かずなセンセの中学受験理科&算数(そして少しだけだけど歴史も?)教室

中学入試の受験勉強をしている生徒の指導ために作成・使用している中学入試対策教材を掲出していきます。

入試終了

担当した今年の受験生は2人でした。

 

1人は遠方の生徒さんでしたのでスカイプを使ってのレッスンで対応していましたが、第一志望校に合格してくれました。でも、理科しか担当しなかった私の貢献度はそんなに大きいとは言えないと捉えています。

 

もう1人は昨年2月から受験勉強を開始。国語だけは個別の塾にお願いし、他は私が見ていました。この生徒さんとの1年間をブログに記したいところですが、保護者の方のご了承を得てからにしたいと思います。1月入試では、わたし的には五分五分だろうと思っていた学校に見事合格(しかもコースアップの繰上げのオマケつき)。2月1日は午前・午後共に付き添いました。午前の第一志望は残念な結果でしたが、午後の第二志望は本人の手応えでは余裕の合格。結局、進学先は第二志望校に落ち着きました。

 

昨日は、昨年、第一志望校に進学した生徒さん(当然、中1です)のレッスンでした。1週間前にレッスンをしたにも拘らず、1ヶ月ぶりという感覚に陥りました。

 

毎年のことですが、それだけ時間の密度が濃かった1週間だったのだと思います。

 

私にとっての今年の中学入試は終了致しましたが、今日も必死で入試に臨んでいらっしゃる方々も少なからずいらっしゃると存じます。そして、その方々の気持ちを想像すると、2月1日よりも、とても大きなプレッシャーや不安を抱かれていらっしゃるかもしれないと存じます。

 

陳腐な言い方しか出来ませんが、最後まで諦めずに希望を持って受験に臨んでくださいませ。

たかが計算、されど計算

テーマ:

以下は、某中堅下位校の入試問題です。

 

 

 

カンが良い子でしたら、すぐに、このように解くでしょう(所要時間は1分もかからないと思われます)。

これで5点(多分)をGet出来るのです。

 

国語の漢字語句だと5問分?理社だと2.5問分?

 

ボーダーゾーンだと合否に大きく左右する点数です。

 

たかが簡単な計算問題かもしれませんが、侮ってはいけません。

 

1問1問を丁寧に解くことで合格に結びつくのです。

 

受験生の皆様のご健闘をお祈り申し上げます。

 

I love you

数ヶ月前のレッスンでの会話。

 

私:フランス語では蛸は「アシハポォ~ン」って言うのよ♪「ポォ~ン」と発音する時に鼻から息を抜くのがコツなのよね♪

 

生徒:へぇ~そうなんだぁ。

 

私:でね、イカは「アシジュポォ~ン」なの♪

 

生徒:へぇ~フランス語って面白いね♪

 

私:でしょ♪港区には六本木の近くに「アザブジュバァ~ン」って言う所もあるわよ♪

 

生徒:へぇ~、流石港区、国際的なんだね。

 

私:そうよぉ♪でね、じゃぁ、昆虫はフランス語では何と言うと思う?

 

生徒:そうだなぁ。あっ、「アシロポォ~ン」だ♪

 

私:ぴんぽ~ん♪じゃぁ、クモは?

 

生徒:「アシハポォ~ン」かなぁ?あれ?フランス人は蛸とクモの区別がつかないのかなぁ?

 

私:そうよん。フランス人はワインとブランデーばっかり呑んでいるから蛸とクモの区別がつかないのよね♪(フランス人の皆様、ごめんなさい)

 

生徒:そうかぁ。でさぁ、フランス語で”I love you"は何ていうの?

 

私:" Je t’aime "(ジュテーム)って言うのよ。でね、アシロポォ~ンだのアシハポォ~ンだのアシジュポォ~ンだの、君は信じた?

 

生徒:ううん、センセは勉強に関係ないことに関しては嘘ばっかり言うから初めから信じていなかったよ♪


私:オッケ。それでよろしい。子どもは大人を安易に信用してはいけないのよ♪

※例によって会話文は思いっきり脚色しております。

そして、その2週間後。

「国際連盟の本部は何処に置かれましたか?」と言う問題で・・・

この生徒さんは、「ジュテーム」と書いていました・・・。

私の指導の在り方が良くなかったと反省させられました・・・。

(都内と神奈川の中学入試直前の時にくだらない記事で申し訳ございませぬ・・・)

天からの贈り物

一昨日の大雪では、多くの方々が帰宅に難渋なさったことと存じます。

 

私も、早めにレッスンを終えて帰途に就いたのですが、普段は10分に1本は来るバスが来ない・・・。1時間弱ほど待たされました。その間、バス停前の公園で絶え間なく降り続く雪をものともせずに雪遊びをしている子どもたちの様子を眺めていました。

 

そして、昨日。生徒さんのお家の周辺にはまだまだ沢山雪が残っていたので、レッスン後、ついつい「2分くらい雪合戦する?」と、ついつい口が滑ってしまいました。

当然、生徒さんは喜んで同意。ご自宅の前でプチ雪合戦を開始。すると、お母様も完全武装(?)で登場。

生徒さん、お母様、私の三人で雪遊びをしました。

最近は、リスク管理の為か、大雪が降っても校内での雪遊びを禁じる小学校が多いようです。その所為もあるのか、生徒さんは大喜び。そして、お母様も参加なさったことがとっても嬉しかったようです(お父様はまだお仕事から帰ってきていませんでした)。

雪って、大人にとっては邪魔モノでしかないのかもしれませんが、子どもにとっては「天からの贈り物」なんだなと、感じました。

でも、2/1からの数日間は絶対に降らないで欲しいなぁ。

ばねの応用問題

すみません。ここ数ヶ月、新たに始めた別のブログばかり更新していました・・・。

先日、とある生徒さんのリクエストで、このようなプリントを保護者の方にお送りいたしました。

ばねの応用問題

↓手書きの解答ですが訳分からないと思います。ごめんなさい。
ばねの応用問題の解答?

あっ、1箇所、解答には間違えがあります。重ね重ねごめんなさい。

お問い合わせ・学習相談などはこちらから♪
一菜センセへのご連絡

お問い合わせ・学習相談・家庭教師のご希望などは以下のメールアドレスまでお願いします

また、国語・社会の家庭教師のパートナーも募集しています

chigasaki1961@ybb.ne.jp

記事検索
よろしければ押してください♪
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

かずな

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ