【 車 】
September 25, 2021

TOYOTA Prius50 マッハ車検 R246川崎宮前店で車検
Prius50に乗るようになってから初の車検を迎えました。

これまで旧Priusの時の車検は、車自体が大分古くなっていたことも含めて高くてもディーラー、場合によってはオートバックスなどを使うこともあるという感じで対応していたんですが・・・
今回はまだ車が比較的新しいことを踏まえてお値段優先&時間が掛からない先を探し、近場で検索して見つけたのがマッハ車検R246川崎宮前店


文字通り国道246号線沿いで、目の前を通りかかったことは何度もありながら入ったことはなかったんですよね。

中型車で67,150円〜とお値段が安いこと、最短45分で終了するというのがウリ。車検だと週末に車を預けて歩いて帰り、翌週に歩いて受け取りに行くことが多かった(代車を借りるほどではない)ので、当日にそのまま乗って帰れるのも嬉しいところです。

店内はこんな感じで小奇麗。
マッハ車検 R246川崎宮前店で車検 01

車検中の様子がモニターに写されていて目視できるのも嬉しいところです。スタッフさんも丁寧で感じが良かったですし。
マッハ車検 R246川崎宮前店で車検 02

見積もり時にチェックを済ませて対応するポイントも固めてあったので、実際の車検は40分程度でサクッと終了。早いのはGTカーで培ったものだということですが、不安になってしまう程の早技でした(^_^;) 
  続きを読む

Posted by kazumitsuzuka at 09:14Comments(0)
May 28, 2021

コムテック ZDR-015用 SanDisk SDSQUA4-128G-GN6MN GET
先日のこと。

Prius50に装着しているドライブレコーダー、コムテックのZDR-015 での録画データを確認したい場面があり、帰宅後にmicroSDカードを自作機に刺してみたんですが・・・ 肝心の場面が保存されておらず、ほんの1時間30分程度前の動画しか残っていないというトラブルが発生。
当初microSDカードの問題かと考えたものの、よくよく見てみるとmicroSDカードが16GBという小容量のものになっているじゃないですか(^_^;) 
どうも本体の付属カードのようなんですが、どこかのタイミングでカードを入れ替えた際に誤って16GB品を装着してしまっていたようです。

ZDR-015は公式には32GBまでの対応ですが、‘み’は実態として128GB品を使っていますし、WEB上では200GBまで(256GBはフォーマットできなかったとの情報もあり)は動作確認出来ているようす。ちょうど手元に自由になる128GB品がなかったので、今回1回買い足してみました。

便宜上Amazonのリンクを貼っておきますが、今回はメモリ系では良く使うon HOME で購入しています。厳密には楽天も経由していませんけど。
SanDisk SDSQUA4-128G-GN6MN 01

SanDisk SDSQUA4-128G-GN6MN 02
高耐久タイプの「SDSQQNR-128G-GN6IA」などもちょっと気になったんですが、今回は特にこだわりはなかったので、お値段で選んだSanDiskの「SDSQUA4-128G-GN6MN」。例によって海外パッケージですが。

剥きだして写っているのはここで紹介した「SDSQUAR-128G-GN6MN」。ほぼ同型と思われます。色味はちょっと違いますが。
SanDisk SDSQUA4-128G-GN6MN 03

好例のベンチも取っておきました。まあ代わり映えすることはありませんけどね。
San Disk SDSQUA4-128G-GN6MN ベンチ

ということで、ZDR-015では「SDSQUAR-128G-GN6MN」と合わせ、128GBのmicroSD2枚を取りまわすことにしようと思います。

      
Posted by kazumitsuzuka at 07:19Comments(0)
June 29, 2020

TOYOTA Prius50 ユアーズ ステンレスナンバープレートボルト
納車からおよそ1年が経過したPrius50。まだナンバープレートのボルトは錆もなく綺麗な状態ですが、この先錆が出ると子汚くなってしまうので、そうなる前にステンレス製のボルトに変更することにしました。

今回は楽天の「 YOURS 」、RIGGというブランドの「プリウス 50系専用ナンバーロックボルト(16mm)セット 」を購入しました。
Prius50 ユアーズ ステンレスナンバープレートボルト 05

専用のL型レンチ(トルクス穴)と16mmの平座タイプのステンレスボルト3本で、ポイント還元やクーポン割引などを加味すると800円程度になったかと。
Prius50 ユアーズ ステンレスナンバープレートボルト 06

あ、ナンバープレート自体は前後2か所で計4か所ボルト止めされていますが、封緘部分を除いた前後3か所を交換することになります。
  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:03Comments(0)
May 11, 2020

2020.03 鎌倉 その1 akippa駐車場

広島でのオープン戦観戦を兼ねた旅行がコロナウィルスの影響で流れてしまったので、近場で普段行かないところに行こうと、Prius50で同じ神奈川県内の鎌倉に行ってみました。世の中どこもかなりの自粛ムードですが、気が滅入ってしまうのも考えもの&この時期はまだそこまでの状況にもなっていなかったんですよね・・・


多分鎌倉自体が数十年振り・・・なんですけど(^_^;) 


鎌倉界隈は道も狭くマイカー規制などがあると聞いていた(実際は週末のみのようですが)ので電車も考えましたが、電車よりも車の方がコロナウィルスのリスクは少ないかなという思いもあり、事前にakippa で駐車場を予約して臨みました。


今回は長谷寺辺りをメインにするつもりだったので、お値段と立地を踏まえて「鎌倉笹目町第一駐車場 」をチョイス。9-21時で1,535円の日でしたが、ちょうどクーポンを頂いて1,396円になったのはラッキーでした。


駐車したPrius50の様子。周囲の道路は想定通り狭かったんですが、問題なく入出庫出来ました。個人の方がスペースを貸してくださっているようですね。

2003 鎌倉 鎌倉笹目町第一駐車場 01

この駐車場の前の道は一方通行ではないようで、車両のすれ違いはおろか通過すら困難と思われる部分もあったので要注意です。東側を向くとこんな感じ。この日はこちら側から入ってきました。
2003 鎌倉 鎌倉笹目町第一駐車場 02

西側を向いたこのショットの先、ちょうど1台車が入ってくる辺りがその通過困難部分です。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 07:29Comments(0)
April 20, 2020

TOYOTA Prius50 アルミテープチューン
以前からよく耳にしていた車のアルミテープチューン。 

およそ車の樹脂パーツに蓄積した静電気をアルミテープを貼ることで放電し、静電気によって車本来の性能を発揮できなくなっていたところをクリアにする・・・というものと理解していましたが・・・ 

オカルトというか都市伝説的な部分も気にはなりますが、安価に試せることもあって実際にやってみようかと。 

今回購入したのはこんな感じ。せめてアルミテープはちゃんとしたものを用意しようと、3Mの両面通電と明記された「導電性アルミ箔テープ No.AL-50BT」を購入。25mm幅x3m幅でおよそ1,700円程度だったかと。 
Prius50 アルミテープチューン 材料
その他に用意したのはSOFT99のシリコンオフチビ缶、ギザギザにカットできる100円ショップのはさみという具合で総額2,000円強というところですね。 

はさみでこのアルミテープを適当にカットし、シリコンオフで脱脂した後何カ所かに添付してみました。一応外から見えにくいところに(^_^;)

車外ではまず4輪のフェアリングというかバンパーに繋がっている部分の内側。
Prius50 アルミテープチューン 03

脱脂したのに周囲がかなり汚れていますが・・・
Prius50 アルミテープチューン 01

そしてドアミラー下部。
  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:02Comments(0)
April 12, 2020

TOYOTA Prius50 HOTOR カークリーナーGET
Prius11の頃はほぼ気にならなかったんですが、Prius50はシートが黒ということもあり、意外なほどシートの小さなゴミが気になることが多くなってきました。買い物に行って後部座席にそれを積んだりするのでやむを得ないんですが・・・ 

そこでハンディタイプのクリーナーを一つ購入。以前紹介したフカイ工業のハンディークリーナー FBC-777は大分各部が弱ってきているとはいえまだ室内用に現役で使っているので、似たようなタイプでシガーソケットから電源を取れるタイプが良いなと。 

その中でAmazonで評判が良さそうだった「HOTOR」のカークリーナーを選びました。3月上旬時点で2,780円也。 
Prius50 HOTOR カークリーナー 01

中身はこんな感じ。 
Prius50 HOTOR カークリーナー 02

本体以外にもキャリングケース、各種ノズルや交換用のフィルタ&ヒューズ、微妙な日本語&イラストのマニュアル、保証書なども入っていました。 

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 10:30Comments(0)
April 02, 2020

TOYOTA Prius50 シェアスタイル ラゲッジネット GET
乗り始めるまではあまり気にしなかったPrius50のラゲッジスペース。Prius11も含めて今まで「トランク」があるのが当たり前だったので結構違和感があるのはさておき、使ってみると意外と狭く感じるなぁと。下部に発泡スチロールのスペーサー&スペアタイヤなどが収まっていることもあるんですが、Prius50は結構リアが絞り込まれていますからね・・・

まあ、車関連の小物などを積んだままにしているせいもあるんですが(^_^;)

本来はスペースを拡張したり出来れば良いのですが、そうもいかないので今回は荷物を積みやすくするべくラゲッジネットを購入してみました。

色々選択肢はありましたが、Prius50専用設計と謳われていたシェアスタイルというブランドのアイテムを購入しました。一応型番は「ss-parts-prius50-luggagenet」のようです。

サイズは約70cmx70cmで、30cmx35cmx40cmの段ボール箱を固定できるとのこと。ネット部分はほとんど伸縮しないタイプです。
Prius50 シェアスタイル ラゲッジネット 03

フック部分は樹脂製。
Prius50 シェアスタイル ラゲッジネット 04

実際にPrius50に装着してみました。運転席よりのフック。
Prius50 シェアスタイル ラゲッジネット 01

リア側のフック。
  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:10Comments(0)
March 31, 2020

Prius50 Andobil スマートフォンホルダーGET
Prius11型の時代からあまり意識することがなかったんですが、運転時にスマートフォンの置き場所にちょっと悩むようになりホルダーをGETしてみました。 

今まではドアの取っ手部分に下の写真のようにひょいっと置いておくことが多かったんですが(意外とおさまりが良かったりします)、流石に3年以上使っていてバッテリーが弱ってきているので車内でも充電したい場面が増えてきたなぁと。 
Prius50 Andobil スマートフォンホルダー 07

とはいえ、感覚的にPrius50は座面が低めなのでダッシュボードへの設置を避け、エアコン吹き出し口のルーバーに固定するタイプの中から、Amazonで評判の良さそうなものをチョイスしました。 

AndobilというAndroidと見紛うかのようなブランドのもので、3月上順にセールがあって1,700円弱(通常だと1,900円弱)。品名は「EASY CLIP CAR MOUNT」で良いんでしょうか? 一応「A-HYJ-CFK-JP」が型番のようです。 
Prius50 Andobil スマートフォンホルダー 01

中身はこんな感じ。本体とエアコン接続部(何故か2つあり)が別に封入されていて、日本語記載のないマニュアルが入っていました。ちなみに中国製でした。
Prius50 Andobil スマートフォンホルダー 02

組み立て(というかパーツを繋いだだけですが)てみるとこんな感じ。
  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:02Comments(0)
March 17, 2020

TOYOTA Prius50 リコール完了とタイヤの空気圧
ここで紹介したPrius50のシートベルトバックルのリコール。先日無事に完了しました。 

ちょうど12か月点検時期と被ったので合わせてディーラーさんで対応頂きましたが、シートベルトのバックルが新品交換されたようで、差し込み口がかなり固くなっていてちょっと戸惑ってしまいました。まあ実害はありませんし直ぐに慣れましたが。 
2003 Prius50 リコール完了

それよりも予想外だったのが、しばらく意識していなかったタイヤの空気圧を調整してもらったら前輪後輪共に2.0kpaまで下がっていたこと。確か6か月点検時(実際には4か月程度しか経っていない)にも見るようにお願いしていたんですが、忘れられたのか数か月でここまで下がったのか・・・ 

今回前輪2.5kpa、後輪2.4kpaで調整してもらいましたが、それほど走らないこともあって個人的には意外とおろそかになってしまう部分なので、ちょっと意識しておきたいと思います。 

 

  
Posted by kazumitsuzuka at 07:23Comments(0)
March 03, 2020

TOYOTA Prius50 車庫入れ
随分と慣れたつもりでいるPrius50。車庫入れでちょっと難儀しているので備忘用のメモです。 

車庫入れと言っても・・・登録している車庫は毎回使うのでほぼ問題はないので、主に商業施設や出先での話。 

Prius11型と比べて車幅が1,695→1,760mmと6.5cm、ホイールベースが2,550→2,700mmと15cm伸びていて、主にそれに起因していると思われるんですが・・・ 
 
まず車幅要因ですが、今までの感覚で駐車するとやはり左右のスペースが少なく感じるので、特に助手席側の空間を意識しないと左に寄ってしまうと。駐車し難いという程ではないんですが、隣の車がこちらに寄っていたりする時は要注意。まあこれは意識だけしていればケアできるんですが・・・ 

そしてホイールベース要因。実は‘み’の50型にはリアモニターが付いていて、リアエンドの位置を見誤ってしまうようなことはほぼ避けられる状態。もちろんカメラも万能ではありませんし、車両のガイド線なども慣れないとピンと来ないですけどね。  
Prius50 車庫入れ 01

それよりも・・・ 
  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 13:11Comments(0)
February 18, 2020

TOYOTA Prius50用 スマートキー 電波遮断ポーチ
Prius50のセキュリティ関連でハンドルロックを紹介しましたが、もう1点。 

純粋にセキュリティ対策という訳でもないんですが、リレーアタックによる車の盗難防止という点で電波遮断ポーチを購入してみました。 

色々なところで色々なアイテムが売られているので幾らでも選べますが、今回はAmazonでお安そうなものをチョイスしました。メーカー名も分からないんですが・・・ 
プリウス用 スマートキー 電波遮断ポーチ01

サイズは12.5cm x 8.5cm程度。チェーンにハンドルロックのキーを繋いで自分が運転からロックアウトされないようにしたつもりです。スペアも同じようにしていますから、自分がボケても大丈夫かなと(^_^;)

中身は2層になっていて、一番内側のみが電波遮断できるようになっています。 
プリウス用 スマートキー 電波遮断ポーチ02
実際に電波遮断側にPriusのスマートキーを入れてドアノブを握っても反応しないので、一応の効果はあるものと思います。 

ただ・・・厳密に言えばPriusを降りる際にはPowerOff→降車→スマートキーでロック→ポーチにしまうという流れは変わらないので、この間に電波を拾われたらアウトなんですけどね。 
うちは駐車場と自宅(キーの保管場所)がそこそこ離れているので、完全に人がいない状態の駐車場でリレーアタックは受けにくいと思いたいですが。 

スマートキー自体の電波を極小に抑える節電モード(スマートキーの施錠ボタン を押しながら、解錠ボタン を2回押す)もあるので、上手く使い分けていきたいと思います。 

そうそう、このポーチ、セキュリティ面はともかく、サイズがそこそこ大きいので取り回しは要注意です。旧Priusの通常の鍵や50系のスマートキー単体ならズボンのポケットに入れておけたんですが、このポーチが入るとかなり嵩張るので別のポケットや鞄にしまうようになる=乗降時にいちいち取り出したりしまったりと全然スマートではないことになってしまうんですよねぇ その分セキュリティ面で強化されているよ思うようにしますが。 
  
  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 05:09Comments(0)
February 12, 2020

TOYOTA Prius50用 Sutekus ハンドルロック NS-380
乗り始めてから既に(ネタを書いている時点で)8か月が経過し、だいぶ慣れてきたPrius50系。セキュリティ関連で紹介していなかったアイテムを2点ほど。 

最近の車はスマートキーが当たり前になっていますが、同時にリレーアタックによる車の盗難なんて話もあるんですよね・・・ 特にPriusは稼働台数も多く(厳密には20や30系が圧倒的に多いんですが)結構狙われやすいらしく、少しでもこれに対策をしようと。 

色々と調べた結果、一番簡単でシンプルな対策は物理的なものと考え、まずはハンドルロックを導入してみました。それこそピンキリで色々と選択肢がありましたが、今回はAmazonでシンプル&安価&評判が良さそうなもの・・・として「Sutekus」のものをチョイスしました。 

これがSutekusのハンドルロック。Amazonで1,980円とかだったかと。 
プリウス用 Sutekus ハンドルロック04
サイズ的には44cm〜71cmまで伸縮するので、ハンドルのサイズをあまり選ばないんですよね。 

ロックは物理的なシリンダー?錠。「鍵はメーカー、合鍵業者でも複製困難な特殊形状」だそで、スペアが3本ついているのは有難いですね。 
プリウス用 Sutekus ハンドルロック05

Priusのステアリングに装着するとこんな感じ。重量が1.5kgあるのでずっと装着しているとやや負担がかかるように感じられるのが気になりますが・・・ 
  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:01Comments(0)
February 04, 2020

TOYOTA Prius 50 シートベルト警告音でリコール
このブログでは何度か紹介しているPrius50。半年強が経過し大分慣れたなぁと思ってたところ、リコール対象になってしまいました(T_T)

トヨタのウェブサイトに公開されているリコール内容はこんな感じ。

運転者席シートベルトの非装着時警報装置において、バックル内の警報スイッチ接点の組付けが不適切なため、シートベルト脱着の繰返しにより接点が異常摩耗して、接点間に摩耗粉が堆積することがあります。そのため、接点間が短絡し、シートベルトを正しく装着した場合でも警報が解除されないおそれがあります。

要は「シートベルトの警告音が止まらなくなることがある」程度のもので、即時安全などに問題が生じる訳ではないので一安心。
プリウス リコールのバックル

そうこう言っているうちに封書でも案内が来ました。
プリウス リコールの案内01

内容が変わるわけではありませんが、こういうのを見るとメーカーも大変だなぁと(^_^;)

もうじき法定12か月点検もあるので、合わせて対応してもらおうかと思います。


〔トヨタリリース〕

https://toyota.jp/recall/2020/0129_2.html

〔ニュース記事〕

https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1232053.html

https://response.jp/article/2020/01/29/331182.html  
Posted by kazumitsuzuka at 00:02Comments(0)
September 04, 2019

TOYOTA Prius 50 コムテック ZDR-015 動画編
Priusの50型に乗り換えた際に新調したドライブレコーダー、コムテックのZDR-015 microSD編に引き続いて動画編です。
実際に使用してみてアラートはほとんど使わなくなった(結構うるさくて気になったので、前走車接近アラートのみ残してOFFにしました)ので、ここでは動画そのものの紹介をしようかと。

このZDR-15には専用のビューワソフトが用意されていて、ここから無料でダウンロードできます。
コムテックZDR-015 ビューワー
前後カメラの撮影動画再生(前後切り替えもOK)はもとより、静止画の切り出しや3軸の加速度、Googlemap上での位置なども表示され、この手の専用ソフトとしてはなかなか有効だなと。

切り出した静止画。
コムテックZDR-015 ビューワー 静止画切り出し_F
キャプチャすれば良いだけですけどね。
コムテックZDR-015 ビューワー 静止画切り出し_R

が・・・

そのビューワーでPCに保存した動画=microSDカードに保存されている動画というのが、実はこんな形なんです。

フロントカメラのメインの動画に、ビューワーソフトで読みだしていると思われるテキスト情報&バックカメラの映像が数フレームごとに?入り込んだようなもので、正直動画ファイル単体としては見られたものではない状態。ビューワーの動画保管機能もこの状態のファイルを保存する=コピーするだけで意味が・・・ あ、そのままYOUTUBEにアップすると後方カメラの映像や文字が入らないため、再生中のデスクトップの画像をBandicamでキャプチャしていますが、雰囲気は伝わるかと思います。なお、音声はカットしてあります。

ドライブレコーダーの本来の目的として事故時の動画記録を意識すると前後の動画や加速度・速度などが同時に記録される方が都合が良いんでしょうが、専用のビューワーでないと満足に確認できないのはちょっと考えものなので、これをXMedia Recodeというフリーソフトで分離してみました。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 12:30Comments(0)
September 02, 2019

TOYOTA Prius 50 USBポート&AC電源 デバイス購入
今回乗り換えた中古のPriusS50型はなかなか好条件だったんですが、流石にUSBポートは装備されていませんでした。ディーラーオプションでHDMI端子とUSB端子(充電だけでなくナビ接続してAV再生用に使える)をセットで設置できるようですが、HDMIは特に使い道がないので、充電用にUSBポートを用意することにしました。

選択肢としては・・・

使われていないスイッチパネルに増設するタイプ


シフトノブパネルをUSBポート付きのものに交換するタイプ


センターコンソールの後部座席寄りの部分に被せる様に増設するタイプ


などなど・・・

色々選択肢があって悩んだんですが、結局は取り外しが可能なようにシガーソケットに指すタイプを選択してしまいました。お値段的にも割安ですし、不要になれば簡単に外せますからね。

この手のアイテムはまさに花盛りという感じで、シガーソケットを複数に分岐したり、USBポートも複数あったり・・・と選び放題だったんですが、今回はシガーソケットを2つに分岐し、USBポートも2つでQuickCharge3.0に対応したものをチョイスしました。
Prius50 Cateck シガーソケット分配器 CC-Y 01

今回選んだのはCateckのシガーソケット分配器「CC-Y」。Amazonで1,500円程度。
  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 01:07Comments(0)
August 27, 2019

TOYOTA Prius 50 ETCカバーとフロントコンソールトレイ
色々と細かなパーツを購入しているPrius50。今回は更に細かい話を。

ETC車載器の口が剥き出しだったので、気休め程度ですがそのカバーを購入してみました。YACの「50系プリウス専用ビルトインETCカバー SY-P12」です。
Prius50 YAC ETCカバー SY-P12 02
中身は樹脂パーツが1個のみ。1,200円程度なのでまあこんなものかと。
Prius50 YAC ETCカバー SY-P12 03
これまた両面テープで貼るだけのシンプルなものですが。
Prius50 YAC ETCカバー SY-P12 04

使用前の写真を撮り忘れましたが、こんな感じで一応カモフラージュにはなりそうです。写真では若干色味が違うように見えますが、それほどの違和感はありませんし。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:01Comments(0)
August 20, 2019

TOYOTA Prius 50 コムテック ZDR-015 microSD編
Priusの50型に乗り換えた際に新調したドライブレコーダー、コムテックのZDR-015 購入設置編に引き続いてmicroSD編です。

まず画質と容量の関係について整理。

折角レコーダーを設置しているので、録画サイズは「Full HD」(1920×1080)、フレームレートは「29.1fps」、画質は「高画質」と設定上のMaxで運用することにしています。音声も録音、HDRもオンにした状態としていますが、30秒ごとにのaviで記録されていた録画ファイルはおよそ65MB程度。単純計算で2時間程度の録画しかできません。これにイベント録画エリアを設定(10、20、30%から設定可能)を差し引くと更に録画時間が減ってしまうので、容量の大きなmicroSDを新調することにしました。

公式には32GBまでの対応となっているようですが、動作確認情報のある範囲でコストパフォーマンスを踏まえ、今回は楽天の「夏黎@ 」からSanDiskの128GBmicroSDXC「SDSQUAR-128G-GN6MN 」をチョイスしました。
SanDisk microSDXC SDSQUAR-128G-GN6MN
海外パッケージ品ですがUHS-1でclass10、2,000円程度なら必要十分です。この手のメモリーカードも随分と安くなったものですが・・・

一度ニセモノをつかまされたことがあるため念のためベンチも取りましたが、一応問題はなさそうですね。
SanDisk microSDXC SDSQUAR-128G-GN6MN ベンチ
これで単純計算でも半日以上は継続録画できることになるので、実運用を加味して録画時間の問題はないかと。

あ、ここで紹介したTranscend 高耐久microSDHCカードTS32GUSDHC10V はまだ現役なので、今回はこのTranscend&SanDiskの2枚体制とすることにしています。



この2年弱のうちにデザインは変更になっているようですが、高耐久を謳うカードが2年弱で死んで・・・という思いもあるので、しっかり働いてもらおうかと(^_^;) こちらでは録画時間は減ってしまいますけどね。



動画編に続く  
Posted by kazumitsuzuka at 00:39Comments(0)
August 15, 2019

TOYOTA Prius 50 コムテック ZDR-015 購入設置編
Priusの50型に乗り換えた際、ドライブレコーダーを新調しました。11型ではここで紹介したドライブマン720(無印)を使っていて大きな不満はなかったんですが、流石に6年選手なのでそろそろ危険かなという思いと、あおり運転などが話題になる中で後方も録画出来る様にしておきたいなと。

そう考えて選んだのがコムテックのZDR-015 。この時は楽天の「てんこ盛! 」から購入しましたが、5月〜6月時点でWEBで本体のみならポイントなど加味して20,000円強程度が相場だったかと。
Prius50 コムテック ZDR-015 01

前後2カメラでフルHD200万画素、先行車発進お知らせや先行車接近お知らせなどの安全運転支援機能、ドライブマン720にはなかったGPS、衝撃時の録画やマニュアル録画など、およそ期待通りの機能です。
Prius50 コムテック ZDR-015 02

設置も業者さんにお願いしようかと少し近場で探したところ、およそ1.5万円で作業してくれる先は見つかったんですが、本体2万円のものを1.5万円で付けてもらうのはどうにも勿体ないので、今回も自分で設置することにしました。

シガーソケットから電源を取るのは嫌だったので、電源配線ユニットZR-01(今回購入したのは楽天のエレワークス から代用品のC-DC-D-045 だったりしますが)も購入しています。ZR-01でも変わらないようですが、ギボシ端子の加工などは必要になりましたけど。
一方、乗る頻度が低いと見込んでいる中でバッテリー上がりが非常に怖いので、駐車監視機能向けの駐車監視・直接配線コードHDROP-09はパスです。
  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:02Comments(0)
August 13, 2019

TOYOTA Prius50 シフトノブパネルとステアリングスイッチ黒化
Priusの50型は何故か室内の色々なところに白い樹脂のパーツが顔を出しています。Sグレードだとステアリングスイッチやシフトノブパネルなどがそうなんですが、Aグレードだとセンターコンソールなども白いそうですね・・・

それ程デザインや色味には拘りが無い‘み’とは言え、やはりどうにも浮いてしまうとか違和感を拭い去れなかったので、市販されているカバーのようなものをいくつか購入して装着してみました。

基本的にこの手のパーツは両面テープで張り付けるだけのようで、貼り付けには特に問題なしです。

まずはシフトノブパネル。USBポートを増設できるタイプなどもありましたが、シンプルに色だけを黒に変える星光産業のEE-204をチョイスしました。
Prius50 星光産業 EE-204 02
1,500〜2,000円くらいが相場だったかと。
Prius50 星光産業 EE-204 03
単純にテープで貼るだけのシンプルなものです。
Prius50 星光産業 EE-204 04

と言うことで使用前。既にここで紹介したようにシフトノブは交換済ですが。
  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 06:47Comments(0)
August 11, 2019

TOYOTA Prius50 シフトノブをLANBO LSK06-5に変更
Prius50型を購入し、真っ先に気になったのがシフトノブ。11型がコラムシフトでそれに慣れていたこともあり、団子のように小さくて遠い位置にあるノブが妙に嫌に感じてしまいました。

‘み’は運転中にそれなりにBレンジを使う人なんですが、この50型の位置は車庫入れ時など限定した場面でしか操作しない前提になっているのかなと感じられる程ですから。

ネットで検索すると同じように感じている人もいるようで、ステー部分を延長したり、大きなノブに変更したり、MIRAIの物に変更したり(これは径が違うようで若干の加工が必要になるようです)という話を結構見かけましたが・・・

今回は交換用の社外品のシフトノブを購入してみました。
楽天の「 LANBO 」から「LANBO プレミアムシフトノブ ブラックレザー プリウス50系用 」をチョイス。カラーバリエーションなどいろいろありましたが、「ブラックカーボン調Xブラックレザー(LSK06-5)」を選んでいます。
Prius50 シフトノブ LANBO製に交換02
送料やポイント還元なども含めるとおよそ6,000円程度だったかと。
Prius50 シフトノブ LANBO製に交換03
シフトパターンこそ見えなくなってしまいますが、デカールも付いているので一応対応可能です。あ、シフトノブパネルもおって交換するのでこの時点ではシールは貼っていませんけど。

交換は単純に既存のノブをくるくると確か反時計回りに回すだけ。取り付けはその逆といたってシンプルでした。
Prius50 シフトノブ LANBO製に交換01

シフトノブは数cm手前に伸びただけですが、肘をアームレト置いても手がノブに届く様にはなったので、これは悪くない交換だったかなと思います。まあ、シフト自体が床とか下部から上に生えているような形の方が違和感はないんですけどね(^_^;)

  
Posted by kazumitsuzuka at 10:07Comments(0)