【 VAIO 】
October 10, 2021

VAIO RX62改 起動SSD変更

ここで紹介したように、自作機の起動SSDをSamsungの870 EVOに変更したことを踏まえて旧起動ドライブの intel「SSDSC2CT240A4K5」を玉突きでRX62改の起動ドライブにすることにしました。


まあ、RX62改は予備役に入っているようなもので、起動する機会もほとんど無くなっていますし、いまだにWindows7なんですけどね(^_^;) 


現時点でのRX62改の起動SSDはintelの「SSDSA2M040G2GC」。もともと当初の自作機の起動用にRAIDを組んでいたものですが、今では単体運用です。


ベンチとディスク情報はこんな感じ。

VAIO RX62改 intel SSDSA2M040G2GC ディスクインフォ
流石に数値的には・・・ SSDとは言え実際に相当もっさりした感もありますしね・・・

VAIO RX62改 intel SSDSA2M040G2GC ベンチ

今回はデータ用のHDDを外し、そのSATAコネクタに新SSDを接続、いつものEaseUS Todo Backup Free6.5でドライブをクローンしてやりました。

特に問題なく20分程度でクローンも終了、Windows7のブートにも特に問題はありませんでした。


新SSDでのベンチとディスク情報。

  続きを読む

Posted by kazumitsuzuka at 13:44Comments(0)
September 15, 2021

VAIO S11 SSD換装 ベンチ編

VAIO S11のSSD交換。分解・換装編に引き続いてベンチ編です。


まずは換装前のSamsung MZ-NLF1280でのベンチ。
VAIO S11 SSD交換前ベンチ
CrystalDiskinfoの情報も。

VAIO S11 SSD交換前ディスクインフォ

同じく換装後のWesternDigital WDS500G2B0Bでのベンチ。
VAIO S11 SSD交換後ベンチ
CrystalDiskinfoの情報も。全項目収まっていませんが。

VAIO S11 SSD交換後ディスクインフォ

ライト系がシーケンシャル・ランダム共に大幅にアップしました。リードもランダムリードが結構上がっていて、体感できるほど操作がきびきびとした印象を持ちました。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:01Comments(0)
September 11, 2021

VAIO S11 SSD換装 分解・換装編

VAIO S11のSSD交換。購入・クローン編に引き続いて分解・換装編です。


WEB上の情報を見るとVAIO S11の分解時には「ツメが折れた」という話が多々上がっているので、気を付けながら&多少は止むを得ないかなと思いながらも作業開始です。


WEB上で参考になったのは「いせきけんじ公式ブログ」さん辺りなので、作業される方は合わせて確認されると良いかと思います。

なお、このブログ記事参考にされる方も含めて、チャレンジされる方は当然ですが自己責任でお願い致します。



1.底面のネジ10ヵ所を外す


基本的に今回は通常のプラスドライバーのみで事足ります。ただ場所によってはかなりしかっり締めあげられているところもあるので、ネジを舐めないように要注意です。

VAIO S11 SSD交換 分解 01
なお、長さも全て同じではないので組み立て時に間違わないように。

VAIO S11 SSD交換 分解 02


2.底面ゴム足を剥がし、その奥のネジを4ヵ所外す


ゴム足は両面テープで固定されているだけなので直ぐ剥がれます。‘み’の場合は組み立て時に両面テープそのまま再利用出来てしまいました。

VAIO S11 SSD交換 分解 03

VAIO S11 SSD交換 分解 04


3.筐体下部(黒い樹脂部分)を外す


簡単に書きましたが、ここが一番のハードル。多数のツメががっちり嵌っているので、少しずつ隙間をこじ開けるようにして剥がしていく感じです。


弱いというか隙間を作りやすいのは手前側(キーボードの下端側)の角部分。ここで作った隙間を利用して手前側のツメを一通り外し、下から見た時の右側面(ACアダプタを差す側)を外してから反対の側面(LANポートなどのある側)を外し、奥側(液晶パネルと接する側)はガバッと持ち上げる感じがやりやすいように思います。特にLANポートの側面は端子が多く、ツメもかなりしっかりしているようなので要注意です。

ようやく筐体下部を分離した状態。

VAIO S11 SSD交換 分解 05
VAIO S11の開きですね。
VAIO S11 SSD交換 分解 06
ツメ部分を中心に実際の画像を多めに貼っておきますので、参考になれば。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 09:16Comments(0)
September 03, 2021

VAIO S11 SSD換装 購入・クローン編

自作機の起動SSDを更新したりしている中で、今まで出来るだけ見ないようにしていたM.2のSSDをしっかりと見てしまい・・・ 気にしながらも手を出さないでいたVAIO S11のSSD換装に掛かることにしました。

購入時のSSDはCTOで選んだ128GBのもので、実際にDドライブがほぼ満タンになってしまっていたこともあるんですが。


ということで、今回はWEB上で換装実績のあるWesternDigitalの500GB、SATA接続の「WDS500G2B0B」をチョイスしました。

もともと家族が調べ物などにちょっと使うという用途が多くなっていましたし、価格も考慮して1TBまでは流石に要らないだろうとの判断です。更に、容量増でチップが片面実装から両面実装になってしまって物理的に入らなくなったりしたら洒落になりませんから。


NVMeも動作するとの情報もありましたが、発熱とお値段、更にSATA→NVMeなどの場合ディスククローンが上手く行かないとの情報もあったので、今回は手を出していません。

2021年5月頃でおよそ7,000円前後が相場でしょうか。


今回は単純にソフト的にディスククローンしてからSSDを換装する腹積もりだったので、Transcend のUSB3.1 M.2 SSD 外付けケース「TS-CM80S」も購入。


本当はセンチュリーのNVMe&SATA両対応「どっち〜もBOX M.2 SATA / NVMe (CM2NVSDBU32C)」とかも気になったんですが、まずはしっかりクローンしたい&取り出したSATA128GB品も有効活用しようと、シンプルかつ安全なブランド品(名の知れたものと言う意味で)をチョイスしました。
 

2021年5月時点で3,000円弱。選ばなければAmazonで2,000円を切るものも結構あるんですけどね。


という訳で2品を組み合わせてみました。

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:02Comments(0)
August 19, 2021

IDE HDD 2台発掘

自宅を整理していたら、2台のIDE接続HDDが発掘されました。

IDE-HDD 01

「IBM Deskstar DTLA-305030」と「Seagate Medalist ST313030A」です。

IDE-HDD 02

「IBM Deskstar DTLA-305030」の方は2000年9月製造品で5400rpm、30GB。既に記憶が曖昧ですが、「DBI-UV30GT2」というシールが貼ってあるので、バッファローのHDDを購入しているようです。


USB外付けHDDとしてWindows10の自作機で認識したので、戯れにベンチを取ってみました。

IBM Deskstar DTLA-305030 ベンチ
なんか今のデバイスから見ると誤差の範囲のような数字ですね。流石に20年以上前のものですからね(^_^;) 


ディスクの状態も見たかったんですが、CrystalDiskInfo&EVERGREENの「SATA・IDE/USB2.0変換アダプター EG-SATA3525」では情報が取れなかったので断念。予備役のRX62改に内部接続すれば良さそうですが、そこまでするのも・・・

あ、あとそれなりに大きな音がしていましたが、経年劣化なのかもともとこんなものなのかも不明です。


一方、「Seagate Medalist ST313030A」の方は残念ながら自作機から認識されず。通電・スピンアップまではしたんですが。ラベルなどから製造年やスペックなども読み取れませんでしたが、5,400rpmのようです。購入した記憶はないので、13GBという容量からVAIO PCV-R60に搭載されていた本来のHDDのように思います。


ということで、どちらもジャンク品としてオークションに出してみました。何もニーズがなければ解体処分ですかね〜


  
Posted by kazumitsuzuka at 00:01Comments(0)
July 28, 2020

自宅ネット環境切り替え その4 通信速度
自宅のインターネット回線をauひかりからNUROに切り替える件。ナンバーポータビリティとTA周りの接続にやや不安を抱えながらも無事にネット接続できるようになったNURO光なので、早速速度を計ってみました。

接続はデスクトップの自作機がGigaBitの有線LAN。途中にハブを1台挟んでいたりしますが、正確な結線は既に把握できていなかったり・・・(^_^;) 

まず有線の2台。

〔Windows10自作機〕
NURO光速度 Win10自作機
速度を計っていてGbpsの大台に乗った経験がないので一瞬ビビってしまいましたが、正直びっくりです。何度か測った感じではコンスタントにほぼ1Gbpsになるので、有線LANの方がボトルネックになっているのかも知れません。まあ、最近耳にする10Gbpsサービスとは比べ物にならないでしょうが(^_^;) 
実際にWEBサイトを観たりしている感じでは「遅いな」と感じることこそ減りましたが、動画などをほとんど見ないこともあってそれほど実感できる場面はありませんね。相手のサーバー側の問題も当然ありますし。あ、動画が複数埋め込まれたサイトなどでは明らかに軽快になっていますけど。

〔Windows7 RX78改〕
NURO光速度 _RX78改
ほぼ立ち上げることもなくなっているWindows7機は流石にPC側がボトルネックのようです。操作していてもブラウザがまともに動いているのか分からない程なので、まあこんなものかなと。それでもauひかりの自作機よりも速度は出ていますが(^_^;) 

他に有線接続していて速度を計れるのがPS4とPS3。スクリーンショットは取っていませんが、PS4が170〜180Mbps、PS3が30Mbps程度でした。回線よりPS側がネックになっているようでうですね。
  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 23:30Comments(0)
March 02, 2020

VAIO RX62改 Windows8化失敗
このブログではほとんど登場していないVAIO RX62改。実際にほぼ使う機会もなく自作機が不調になった際に調べ物をする位のサブ要員となっていたんですが、Windows7のサポート切れに向けてWindows8化してみようと思い立ちました。 

こんな案内が出るようになってしまいましたしね(^_^;)
Windows7サポート終了案内

そもそもスペック的にWindows10はインストールできないこと、Windows8のリリース時にキャンペーン的に5,000円位で購入したアップグレード版が未使用で手元に残っていたので、これを使えないかなと企んだ次第です。 

今更ながらこれがWindows8。7はまだ大量に稼働しているのに8はほとんど耳にしないという・・・不遇というか当たり外れの外れOSということになるのかなと(^_^;) そういえばVistaなんてのもありましたねぇ 
Windows8 01

32bitと64bitのメディアも入っていました。
Windows8 03 

で、HDD(実際にはSSD)の容量不足対応に不要なファイルを削除したりして整え、いざインストールを進めてみると・・・ 

最後にこんなエラーに遭遇。
  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:31Comments(4)
February 25, 2020

自作機とVAIO-S11のファイル共有断絶
共にWindows10の自作機(メインマシン)とノートのVAIO-S11。ノートの方は家族が使うことも多く極稀にしかファイル共有などはしないんですが、先日久しぶりにデータを直接やりとりしようとしたらこんなエラーが出てしまいました。 
VAIO-S11ファイル共有失敗01

スクリーンショットは残っていないんですが、この後「診断」をすると「ファイルとプリンターの共有リソース(PC-1)はオンラインですが、接続試行に応答していません。リモートコンピューターはポート445での接続に応答していません。」とのこと。

当初は普通にファイル共有出来ていた気がするので、Windows10のアップデートが悪さをしているとしか思えなかったんですが・・・ 
しかもこの時点でWindows7のRX62改のファイルは自作機から操作出来ましたし。 

診断結果を信じてルーターのAterm BL172HV(無線ルーターWZR-HP-AG300Hはブリッジ接続してアクセスポイントとして使用しているので関係なしと判断)のポート445を解放したり、ノートンセキュリティで同じようにポート445を解放しても状況変わらず。 
IPを設定し直したり、DHCPにしてみたりと色々試したんですがNG。 

レジストリの「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\
CurrentControlSet\Services\LanmanWorkstation\Parameters
を開いてAllowInsecureGuestAuthの値を0から1に変更する」
という解決策も検索出来たんですが、そもそもそのキーが存在せず。

正直何が原因か全くわからなかったんですが・・・
  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 06:00Comments(0)
July 01, 2019

USBメモリ SanDisk SDCZ33-064G-J57 GET

小型ででっぱりが少ないUSBメモリが物入りになり、容量も速度もほぼ意識せずにキャップ付きのもの・・・ということで選んだのがSandiskの64GBもの「SDCZ33-064G-J57」。 輸入物ですが正規代理店品で5年間保証つき1,480円なので必要十分かと。64GBは容量的に大きすぎるんですが、在庫とお値段の関係で決定しました。

こんな紙のスリーブに入って送付されてきました。一見中身が無いんじゃないかと思ってしまう程でしたが。

USBメモリ SanDisk SDCZ33-064G-J57 01

確かに小さいですね。

USBメモリ SanDisk SDCZ33-064G-J57 02
コネクタに毛が生えたくらいのサイズです。
USBメモリ SanDisk SDCZ33-064G-J57 03

あまりこのブログでは紹介していないVAIO S11に指してみるとこんなレベル。


  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 06:42Comments(2)
January 12, 2017

VAIO S11 So-net 0SIM 認識NG

ここで紹介したVAIO S11向けに用意したso-net 0SIM。S11自体を外に持ち出す機会もほぼなく、3ヶ月縛り(*)対応でたまに自宅から接続していたという感じなんですが、気が付くとS11がSIMを認識しなくなってしまっていました。画面上は「SIMを接続してください」と表示されている状態ですね。
VAIO S11 SIM認識NG
正直、‘み’は殆ど使用しませんし、何時からおかしくなっていたのかも分らないんですが・・・


*3ヶ月通信がないと強制的に解約されてしまう。ちなみに3ヶ月のカウントはこんな感じ。
 10月 最終通信実施月 
 11月 通信なし
 12月 通信なし
  1月 通信なし → 1月末で強制解約


特にハードの構成などを変更したりしていませんし、Windows10はAnniversary updateなどが結構悪さをするとイメージしていたこともあり、ソフト面の問題だろうなと勘繰り始め・・・少し前にWi-Fiが繋がらなくなっていた(再接続で直ぐ元に戻った)こともありましたし、そこで何かおかしくなっていたんだろうなと推定。

ということで、まず再起動。完全なシャットダウンをするために「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外しましたが・・・

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:03Comments(0)TrackBack(0)
October 29, 2016

VAIO S11 小物編

ここで紹介したように主に嫁さん利用向けにGETしたVAIO S11。SIM以外にも周辺機器と言うか一緒にGETした小物を纏めて紹介しておきます。


【マウス】


折角S11本体にBluetoothが付いているので、Bluetoothマウスの内嫁さんの手にあうものとして選んだのが「ELECOM M-XG4BBSV」。
ELECOM M-XG4BBSV
製品自体は2014年のリリースで古いものですが、お値段も2,000円を切っていてBlueLED採用なのでそんなに悪くないかなと。ちなみに嫁さん向けにサイズはSサイズをチョイスしています。勿論‘み’の手にはちょっと小さすぎますが、タッチパッドを使うよりは全然操作しやすいですね。



【ケース】


特にコレというものがなかったんですが、以前VAIロゴの入ったノベルティのベースに使われていたらしい「ELECOM ZEROSHOCK ZSB-IBUB03BK」をチョイスしました。
ELECOM ZEROSHOCK ZSB-IBUB03BK
お値段も1,000円未満で流石にサイズはほぼぴったり。サイドポケットにもACアダプタや上記マウス程度は入りますが、かなり膨らんだ感じいなったので実際はその手のものを持ち歩く時は別のケースなどを使うことになりそうですが。


【USBメモリ】

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 10:06Comments(0)TrackBack(0)
October 12, 2016

VAIO S11 SIM編

ここで紹介したように主に嫁さん利用向けにGETしたVAIO S11。周辺機器と言うか一緒にGETした小物を纏めて紹介しておきます。

【SIM】


どの程度使うか見当がつかないので差し当たりso-net 0SIMを契約。初期費用3,000円也。
so-net OSIM
500MB/月以降は費用が掛かるので乱用は出来ませんが、Wi-Fiが繋がらない場面などに通信できないのは痛いので。この先流用する可能性もを考えてサイズはnanoSIMを選んでいます。


【SIMアダプタ】


貧乏性が災いしてnanoSIMを選んだため、S11で使用するためにはnano→microのSIMアダプタが必須になってしまいました。

WEB上で評判などを見て選んだのが「LENTION Nano SIM MicroSIM変換アダプター5点セット」、498円也。
LENTION Nano SIM MicroSIM変換アダプター5点セット
本体がアルミ製でしっかりしている点が狙いだったんですが・・・

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:03Comments(0)TrackBack(0)
September 01, 2016

VAIO S11 GET

詳細はともかく、とっても久しぶりにVAIOを購入しました。ブログのタイトルがVAIOちゃんの〜になっている通りこのブログの元々の出所は「VAIOちゃんのページ」というVAIOのファンサイトなんですよね(^_^;)

今回は多少スペックをカスタマイズしたのでソニーストア iconで購入。なんか良い感じの段ボールで梱包されていましたが、こういう部分は昔から変わってないんでしょうか。結構そそられますね。
VAIO S11 01


SONYからVAIO株式会社にPC事業が移管されて久しいですが、今回色々とノートを探してみて意外と悪くないというか初期のSONYのように欲しくなるアイテムをリリースしているなぁとちょっと感心してしまいました。

実はS11は嫁さんがどうしても小さいノートが欲しい主張したので、ASUSとかの数万円のヤツを買おうかと思っていたんですが、やっぱりスペックとかを考えると良いものになってしまったと。

VAIO S11 02
LTEあり(SIMはこれから物色)、Core-i5、メモリ4GB、SDD 128GB(価格差を考えて第二世代ハイスピードSSD という表記ではない方)という感じのスペックで、Officeなどは必要なら後付けする前提でCPUだけはカスタマイズしたようなスペックだったりします。クーポンやポイントなどを加味しても14.5万円程度の高価な買い物になってしまいましたが。

VAIO S11 03

既にWEB上にベンチやレビューが多数存在しているので細部はそちらに委ねますが、周辺機器位は紹介して行こうかと思っています。


あ、そういえばWindows10のPCって初めてかも(^_^;)

  ソニーストア    
Posted by kazumitsuzuka at 00:03Comments(2)TrackBack(0)
April 09, 2014

VAIO RX62改 Windows7 Home Premium トラブル編

ここで紹介したようにXPのサポート終了に伴ってOSをXPからWindows7 Home Premiumに変更することにした予備役のVAIO RX62改。

もう数年間OSを入れ替えたりした記憶がありませんし、XP→7はアップグレードも出来ないので良い機会だと思って普通にWindows7 Home Premium 32bitのDPS版の新規インストールを開始したんですが・・・


どこでどうなったのか・・・


RX62改は自作機の流用というかお下がりパーツをメインに使っているので、この時点での主だったパーツがこんな感じ。

RX62改デバイスマネージャー
これはWin7インストール完了後のものですけどね(^_^;)
あ、ドライバーが当たっていないマルチメディアコントローラーはアイオーデータのGV-MVP/GX2です。ちゃんとWin7対応してるのでこの後ドライバーなどインストールしています。

ここで、どうせフォーマットするんだからと横着し、起動ドライブにするSSD(この時点ではXPが入っていた)とデータ用のHDDを繋いだままWin7のインストールディスクからブートし、SSDの方をフォーマットしながらインストール実施。

特に問題もなくインストールが完了し、150件程度のアップデータを4〜5時間程度掛けて当て終わったところでふと異常に気が付いてしまいました。
Win7インストール直後のアップデート
まあ、この件数もどうかとは思いますが・・・

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:29Comments(2)TrackBack(0)
April 07, 2014

VAIO RX62改 Windows7 Home Premium 購入編

WindowsXPのサポート終了を受け、今までXP Homeでサブ機としてボチボチ動使っていたRX62改もWindows7へスイッチすることにしました。

以前メインで使っていたVAIO RX62の改造機なので今更感はありますが、PCを買い換えたり買い足したりするほどでもないかなと。


ということでGETしたWindows7 Home Premium 32Bit。2013年の終わり頃からDSP版を単品で購入できるようになっているので、それをGETしました。単体販売のDSPってこんな紙のスリーブ入りなんですねぇ・・・
Windows 7 Home Premium DSP01
なんか表記を見ると・・・OEMで余ったメディアの使いまわしなんでしょうか・・・ 「個人的にインストールする場合は・・・」なんて注意書きのシールが裏面に張られているのでやばいアイテムではないと思いますが・・・
Windows 7 Home Premium DSP03
ギリギリにならないように3月中旬に発注したんですが、約13,000円位が相場でしたかね。なんかDELLのOEM版がDSPとして販売されていたような話も聞いたことがあるのでちょっと気にはしていたんですが、ちゃんとしたDVDのようで一安心(^_^;)
Windows 7 Home Premium DSP02

実は・・・


32Bit版を購入する前に何も考えずに64Bit版を購入してしまったんですよね(^_^;) 現行のRX62改ではハード的に64Bitは動かないので、インストールすら出来ないのを完全に忘れ去っていたんです・・・
しかもインストールしようとしてディスクをRX62改に入れて引っかかってから気がつくという体たらく(^_^;)


まあ、自作機の方も現在Windows7でアップグレード用の8も安かった時にひとつ買ったまま寝かしているので、余った64Bitの方をアップグレード用にでもすれば良いかなと思っているんですが・・・ ちょっとぬかりましたねぇ

あ、下にAmazonのリンクを貼っておきますが、単品販売のものは見つからなかったので昔のDSP版のものです。幾つかのショップを見ましたが、DELLのOEM版だったというレビューも見かけたので購入される方は注意が必要だと思いますよ〜


が、このOS入れ替え・・・

XPから7へはアップグレード出来ませんし、そもそも普通にOSをインストールするだけなので時間は掛かってもまさか大トラブルが起きようとは夢にも思わなかったんですが・・・


トラブル編へつづく

  
Posted by kazumitsuzuka at 22:16Comments(0)TrackBack(0)
January 28, 2014

自作機でAT950W録画番組を鑑賞 DTCP-IP認証NG

暫くなんの問題もなかったCyberLinkのPowerDVD13 UltraでのAT950W録画データDTCP-IP再生。ディスプレイのスペースが狭いことが気になっていた位なんですが、先日大トラブルに見舞われてしまいました・・・


要は再生出来なくなったということなんですが、PowerDVD13をアップデートして以降、AT950W録画データを再生しに行った時にPowerDVD13異常終了してしまうという状況に・・・
更に、こうなると自作機からWEBに出られなくなってしまい、再起動しないとWEBに出られるまでに復旧しない・・・

というもの。


アップデートした直後はこんなメッセージが出て、再度DTCP-IP認証をしに行くんですが、これが異常終了しているという感じなんですよね。

PowerDVD13 DTCP-IP認証

当然AT950Wだけでなく、X95も同じ状況。ネットワーク設定など色々見直したり(DHCP自動取得の有無とか物理的な接続変更とか・・・)しましたが、特に問題もなし。

この手の認証ってハードの変更とかに結構シビアなはずなので注意はしていたんですが、実際にそれらしい変更はグラボのドライバ変更のみ。厳密にいうとATi Catalyst Control Centerを、玄人志向のグラボ、RH7750-E1GHD/A本体に添付されていたCDの12.8(グラボのドライバーバージョンは8.982.0.0)から、この時点での最新版13.4(グラボのドライバーバージョンは12.104.0.0)に変更したのみで、他に大きな変更もなし。

「何か相性が悪いのかな」程度の感覚でPowerDVD13の方をアンインストール&再インストールしたり、旧バージョンに戻したりしてもNG。ATi Catalyst Control Centerも旧バージョンに戻してみてもNG・・・


まあ、今思えばこの時にCatalyst Control Centerを旧バージョンに戻しきれていなかったのが問題解決から遠ざかった原因でもあるんですが、状況からDTCP-IPの認証が上手く行っていないようにしか思えなかったので、CyberLink側の問題を想定し、サポートとやり取りを開始しました。

数度のやり取りの結果、およそ以下のようなことを試しましたが・・・

  続きを読む
Posted by kazumitsuzuka at 00:16Comments(0)TrackBack(0)
November 30, 2013

自作機でAT950W録画番組を鑑賞 その3

AT950Wの録画内容を自作機で鑑賞する作戦、その2に引続いてその3です。


アップグレードではなく通常版を購入したCyberLinkのPowerDVD13 Ultra、早速起動してみると・・・全く設定もしていないのにLAN内のAT950WだけでなくX95を見つけだしてくれ、中の録画番組も一通りリスト化してくれました。

PowerDVD13 UltraでDNLA
実際に再生してみると・・・


DR以外のモードの音声が再生されるかちょっと気にはなったんですが、XSRもSRも問題なし。画質面でもディスプレイが1680x1050の21インチのためか、以外にも綺麗に見えて違和感なし。
映像が極稀に「遅れたな」と思えることもありますが、気になるレベルではありませんでした。まあ、これはネットワーク環境にも左右されるでしょうが、‘み’の自作機はAT950WとGigabitハブを介して有線接続しているので、条件は悪くない方だとは思いますけどね。


これはなかなか良い買い物をしたと思ったのも束の間、やはり何箇所かは気になるところが・・・


〔番組リスト表示周り〕

・ 番組をリスト表示は出来るが、立ち上げなおすとグリッド(アイコン表示)になってしまう。
・ しかもそのアイコン、著作権保護対象のものはサムネイルが表示されない。
・ 録画日時でのソートが出来ない。そもそも録画日時を表示する項目も無い。

ジャンルや番組名でのソートは可能なので、ある程度は目的の番組にたどり着けますが、決して便利とは言えませんね。


〔再生周り〕

・レジュームが出来ない。
・早送りなどが出来ない(そもそもボタンがない)。バーで再生位置の変更は可能だが、かなりアバウトで反応も鈍い。
・再生サイズに制約あり(小さくしても916x562までで、それ以上小さくは出来ない模様)。
・当然画面のハードコピー(PrintScreen)は出来ない。
PowerDVD13 UltraでDNLA 再生画面

ソフトの設定で多少改善したり修正出来たりする部分はあるかも知れませんが、他の動画を再生するようには行かないようです。特に‘み’的にはながら見をしたい気持ちが強いので、1680x1050の1/4以上(長さでは縦横共に1/2以上)が覆われてしまうとかなり辛いんですよね・・・

ネットワーク越しに鑑賞できるようになったこと事自体は非常に喜ばしいんですが、もうちょっと使い勝手をなんとかして欲しいなぁ・・・

しかし、こうなるともうちょっと良い(というか広い)ディスプレイが欲しくなりますねぇ(^_^;)


  
Posted by kazumitsuzuka at 21:58Comments(0)TrackBack(0)
November 25, 2013

自作機でAT950W録画番組を鑑賞 その2

AT950Wの録画内容を自作機で鑑賞する作戦、その1に引続いてその2ですが・・・


グラボ交換でハード環境が変わり、改めてデジオンのDiXiM Digital TV plusを体験版をもう一度インストールしてみると、なんと試用期限切れで試すことが出来ず・・・


ここでCyberLinkのPowerDVD13 Ultraの体験版を試してみると、やはりAT950Wと録画番組は見つかるものの、著作権保護された番組は再生NGとのこと。というか・・・地デジやBSの録画番組って全てダビング10とかダビング1とかで縛られているので、これでは再生テストにならないんですよね・・・

ここでふと思い立ち、手持ちの旅行時の動画を焼いたDVDを持ち出し、これをディスクダビングでAT950Wに取り込んでみたところ、PowerDVD13 Ultraから見事再生されました(^_^)


‘み’はそれまでこの手の再生ソフトはドライブにバンドルされているようなもので十分と思い、この時もPowerDVD9(多分ここで紹介したBUFALLOの「BR3D-PI12FBS-BK」をGETのバンドル品)を使用していたんですが、もう数年前のソフトですし、DNLA自体は問題なく効くのが確認出来たので、思い切ってPowerDVDを13 Ultraに買い換えることにしました。まあ、実際は9からのアップグレード版より単体の方が安く買えた(CyberLinkからのダウンロードで、割引キャンペーン中の単体が9,900円とかだったはず、アップグレードは9からだと割高になって10,000円越え。ちなみにドル建てだと単体が89.99ドルとかだったので、思わずドル建てで購入してしまいました)ので9を残しているんですけどね。
あ、後から気がついたんですが、9を立ち上げてその広告リンクからだとアップグレード版が7,500円程度で買えたのでちょっとショックでしたが(^_^;)


ということで、早速PowerDVD13 Ultraを試してみると・・・


その3へ続く

  
Posted by kazumitsuzuka at 05:32Comments(0)TrackBack(0)
November 23, 2013

自作機でAT950W録画番組を鑑賞 その1

現在‘み’の環境ではAT950Wは居間のREGZA Z9500にHDMIで接続されていて、なかなか勝手な時間に好きなように録画番組を見ることが出来ません。PSPにおでかけ転送して見ている分には良いんですが、自作機で作業しながらちょっとながら見したいようなものも多く、DNLAを使って自作機側で再生できるようにしようかなと。


いままで余り意識したこともなかったんですが、散々贔屓にしてきたVAIOだとプリインストールソフトのVAIO Media plusで再生できるようですが、自作機なのでそうも行かず・・・ こういう時にはVAIOでないことを嘆きたくなりますが(^_^;)

とは言え手がないこともなく、デジオンのDiXiM Digital TV plusを使えば再生できるような情報もあったので、体験版を試してみると・・・あっけなくNG。AT950Wは見つかり、タイトルも表示されるんですが、一瞬録画した映像が写って直ぐ止まったり、そもそも再生できなかったりというエラーを繰り返し、全く再生出来ませんでした。

他にもPowerDVD13 Ultraが同じような機能を持っているとのことでしたが、体験版では著作権保護された番組の再生は出来ないそうで、10,000円近く払ってNGというのもちょっと・・・

ということで一度挫折。


ここで紹介したようにBlu-rayが再生できるはずで再生できない環境が続いていたので、その影響なのかなと思い、ハード構成を変えるしかないかなぁと・・・

と、ここで紹介したように直近でグラボを玄人志向のRH7750-E1GHD/Aに更新したのを思い出し、もう一度試してみようかなと。

その2に続く

  
Posted by kazumitsuzuka at 08:03Comments(0)TrackBack(0)
January 22, 2013

Windows 8 Pro 発売記念優待アップグレード版 購入

何かとイマイチな評判のWindows8。さしあたって自作機のWindow7で困っていないのでスルーしていたんですが・・・
Windows8 Proのアップグレード版が1/31までの期間限定ながらかなりお安く売られていたので、思わず購入してしまいました。実売価格で5,000円そこそこでしたからね。
ダウンロード版は3,300円で購入出来たんですが、今のところどこでどう使うか考えていないので、何かと面倒がなさそうなメディアで購入しておきました。


ネタを書いている時点ではまだ到着していませんが(^_^;)


→Amzonで購入したらすぐ到着したので画像を貼っておきます。
Windows 8 Pro 優待アップグレード版00
今までのOSのパッケージのイメージ&店頭で販売しているところを見たことがなかったので、CDなどのメディアケースをちょっと大きくした程度のサイズだったのにはびっくりしましたけどね。
Windows 8 Pro 優待アップグレード版01

この期間を逃すとDSP版が現時点での販売価格11,000円程度、2月以降のアップグレード版が25,800円になるようなので、まあ手を出しておいても良いかなと。

XPもアップグレード対象になっていますし、予備役に入っているRX62改は未だにXPのままなので、これを更新する際にXPをアップグレード対象にしても良いですしね。


買っておくつもりの方、ラストチャンスですよ〜

  
Posted by kazumitsuzuka at 23:42Comments(0)TrackBack(0)