【 自作機 】
August 02, 2018

自作機 玄人志向 GF-GTX1050-2GB GET

‘み’の自作機のグラボ、玄人志向RH7750-E1GHD/Aが突然死してしまったため、ここで紹介したように慌てて購入したSAPPHIREのRadeon R5 230搭載品「SA-R5230-2GD3」。

一応トラブルからは復旧したものの、体感で気になるレベルの描画速度低下(ウィンドウの動作や静止画の描写がちょっと気になるレベル)が起きてしまったため、改めてしっかり下調べをしてグラボを換装しました。

もともと自作機で2Slotをグラボ用に確保できなったことが一番のネックになっていたため、今回はボード類を整理し、2Slotを搭載できるようにして選択肢を広げました。まあ、それでも3Dゲームなどとは無縁なのでハイスペックなものは望まないんですけどね。

これまでグラボはRADEON付いていたんですが、今回は補助電源不要・ディスプレイポートありという条件で製品を選ぶ中でNVIDIAも視野に入れた結果、GeForce GTX1050品を選ぶことになりました。GTX1050Tiも意識したんですが、コストパフォーマンスを考えてのチョイスです。

製品は玄人志向の「GF-GTX1050-2GB/OC/SF」。2018年5月頃で16,000〜17,000円程度が相場でしょうか。なんか仮装通貨のマイニングの影響でグラボは全体的に値上がり傾向にあるようですけどね・・・

開封するとこんな感じ。中箱が黒く一瞬高級な感じがしますが、グラボ本体とマニュアル類にユーティリティディスク程度とシンプルなものでした。
玄人志向 GF-GTX1050-2GB 01
本体はこんな感じ。ブラケット込で196 x 126 x 39 mmなのでRH7750-E1GHD/Aに比べると厚みだけでなく長さも数cm長くなっていますが、一応ちゃんと自作機内のスペースは確認済みなのでOKです。接続はPCI-Express3.0(x16) 。
玄人志向 GF-GTX1050-2GB 02
コネクタ側。DisplayPort x1、HDMI x1、 DVI-D x1。予定通りDisplayPortで接続します。
玄人志向 GF-GTX1050-2GB 03
ファンとヒートシンク部分。ファンは玄人志向オリジナルのシングルタイプ。
玄人志向 GF-GTX1050-2GB 04
あ、ちなみに拘っていたわけではないんですが、コアクロックがBase:1366MHz→Boost:1468MHzと少しだけオーバークロックされています。玄人志向のサイトには明記されていませんが、WEBで調べた感じではTDP=75W、アイドル時の消費電力は35W、ベンチなどで高負荷を掛けると140~150W程度になるそうなので、そろそろ電源が不安になってきますが・・・

  続きを読む

Posted by kazumitsuzuka at 00:10Comments(0)clip!
July 14, 2018

自作機 SAPPHIRE SA-R5230-2GD3で暫定措置

ここで紹介したように、‘み’の自作機のグラボ、玄人志向RH7750-E1GHD/Aが突然死してしまったため、慌ててグラボを1枚新調しました。

もともと2Slot占有タイプは物理的に入らないので、1Slotで補助電源不要のRH7750-E1GHD/Aの後継品程度があれば・・・と軽く探したものの、どうもこのタイプはニッチのようで、選択肢がほぼ皆無になってしまっていました。

やむを得ず軌道修正し、今回のトラブルを踏まえて予備にも出来るグラボでサイズ的に問題がなさそう&直ぐに購入できるものということで、SAPPHIREのRadeon R5 230搭載品「SA-R5230-2GD3」を入手しました。
SAPPHIRE SA-R5230-2GD3 01
8,000円弱だったと思いますが背に腹は代えられないということで。

中身はボード本体とドライバCD&マニュアル程度。ロープロファイル対応なのでブラケットも2枚付いています。
SAPPHIRE SA-R5230-2GD3 02

ファンレス&補助電源不要、当然1Slotタイプです。
SAPPHIRE SA-R5230-2GD3 03

コネクタ部。D-sub15、DVI-D、HMDIの3系統出力。ディスプレイポートは欲しいところでしたが・・・
SAPPHIRE SA-R5230-2GD3 04

まあ、自作機は遅かれ早かれWindows7のサポート終了に合わせてリプレイスする腹積もりなので、あわよくば
そのまま使い続けることも踏まえ、消費電力が19Wと異常に低く、メモリもDDR3ながら1GBではなく2GBのアイテムを選んでいるんですけどね(^_^;)

で、グラボを交換し、DVI-Dで接続すると・・・

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 08:07Comments(0)clip!
July 02, 2018

自作機 玄人志向 RH7750-E1GHD 故障

‘み’の自作機のグラボはここで紹介している玄人志向RH7750-E1GHD/Aなんですが、先日突然故障というか突然死してしまいました(T_T)

PC使用中に突然画面が乱れた(帯状の黒いブロックノイズのようなものが多数入った)と思いきや、画面がうんともすんとも言わなくなってしまったと・・・ ちなみにディスプレイはここで紹介しているEIZO FlexScan EV2736W FS-BKです。

この手のトラブルの場合問題を切り分けてどこに原因があるのかあたりを付けるのが普通なんですが、この時は以下のような状況ではたはた困り果ててしまいました・・・

・モニター、自作機の再起動は効果なし
・各種コネクタとグラボの刺しなおしなども効果なし
・モニターとグラボはディスプレイケーブルで接続していたが、代替のディスプレイケーブルは手元になし
・モニターとグラボはDVI-Dケーブルでも接続可能だが、DVI-Dケーブルは手元にない
・モニターは上記2系統しか入力を持たず、そこに映像を出力するデバイスがない
・グラボはHDMI出力が可能だが、モニタには入力できず。TVなどへHDMI出力するとしても、物理的にケーブルが届かず。
・グラボの予備はない。
・本来今のM/BであるP7H57D-V EVOはH57チップセットでCPU内蔵GPU対応だが、CPUをGPU内蔵でない
Core i7に交換済のためこれも使用できない。

こんな状態で、トラブル発生時点では完全に手詰まり。原因すら切り分けできず、途方にくれてしまいました。WEB接続などはほぼ引退しているRX78やVAIO S11もありますが、自作機には結構データを保存したりしていて自作機でしか出来ないようなことも多かったんですよね。しかも画面が写らなければ手の施しようもないと(T_T)
まあ、今思えばケーブル類などを全部外して物理的に自作機とTVを近づけ、TVHDMI出力してみる手はあったような気もしますけどね(^_^;)

ということで、取り急ぎケーブル類と安めで確実と思われるグラボなどを確保し、トラブルに対処し始めました。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 06:58Comments(0)clip!
April 19, 2018

MARSHAL クローンHDDスタンド MAL-5135SBKU3 GET

ふと思い立ってMARSHALのクローンHDDスタンド「MAL-5135SBKU3」を購入しました。最近自作機のHDD周りの環境は落ち着いているものの、HDDを入れ替えたりする際にUSBで外付けしたり、単純にHDD→HDDにコピーしたり出来るデバイスって一つ持っていると便利なんですよね。

今回はUSB3.0接続、2デバイスでコピー可能、3.5インチと2.5インチ及びHDDとSSDに対応していること、単一デバイスでもスタンドとして使用できることを踏まえ、お値段と相談しながらチョイスしました。
MARSHAL クローンHDDスタンド MAL-5135SBKU3 06

この手のデバイスはスタンドタイプやケーブルタイプのもの何度か買い替えてきましたが、今回は第三世代を謳って多少のエラーならそれを乗り越えてコピーできてしまうという部分も気になったんですけどね。


2月頃の相場は最安値が5,000円程度でしょうか。今回はクーポンとか色々と割引が効いて3,700円程度でGETしていますが(^_^;)

中身はこんな感じ。本体、ACアダプタ、USB3.0ケーブルに取扱説説明書程度とシンプル。あ、USBケーブルは80cm位しか長さがないので設置する場所には注意が必要かも。
MARSHAL クローンHDDスタンド MAL-5135SBKU3 01

本体にはLEDのインジケーターが。電源のオン/オフ、HDDのアクセスランプx2に加え、クローン時の進捗を示してくれるとのこと。ちなみに右側の黒いボタンはPCと接続せずにHDDをクローンする際のボタンです。
MARSHAL クローンHDDスタンド MAL-5135SBKU3 07

本体のアップ。端子部がむき出しなのが気になりますが・・・ 

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:10Comments(0)clip!
March 14, 2018

ELECOM スイッチングハブ EHC-G08MN-HJB GET

色々とTV周りにデバイスが増えて(レコーダーとか皆LAN接続ですが、基本的に有線で繋げるものは有線で繋ぎたい)有線LANポートが足りなくなってきたので、スイッチングハブを買い替えることにしました。今までネタにしたことはなかったと思いますが、今まではBUFFALOのLSW3-GT-5NS/BKという5ポートの1000BASEもの。これをELECOMの「EHC-G08MN-HJB」という8ポートタイプに変更することにしました。

2018年の2月頃で2,500〜3,000円辺りが相場。
ELECOM スイッチングハブ EHC-G08MN-HJB 01

ちょっとだけ気になっていた点もあって・・・ 最近自作機からWAN側に出られなくなってしまい、モデムを再起動することで復旧したというトラブルが何回かあったこと。自作機は有線でハブを経由して家庭内LANに繋がっていて、このトラブル時でもLAN内の機器とは繋がっていたのでハブに問題はないと思いますが、可能性はゼロではありませんから、良い機会かなと。
ELECOM スイッチングハブ EHC-G08MN-HJB 02
‘み’の用途ではハブに高機能などは求めませんし、3ポートしか増えないとは言え必要ならまたLSW3-GT-5NS/BKを使い始めればいいと考えてのチョイスです。まあ、16ポートとかになると一気に値段が上がりますから。
ELECOM スイッチングハブ EHC-G08MN-HJB 03

1000BASE-T対応の8ポート、電源内臓でサイズが約171.5mm×約83.6mm×約30.0mmと比較的コンパクトで、筺体も金属製なのでコストパフォーマンスは悪くないかなと。あ、ポートごとにLEDがあって動作が分かるのも‘み’的にはありがたいですね。


当たり前ですが設置してLANケーブルを差し替えてそのまま何も問題なく動作。念のためにルーターやモデムを再起動しましたが。

今思えばLSW3-GT-5NS/BKはもう10年選手のはずなので故障前に交換出来て良かったのかも知れません。しかし・・・ このLSW3-GT-5NS/BKは購入時にもっと高かった(多分5,000〜10,000円の間)ような気がするので、随分安くなったんですね。しかもサイズがほぼ変わらずに3ポートも増えましたからね(^_^;)


   
Posted by kazumitsuzuka at 00:05Comments(0)clip!
March 05, 2018

自作機 CPUファンエラーでENERMAX UCTB9Px2搭載

‘み’の自作機のCPUクーラーはここで紹介しているCoolerMasterHyper TX3 EVO。Intel純正品から交換しておよそ5年が経過しているんですが・・・ そろそろファンが物理的にダメになってきたようです。

というのも、自作機の起動時にBIOSがCPUファンエラーを吐くことが多くなってきたんですよね。
自作機CPUファンエラー
毎回ではありませんし、起動してしまえばちゃんとファンも回っているようではあったので、BIOSの設定を変えてしまっても良かったんですが・・・ ちょうど冬場で室温もそれ程高くない時期でこの状態だったので、良い機会と考えてファンを交換することにしました。

ちなみにこの時点でPC ProbeII(M/Bに添付されていたPCモニタリングソフト)を見てみるとこんな状態。特に高負荷を掛けたりはせず、WEBなどをちらちら見ている常用程度で室温が25度前後という条件でのものです。

自作機 PC ProbeII モニタ 01

実際にはもう少しファンの回転数は抑え目になっていることが多かったかも知れませんが・・・

ちなみにこれが取り外したTX3 EVOのファン。流石に内側は埃がたっぷりですね(^_^;)
自作機 旧CPUファン(CoolerMaster)

ということで、今回は大掛かりに冷却を考え直すようなこともなく、単純にファン自体を交換して終了と考えていたんですが、TX3 EVOに交換可能な92mmのファンを物色している中でファンを2枚装備できることに気が付いてしまいました。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:03Comments(0)clip!
August 21, 2017

自作機 ネットワーク寸断トラブル

IE11フリーズトラブルの延長とも言えるんですが、一応安定したと思われたこところで念のためとWindowsUpdateに残っていたオプションのパッチを2つ当てたところ、今度は自作機がWEBに出られなくなってしまいました(T_T) 多分.NET Framework4.6.1(KB4014606)が犯人だと思いますが・・・


WEBはおろかLANにも繋がらず、ネットワークが「識別されていないネットワーク」となってしまっていたんですよね。
識別されていないネットワーク
ネットワークも「パブリック」になってしまって「ホームネットワーク」にも変更できず、ネットワークの有効・無効を繰り返したりしたものの効果なし。

IE11トラブルと同日だったのでちょっと困ってしまったものの、「このパッチをアンインストールすれば良いだろう」くらいにタカを括っていたら・・・ これも全く効果なし。

IE11トラブルでシステムの復元に感覚が麻痺していた(冷静に考えるとシステムの復元は全てのシステムファイルやレジストリなどを戻すものではないので、場合によってはレジストリなどに不整合が生じることがあるものだったハズ)こともあり「面倒だなぁと」思いながらもう一度同じ復元ポイントに戻ってみたところ・・・ なんとこれも効果なし(T_T)

システムの復元ってネットワーク系の設定も元に戻るものと思ってたんですけどね・・・


  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:02Comments(0)clip!
July 27, 2017

自作機 IE11フリーズトラブル 再発

ここで紹介したIE11がフリーズしてWindows7ごと固まってしまうトラブル。システムの復元で事なきを得たかに思えたんですが・・・

再発してしまいました(T_T)


復元で数ヶ月分戻った分のアップデートが悪さをしている可能性はあるものの、特にソフト的にもハード的にも大きく変わったことはしていないんですが・・・


もう少し原因を探ろうと、アドオンなしのIE11を少し使ってみると(完全にクリアになったかは分りませんが)安定している様子で、ちょっと気になっていたFLASHを再インストールしたりFLASHをアンインストールしてみても状況が変わらず。

他にフリーソフトの「IE救急箱」も試しましたが効果なし。

レジストリの破損も疑って手動での修復(以下の通りコマンドプロンプトからコマンドを入力する)も試しましたが、コマンド自体はきちんと走ったものの改善せず。


At the command prompt, type the following commands (do not copy/paste), hitting the Enter key after each:

%SystemRoot%\System32\regsvr32 "%programfiles%\Internet Explorer\ieproxy.dll"

%SystemRoot%\Syswow64\regsvr32 "%programfiles(x86)%\Internet Explorer\ieproxy.dll"

%SystemRoot%\System32\regsvr32 /i /n ieframe.dll

%SystemRoot%\Syswow64\regsvr32 /i /n ieframe.dll



2016年10月のセキュリティ更新プログラムでも似たような問題が起きる話はあるものの、時期的に今回の起点はそんなに昔ではない上OS自体が固まってしまうので多分別の話なんだろうなと。


その後分かったこととして、OSごと固まる前に画面表示上ではIEのウィンドウは全てクローズしているにも関わらず、タスクマネージャー上では複数の「iexplore.exe」のプロセスが走ったままになっていたこと。
IE11 プロセスが残る
新しいタブやウィンドウを開くたびにこれが無駄に増えて行っていたということなのかも知れません。

いずれにしてもこの辺りで収拾がつかなくなってきたので、もう一度同じ復元ポイントに戻ってみたところ、今度はNorton Inertnet Securityがまた再インストール(自動修復インストールされた)が必要になった上、Officeもエラーが表示されて起動しなくなり修復インストールする羽目に(^_^;)

この後WindowsUpdateが多めに当たってほぼ元の環境に戻りましたが・・・ その後完全復旧したかというとちょっと微妙。タスクマネージャーを開けたままIEを使ってみて、やはり何度かプロセスが残った状態になったことがあるので、その場合に手動で停止しているのでフリーズしなかった・・・という感じなんですよね。

原因らしい原因は分かっていないんですが、2度目の復元で多少は安定したように感じます。原因らしい原因も特定できず、何とも言い難い状況ですね。これで再発しなければ良いんですが・・・


  
Posted by kazumitsuzuka at 00:03Comments(0)clip!
July 15, 2017

自作機 IE11でフリーズ トラブル

自作機は結構環境が安定し始めていることもあり、余りトラブルらしいトラブルも少なくなってきたんですが、IE11でのブラウズ中にIEが固まったり落ちたりし、その後Windows7ごと完全にフリーズしてしまうという事態が何度か発生してしまいました。

トラブル発生前に何かソフトやハードを追加したりしていないのでちょっと悩んだんですが、どうも「新しいタブを開く」時にタブではなく新しいウィンドウが開くような動作をすることがあり、且つその際にIEがそのままOSを巻き込んで固まってしまうということが多かったような。あ、固まると完全に画面が固定された状態でマウスも強制終了も利かずに物理的にリセットするしかなくなってしまうので、ハード的にもちょっと嫌だなと。
Chromeでは発生しないようなのでIEの問題だとは思いますが・・・まあ、IE自体を使い続けなくても良いんですが、OSを巻き込む不安定な状態のままにはしておきたくないですからね。

普通にキャッシュなどをクリアしても、IEを初期化しても改善されず。IE11を一度アンインストールしてみましたが・・・

アンインストール後の再起動に2時間近く掛かった(「Windowsを構成するための準備中」画面で延々待たされた)のでちょっと不安になりましたが、それだけ多くの修正プログラムと絡んでいるってことなんでしょうね。我慢して待っていたらちゃんと起動してくれましたが(^_^;)

ちなみに再起動後はIE10がインストールされた状態になっていましたが、特に今回の問題は起きなかったのでまあ復旧したと考えて良いかなと。ちなみにIE10を使っていると「このブラウザはサポートされていません」的なメッセージが多く出てウザイので、問題が再発しなさそうな感触を得てから再度IE11をインストールしに掛かりましたが・・・



  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 10:16Comments(2)clip!
July 01, 2017

BUFFALO HD-AV1.5TU2/A 復旧編

ここで紹介したように不安定になってしまったREGZA Z9500の録画用外付けUSB-HDD、BUFFALOの「HD-AV1.5TU2/A」。

REGZA Z9500から取り外し、自作機に接続して様子を見てみました。

まずWindows7からディスクチェックをしてみるとこんな感じ。やはり2ヶ所不良クラスタがありますね・・・
BUFFALO HD-AVTU2 チェックディスク


HD Tuneでも見てみると、明らかに2ヶ所不良セクタが(^_^;)
BUFFALO HD-AVTU2 HDTUNE1

このままにするのも流石に嫌なので、USB2.0で時間が掛かるのは覚悟の上で通常フォーマットを実行。

その上で再度HD Tuneで確認すると・・・一応綺麗になりました。


  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 12:36Comments(0)clip!
May 14, 2017

自作機 AREA SD-PEU3R-4E(4 WING 2) 増設

USB3.0のハブでちょっとごちゃごちゃしたこともあり、空いているPCI Express x1スロットにUSB3.0ボードを増設してしまうことにしました。ちょっと調べたら4ポート品でも2,000円を切っているんですよね。

USB3.1ボードはPCI Express x4スロット接続品しか販売されておらず(x4でないとPCIの方が速度的にボトルネックになってしまうってことだと思いますが)、x16の最後の空きスロットを塞ぎたくなかった上に価格も5,000円クラスとかなので今回は見送り。


で、選んだのがルネサス(旧NEC)チップ搭載が売りのAREASD-PEU3R-4E(4WING 2)」。4ポートで最安値、ボードの長さも短くめの定番的な商品になるかと思いますが。


これがSD-PEU3R-4E(4 WING 2)。ボードが小さいので箱も小さいですね。あ、SATA電源が必要になるので、電源分岐ケーブルも1つ購入していますが、ボードが安い(実質1,700円程度)のでケーブルが高く感じられます(^_^;)
AREA SD-PEU3R-4E 01

中身はこんな感じ。マニュアルとドライバCDが入っていました。
AREA SD-PEU3R-4E 02
ボード本体のアップ。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 13:04Comments(0)TrackBack(0)clip!
May 05, 2017

ELECOM USB3.0ハブ U3H-S418BBK GET

ここで紹介した安物の「ORICO 4ポートUSB3.0ハブ W5PH4-U3」がWindows7からUSB3.0ハブとして認識してもらえなかったことを受け、ちょっと物色して似たようなアイテムをGETしました。

そこそこ名の知れたメーカー製である点と、お値段がそこそこ安目である点、バスパワーで十分という条件で、便利そうに思えた個別のスイッチが付いているものを探したら余り選択肢がなく、ELECOMの「U3H-S418BBK」位しかなかったんですけどね。

これが U3H-S418BBK。2016年11月と比較的新しい商品で希望小売価格が税込み5,735円もするんですが、2月中旬にYodobashi.comで1,435円と異常に安かったんですよね。
ELECOM USB30ハブ U3H-S418BBK 01

思っていたよりもちょっと大きいかなぁという印象です。逆にケーブルは約30cmなので短く感じますね。画像はありませんが裏面(4つの足の部分)にはマグネットも付いています。ドライバーや説明書もありませんでしたが、Windows7(64bit)では接続しただけであっさり認識されました。

ELECOM USB30ハブ U3H-S418BBK 02

早速M/B(M/B P7H57D-V EVO)のUSB3.0ポートに接続し、USB3.0の5TB外付けHDD、WesternDigitalの「WDBWLG0050HBK-JESN」を接続してベンチを取ってみました。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 08:16Comments(0)TrackBack(0)clip!
April 28, 2017

自作機 東芝 6TB HDD MD04ACA600 問題再発と解決

ここで紹介したように、自作機に増設した東芝の6TB HDD「MD04ACA600」のデータコピーが異様に遅くなった上にWindows7から見失ってしまった話。

フォーマットなどで一応回復したかに見えましたが、暫くして再発してしまいました(T_T)

HDDが見えなくなることはなかったんですが、様子を見ながら少しずつ大きなファイル(正確にはフォルダ単位のコピー。7DMarkIIの撮影jpeg画像を野球1試合分で4〜5GB毎にフォルダに入れてある。)をコピーしようとすると、当初こそ100MB/s以上の速度が出ているもののいつの間にか10MB/s程度に速度が落ち、何度か試しているうちに3MB/s辺りまで低下してしまったと・・・

ちなみにその直後のベンチ。小さいファイルor小容量の書き込みでは全く問題が起きないようです・・・

東芝  MD04ACA600 ベンチ

再発していることにも鑑み、HDD側の問題と勘繰って一時はPIO病(SATA環境でも全く発生しない訳ではないんだそうですね・・・)まで疑ったり、保証がどうなっていたかまで考え始めましたが、APMが悪さをしているのかとアタリを付けてCrystalDiskInfoで設定してみようかと弄っていた時・・・原因に気が付きました!

この時点でのディスクの状態はこんな感じ。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:03Comments(0)TrackBack(0)clip!
March 01, 2017

ORICO 4ポートUSB3.0ハブ W5PH4-U3 GET

ここで紹介したように、USB3.0の5TB外付けHDD、WesternDigitalの「WDBWLG0050HBK-JESN」を購入してしまったため、BUFFALOのUSB3.0カードリーダー「BSCR15TU3」と合せて2つしかない自作機のUSB3.0ポートが塞がってしまいました。

本当に必要ならボードを増設すればいいんですが、まだそこまでの必要性を感じていない一方、フロント側からUSB3.0ポートにアクセスするのに難儀を感じていたこともあり、安いハブを1つ買っておいて損はないかなと。


ということで選んだのが「ORICO 4ポートUSB3.0ハブ W5PH4-U3」。バスパワーで4ポートのモデルですが、楽天の「HONEST」で1,199円とかなりお安かったなと。しかもお買いものマラソンを利用したのでポイント還元すると13%オフ程度にはなっているはず。


現物はこんな感じ。ゆうパケットで送料無料だったので箱は分解されていましたが、ケーブルも直付けなので非常にシンプルですね。

ORICO 4ポートUSB30ハブ W5PH4-U3 01
アップにするとこんな感じ。本体はABS樹脂だそうですが、10.7cm x 3.2cm x 2.4cmと非常にコンパクトなこともあってチャチに見えますね・・・ 特に問題にはならないと思いますが、コネクタの内部の青い樹脂部分の成形も綺麗でないように見えましたし。
ORICO 4ポートUSB30ハブ W5PH4-U3 02
重量も(実際に測った訳ではありませんが)118gだそうで、テンションの掛かったケーブルを刺すと間違いなくそちらに持っていかれてしまうので、使う場所や接続するデバイスによっては耐震ジェルとかゴム足とかを付けてあげた方が良い様にも思います。Amazon売っているものは若干デザインも違ってゴム足があるようですが・・・

ということで、実運用の可能性がある上記「WDBWLG0050HBK-JESN」をM/B直差しからこのハブ経由に変更してみました。HDDの方はACアダプタありなのでハブの方はバスパワーでも電力的には問題がないはずですし。

それぞれのベンチを比較してみると・・・

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:07Comments(0)TrackBack(0)clip!
February 12, 2017

自作機用 HDD Westren Digital WD30EFRX C5エラー

ここで紹介したように、外付け5TBで15,000円未満というコストパフォーマンス抜群の5GBのHDD、Westren DigitalのElements Desktop WDBWLG0050HBKを確保したこともあり、自作機の内蔵HDD内のデータを外付けHDDも含めて行き来させることになりました。

主に外付け側には使用頻度が低かったりバックアップ関連のデータを置くことにして、ファイルをエクスプローラーでドカドカとコピーして削除(移動してしまうと失敗した時に困るので基本的にこういう場合はコピーすることにしています)という手順を繰り返していたんですが・・・その最中、内蔵3TBのHDD、Westren Digital WD30EFRX からのコピーに失敗してしまいました。

何度か試していると、特定のMPEGファイルがコピーできないことが判明。自作機の再起動や同じHDD内でのコピーなど色々試しましたが、出来たのは同じHDD内での階層の変更(フォルダを作って移動)程度。MPEG自体は再生出来るんですが、コピーはおよそ半分程度の所までで終わってしまうと。

どうも嫌な予感がしてCrystalDiskInfoを立ち上げてみると、案の定、C5の代替処理保留中のセクタが発生して「注意」となっていました。

状況からこのMPEGファイルがこのセクタを使って保存されているってことなんでしょうね。
ファイル自体はそこそこ古いものでコダワリもなかったため最悪なくなっても止む無し、HDDの復旧を優先と判断し、Windows7標準のディスクチェック機能を使い「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」「不良セクターをスキャンし、回復する」双方にチェックを入れて走らせてみました。
WD WD30EFRX  CrystalDiskInfo1

あ、当然時間が掛かるので自分は寝ていましたが、結果はこんな感じに。

WD WD30EFRX ディスクチェック1
ちゃんと不良クラスタがそれとして処理された・・・ようですね。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:03Comments(0)TrackBack(0)clip!
January 31, 2017

WesternDigital 5TB USB-HDD WDBWLG0050HBK-JESN GET

ここで紹介したように、自作機の東芝6TB HDD「MD04ACA600」が認識されなくなるトラブルを経験した際にファイルの退避先にちょっと難儀したこともあり、久しぶりにPC用に外付けのHDDを用意することにしました。

嫁さん向けにVAIO S11をGETしたこともあり、S11側の外付けHDDとして使えることも踏まえているんですけどね。

そんな中で選んだのはWesternDigitalの5TB USB-HDD「WDBWLG0050HBK-JESN」。2016年12月中旬で14,000〜15,000円程度が相場でしょうか。このパッケージ、この手のデバイスにしては珍しくフィルムでシュリンクされていました。

WesternDigital 5TB USB-HDD WDBWLG0050HBK-JESN 01
USB3.0対応の外付けHDDである程度の容量があるものの中から価格を考えると実質一択でした。殻割して中身のHDDだけを使う人も多いようですしね。


中身はHDD本体とACアダプタ、USBケーブル程度とシンプル。

WesternDigital 5TB USB-HDD WDBWLG0050HBK-JESN 02
背面はこんな感じ。電源スイッチというかボタンもここ。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:01Comments(0)TrackBack(0)clip!
January 16, 2017

自作機 東芝 6TB HDD MD04ACA600認識せず

ここで紹介したとおり、自作機に増設した東芝の6TB HDD「MD04ACA600」。先日突然Windows7(結局10にはアップしなかった)から認識されなくなってしまいました。東芝 6TB HDD MD04ACA600 01

状況としては、7DMarkIIの撮影画像データを保管しようと合計2.4GB程度のjpeg220枚+動画数ファイルを別のHDDからコピーしたところ、異常に時間が掛かってコピーが中断してしまい、挙句の果てにドライブ自体が見えなくなってしまったと・・・

今思えば同じように画像をコピーして時間が掛かる場面は今までも何度かあったような気がしますが、それ程極端にも思えなかったので放置していたんですよね。


何かの拍子にキャッシュでも悪さをしたかな位に考えて再起動したものの、OSのパスワード入力後にデスクトップ画面が表示されるのにやたらと時間が長くかったり、マイコンピュータの表示(Eドライブとして使っている)にも同じように時間が掛かる有様。一応再起動後はEドライブは見えていましたし、BIOSからもHDDは見えていたんですが・・・ 念のため物理的な接触不良も疑って自作機の中のコネクタなどを確認しましたがこちらは問題なし。

この時点でのCrystaldiscInfoの状態。ハード的には特におかしなところは見当たらないようですが・・・


  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:03Comments(0)TrackBack(0)clip!
July 12, 2016

自作機 熱暴走?

少し前、梅雨の最中に極端に暑くなった日のこと。


‘み’の家は夏場でも比較的風が通って涼しいことが多く、ほとんどエアコンを使わずに生活出来ているんですが、この日は多分室温が33度オーバーになっていたはず。


そんな中で自作機を特に後負荷を掛けるでもなく使っていたんですが・・・

普通にシャットダウンして外出し、2時間弱程度経って帰宅時に自作機を見ると、電源LEDが点灯しっぱなし・・・
液晶モニタEIZOのFlexScan EV2736W FS-BKは自動的に画面がOFFになるのでONにしてみると、シャットダウン画面のままフリーズしていました(^_^;)

FANは普通に回っていたと思いますが、うんともすんとも言わなかったので電源ボタンを長押しして電源を落としたんですが、再起動することなくそのまま沈黙してしまったんですよね。

何度か電源ボタンを押しても全く反応しなかった為、電源の問題と思い込んで電源ケーブルを抜き差ししたりしても反応なし。内部でどこかパーツが逝ってしまったかと疑い、ケースを明けて中を見るとM/BのLEDが普通に点灯していたので電源ではなくケースのスイッチ側に原因を求めましたが、特に問題になりそうな部分もなし・・・


ちょっと途方に暮れながらも、しばらく電源ケーブルを抜いて待ってから再起動してみると・・・ビンゴ。

なんの問題もなく再起動しました(^_^;)


後でWindowsのイベントログを見て見ましたが特におかしいものがないので、シャットダウンしそこなってそのまま熱暴走した若しくはその逆のことが起こったのかなと思うようにします。

筺体内部の埃などは実は既に払ったりしていましたし、これまでの数年もほぼ同じような環境で同じような使い方をしているんですが、やっぱり電源などがヘタって来ているのかも。

実はこの自作機はWindows10への無料アップグレードは行わず、7のサポートが終了する前のどこかの時点で次の自作機へバトンタッチするつもりなんですが、意外と早くその時期が来るのかも知れませんね・・・

   

  
Posted by kazumitsuzuka at 05:42Comments(0)TrackBack(0)clip!
January 12, 2016

自作機 データ用6TB用HDD 東芝 MD04ACA600 増設

ここで紹介したようにSATA3.0用のエアリアの「SD-PESA3ES2L」を追加した‘み’の自作機。本来の目的であるHDDも増設しました。最近HDDを追加購入したり差し替えたりということが多いので思い切って最近話題の8TB品ST8000AS0002も考えたんですが、新技術ということなのかイマイチ評判がよろしく無いようなので、以前ここで紹介した4TBのMD04ACA400が意外と悪くなかった東芝の6TB品MD04ACA600をチョイスしました。7200rpmのSATA3.0でバッファ128MBというスペックで、MTBFが100万時間という高耐久仕様なのもウリのようです。


まあ、東芝は粉飾決算で大騒ぎなんだとは思いますが、うちはTVもREGZAなのでちょっと応援したい気持ちもあるんですよね。


これがMD04ACA600。12月末頃のバルクで27,000円程度が相場でしょうか。
東芝 6TB HDD MD04ACA600 01
ちょうどツクモのセールに当たったので税込&送料込24,624円でGET出来ました。店頭ではもうちょっと安い場面もあったようですけどね。


裏面。前回のMD04ACA600と基本的に同じ形状・・・ですね(^_^;)
東芝 6TB HDD MD04ACA600 02

ということで恒例のベンチを。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 05:35Comments(0)TrackBack(0)clip!
January 07, 2016

自作機 エアリア SATA3.0&eSATAボード SD-PESA3ES2L

案の定というかなんというか・・・ 自作機のHDD容量がやや手狭な感じになって来たため、6TBとか8TBとかの大容量HDDを追加しようかなぁと企み始めたんですが、良く考えたら現時点でM/B(ASUS P7H57D-V EVO)の2のSATAコネクタは完全に塞がっていて、単純な追加が出来ない状態。
容量の小さめな古いHDDを換装したり、殆ど使うこともないeATA用に外に逃がしている分を内蔵用に使う手も考えたんですが、良い機会だとSATA3.0に対応したボードを追加することにしました。

M/BはSATA3.0のに対応したMarvellチップのSATA3.0コネクタが2つしかなく、その他はSATA2.0仕様なので、それもあったんですけどね。


で、選んだのがエアリアの「SD-PESA3ES2L」。お値段も安かったんですが、一番大きかったのはPCI Express x1 接続という点。M/B自体が古いのでスロットも旧世代のものが中心なんですよね(^_^;) 一応x16は1つ残しているんですが、この先どうするかも分らないので、USB3.0とかとのコンボボード(PCI-Express x4接続になる「SATA3+USB3.0-PCIE2」のようなもの)ではなく純粋なSATA3.0ボードの中から、最近良く名前を聞くAsmediaチップ搭載品で安価なもの・・・という感じで絞り込んだ結果です。ちなみにこの「SD-PESA3ES2L」、外部のeSATA2ポートと内部SATA3.0ポートを ジャンパーで切替で選択できるんですよね。同時使用可能なのは2ポート までですし、eSATAは‘み’の場合はほぼ使用機会がないので宝の持ち腐れ感はありますが(^_^;)

これが「SD-PESA3ES2L」。12月下旬で2,500円程度が相場かなと思います。Windows10動作確認済みになってますね。
エアリア SD-PESA3ES2L 01
中身はこんな感じ。ボード以外にロープロファイル用のブラケット、ドライバCD、LED用のケーブルが同梱されていました。
エアリア SD-PESA3ES2L 06
ボード本体。思っていた以上に小さいですね。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:28Comments(0)TrackBack(0)clip!