【 40D 】
July 22, 2016

西武 ブライアン・ウルフ獲得

7月末が近づいてきたこのタイミングで、5位に沈んでいる西武が新外国人として元日本ハムのブライアン・ウルフを獲得したとのこと。


これは2012.07.01に先発して菊池雄星と投げ合ったウルフ。この時は延長10回引き分け。
120701vs日ハム ウルフ
こちらは2013.05.04、岸と投げ合ったウルフ。この時はド突き合いになって西武が勝っています。130504vs日ハム ウルフ

NPB通算成績は126試合で39勝32敗3セーブ、防御率3.22とのことですが、もっと数字を残しているように感じられますけどね。ムービング系のボールがどうにも厄介で、西武としては随分やられた印象が強いからなのかも知れませんが、画像を貼った2試合は負けてはいませんでしたね(^_^;)

逆に2014年にソフトバンクに移籍して右肘内側側副じん帯損傷→手術(トミー・ジョンらしいですが)→2015年末で退団→2016年は所属チーム無しだったという話はほぼな知らなかったんですが・・・

個人的には35歳という年齢と手術明けだという部分、更に今年の無所属期間がちょっと心配ではありますが、先発にしろリリーフにしろ投壊状態のチームの助けにはなってくれるかなと。


まあ、今年は正直CSを口にするのもおこがましい状態なんですけどね(^_^;)


〔ニュース記事〕

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160720-00000307-sph-base

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160721-00000046-spnannex-base


〔球団リリース〕

http://www.seibulions.jp/news/detail/11758.html

  

Posted by kazumitsuzuka at 00:01Comments(0)TrackBack(1)clip!
March 13, 2016

CFとSDの体制 2016

SanDisk SDXC64GB SDSDXPA-064G-X46 購入でSDカードの玉突きを行ったため、ちょっと‘み’自身の整理の意味も含めて一覧を更新。


〔7DMarkII〕


スタメンCF : TRANSCEND 1000x 64GB 「TS64GCF1000」
スタメンSD : SanDisk SDXC 64GB 「SDSDXPA-064G-X46」

控えCF : TRANSCEND 400x 32GB 「TS32GCF400」
控えSD : TRANSCEND 600x SDXC 64GB 「TS64GSDXC10U1」
スタメンは7DMarkIIスロット内で常備、控えはバッテリとセットで基本7DMarkII本体と合わせてポーチに入れて持ち出し。



〔FinePix XP80〕

メインSD : TRANSCEND 600x SDHC 32GB 「TS32GSDHC10U1」


〔EOS M〕

自宅内用 : アイファイジャパン Wi-Fi付SDHC 8GB 「EFJ-MB-8G」
屋外用SD : TRANSCEND 300x SDHC 32GB 「TS32GSDU1」


自宅内用はEOS Mスロットに常備。屋外用は予備バッテリと合わせて持ち出し用ポーチ内保管。



〔40D〕

CF1 : SanDisk 266x 8GB 「SDCFX4-8192-904」
CF2 : 上海問屋 133x 4GB 「EVERGREEN DNF-CF4GBS133」

4GBを40Dスロットへ。8GBは一度不調になったことがあるので控えめの使用としてドライボックスへ。



〔ドライブマン720〕


SD : TRANSCEND 200x SDHC 32GB 「TS32GSDHC10E」x2枚
この2枚を予備的な運用も含めて使いまわし。1枚はPrius号の車内に保管。



ん、EOS Mの屋外用は「TS32GSDHC10U1」にした方が良いかも・・・ まあXP80も含めて使用頻度は低いので大勢に影響は無いか知れませんが。

  
Posted by kazumitsuzuka at 09:00Comments(0)TrackBack(0)clip!
October 30, 2015

西武 戦力外第2弾

神宮では燕鷹決戦の決着が付きましたが、そんな中でひっそりと西武の選手が何人か戦力外になっていました。
ニュースの扱いも小さくて見落としそうでしたけどね(^_^;)


まずは田中靖洋。デンチューはまだ28歳ですが、肘の手術からは結局復活できなかったということなんでしょうかね。圧倒的にイースタンで見る機会が多かったのでやむを得ない部分もありそうですが・・・


これは2010.04.29のロッテ戦で先発した時のもの。調べたら唯一の先発登板だったんですね。
100429ロッテvs西武 田中
これは2015.09.12の日ハム戦。直近で見たのがこの時だったかと。
150912 vs日ハム 田中靖洋02

150912 vs日ハム 田中靖洋03
この日ハム戦でタナボタ(というか打たれての結果ですが)ではあるもののやっと初勝利をあげ、これからなのかなと思われたところだったんですけどね・・・


そして平野将光。気が付けばもう32歳の平野はJR東日本東北であの攝津よりも高いドラフト1位で西武入りしているんですよね。片や西武の天敵、片や1軍に入るのがやっと・・・

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 06:34Comments(0)TrackBack(1)clip!
September 19, 2015

西武 西口文也と森本稀哲引退

正式発表はまだこれからのようですが、西武の大エース西口文也が今季限りで引退する決意を固めたととのこと。

つい先日まで現役続行とのニュースが報道されていたように思いますし、今季はファームでそこそこ投げていたようなので安心していたんですが・・・

これは2008.07.20、まだ千葉マリンスタジアム時代のロッテ戦に先発した西口。
080720 vsロッテ 西口文也01

080720 vsロッテ 西口文也02

080720 vsロッテ 西口文也03

大卒ながらここまで182勝。‘み’は年齢も近く非常に親近感を持って応援していたんですよね・・・

正直あと18勝は厳しいかなという思いもあった一方、2012.05.26にナゴヤドームで奇しくも投げ合った山本昌のような例もあるので、なんとか200勝をという思いもあり・・・

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 13:11Comments(0)TrackBack(0)clip!
July 01, 2015

フォーミュラE 最終戦 ロンドン

2014年の9月に開幕した新しいカテゴリのフォーミュラレース、フォーミュラE。要は電気自動車のレースが世界を回るチャンピオンシップなんですが・・・


F1マニアの‘み’はこのシリーズ全11戦をちゃんと鑑賞していたものの、イマイチ馴染めずに一度もここでネタにすることもなかったんですよね。開幕戦の北京には佐藤琢磨が乗ったり、アムリンアグリを鈴木亜久里が指揮していたり・・・ ドライバーもニック・ハドフェルドやヤルノ・トゥルーリ、ジェローム・ダンブロシオ、ブルーノ・セナ、山本左近などのF1経験者や、ロイック・デュバルなどの日本のトップフォーミュラ卒業生、更にアラン・プロストと親子鷹でニコラス・プロストも走ったり・・・

ファンの投票でドライバーがエクストラパワーを得られるファンブーストの仕組みだったり、レース中のマシンを交換が義務づけられていたり、新しい試みもあってそれなりに話題はあったんですが、マシンがワンメイクな上に電気の使用量が制限されているのでレースが妙に単調で飽きが来てしまう印象だったんですよね。
更にレースを中継したテレビ朝日もイマイチで、決勝レース中に放送時間が無くなってしまったりとか、アナウンサーが画面表示の意味を分っていなかったりとか・・・


極め付けはモナコ。

‘み’が勝手にF1と同じコースを走るんだと思い込んでいたんですが、実際はサン・デ・ボーテからボー・リバージュの坂を上がらずにシケイン辺りに出る超ショートコースを使っていてショボーンとしてしまったんですよね(^_^;)


と、悪いことばかり書いてしまいましたが、腐ってもFIAのフォーミュラレース。チャピオンが掛かった最終戦が物凄いことになっていました。


今更ネタバレもないとは思いますが、ここからはページを変えて。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 05:23Comments(0)TrackBack(0)clip!
June 12, 2015

中日 和田一浩 2000本安打達成

1日遅れのネタになってしまいましたが、元西武&現中日の和田がQVCマリンでのロッテ戦で史上最年長2000本安打を達成しました。

大学と社会人を経ての2000本は古田、宮本に次いで史上3人目で、42歳11ヶ月での2000本は谷繁の42歳4ヶ月を超える最年長記録だそうです。

西武入団時は「強打の捕手」というどこかで聞いたような肩書きが付いていましたが、これまた西武では良く見るパターンで打撃を生かすために野手(外野手)に転向しているんですよね。


これは最後の西武在籍年、2007年8月5日、グッドウィルドームでのオリックス戦時の和田。ちょっとトリミングしています。
070805和田一浩
レフトを守っていて打球の落下地点が分らずに平凡なフライを安打にしてしまったりしたこともありましたが、野手として開花してからは主力として活躍し、首位打者を取ったりもしてくれたんですよね。

FAでの中日移籍は西武ファンとしては残念でしたし、中日移籍後には打撃フォーム改造&統一球に掛かる大スランプがあったり、直近では2000本にあと15本というところまで迫っての死球骨折リタイアなどもあってまさかこのまま引退するんじゃ・・・とも思ったりしましたが、見事に復活、最後はあっさりと1本お釣りがくる形で2000本をマークしてしまいました。


これは中日移籍後、2012年5月20日、ナゴヤドームでの西武戦の和田。岐阜出身の選手が中日に行きたいのはまあ仕方がないですかね(^_^;)
120520和田一浩

西武出身の選手が長く活躍して2000本の大台に乗せた・・・ ‘み’は年齢が近いこともあって妙に嬉しかったりします。西口の200勝もなんとか・・・と思いますが、ちょっときつそうですかね。

そうそう、和田は西武時代に1032本の安打を放っていて、両リーグ1000本という記録も直ぐ間近に迫っているそうですから、引き続きこれも達成して貰いたいですね〜

〔ニュース記事〕


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150612-00000081-spnannex-base

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150612-00000014-spnannex-base

http://www.daily.co.jp/baseball/2015/06/12/0008115194.shtml

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150612-00000009-nksports-base&pos=2


  
Posted by kazumitsuzuka at 21:36Comments(0)TrackBack(0)clip!
February 17, 2015

ストロベリーショートケイク
随分前の話ですが・・・似たような映画にあやかって敢えてカタカナで。
嫁さんが作ったショートケーキ。見た目も良く、味も甘すぎず良い感じ。なかなか良く出来てましたね〜(^_^)v
ストロベリーショートケイク















〔Canon EOS 40D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO /HSM〕
  
Posted by kazumitsuzuka at 22:55Comments(0)TrackBack(0)clip!
February 02, 2015

2014.10 島根・鳥取旅行 その14 鳥取空港からの帰路とおまけ

鳥取砂丘を後にし、次に向かったのは・・・と、実は今回の旅行の行先はこれで打ち止め。レンタカーは鳥取空港で乗り捨てなので、空港へ戻りつつ軽く腹ごしらえや買い物などをして、空港に17:45頃に到着しました。
島根鳥取旅行127
羽田へは18:55のANA298便で向かいました。‘み’は飛行機遅延の常習犯なんですが、今回は何事も無くほぼオンタイムだったのは助かりましたね(^_^;)


今回はレンタカーだったのでかなり自由度も高かったんですが、ちょっと走行距離が長く、時間的にもやや欲張り過ぎたかなと。当初は時間次第で松江の観光を2日目にねじ込もうかとも思っていたんですが、そうなったらなったで相当きつかったと思いますし、次回この旅行の際にはもうちょっと考えないと危ないですねぇ


そうそう、これは帰宅後の話ですが・・・


鳥取―東京の航空便利用者が800万人を突破したのを記念した「とっとりの特産品プレゼントキャンペーン」がちょうど実施されていたので、搭乗券の控えを添付して応募したところ、なんと抽選100名という狭き門に見事当選でしてしまいました(^_^)

ちなみに特産品というは、干しエテカレイ、こしひかり、王秋梨、ブロッコリー、らっきょう甘酢漬け、やなぎまつたけのセット。

島根鳥取旅行127

このネタを書いている時点ではまだエテカレイしか頂いていません(単に焼いただけです)が、軽く身が締まっていながらしっとりとしていて、変な脂っぽさやパサついた感がなく上品な干物の美味しさでした。

現地で見かけたのは王秋梨位(道路沿いのお土産物センターのようなところで売られていた。明らかに巨大だったので覚えているだけで、他のものもあったのかも知れません。らっきょうは花を見た程度ですし)ですが、普段なかなかお目に掛かれないものが多いので、楽しみに頂こうと思います。

  
Posted by kazumitsuzuka at 07:11Comments(0)TrackBack(0)clip!
February 01, 2015

リアス式海岸?

まだ40Dがメイン機だった頃の話ですが、修理から復帰してちょっと弄っていた時、自宅から夕日が(正確には黒い雲の淵が光っているのが)見えたので、サンヨンをつけてサクッと撮ってみました。
リアス式海岸?
一見すると、黄色いリアス式海岸に雲の陸地が浮かんでいるようにも見えなくはないかなぁと(^_^;)

〔Canon EOS 40DEF 300mm F4L IS USM

  
Posted by kazumitsuzuka at 10:06Comments(0)TrackBack(0)clip!
January 28, 2015

2014.10 島根・鳥取旅行 その13 鳥取 鳥取砂丘

白兎神社から鳥取空港を横目に鳥取砂丘へ移動。


南北2.4km、東西16kmで日本最大の砂丘・・・だと思っていたんですが、観光可能な砂丘として最大というのが正解で、日本最大の砂丘は青森県の猿ヶ森砂丘なんだそうですね(^_^;)

白兎神社からは距離も近いので比較的直ぐに到着しましたが、最初車を止める場所を誤って行く予定のなかった展望台の方へ入ってしまったので、まずは展望台から砂丘を眺めてみました。


展望台というかなんか古いビルみたいな感じでしたけどね(^_^;)

島根鳥取旅行112
今思えばこの高さから砂丘を眺める機会はこの後なかったので、これはこれでアリかも。

島根鳥取旅行113
直ぐに砂丘の直ぐ傍へ車で移動しましたが、途中でラッキョウ畑の案内が出ていて、ちょうど花が咲いている時期だということでちょっと寄り道。

島根鳥取旅行114
ラッキョウの花って初めて見たような気がしますが・・・

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 20:58Comments(0)TrackBack(0)clip!
January 25, 2015

2014.10 島根・鳥取旅行 その12 鳥取 白兎神社

三朝温泉から山道を抜けて到着したのが白兎神社。実際には道の駅で同じ敷地内とも思える「神話の里白うさぎ」に車を止め、お土産を買いがてらお参りもするという感じになったんですけどね。


白兎神社その名の通り「因幡の白うさぎ」の舞台で、神話通りち皮膚病ややけどなどに効く一方、大国主と八上姫の縁結びの神様でもあるため、そっちにも効くことになっているようです。


道の駅にの駐車場に隣接した白兎神社の参道。少し小高い山に登るような感じです。

島根鳥取旅行107
階段を上がった辺りから海側を望む。
島根鳥取旅行103
それほど長くない参道にはかわいらしい白兎が多数。

島根鳥取旅行102
白兎が傷口を洗たっという「御身洗(みたらし)池」。うっそうとした感じでしたが・・・ 何故か水位が一定なんだそうです。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 10:02Comments(0)TrackBack(0)clip!
January 20, 2015

2014.10 島根・鳥取旅行 その11 鳥取 三朝温泉 株湯

倉吉を後にし、もう数kmに迫った三朝温泉へ。ここも嫁さんのチョイスなんですが、前日の玉造温泉では足湯に使っただけなのに対し三朝温泉は日帰り入浴をすることに。あ、例によって三朝温泉って名前すら知りませんでしたけどね。この辺だとはわい温泉の方が知名度は高いような気がしますが・・・

しかも、ちょうど三朝大橋が工事中で通行止めになっていたので狭い温泉街を慣れないレンタカーで徘徊することになってしまったんですけどね(^_^;)


で、ナビを駆使して辿り着いたのが株湯。途中すれ違いが困難と思われる狭い道があったりしてちょっとビビりましたけど。

島根鳥取旅行098
ここは宿泊施設ではなく公共浴場なのでお値段も300円と安目でした。


駐車場の脇には足湯もありました。ちなみに奥の建物は昔の株湯だそうです。

島根鳥取旅行097
飲用もできるようになっていました。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 21:31Comments(0)TrackBack(0)clip!
January 18, 2015

CFとSDの体制

7DMarkII購入に合わせてメモリーカードも買い足したりして訳が分らなくなってきているので、ちょっと‘み’自身の整理の意味も含めて一覧にしてみました。特に保管場所とかが分らなくなってしまうことがありますからね(^_^;)


〔7DMarkII〕


スタメンCF : TRANSCEND 1000x 64GB 「TS64GCF1000」
スタメンSD : TRANSCEND 600x SDXC 64GB 「TS64GSDXC10U1」


控えCF : TRANSCEND 400x 32GB 「TS32GCF400」
控えSD : TRANSCEND 600x SDHC 32GB 「TS32GSDHC10U1」

スタメンは7DMarkIIスロット内で常備、控えはバッテリとセットで基本7DMarkII本体と合わせてポーチに入れて持ち出し。



〔EOS M〕

自宅内用 : アイファイジャパン Wi-Fi付SDHC 8GB 「EFJ-MB-8G」
屋外用SD : TRANSCEND 300x SDHC 32GB 「TS32GSDU1」


自宅内用はEOS Mスロットに常備。屋外用は予備バッテリと合わせて持ち出し用ポーチ内保管。



〔40D〕

CF1 : SanDisk 266x 8GB 「SDCFX4-8192-904」
CF2 : 上海問屋 133x 4GB 「EVERGREEN DNF-CF4GBS133」

4GBを40Dスロットへ。8GBは一度不調になったことがあるので控えめの使用としてドライボックスへ。



〔ドライブマン720〕


SD : TRANSCEND 200x SDHC 32GB 「TS32GSDHC10E」x2枚
この2枚を予備的な運用も含めて使いまわし。1枚はPrius号の車内に保管。


その他もっと小さな容量のものが眠っていたり、microSDなども含めると訳が分からない状況ですが・・・差し当たり分っていないと困るのはこの辺なのでこれだけ整理できれば良いかなと(^_^;)

  
Posted by kazumitsuzuka at 21:21Comments(0)TrackBack(0)clip!

2014.10 島根・鳥取旅行 その10 鳥取 倉吉 打吹玉川

お菓子の城を後にし、山陰自動車道の無料区間を有効活用して今度は三朝温泉方面へ。
米子自動車道で大山の南麓を回るルートもあったんですが、距離を考えると山陰道経由の方が近そう&高速代が掛かりませんからね。

あいにくの天気で全く大山は全く見えませんでしたが、平日ということもあり順調に流れ、お昼頃には三朝温泉の入り口に当たる倉吉に到着。

折角なので赤瓦白壁がウリの打吹玉川をチラ見していきました。


市役所の駐車場が観光用にも解放されているようで、車をそこに止めて10分程度ぷらっと歩いただけですけどね。


その際のショットを少々。

島根鳥取旅行090

島根鳥取旅行091

島根鳥取旅行096
‘み’は結構この小川のような流れが好きなので、これに昔懐かしい感じの建物がマッチすると非常にそそられてしまうんですよね(^_^;)

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 11:40Comments(0)TrackBack(0)clip!
January 16, 2015

2014.10 島根・鳥取旅行 その9 米子 お菓子の壽城

ベタ踏み坂から米子方面に戻り、ここも嫁さんチョイスのお菓子の壽城へ。


まあ、良くある大掛かりなお土産物屋さんで観光バスとかが必ずと言って良いほど立ち寄るような場所なんですけどね。

島根鳥取旅行085
特徴的なのは文字通り外観がお城の形をしていること。しかも今は無き米子城(米子城は解体されて薪として使われてしまったんだとか)を模しているとかで、一見の価値はあるかもしれません。

島根鳥取旅行084
中はこんな感じでかなり大規模な印象。試食に出されている商品も多く、あれもこれもと頂いていたらお腹が膨らんでしまう程でしたね(^_^;)

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 22:04Comments(0)TrackBack(0)clip!
January 14, 2015

2014.10 島根・鳥取旅行 その8 松江 ベタ踏み坂

島根・鳥取旅行の2日目。この日は夕方の便で鳥取から羽田へ帰るため、やはり急ぎ足。朝食をホテルで済ませたあと、まずはダイハツのタントカスタムのCMで一躍有名になったベタ踏み坂へ行ってみました。

米子市街から鳥取空港を掠めて境港方面へ北上して20km程度でベタ踏み坂=江島大橋に到着。境港側から一度ベタ踏み坂を渡り江島方面へ抜けると・・・

江島の側にはファミリーマートべた踏み坂店があった(使ったカードの明細では「松江江島大橋店」でしたけど)ので、そこで軽く買い物をしつつ坂も鑑賞しました。

島根鳥取旅行077
運悪く雨が降ったり止んだりの天候となってしまいましたが・・・
島根鳥取旅行078
う〜ん・・・

島根鳥取旅行079
現地に行ってはっきりと分りましたが、紹介されている映像ってかなりの望遠レンズで撮っていますね・・・普通に見たり撮ったりしてもあそこまでの壁っぽさはなかったので・・・ サンヨンでも装備していれば違ったんですけどね(^_^;)

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 21:38Comments(0)TrackBack(0)clip!
January 11, 2015

2014.10 島根・鳥取旅行 その6 松江 堀川めぐりと武家屋敷

松江城の天守を後にし、その足で堀川めぐりへ。小舟でお城のお堀やなどをゆっくりと1時間程度かけて回るものなんですが、これも水の期間は短い区間で夜間運行してくれるのでこれに乗船しました。


大手前広場の様子。縁日のように賑わった感じがいいですね。
島根鳥取旅行055
タイムテーブルなどはなく、大手前広場と松江堀川ふれあい広場の間を何艘かの小舟が往復していて、人が集まり次第(10人程度)出航するという形でした。

島根鳥取旅行056
船はこんな感じの小さなもの。
島根鳥取旅行057
流石にかなり暗かったので乗船中の写真はこれしかありませんが、10分ほど船頭さんの松江水燈路やお城などに付いての説明を受けながらまったりとした時間が・・・

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 11:17Comments(0)TrackBack(0)clip!
January 10, 2015

2014.10 島根・鳥取旅行 その5 松江城

玉造温泉から松江市内までは距離も10km程度と短く直ぐに到着。流石に街中なので車を止める場所をどうするか悩みながら(実はちょっと道を間違えたりして)お城の周囲を回りつつ、城山西駐車場へ入りました。

通常17:30までで終わってしまうらしい駐車場ですが、この日は松江水燈路の最終日だそうで、300円払えば翌朝まで駐車可能というのはラッキーでしたね。


まずはぐるっと松江レイクラインというバス(1乗車200円)で市内を少々移動。

島根鳥取旅行048
ちょうど夕焼けの時間帯に宍道湖あたりを通過しましたが、昼間あれだけ暑かったのに曇ってしまっていました・・・

島根鳥取旅行049
お城に戻るとちょっとお祭りのような雰囲気に。

島根鳥取旅行050
水燈路って音感から「水+灯篭」でお堀に灯篭を浮かべるのかと思っていたんですが、普通に色々な人が書いた多数の灯篭にろうそくの火が灯されるものだったようで(^_^;) これはこれで綺麗ですけどね。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 09:14Comments(0)TrackBack(0)clip!
January 08, 2015

2014.10 島根・鳥取旅行 その4 玉造温泉

出雲大社を後にし、レンタカーで玉造温泉へ。‘み’的にはあまり興味のない場所だったりもするんですが、嫁さんのチョイスなので(^_^;)


山陰自動車道を使い、温泉街から少し離れた出雲玉造資料館に車を止めての散策だったんですが、実はこの日の宿は米子なので、屋外の無料の足湯などに入る程度なんですけどね。あ、ちなみにこの出雲玉造資料館、17:00にはクローズしてしまう上、温泉街の中心からはそこそこ距離&高さがあるので要注意です。

最初に向かったのは玉造湯神社。日曜日とは言え意外と人が多くてびっくりしましたが・・・

島根鳥取旅行014

島根鳥取旅行023

島根鳥取旅行025
少し離れたところには玉造要害山城もありました。かなりうっそうとした感じでしたね。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 05:26Comments(0)TrackBack(0)clip!
January 07, 2015

2014.10 島根・鳥取旅行 その3 出雲大社

田中屋で出雲そばを頂いた後、その足で出雲大社へ。


歴史的には主祭神が大国主大神で10月には八百万の神様がここに集まってしまうことで10月が全国的には神無月、出雲では神在月という・・・ そんな感じなんですが、縁結びの神様としてここ数年知名度が上がっているようにも思えますね。 ‘み’は正直この辺の日本の神様系の話はほとんど知識がないので・・・


ということでその時の写真を少々紹介。

まずは勢溜の正面鳥居。この辺が一番人や車が多かったですね。ちなみこの鳥居は木製だそうです。

島根鳥取旅行003
参道が下っているのは珍しいように思いますね。

島根鳥取旅行022
祓社ですでにお参りするのに行列が。
島根鳥取旅行004
松並木の参道にも鳥居が。これは鉄製。

島根鳥取旅行005
拝殿前の鳥居は銅製。神門通りにある大鳥居はちょっと離れているのでくくらずにお参りしてしまっていますが、4つの鳥居は全て材質が違っているんだそうです。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 07:12Comments(0)TrackBack(0)clip!