【 Blu-ray 】
October 23, 2021

Sony Blu-ray レコーダー BDZ-L95 分解・BDドライブ交換

このブログではかなり多く閲覧頂いている「Sony Blu-rayレコーダー BDZ-X95 分解編」。これを見てBDZ-L95のドライブ交換にチャレンジされたH.S.さんから、分解や特に天板を開く工程について情報を頂戴しましたので、このエントリにまとめておきたいと思います。


L95はX95と同時期の製品で、「ファミリーモデル」とのことでカードリーダーなども搭載されていた機種。正面から見た時にも明らかに配置が違っているようで、筐体の構造も違っていたようです。



1.天板を外す


L95は天板が樹脂製で、そこから両サイド下方に1か所ずつ固定用の台形のパーツが下がっています。


この台形のパーツが本体の金属製のフレームとネジで繋がっているだけではなく、ネジ穴の横に四角い穴があり、そこに樹脂製の台形パーツの爪が引っ掛かっています。


ネジに加えてこの爪を開くようにして引っ掛かりを外してから天板を後ろにスライドすれば天板を外せます。


X95よりも1工程多いので注意が必要ですね。画像は以下の通り。


 ー脂製天板(左が前面) 

Sony BDZ-L95 分解 06

◆ー脂製天板から下りる台形のパーツ(ネジ穴の左に小さな四角の爪) 

Sony BDZ-L95 分解 07

 金属製のフレーム側のネジと爪受け 

Sony BDZ-L95 分解 08

ぁー脂製天板前面から台形の爪(突起)

Sony BDZ-L95 分解 09


2.BDドライブを外す


ァ‥携弔魍阿垢批体全体はこんな感じに。赤矢印はネジ位置です。

  続きを読む

Posted by kazumitsuzuka at 23:50Comments(0)
May 18, 2021

Sony Blu-rayレコーダー用リモコン RMT-B015J 分解修理

中古購入して以来、大きな問題なく運用していたSonyのBlu-rayレコーダーBDZ-EW520とBDZ-EW1200。どちらがどちらかは記憶が定かではないんですが、当時1台はリモコンなしで1台は純正のリモコン「RMT-B015J」が付いていたので、主にEW520にこのB015Jを使用していました。スライド式でコンパクトなんですが、ボタンを押した時の操作感がイマイチシックリこないこと、スライド式でどうにも壊れやすそうに思えてしまうこと(実際に内部のフレキシブルケーブルが破断したような報告はWEB上に結構あるようですし)などを踏まえ、主にF1メインの録画になっていて使用頻度が低い方に使っていたんですよね。

あ、EW-1200の方は既に予備役に入ってるBDZ-AT950Wのリモコン「RMT-B007J」を流用して使っています。


そんな中、B015Jの方の反応が鈍くなってしまいました。特定のボタンが利き難いのではなく、突然一切反応しなくなったりする症状で、スライドを何度か行き来させたりひねったりすると復活することがあるという感じ。TVへのボリューム操作でも反応しないので本体ではなくB015Jの問題と判断して「いよいよフレキシブルケーブルが逝ったか?」位に考え、ダメもとで分解して見ることにしました。


流石にそれなりに汚れが目立ちますね・・・

Sony Blu-rayレコーダー用リモコン RMT-B015J 修理 05
裏側にある電池蓋を開けるとこんな感じ。単四電池2本も勿論抜いてあります。

Sony Blu-rayレコーダー用リモコン RMT-B015J 修理 04

電池ボックスの周囲にある6か所のネジを外すとこんな風にばらばらになります。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:03Comments(0)
March 15, 2021

Sony Blu-ray BDZ-EW520とBDZ-EW1200 お引越し成功

ここで紹介したSony Blu-ray BDZ-EW520とEW1200の「お引越し」の件。EW1200への引っ越しはできるもののその逆がなぜかできないという一方通行状態になってしまっていたんですが、サポートとやり取りした結果、あっさり解決しました。

結論から言うと、解決策はEW1200の方の何故か古いバージョンで止まっている本体ソフトウェアのバーションアップをUSBメモリを使って行い、28.1.005→28.2.021に更新すること。


これだけであっけなく双方向のお引越しが出来るようになりました(^_^) 


本体ソフトウェアのアップデートは双方とも「自動」にしてあったので、「バージョンの差はHDD容量の差かな?」位にしか思っていなかったこともあって原因としては思い至りませんでしたね・・・

なお、「なぜEW1200だけバージョンが上がっていなかったのか?」も合わせてサポートとやり取りしてみましたが、およそ以下のような回答を頂きました。


更新データは地上デジタル放送・BSデジタル放送の放送電波に含まれて送信され、電源が切れている時に開始されるので、アンテナレベルが不安定になっている場合や電源がONの場合はアップデートされない。

アンテナレベルは地デジ40以上、BS20以上が必要。


はっきりとした原因は分かりませんでしたが・・・

アンテナレベルはそこまで下がっていませんから、(地デジ・BS共に壁のアンテナ端子やパラボラアンテナから見てEW520を先に、その後EW1200にアンテナ線を繋いでいますし)電源が入っている時間が長すぎてアップデートできなかったと考えた方が自然かなと思います。


いずれにしもお引越し一方通行問題はこれで解決。当初の計画通り、万が一片方の光学ドライブが逝ってしまっても逃げ道が確保されたことになり一安心ですね。


サポートの方、迅速なご対応ありがとうございました。


 


  
Posted by kazumitsuzuka at 00:02Comments(0)
March 07, 2021

F1 Blu-ray 2020 FIA F1 世界選手権総集編 完全日本語版

コロナウィルスの影響でイレギュラーとなった2020年のF1。毎年恒例のユーロピクチャーズの総集編「2020 FIA F1 世界選手権総集編 完全日本語版」がリリースされたのでGETしました。
F1 Blu-ray 2020 FIA F1 世界選手権総集編 完全日本語版 03

イレギュラーな日程だったこともありこのBlu-rayも例年より少々遅れて2/19の発売だったんですが、それに気が付かず危うく買いそびれる(随分前に発売はまだ先かなと思っていたらいつの間にか売られていて、いくつかのサイトでは既に「取り寄せ」になってしまっていた)ところでしたが(^_^;) 

F1 Blu-ray 2020 FIA F1 世界選手権総集編 完全日本語版 01

日本GPも開催されず、イモラ、ニュルブルクリンクと以前のコースの復活や通常ならF1が走らないムジェロやアルガルベなどを使って17戦をなんとかこなしたという印象が強いですが、ルイス・ハミルトンが遂にあのミハエル・シューマッハの通算勝利91勝を超えて95勝をマークし、そのハミルトンが駆るメルセデスが7年連続のダブルタイトルを獲得していたり、ピエール・ガスリーの劇的な初勝利やセルジオ・ペレスの最遅初優勝。まだまだ記憶に新しいロマン・グロージャンの大クラッシュなどなど・・・ 見どころも満点なんですよね。

なかなかメルセデスと互角に戦えないホンダや酷い有様だった赤い跳ね馬も見どころと言えば見どころですが(^_^;) 

F1 Blu-ray 2020 FIA F1 世界選手権総集編 完全日本語版 02

まだDisk1の途中までしか観ていませんが、冒頭にいきなりプロジェクトピットレーンの話題が入っていて、今年はそうだったなぁと。F1チームが協力して人工呼吸器を作ったとか話題になりましたしね。

そして開幕が恒例のメルボルンではなく初夏のオーストリア・・・ それだけでも異常なシーズンだったんだなと改めて実感してしました。そうこう言っているうちに2021年のシーズンも3月末のメルボルンから開幕するはずなので、開幕前に一通り見ておきたいんですが、2枚組6時間弱なので見終わらないかも・・・ 贅沢な悩みですけどね〜


  
Posted by kazumitsuzuka at 00:02Comments(0)
March 01, 2021

Sony Blu-ray BDZ-EW520とBDZ-EW1200 お引越し失敗

中古購入して以来、大きな問題なく運用していたSonyのBlu-rayレコーダーBDZ-EW520とBDZ-EW1200。LAN経由で録画ファイルを機種間で移動できる「お引越し」機能を試してみたんですが・・・


EW520→EW1200へのお引越しは問題なく出来るものの、その逆が何故かNG。


状況としては・・・


EW520のお引越しからEW1200の録画タイトル(全て本体)などは見え、タイトル選択も出来るが、選んだ時点でその容量が「0.0GB」と表示される。

そのまま選択して「決定」するとホーム画面に戻ってしまい、当然お引越し出来ていない。


という感じ。

これはその時のEW520の側の画面です。

Sony Blu-ray BDZ-EW520とBDZ-EW1200 お引越し

両機のIP再取得や電源長押し再起動、スタンバイモードを共に瞬間起動に揃えてみる、などは試してみましたが状況は変わらず。その他気になる点としては・・・


・どちらもホームサーバー設定は「入」。お互いが機器登録されている。

・どちらも有線LANで同じハブに繋がっている。IPアドレスは自動取得。

・ソフトウェアバージョンがEW520:28.3.021、EW1200:28.1.005と異なっている。

・EW1200はUSB-HDDを接続しており、通常電源はOFF。お引越し時も同様。EW520はHDD接続なし。

・EW1200には約100タイトルが録画され、HDD容量もほぼ半分使っている。EW520は10タイトル程度、HDD容量も150GB程度しか使っていない。


辺りでしょうか。


WEBで検索もしてみましたが同じ症状はないようで・・・


喫緊の問題ではないんですが、どちらかのドライブが不調になった際の逃げ道なので、今のうちに珍しくサポートに問い合わせてみたいと思います。


 


  
Posted by kazumitsuzuka at 00:02Comments(0)
February 14, 2021

自作機 光学ドライブ Pioneer BDR-206BK 修理
殆ど光学ドライブを使う機会もなくなっている自作機。今の光学ドライブはここで紹介したBUFALLOの「BR3D-PI12FBS-BK」。中身はPioneerのBDR-206BKなんですが・・・
少し前からイジェクトボタンを押してもトレイが開かないという症状が出ていました。ボタンを押すとグッというかガッというような音がしてLEDも灯るんですが、そのまま何も起きないと。勿論OSなどのソフトウェア側からの指示でも同じ状況。

イジェクトホールにピンを指せば開きますし、一度開けると暫くはイジェクトボタンで開閉出来るのでそれほど困っていなかったんですが、状況からほぼドライブの中の駆動伝達用のゴム?の劣化だろうと思われたので、ふと思い立って修理してみることにしました。

このBDR-206BKは自作機を組んで一度更新してから交換などしていませんし、10年近く経過しているのでゴムも劣化して当然かと。ちなみにこの206は一つの駆動用モーターでトレイの開閉だけでなく密着させているベゼルと化粧板?を離す構造になっているようで、ゴムが弱るとこのような症状が出やすくなるようです。

当初は分解してゴムを交換(洗浄など)するか、あるいはゴムの掛かっているローラー(プーリー?)に滑り止めを施すかなどと考えていたんですが、トレイを開くと直ぐにゴムが見えたのでまずはこれをサクッと交換してみることにしました。

ゴムは適当なサイズが探せないかとも思いましたが、検索した感じでは25mmのものがピッタリのようだったので、Amazonで「ゴムベルト ラジオカセットレコーダー修理・保守・交換用 (33本+α 直径17mm〜」という複数サイズがセットになったものを購入してみました。


色々選択肢がありましたが、太さが細いものが多かった(この手のアイテムは1mm前後が多い)その中でも太めに思えるものをチョイスしています。お値段も300円そこそこ〜1,200円程度とピンキリなので悩みましたけど(^_^;) 

これがGETしたゴム。色々なサイズのものが33本入って送料込み600円也。
自作機 光学ドライブ Pioneer BDR-206BK 開閉不備修理 01

206のトレイを開けた奥。ゴムが見えますね。ここからはピンセットで簡単に外せてしまいました。
  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:02Comments(0)
May 06, 2020

Blu-ray スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け

スター・ウォーズの一応のシリーズオーラスとなるエピソード9「スカイウォーカーの夜明け」。Blu-rayを購入しました。

Blu-ray スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け 01

ちょうどコロナ自粛期間の発売でしたが、TVの勢力争いには最初から勝ち目がないので断続的に少しずつ鑑賞することになってしましたが(^_^;) 


例によって多数のバージョン&色々な限定特典の付いたディスクがリリースされていましたが、今回も最もスタンダードと思われる初回版ブラック・パッケージの(Blu-ray&DVD&デジタる子ピーが付いたバージョンをチョイスしています。
Blu-ray スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け 02

あらすじ的には・・・



元皇帝のパルパティーンが実は生きていた。パルパティーンは生命維持装置に繋がれながらも、陰でスノークを操り、スター・デストロイヤーの大艦隊「ファイナル・オーダー」を作り上げていた。そのファイナル・オーダーの指揮権をエサに、カイロ・レンにレイを殺させようとする。


一方のレイは、レジスタンスのレイア・オーガナの下でジェダイとしての修行中だったが、そこに「パルパティーンが生きている」との情報を得たが、パルパティーンのいる惑星エクセゴルにたどり着くためには2つだけ作られたという「シスのウェイファインダー」が必要で、ルーク・スカイウォーカーもその捜索を断念していたことも明らかになった。

レイ一行はこれを探しにミレニアム・ファルコンで出発するが・・・


という感じでしょうか。


まだ新しい映画なので、ここからはネタバレありの感想を少々。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 08:48Comments(0)
April 28, 2020

Sony Blu-rayレコーダー BDZ-EW1200 熱暴走で録画失敗

オークションでGETしてからEW520と合わせて快調に動作していたEW1200。何度か不自然な録画失敗が発生しました。


「おまかせ」で録画しているなぁ位に思っていた番組が残っていないという感じで、何故かメッセージも残っていないという状態。通常録画失敗とかするとその旨のメッセージがメールのような形で残るんですが・・・


どちらかといえばEW520よりEW1200の方が使用頻度が高かったこともあり、HDDに何か不具合が起きたのかと疑い始めた矢先、たまたま本体が目に入っている時にこのトラブルが起きたようで、HDD・ネットワークなどのアイコンが全て点滅して自動的に再起動しているじゃないですか(T_T) 案の定この時の録画は失敗していてメッセージもない状態だったので、念のため手動の電源長押し再起動をしてみましたが数日後にまた発生。


いよいよかなと思いながら、念のためWEBで公開されているマニュアルなどを検索してみたら、こんなページがありました。

本体前面のLEDが全部点滅して、操作できない

まだ春先なのに・・・と思っていたら、EW1200は本棚のようなラックの最下段に設置してあって、上にBlu-rayなどのメディアを結構積んであったんですが、それが雪崩のように後ろ側に崩れていて熱がこもっていた・・・というお粗末な話でした。この辺を整理整頓したらピタッと不具合が止みましたし。


HDDなどが逝ってしまう前に気が付いて良かったと思うようにします(^_^;) 


 


  
Posted by kazumitsuzuka at 07:40Comments(0)
February 14, 2020

F1 Blu-ray 2019 FIA F1 世界選手権総集編 完全日本語版

毎年恒例、ユーロピクチャーズのF1総集編Blu-rayを購入しました。

F1 Blu-ray 2019 FIA F1 世界選手権総集編 完全日本語版 04

まだ半分ほどしか見ていませんが、2019年もルイス・ハミルトンの連覇に終わったとは言え、序盤のメルセデスの快進撃、中盤からのレッドブル・ホンダの躍進、相変わらずのフェラーリ!?となかなか見どころは多かったなと思います。
F1 Blu-ray 2019 FIA F1 世界選手権総集編 完全日本語版 05

他に目についたのはシャルル・ルクレール。2019年がフェラーリ1年目なんですが、チャンピオンのセバスチャン・ベッテルに全く引けを取らないパフォーマンスと態度で、フェラーリ初年度と思えないどころかどちらがエースなのか分からないほどでしたし(^_^;)
F1 Blu-ray 2019 FIA F1 世界選手権総集編 完全日本語版 06

あ、今回は各レースの冒頭に以前の同じGPの名場面的なシーンがほんの一瞬ずつスライドショーのように入り込んでいて、個人的には懐かしく思う部分もあってもっとここを広げて欲しいなと思ってしまいましたけどね〜

2020年は22戦!が予定されていて、気が付けばもう1ヶ月もするとメルボルンの開幕戦なので2枚組385分もあるBlu-rayを見終わる前にシーズンが開幕しないように残りも急いで観るようにします!

  
Posted by kazumitsuzuka at 00:01Comments(0)
January 16, 2020

F1 Blu-ray フェラーリ 不滅の栄光

ここで紹介した「マクラーレン 〜F1に魅せられた男〜」と同時に購入していたのが「フェラーリ ~不滅の栄光~」のBlu-ray。同じようにシネマコレクションで安価だったものが更に安売りされて1,000円そこそこだったんですよね。 

F1 Blu-ray フェラーリ 不滅の栄光 01

今回は2017年のダリル・グッドリッチ監督作品で、92分のイギリスのドキュメンタリー。1950年代のフェラーリドライバー、その中でもマイク・ホーソン(字幕はマイク・ホーソーンとなっていましたが、ホーソンの方がなじむのでこのエントリではホーソンにします)とピーター・コリンズを中心として「不滅」というサブタイトル(英語版のサブタイトルはRACE TO IMMORTALITY)のとおり事故や死にウェイトが置かれた内容になってました。 

F1 Blu-ray フェラーリ 不滅の栄光 02

1950年代当時の映像や、現代の再現映像(レースシーンやオンボードカメラっぽい映像もありましたし)、関係者へのインタビューなどで構成されているのはマクラーレン 〜F1に魅せられた男〜と同様なんですが、今回はやや毛色が違っていてちょっと入り込みにくかったんですよね。 


  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 06:37Comments(0)
January 14, 2020

U.C.ガンダムBlu-rayライブラリーズ 劇場版 機動戦士Ζガンダム

「機動戦士ガンダム」40周年を記念して多数はリリースされた「U.C.ガンダムBlu-rayライブラリーズ」。その中でBlu-rayで持っていなかった「劇場版 機動戦士Ζガンダム」のそれをGETしました。 

UCガンダムBlu-rayライブラリーズ 劇場版 機動戦士Ζガンダム 01

「機動戦士Zガンダム-星を継ぐ者-」、「機動戦士ZガンダムII-恋人たち-」、「機動戦士ZガンダムIII-星の鼓動は愛-」の劇場版3作品と特典ディスクの4枚組292分で8,000円強程度。初回特典などは付いていない通常バージョンですけどね。 

UCガンダムBlu-rayライブラリーズ 劇場版 機動戦士Ζガンダム 02

まだちらっと見ただけですが、「Zガンダムってこんなだったなぁと」懐かしく思える反面、やはり新規作成のパートとTVシリーズそのままの部分のギャップが非常に嫌だなぁと。映画自体はDVDで見たことがあってその差も分かっていたつもりなんですが、改めてBlu-rayで見ると際立ってしまうなぁと。カミーユが精神崩壊しない「新訳」にも当時賛否あったと思いますが、それよりも映像が気になってしまって勿体ないですねぇ 

UCガンダムBlu-rayライブラリーズ 劇場版 機動戦士Ζガンダム 03

お安く販売してもらったのであまり文句を言うのもナンですが、全編描き直しとかして欲しいなぁと改めて感じてしまいました。Gのレコンギスタの劇場版よりも需要ありそうに思うのは古い地球人だけですかね(^_^;)

  


  
Posted by kazumitsuzuka at 07:25Comments(0)
December 27, 2019

F1 Blu-ray マクラーレン 〜F1に魅せられた男〜

AmazonでオススメされたF1関連のBlu-ray「 マクラーレン 〜F1に魅せられた男〜」。シネマコレクションという安売りパッケージが更に値引きされて1,000円弱で安く売りされていたので、内容も良くわからずに物は試しと購入してみました。「買い合わせ2,000円」のタイミングに合わせたんですが(^_^;)

F1 Blu-ray  マクラーレン 〜F1に魅せられた男〜 01
下に写っているのは同じタイミングで買ったフェラーリモノです。

中身は2017年のニュージーランド映画で、ロジャー・ドナルドソンの監督作品。F1のマクラーレンチームの創始者であり自身もドライバーだったブルース・マクラーレンの生涯を描いたドキュメンタリーもの。当時の映像のみでなく現代の役者さんが演じた場面や、昔の漫画風にコミカルに描かれた部分、当時を知る人たちが昔を思い出しながら語るインタビューなどを織り交ぜていましたが・・・ 

F1 Blu-ray  マクラーレン 〜F1に魅せられた男〜 02

なかなか悪くなかったかなと。 

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:30Comments(0)
December 26, 2019

Blu-ray 槇原敬之 Concert Tour 2019 "Design & Reason"

2019年の槇原敬之のコンサートツアーBlu-ray「Makihara Noriyuki Concert Tour 2019 "Design & Reason"  」をGETしました。 


最近購入先によって色々な特典がついた初回限定版が販売されることが多いようですが、パスケース?などの微妙な特典には釣られずに通常版を購入しています。 

Blu-ray Makihara Noriyuki Concert Tour 2019  Design & Reason01

今回は7/28のNHKホールで収録されているそうで、‘み’が鑑賞したこけら落としの川口とは5か月近く異なりますが、コンサートを「そうそうこんな感じだったなぁ」と思い出させてくれました。 

Blu-ray Makihara Noriyuki Concert Tour 2019  Design & Reason02

収録曲はこんな感じ。 


1. 朝が来るよ  

2. どーもありがとう  

3. くもりガラスの夏  

4. だらん  

5. ただただ  

6. Witch hazel  

7. Hey...  

8. ファミレス  

9. In The Snowy Site  

10. 2 Crows On The Rooftop  

11. 風は名前を名乗らずに  

12. 印度式  

13. 微妙なお年頃  

14. Tag Team  

15. I ask.  

16. 記憶  

17. キボウノヒカリ  

18. Design & Reason  

19. Happy Birthday Song (Encore)  

20. どんなときも。 (Encore)  


映像特典として10分程度の7/28のリハーサル・舞台裏映像も含まれていました。  

ちなみにこの2曲 

7. Hey...   

8. ファミレス   


は日替わりだったようで、  川口では 

7.The Average Man Keeps Walking.  

8.Remember My Name  


でした。2曲だけとはいえ違うナンバーを見られるのもうれしい限りですね。 


個人的にはこのアルバムはここ数年のものでは一番のお気に入りということもあり、年末年始に通しで鑑賞したいと思います。まだ細切れでしか見られていないんですよね(^_^;)


    
Posted by kazumitsuzuka at 00:05Comments(0)
June 07, 2019

Blu-ray 機動戦士ガンダムNT

購入後暫く見る機会が無かったBlu-rayの「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」。時間を作って鑑賞しました。
Blu-ray 機動戦士ガンダムNT 02

最近のBlu-rayは色々なバージョンでお金を搾取する仕組みになっているようですが、今回購入したのは通常のBlu-ray。4K環境もありませんからね・・・


あらすじ的には・・・

一年戦争当時、オーストラリアでコロニー落としを予見して多くの人々の命を救った少年少女、ヨナ・バシュタ、ミシェル・ルオ、リタ・ベルナルは、「奇蹟の子供たち」と呼ばれたが、一年戦争後に地球連邦軍によって強化人間の実験施設に収容され被検体となっていた。
3人は過酷な環境からの脱走を図るも失敗。その後の本当のニュータイプを選び出す中でのヨナとミシェルの嘘などにより、結果的にリタが本物のニュータイプとして施設に残され、ヨナは地球連邦軍に入隊し、ミシェルはルオ商会のルオ・ウーミンの養子となった。


時が流れて18年後の「ラプラス事件」後、ユニコーンガンダムとサイコフレームは、技術的特異点「シンギュラリティ・ワン」として極秘裏に封印されていたが、同時期にその3号機に当たり、暴走事故を起こしていたハズの「フェネクス」が姿を現すようになる。
ルオ商会で既に大きな力を持っていたミシェルはユニコーンガンダムの力を手にしようとアナハイム社のサイコフレーム試験機「ナラティブガンダム」を調達し、パイロットにヨナを任命。フェネクス捕獲作戦「不死鳥狩り」が開始されたが、ミシェルとヨナには他の目的も持っており・・・


という感じでしょうか。


小説でもエクストラエピソード的に描かれた「不死鳥狩り」を中心に映像化したもので、パッケージのスリーブもUCシリーズのそれと同じ描かれ方で良い感じです。

Blu-ray 機動戦士ガンダムNT 01

ここからはネタバレアリの感想を少々。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:01Comments(0)
May 24, 2019

Blu-ray ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

前作「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」に引き続き、シリーズ2作目の「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」もBlu-rayを購入して鑑賞しました。



最近は色々なバージョンのメディアがリリースされるので毎回どれを購入しようか悩むんですが、今回はエクステンデッド版ブルーレイセット (通常のBlu-ray1枚に10分弱の未公開シーンが加えられたエクステンデッド版1枚がセットになったもの)をチョイス。
Blu-ray ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生01
通常版の方には特典映像などが入ってこどそいるものの、正直微妙な構成ですね・・・ 4Kとか3Dとかって今のところニーズがないんですよね・・・
Blu-ray ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生03


あらすじ的には・・・

1927年、ニューヨークで捕らえられたゲラート・グリンデルバルドは自身の欧州への移送の際にいとも容易く脱獄。一方のニュート・スキャマンダーはロンドンでホグワーツ時代の恩師だったあのアルバス・ダンブルドアと再会し、グリンデルバルドを追うことに。
更に前作の4人組みのうちの2人であるクイニー・ゴールドスタインとその恋人となったマグルのジェイコブ・コワルスキーが現れたものの魔法界のルールで両者が結婚できないことを発端に喧嘩となってしまい、クイニーは姉のティナの元へ向かい、ニュートはオブスキュラスであるクリーデンス・ベアボーンを追うティナを探しに、ジェイコブはクイニーを追う形となり、4人がパリに集まることになるが、グリンデルバルドは既にパリに新しいアジトを築いており・・・

という感じでしょうか。

前作がニューヨークを舞台としていたのに対し、今回はパリが中心。あのBGMともにホグワーツも描かれるのでそれだけでおおっと思ってしまいましたが・・・


  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 07:37Comments(0)
April 11, 2019

Sony Blu-ray レコーダー BDZ-EW520 GET

BDZ-EW1200をGETした話を書きましたが、引き続く形でBDZ-EW520もオークションでGETしてしまいました。送料やTポイントへの還元分などを加味して22,000円程度。

というのも・・・この時点ではメインの録画機がEW1200になっていたものの、主にCS録画用にAT950Wをまだ活用ししている中でそのAT950WでBD-REへのライティングに何度か失敗するトラブルが発生し、そろそろ危ないのかなと・・・ しかもクリーニングディスクも受け付けてくれませんでしたし。BD-Rへの書き込みやその他の機能に問題はないようなんですが、いつ逝ってしまってもおかしくないですし、修理こそまだできるようですが税抜き29,000円はちょっと・・・という判断だったりします。

オークションなので自由に選択できたわけではありませんが、EW1200をGETした際と同様にPSVitaへのおでかけ転送は必須、HDD容量は小さくてOKという条件で選んでいます。出来れば3番組同時録画のETシリーズが良かったんですが、なかなか出物が無かったんですよね。

と言うことで、しばらくAT950Wは残しますが(録画済みで観ていないものもあるので)、EW1200とEW520の2台体制で行こうと思います。この2台なら「引越し」も可能なのでどちらかが先におかしくなっても録画データをもう1台に移せますから。


 


  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 22:57Comments(0)
March 02, 2019

Sony Blu-rayレコーダー BDZ-EW1200 気になる点

ここで紹介したBDZ-EW1200、しばらく使ってみて2点気になる点が出てきました。それ程大きな部分ではない&X95&AT950Wとの比較になりますが・・・

1点目は本体正面の情報表示が少ない点。

Sony Blu-rayレコーダー BDZ-EW1200 01
おでかけ転送やディスクへの書き込みを行う際、AT950Wまではその進捗が本体正面にもパーセンテージなどで表示されていたんですが、EW-1200は「ディスク」などの小さなアイコンが明滅するのみなので、TV画面を切り替えてしまうと後どのくらいで転送が終わるのかなどがパッと見で分からないんですよね。これ、予想外に不便でした。


2点目は・・・ 個体差もあるのかも知れませんが、ディスクトレイに埃が溜まり易い点。この画像は清掃後のものですが。

Sony Blu-rayレコーダー BDZ-EW1200 02
ラックには設置ししているものの、前面は基本的に開放している(扉もあるものの他のルーターなども含めて熱がこもる方が怖い)のである程度埃が溜まるのは仕方がないと割り切っているんですが、暫くディスクを使っていない間に、ディスクトレイの前端から内部1〜2cm程度の辺りまでそこそこ埃が溜まってしまっていたんですよね。
ほぼ同じ環境のAT950Wではそんなことはありませんし、X95では前面がパネルで覆われていましたからね。流石に埃の侵入で光学ドライブが死んでしまうトラブルは避けたいので、使用しない時はトレイ前面を紙や布でカバーするようにしています。

どちらもコスト削減に起因しているように思いますし、10年前にX95を購入した頃から比べれば価格も雲泥の差になっているのでユーザーとしてしっかり恩恵は受けているんですが、安かろう悪かろうに感じられるのはあまり嬉しくないですね。Blu-rayレコーダーもどんどん買い替えるデバイスになってきたってことなのかも知れませんけど。


 


  
Posted by kazumitsuzuka at 08:08Comments(0)
January 29, 2019

F1 Blu-ray 2018 FIA F1世界選手権総集編 完全日本語版

毎年恒例、ユーロピクチャーズのF1総集編Blu-rayを購入しました。

F1 Blu-ray 2018 FIA F1 世界選手権総集編 完全日本語版 01

まだちらっとしか見ていませんが、2018年はハミルトンの連覇に終わったものの、序盤のフェラーリの好調やマクラーレンと袂を分かったトロ・ロッソ・ホンダの奮闘、フェルスタッペンの大暴れなど中々見どころが多かったかなと。

2017版と違って240分の2枚組みから201分のディスク1枚になっていることもあり、実売価格もやや下がっているようです。
F1 Blu-ray 2018 FIA F1 世界選手権総集編 完全日本語版 02

ゆっくりと反芻しながら3月のメルボルンでのレッドブル・ホンダの初優勝を待ちたいと思います。

F1 Blu-ray 2018 FIA F1 世界選手権総集編 完全日本語版 03

ん、そういえばCSの総集編もまだ途中までしか見てないんだっけ(^_^;)


  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:01Comments(0)
January 11, 2019

Blu-ray 槇原敬之 TIME TRAVELING TOUR 1st season

ここで紹介した槇原敬之のコンサートTIME TRAVELING TOUR 1st season。同じ日のものではありませんが、2018.07.13の東京国際フォーラムの様子を収録したBly-rayを購入しました。
Blu-ray 槇原敬之 TIME TRAVELING TOUR 01

収録曲と言うかセットリストはこんな感じ。

Blu-ray 槇原敬之 TIME TRAVELING TOUR 02

01. まだ生きてるよ
02. HOME WORK
03. 冬がはじまるよ
04. もう恋なんてしない
05. 僕が一番欲しかったもの
06. ズル休み
07. まだ見ぬ君へ
08. NG
09. 日替わり(東京DAYS)
10. 日替わり(君は僕の宝物)
11. 日替わり(チキンライス)
12. 彼女の恋人
13. SPY
〜メドレー〜
14. GREEN DAYS
 ムゲンノカナタヘ
 LUNCH TIME WARS
 どうしようもない僕に天使が降りてきた
 超えろ。
 世界に一つだけの花
15. 太陽
16. Such a Lovely Place
〜アンコール〜
17. 遠く遠く
18. どんなときも。

大宮とは9曲目(大宮ではMILKだった)が違っていますね。


時間が取れずにしばらく積んでおいたんですが、細切れになりながらも少しずつ鑑賞しました。

細かい感想などは上記リンク先のコンサートのエントリを参照頂くとして、やはり‘み’のようなお年寄りはこうやって昔の曲のオンパレード的なコンサートには惹かれるものがありますね。

コンサートに行けるくらいのお値段がするのが珠に傷ですが、昔の曲に反応してしまう人には特におすすめですね〜


  
Posted by kazumitsuzuka at 00:02Comments(2)
December 28, 2018

Blu-ray ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

この表現で良いのかは分かりませんが、ローグ・ワンに続くスター・ウォーズ・ストーリーの2作目「ハン・ソロ」。Blu-rayを購入して鑑賞しました。

例によって色々とバージョンがあったんですが、今回も初回限定のMovieNEX (Blu-ray+DVD+デジタルコピー+MovieNEXコンテンツ)版をチョイスしました。
Blu-ray ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー01

実際には手元に届いてから結構長く積んでおくことになってしまったんですが。

Blu-ray ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー02

あらすじというか描かれている内容は若き日のハン・ソロの冒険譚。



「solo」の名前の由来やミレニアム・ファルコンの出自、チューバッカとの出会いなど、スター・ウォーズ本編のエピソード4/新たなる希望に繋がるよう、その10年程度前の前日譚です。


まだ新しい作品なのでここからはネタバレアリの感想をページをかえて。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:12Comments(0)