Blu-ray 機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 誕生 赤い彗星 01
ストーリー的に描かれたのはルウム戦役からファーストに突入する少し前まで。文字通りガンダムのORIGINを描いたところでシリーズ終了となる訳ですが・・・

Blu-ray 機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 誕生 赤い彗星 02

ここからはネタバレ有の感想を少々。


まず、これまでも小出しにされていたルウム戦役の映像が序盤でしっかりばっちり描かれていたので、一気に引き込まれました。


  続きを読む

Posted by kazumitsuzuka at 05:34Comments(0)clip!
December 16, 2017

Blu-ray 機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER

機動戦士ガンダムのサンダーボルトシリーズ第2弾、「BANDIT FLOWER」。Blu-rayを購入して鑑賞しました。
Blu-ray 機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER 01

THE ORIGIN Vの時にはメーカー特典のクリアファイルに1,200円も払ってしまったため、今回は学習してメーカー特典なしバージョンを購入しています(^_^;)

Blu-ray 機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER 02

あらすじ的には、ちょうど原作漫画の4〜7巻辺りまでを描いた感じで、サンダーボルト宙域で死闘を繰り広げたイオ・フレミングとダリル・ローレンツが乗機を水陸両用機のアトラスガンガムと同じく水陸両用のアッガイに変え、地球連邦軍の一軍閥である南洋同盟が入手したとされるサイコ・ザクのデータを奪い合うというもの。


実際にはこの「BANDIT FLOWER」では因縁の両者が邂逅することはありませんでしたし、ストーリー面でも中途半端に切れた感じがしてしまいましたが・・・

ここからはネタバレ有の感想を少々。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:04Comments(0)clip!
November 21, 2017

Blu-ray 機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦

THE ORIGINのBlu-rayも早5作目。シャア・セイラ編を終え、いよいよルウム編の「激突 ルウム会戦」に突入しました。


これまではモビルスーツも満足に登場せず昔話的な部分が多かったのに対し、TVシリーズでは描かれなかった一年戦争の序盤に突入数するということもあり、期待も高まるというもの。
Blu-ray 機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦 02
特にルウムの様子はシリーズの序盤でシャアザクの様子が少しだけ描かれていたので、あのクオリティでのルウムが見られるんだな〜と。

Blu-ray 機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦 03

ということで感想を少々。


まず圧巻だったのはブリティッシュ作戦でコロニーが落ちる様子。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 06:07Comments(0)clip!
September 22, 2017

Blu-ray 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 メモリアルボックス

ガンダムシリーズ初のOVAとなる機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争、なぜかこれまでBlu-rayではリリースされていなかったようで、思わずぽちっとしてしまいました。
機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 Blu-ray BOX 01

早期購入特典の「LD第1巻ジャケットイラスト使用ミニ色紙付」とやらが付いたバージョンです。

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 Blu-ray BOX 02
なんか付録がやたらと多いように思いますが、30分6話なのでDiskは映像得点まで含めても2枚なんですね。

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 Blu-ray BOX 03

肝心の映像の方はまだチラっと見始めた位ですが、流石に1989年の作品なのでBlu-rayとは言え美麗な映像とまでは行きませんが、十分見られる感じに仕上がっていたかと思います。

あ、そうそう、今回のこのネタを書くのに調べていて気がついていたんですが、アルの声優が当時12歳の浪川大輔だったとはびっくりしました。リディ・マーセナスとは全く印象が違いますけどね(^_^;)

しかもその浪川大輔はDVDとこのBlu-ray BOX発売のCMで「アルが当時を振り返る」という設定でナレーションを行っているとのこと。それが映像特典に入っているとはビックリ。流石にアルの面影はほとんどありませんが、ガンダムシリーズが長く続いたことでこんな演出も出来るようになっていたんですね。

ストーリー面はもう今更ここで云々するものでもないと思いますが、ガンダム本編や‘み’が大好きな0083とは一線を画するちょっと切ない悲しい物語になっているんですよね。
衝撃的なラストシーンなんかはもう完全にアル目線になっちゃいますし、それを知っていながら話数を見進めていくのがもう・・・ 当時はもっとモビルスーツ同士の戦闘を中心に描いて欲しいと思った記憶がありますが、年を取って涙腺が弱くなっているのでその辺はこれでも十分。


じっくりと鑑賞しようと思います。

  
Posted by kazumitsuzuka at 00:30Comments(0)clip!
January 13, 2017

Blu-ray 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 1〜4巻収納BOX

シャア・セイラ編が完結した機動戦士ガンダム THE ORIGIN。

Amazon.co.jpではIII:暁の蜂起IV:運命の前夜の2品にシリアルコード付きのものが販売されていて、その2品のコードで1〜4巻が収納出来る収納BOXを頂けるとのこと。III購入時にシリアルコード付きを選んでしまった手前IVもシリアルコード付きを購入し、実際にBOXを頂きました。

これが収納BOX。紙製です。下に挟んであるのが封入されてきた伝票です。ビニールから出していないので微妙な画像ですが。

Blu-ray 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 1〜4巻収納BOX01
反対側。同じく下に挟んであるのがシリアルコードが書かれた台紙。

Blu-ray 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 1〜4巻収納BOX02

引換には2週間程度掛かる旨の注意書きがどこかにあったような気がしますが、IIIのコードは事前にWEBで登録し、IVのコードを受け取り後一両日中位のタイミングで登録したところ、良く週末には宅配便で手許に配送されてきました。

4巻を実際に収納した画像はないんですが、各巻(ブックレット含む)をビニール袋に入れたままだとかなりぴったりという感じ。実は1枚ビニールを破ってしまったこともあり、4巻すべてをビニールから出してBOXに封入してしまいたいところですが、このシリーズは帯が外に出てしまうので困りものだったりします。

ただ・・・

既に記憶が曖昧ですが、シリアルコードの有無で価格差は最終的に1巻当たり2,000円弱程度だったように記憶しています(シリアル付きが定価で通常版が安く売られていた)。普通に購入できない収納BOXがGET出来るとは言え、III予約時点では詳細は分からず、IV予約時にも2巻連動のためにでコード付を選ぶしかない状態となっていたことを考えると・・・ちょっと頂けませんね。4,000円もする紙の収納BOXをそれと分からずに購入したことになりますから(^_^;)

ルウム編も同じ形で販売されたらBOX付も気にはなりますが、正直4,000円でBOXを買うかと言われると、まあ無いなぁと。
その前にシャア・セイラ編のBOX入りの4巻セットが発売されそうですけどね(^_^;)


  
Posted by kazumitsuzuka at 00:03Comments(0)TrackBack(0)clip!
December 20, 2016

Blu-ray 機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜

シャア・セイラ編の最終4話目となる「Blu-ray 機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜」。「暁の蜂起」と2巻連動の購入特典の1〜4巻収納BOX引換シリアルコード付の方をAmazonで予約購入して鑑賞しました。


Aamzonの特典でクリアファイルも付いていました。

Blu-ray 機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜 01
中身はこんな感じ。

Blu-ray 機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜 02
ストーリー的にはシャアとララァのマナウスでの出会いから、ガンキャノンとブグ&ザクIの月面戦闘、そしてジオンの地球連邦への宣戦布告といったところです。

まだリリースされたばかりの作品なので、ここからはページを変えてネタバレありの感想を少々。


  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:02Comments(0)TrackBack(0)clip!
December 19, 2016

2016.07 お台場 ガンダムフロント東京

先日お台場に用事があり、ダイバーシティ東京にに立ち寄ったので、ガンダムフロント東京を再訪してみました。何年か前に行ってみた時と異なりカメラとかは持っていなかったので画像は全てLGL21でのものです。この時点で知る由もなかったんですが、ガンダムの立像展示が2017年3月まで、ガンダムフロント東京の営業が同4月までで終了してしまうのは残念な限りですね。


1/1ガンダムはこんな感じ。以前とは仕様が変わっているのかも知れませんが詳細不明。夕刻だったので逆光ですね・・・

1607お台場 ガンダムフロント東京01
バックショットは青空が背景に入って良い感じ。EOS Mでも持ってくるべきだったと反省・・・

1607お台場 ガンダムフロント東京02
ガンダムフロント東京は結構にぎわっていました。

1607お台場 ガンダムフロント東京07
有料ゾーンには入らなかったんですが・・・

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:03Comments(0)TrackBack(0)clip!
August 23, 2016

Blu-ray 機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY

最新のOVAガンダム、 「機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY」のBlu-rayをGETして鑑賞しました。
Blu-ray 機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY 01
太田垣康男の原作漫画は全く読んだことがないんですが、TV-CMで見ている感じではかなり引き込まれそうだったので随分早くに予約したんですよね。
Blu-ray 機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY 02
あらすじ的には・・・


1年戦争末期のサイド4のスペースコロニー、ムーア近郊が舞台。帯電したデブリが原因で稲妻が閃くようになったサンダーボルト宙域で連邦軍とジオン軍の部隊の壮絶な戦闘が継続されている。
ムーア市民の生き残りである地球連邦のムーア同胞団ではイオ・フレミングが青いフルアーマー・ガンダムを、義肢兵の戦闘データ研究がその主目的であるジオンのリビング・デッド師団ではダリル・ローレンツが赤いサイコ・ザクを主に駆り、まさに血で血を洗う戦争が展開されていく・・・


という感じでしょうか。


有料配信されている全4話がベースでBlu-rayには新作カットが加えられていたようですが、有料配信を「なんか損した」ように感じてしまう‘み’は完全に初見。
絵柄やタッチなどがやや取っ付き難い感はあったものの、鑑賞後は何とも表現しにくい感情を持ってしまったんですよね。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:05Comments(0)TrackBack(0)clip!
June 16, 2016

Blu-ray 機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起

THE ORIGIN IIIのBlu-rayも3作目になる「暁の蜂起」。今回はAmazonの作戦にまんまと乗せられて2巻連動購入特典の1〜4巻収納BOX」引換シリアルコード付の方をGETしてしまいました。
BOXがどんなものかもわからないんですけどね・・・(^_^;)

Blu-ray 機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起01
それはさておき、今回は宇宙世紀0074年からの物語。キャスバルがエドワウ・マスとして移り住んだテキサスコロニーから、シャア・アズナブルとしてジオン自治共和国の国防軍士官学校に入学し、そこでのシャアの様子が中心に描かれることに。

サブタイトルにも「暁の蜂起」とあるように、いよいよ1年戦争に向けた戦争臭さや「赤」が感じられるようになってきたなぁと。


まだリリースされたばかりの作品なので、ここからはページを変えてネタバレありの感想を少々。


  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:03Comments(0)TrackBack(0)clip!
December 04, 2015

Blu-ray 機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア

1作目の「青い瞳のキャスバル」に引き続き、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア」のBlu-rayを購入しました。
Blu-ray 機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア 02
今回は0071年、エドワウ家に身を委ねたキャスバルとアルテイシア、ジンバ・ラルがキシリアの手の者に襲撃され、テキサスコロニーに移った兄妹が本来のシャア・アズナブルと出会う・・・というパート。
哀しみのアルテイシアというサブタイトルの通り、母アストライア、猫のルシファー、そして兄キャスバルが次々とアルテイシアから離れて行くというなかなかシビアな描写が続いていたなと。

ここからはページを変えて。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:16Comments(0)TrackBack(0)clip!
September 05, 2015

相模屋 トリプル・ドムとうふ マッシュ機

久しぶりに見た相模屋のガンダムネタとうふシリーズ、ザクとうふズゴックとうふビグザムとうふに引き続いてトリプル・ドムとうふをGETしました。正確にはドムが何かも分らない嫁さんが安くなったものを買って来てくれたんですが(^_^;)

お値段は半額で100円位のはずとのこと。マッシュ機と明記されていましが、ガイア機とオルテガ機も用意されているとのこと。パッケージはもちろん、豆腐本体もジェットストリームアタックを意識してガイア機がサーベル、オルテガ機が握り拳(オルテガハンマー)と合わせて再現されているという芸の細かさ。
相模屋 トリプル・ドムとうふ マッシュ機01
このパッケージのドムって三連星の仕様よりも新しく見えるような・・・


裏面にはジェットストリームアタックの描写も。単に3個ではなくでちゃんと装備が違うと言われると3機並べたくなりますね。嫁さんには理解してもらえないでしょうが(^_^;) 
相模屋 トリプル・ドムとうふ マッシュ機02
まあ、チョコ味のデザート系の豆腐なので3個食べるのはちょっと・・・


中身こんな感じ。マッシュ機らしくジャイアントバズがきちんと再現されています。

相模屋 トリプル・ドムとうふ マッシュ機03
中身の底面。ジオンのエンブレムはこれまで通り。


  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:17Comments(2)TrackBack(0)clip!
May 01, 2015

Blu-ray 機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル

ガンダムUCもひと段落したところで安彦良和の漫画が映像化された「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」。現時点でTVリーズの前日譚に当たるパートの4作が予定されているとのことですが、その1作目の「青い瞳のキャスバル」のBlu-rayを購入し鑑賞しました。
Blu-ray 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 青い瞳のキャスバル 00
ブックレットなどが封入されていました。
Blu-ray 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 青い瞳のキャスバル 01
あらすじというかストーリー的にはTHE ORIGINで描かれた宇宙世紀0068年のジオン・ズム・ダイクン暗殺からキャスバルとアルテイシアがムンゾを脱出する辺りまで。
冒頭でルウム戦役の映像が数分ありましたが、それも含めてすべてがTVシリーズ前のお話なので今までのガンダム作品と思って観てしまうとちょっと違和感があるかも知れません。ガンダムと名の付くモビルスーツも一切登場しませんしね。

Blu-ray 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 青い瞳のキャスバル 02

原作漫画がある以上ネタバレもないかとは思いますが、ここからはページを変えて感想を少々。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 06:57Comments(0)TrackBack(0)clip!
August 10, 2014

Aimer StarRingChild

機動戦士ガンダムUC episode7 虹の彼方に 」。ラストエピソードep7のテーマになっているAimerの「StarRingChild」。ep6の「RE:I AM」に引き続いて澤野弘之自身の作詞作曲しているナンバーなんですよね。

ep7は実際にBlu-rayで鑑賞するまで事前情報を極力入れないようにしていたこともあって、曲のタイトルを見るまで余り意識していなかったんですが・・・なるほど、思いっきりStarChildでしたか(^_^;)


で、この間に入っている「Ring」。

当初は直感的に「輪」の方だと思っていたんですが、歌詞を見ながら聞いてみると音を鳴らす方のRingでしたね(^_^;)


曲の意図している要素などはAimer本人がインタビューに答えているこの記事が分かり易い様に思いますが、流石にUCのラストを飾るのに相応しいなと。

大人になって忘れてしまうような夢や希望。
星のように無数に存在するその望みが音を発し、子供の頃の夢を思い出させる。
それぞれがそれぞれの「たった一つの望み」を叶えようと「それでも」と前へ踏み出し、これを次の世代へ繋げていく・・・


ちゃんと歌詞を見ながらフルコーラスで聞いたときにはゾクゾクしてしまったほどなんですよね。


と、真っ直ぐ解釈するとこういう感じなんですが、ひねくれた‘み’としてちょっと違う見方を。


「Ring」が輪とのダブルミーニングで使われているんじゃないかなと。


進化のキーになるDNAの螺旋も前後方向から見れば円ですし、人の思惟もある意味円のように繋がるもの。サイコシェードも円形(コレは日輪のイメージかも)でしたし、「輪廻」なんて言葉は進化の一側面・・・ 

ep6の「宇宙と地球と」の感想でも触れましたが、これにはそこで惑う「人」が含まれて天地人的な意味合いがあるように感じていた‘み’としてはStar=星=天、Ring=円い地球=地、Child=子供=人という解釈で、人々の望みを映し出したかのような星々がたったひとつの地球を通じて人の望みを奮い立たせ、前に向かっていく。こんな永久機関的なRingもありなのかなぁと。そもそもStarが親だとすると人の想いが親になっていることになるので、非常に前向きな解釈になりますしね。

StarとChildを繋いでいるRing、実際には‘み’が思いもよらないような色々な意味を込めて使っているんでしょうかね。考え過ぎかも知れませんが(^_^;)


いずれにしてもこのナンバーと共にユニコーンとしては大団円。

まさに大団『円』がぴったり嵌りますね〜

    
Posted by kazumitsuzuka at 18:40Comments(0)TrackBack(0)clip!
August 03, 2014

Blu-ray 機動戦士ガンダムUC episode7「虹の彼方に」 その3

モビルスーツを中心とした感想をここで書いた「機動戦士ガンダムUC episode7 虹の彼方に 」。ストーリー面の気になる点というか‘み’なりの解釈を纏めておきます。

もっとも‘み’は先に小説を読んでいるので、その印象や感想と混ざってしまったりしている部分はあるかも知れませんがご容赦下さい。

全体的な印象としては勿論良い作品だと思いますし、数年間続いたガンダム作品としても、アニメのクオリティ的にも不満はなく、良くコレだけのものをマスベースに乗せてくれたなというのが本音。


ただ、その前提でもやはり気になるのは尺。


あと1作2作伸ばしてでもしっかりと描いて欲しかったなと思える部分が多く、どうにもその辺が消化不良かなと。

と、ここからはポイントを絞りますが・・・

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 08:44Comments(0)TrackBack(0)clip!
July 18, 2014

Blu-ray 機動戦士ガンダムUC episode7「虹の彼方に」 その2

ここで細切れに鑑賞して簡単な感想を書いた「機動戦士ガンダムUC episode7 虹の彼方に 」。もう1度キチンと観る時間を取れたので、改めての感想を。


まずは分かり易いところでモビルスーツなどの気になった場面から。


‘み’はほぼリアルタイムでファースト以降(ファーストは再放送だったと思いますが)を観ているので、やはり昔のモビルスーツが今の絵で再現されるのは結構好きだったりするんですよね。


妙に印象が強かったのがシュツルム・ガルス。まんま過去のMSでこそありませんが忍者でもあるかのような活躍といい、ちょっと変わった効果音といい、海外ウケでも狙ったのかと思える程だったので・・・

ズサとか、バウ(リバウなのかな?)、口からビームを吐くザクIII、ファンネルをキチンと使っていたヤクト・ドーガなどなど・・・
この辺は素直に「おっ」と思っちゃいましたね。
まあ、ep4のトリントン攻防でもしっかり旧MSが描かれているので、その宇宙版ともいう感じでちょっと食傷気味ではありましたけどね(^_^;)

逆にファーストの時代のコロニー落としとかの場面を今のレベルの絵で描いてくれていたのはちょっと嬉しかったですけど。

登場した時何だか分からなかったのがガエルの駆ったシルヴァ・バレト。駆ったというよりネオ・ジオングとともにほぼ棒立ちのようにも見えましたが、MSV的な設定だとばかり思っていたのでちょっとびっくりしましたね。インコムとかちゃんと使っていましたが・・・最終巨大MAには歯が立たない感じでしたね。

同じように目を引いたのがシャイアン基地の防衛に当っていた2機。1機はZプラス、そしてもう1機はなんとグスタフ・カール。共にトライスターに直ぐ抑えられてしまって見せ場はありませんでしたが、特にグスタフ・カールの方は「閃光のハサウェイ」での量産機の先行配備ということになるので世界観が繋がっていることの明示にもなっているなと。


MS本体以外の部分で気になったのが以下の2点。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 07:30Comments(0)TrackBack(0)clip!
June 17, 2014

Blu-ray 機動戦士ガンダムUC episode7「虹の彼方に」 その1

WEB上の評判などを目にしないように、Blu-rayが届くのを楽しみに待っていた「機動戦士ガンダムUC episode7 虹の彼方に 」。纏まった時間が取れず、断片的に数回に分けてやっと本編のみを鑑賞し終わりました。


初回限定版をGETしているので特典も多数。まだ殆んど触れていませんが・・・


コマギレでの鑑賞になってしまったので近々改めてもう一度特典なども含めて鑑賞しようと思いますが、細部はともかくまずは直感的な感想を少々。


あ、‘み’はここで紹介しているように小説版を先に読んでいるのでその前提で。


まず・・・ あ〜、終わったなぁというのが一番大きな感想。‘み’が最初にUCに触れたのはBlu-rayの1作目。ディテールの描写などに妙に惹かれた記憶がありますが、このリリースが2010年ですから足掛け5年。
これだけのクオリティの作品を(時間は掛かりましたが)リリースし続けてくれたことにはいちユーザーの立場からもお礼を言いたいですね。


で、ストーリー面。

この先は当然ネタバレになるので、興味のある方のみ続きを読むからどうぞ。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 23:39Comments(0)TrackBack(0)clip!
June 02, 2014

劇場版 機動戦士ガンダム Blu-rayトリロジーボックス

TVシリーズのBlu-rayボックスをGETしてしまった流れで予約していた劇場版の「機動戦士ガンダム Blu-ray トリロジーボックス」。先日到着しました。宅急便を受け取るタイミングが合わず暫く宅急便屋さんの倉庫で寝ていたんですが(^_^;)
劇場版 機動戦士ガンダム Blu-rayトリロジーボックス 01
今回は費用対効果を考えてプレミアムエディションではなく通常版をGETしていますが、その中味はこんな感じ。ディスクが映画本編3枚+特典1枚4枚。

劇場版 機動戦士ガンダム Blu-rayトリロジーボックス 02
表も裏も見たことのある懐かしいイラストですね。

劇場版 機動戦士ガンダム Blu-rayトリロジーボックス 03
他にブックレットも1冊。キャラクターやモビルスーツのMS紹介やインタビュー記事などが。

ディスク自体はケースも含めてシンプルですが、色がトリコロール+白のガンダムカラーになっているのが密かにに良い感じですね。
劇場版 機動戦士ガンダム Blu-rayトリロジーボックス 04

なかなか纏まった鑑賞時間が取れないんですが、‘み’はこの劇場版自体TVで放映されているのを見たことがある程度なので、じっくり時間を作って見ようかと思います。

 

  
Posted by kazumitsuzuka at 23:58Comments(0)TrackBack(0)clip!
April 17, 2014

Blu-ray 機動戦士ガンダムUC ガンダム 35thアニバーサリー アンコール版

Amazonからのメールで知ったんですが、いよいよ最終のepisode7を残すのみとなった機動戦士ガンダムUCのこれまでの6作が ガンダム 35thアニバーサリー アンコール版 として再販されるそうです。
これまでの6作は初回限定でスリーブケース仕様になっていて、マニアな‘み’は当然初回版をGETしているんですが、今回はこの初回限定版が再販されるということのようですね。


最終episode7のリリースにあわせた2014.06.06のリリースのなので、最後にもうひと儲け・・・ではなく盛り上げというところでしょうか(^_^;)


細部まで完全にこれまでの初回限定版と同じかは分かりませんし、通常版をお持ちの方は今更感もあるかも知れませんが買い逃していた方には嬉しい知らせですね。


まあ、7episode揃ったら今度はBOXとか販売されるんでしょうけどね〜


 


  
Posted by kazumitsuzuka at 23:25Comments(0)TrackBack(0)clip!
April 14, 2014

機動戦士ガンダム Blu-ray メモリアルボックス 鑑賞中

ということで鑑賞を始めた「機動戦士ガンダム Blu-ray メモリアルボックス 」。まだオデッサの少し前当たりなんですが・・・
機動戦士ガンダム Blu-ray メモリアルボックス02

前評判が良かった画質面ですが、これは期待に違わぬレベル。公開は1979年ですから、既に30年以上が経過しているとは思えないなと。
今回は35mmフィルムから起こしたそうですが、時代を感じさせない出来だったと思います。
勿論、超美麗ということはありませんし、そもそもデッサンというか絵がゆがんでいるような部分は(どう考えてもザクはそんな形じゃないだろうとか・・・)多々あるので、飽くまでも年数を考えるなら綺麗ということですけどね。
あ、たまに話題になるブライトさんの髪はちゃんと深めの緑色に見えました(^_^;)


ストーリー面は結構覚えているつもりだったんですが、意外と忘れているなと。特に細部は意外とエピソードごと抜けていたりしましたから、意外とTVシリーズそのものを再放送などで見直したりはしていないのかもしれません。
映画版は何回か見ていると思いますし、THE ORIGINも読んでいるので記憶がごっちゃになっている部分は否定しませんけど。


ちなみに‘み’が初めてTVシリーズを見たのを思い出せるのは多分再放送。再放送を見始めた時に子供心に「知っている」と思った記憶はあるので、初回の放送も存在位は知っていたと思いますが、見ながら当時の記憶が蘇ってきました。
特に、当時なんかちょっと違うなと思ったポイントがランバ・ラルとハモン、そしてメインキャラであるリュウの三者三様の特攻。単純明快なヒーローモノではないのは当時も気が付いていたと思いますが、死を賭して戦うランバ・ラルやハモン、味方を助けるためにコアファイターで特攻するリュウ。形は違っても主要なキャラが命を投げ打って死んでいくシーンは印象深かったなぁと・・・

この先はニュータイプ要素が前面に押し出されてストーリー的には更に重い感じになって来ますが、当時の記憶(というより感想でしょうか)を思い起こしながら、じっくり鑑賞していきたいと思います。

  
Posted by kazumitsuzuka at 05:14Comments(0)TrackBack(0)clip!
February 27, 2014

劇場版 機動戦士ガンダム Blu-rayトリロジーボックス 予約

TVシリーズのBlu-ray BOXを買ったばかり(正確にはまだ鑑賞している最中)のファーストガンダム。TVシリーズ完結後に劇場版として若干のリファインを含めて公開された3作がBlu-rayトリロジーボックスとして5/28日に発売されるとのことです。
今回は2000年に再アフレコ含め5.1chで製作された本編ディスク3枚を同梱するプレミアムエディションが21,600円、通常版が12,960円。

 
5.1ch版は結構評判が悪いものだったと記憶していますし、TVシリーズのBOXで特典はお腹一杯な部分もあるので、今回はおとなしく通常版をAmazonで予約しました。特典も若干違うようですが、両者の違いなどはこの辺を見ると分かり安いかも。

劇場版はTVシリーズよりも見直す機会が多かった(地上波とかでも何度も放送していたかと)と思いますし、「哀・戦士」や「めぐりあい」などのテーマソングも耳に残っている‘み’としては是非Blu-rayで残しておきたいと思える作品なんですよね。

5/23ってことは・・・ UCのVol.7より早く届くのかぁ(^_^;)


   
Posted by kazumitsuzuka at 06:03Comments(0)TrackBack(0)clip!