2012年07月10日

MMD視聴講座備忘録「MMDのアクセサリ」

さぼてんPさんの「【MMD初心者講座】MMDのはじめかた【MMDのアクセサリ】」
の生放送を視聴した時の備忘録。

【MMD初心者講座】MMDのはじめかた【MMDの照明操作】
2012/07/02
開場:20:57
開演:21:00
終了:22:29
番組ID:lv98942534 ( 放送者:さぼてんPさん)


(これまでの講座の履歴はこんなカンジに。
 #1 (5/14) [lv93022952] MMDの導入と機能
 #2 (5/21) [lv93879541] モデルのボーンについて
 #3 (5/28) [lv94752069] キーフレーム登録
 #4 (6/04) [lv95587610] モーションと補完曲線 【備忘録】
 #5 (6/11) [lv96464922] MMDのカメラ 【備忘録】
 #6 (6/18) [lv97301282] 表情とフレーム編集 【備忘録】
 #7 (6/25) [lv98139505] MMDの照明操作 【備忘録】
 #8 (7/02) [lv98942534] MMDのアクセサ​リ ←now!!
 備忘録を残してますので、良ければご覧ください…)



7月になりました。MMD関連のイベントが多い月です。
ということで、イベントの告知。

☆MMDFes2012開催!
公式ブログ : http://mmdfes.blog.fc2.com/


☆第9回MMD杯開催!
テーマ:【Q】【食】【新】【方程式】【夢】【無】【】
MMD杯公式ホームページ:https://sites.google.com/site/mmdcuphp/


MMDコミュのTOPページでも確認できます。


なぜか、イベントの話題でコメントがすっごい減る!

では、本編へ。

MMDのアクセサリとは?
「ボーンの入っていないモデル」という表現が的確かも?
ボーンが入っていないので、自律移動が出来ない。
ただポリゴンがあるモデル(ボーンやウエイトがない)
初心者であれば、「.x」であればアクセサリファイル、でOK。

MMDへのモデルの読み込み。
右下のコンソール、「アクセサリ操作」の「読み込み」から。
120704_サボテンPさん_#8_001
ドラッグ&ドロップ(D&D)でも可能。

ネギを読み込み(ネギはデフォルトアクセサリ!
120704_サボテンPさん_#8_002
このネギは動かすことができない→ボーンがないので。

アクセサリのもう一つの特徴として、
自分がボーンを持っていないので、
モデルに存在するボーンに関連付けをして、そのボーンに合わせて動く。

ミクさんに登場して頂く。
120704_サボテンPさん_#8_003

プルダウンを押すと「地面」と「初音ミク」が選べる。
120704_サボテンPさん_#8_004

ミクさんを選ぶと、ネギが上に来る。→ミクさんのセンターボーンに関連付けされたから。
120704_サボテンPさん_#8_005

ボーンの位置を見ると、ネギがミクさんのセンターボーンの位置にあることがよく分かる。
120704_サボテンPさん_#8_006

ミクさんにネギを振って頂きたい→ネギを手に握って頂く
→関連付けをセンターから右手首へ→ボーンのプルダウンから右手首を選ぶ。
120704_サボテンPさん_#8_007

アクセサリはキーフレーム登録できる。
120704_サボテンPさん_#8_008

ミクさんにネギを握って頂く為、ネギの位置を調整する。
調整は、ここのステータスの、XYZに値を入力しておこなう。
毎度おなじみの、XYZ軸それぞれに該当する。
120704_サボテンPさん_#8_009

ネギを下に下げるため、Y-1にする。
120704_サボテンPさん_#8_010
現在からどれだけ移動させるか。
小数点入力も可能。微調整に。

Rx、Ry、Rzは回転。
コメント「rはローテート(回転:Rotate)」
ステータスは、XYZの下のこの位置。
120704_サボテンPさん_#8_011

Ry=90で、ネギがY軸方向に90度回転。
120704_サボテンPさん_#8_012

座標移動は、アクセサリローカル、とのこと。
回転させると、移動がやりにくくなるので、移動→回転の順がよい。




微調整して、ネギをミクさんの右手の位置に。
(手のグーは、ポーズデータより)
120704_サボテンPさん_#8_1504_持ちました

右手首に連動して、ネギも動く
120704_サボテンPさん_#8_1601_振れます


他のパラメータについて
「Si」はアクセサリのサイズ変更が可能。
モデルでは出来ない、アクセサリの特権。
デフォルトは「1」=1倍
120704_サボテンPさん_#8_1712_Siについて

2倍にしてみる。
120704_サボテンPさん_#8_1719_Si2

7倍にしてみる。
120704_サボテンPさん_#8_1730_Si7
(凄いぜ!万能ネギ!!)

0にも出来る。「0倍」=消失、見えない!
120704_サボテンPさん_#8_1809_Si0
アクセサリのサイズ変更は補間される。徐々に巨大化!なども可能。

さらに、マイナスの値も入力可能。マイナスだとどうなるか?
反転する!
120704_サボテンPさん_#8_1911_Si-1
(知らなかった弾幕!)

「Tr」は透過。
アクセサリを透明にできる。「1」で完全不透明、0に近づくほど透過する。
120704_サボテンPさん_#8_2105_Trで透過
ネギが透明になっているけど、ミクさんが透けて向こう側が見えてる。
透過順に関係している。この話は後半で。


アクセサリの影
デフォルトでは影はオフになっている
120704_サボテンPさん_#8_2158_デフォで影なし

オンにすれば、影が表示される。
120704_サボテンPさん_#8_2231_影オン
影がデフォルトでオフになっているのは、ステージなど為と思われる。

影がオンになると、セルフシャドウもオンになる。
120704_サボテンPさん_#8_2313_セルフ影オン
120704_サボテンPさん_#8_2320_セルフ影オフ
影のオンオフもキーフレーム登録できる。

「表示」のオンオフもできる。
120704_サボテンPさん_#8_2349_表示非表示
コレもキーフレーム登録可能。

影の大きさは、その時のアクセサリのサイズを反映する。
120704_サボテンPさん_#8_2438_Siも影に反映

「加算合成」
チェックボックスでオンオフできる。
ネギが白っぽくなった。
120704_サボテンPさん_#8_2526_加算合成

(加算合成とは?→わかりやすい参考ページ「加算合成について」)
MMDでの加算合成の解説は後ほど。


ステージもアクセサリなので、Si値の変更で、
ステージサイズも変更できる。
120704_サボテンPさん_#8_2815_ステージサイズ変更



ここからダミーボーンの話。

スポットライト登場
120704_サボテンPさん_#8_2915_スポットライト登場

配置を変えたいとき、XYZの数値入力で変えれるが、ボーンを使って動かしたい。
アクセサリは、任意のボーンに登録して、そのボーンに連動して動く。
=アクセサリを動かすためのボーンがあればいい。
ここで「ダミーボーン」登場。
(ダミーボーンはデフォルトで用意されている。=MMDの標準機能)
120704_サボテンPさん_#8_3024_ダミーボーン

ダミーボーン=モデルデータの存在しないボーンだけのモデル。
すなわり、アクセサリ用のボーン。
アクセサリの反対という考え方
アクセサリ:絵(モデルデータ)だけで、ボーンがない。
ダミーボーン:ボーンだけで、絵(モデルデータ)がない。

ダミーボーンは中央に1番があり、15番までの数字が割り振られている。
120704_サボテンPさん_#8_3108_ダミーボーンの番号

スポットライトをダミーボーンの15番に登録してみる。
120704_サボテンPさん_#8_3119_15番に登録

スポットライトが、ダミーボーン15番の位置にくる。
120704_サボテンPさん_#8_3128_15番

さらに、15番を動かすと、スポットライトも動く。
120704_サボテンPさん_#8_3136_動かせるライトに

好きな位置に移動、設置。
120704_サボテンPさん_#8_3145_ライト移動

調整時にカメラのボーンにチェックを入れると、ボーンを中心にカメラが操作できるので便利。
120704_サボテンPさん_#8_3222_カメラボーン

ボーンなので、キーフレーム登録してモーションをつけれる。線形補間も可能。
120704_サボテンPさん_#8_3305_カメラにモーション

どこにでも動かせるので、天井に設置したりとかも出来る。
120704_サボテンPさん_#8_3323_天井に設置

アクセサリの主要な話はここまで。



加算合成についての解説。

初心者バイバイのサンプル見本
120704_サボテンPさん_#8_3455_サンプル
120704_サボテンPさん_#8_3520_きしめん
120704_サボテンPさん_#8_3532_デフォでここまで
MMDのデフォルトの機能でここまで可能。手本は必ずしも超えなくてよい、下をくぐるもの。

スポットライトが光っている。「照明」は落ちている(=暗くしている)
120704_サボテンPさん_#8_3707_加算について
加算合成がオンになっている。

加算合成がオフだとこうなる。
120704_サボテンPさん_#8_3718_加算オフ
やや暗く感じる。

色が加算される、明るい色はより明るくなる。
RGBが加算されていく。

コメント「今の場合は、ステージの色に、ライトの帯の色が「加算」されています」
(コメントの解説を自分なりに解釈すると、加算合成していると「ステージの色+ライトの色」で表現される
 現実でも、照明を2つ付けると、その光が合わさって、より明るくなる。
 明るさ100の照明が2個あると、2つの照明の光が合わさる部は、が明るさが200になる。コレが加算…?
 仮に加算しないとなると、照明が2つあっても、片方ずつの明るさしか見れない。
 明るさ100の照明が2個合わさっても、加算されないので、明るさ100のまま、というカンジ?

 ステージ色+ライトの色に戻ると、ステージ上にあるライトは、
 ステージの明かりに影響しているのだから、加算されてしかり。
 つまり、「光」を表現するアクセサリであれば、「光は加算されるもの」なので、加算合成すべき、となる。)



アクセサリで最も重要は話「描画順」について

スポットライトを2つ読み込んでみる。
120704_サボテンPさん_#8_4335_透けないライト
(あれれー?おっかしいぞー?)

背景を白くしてみる。
120704_サボテンPさん_#8_4351_白く透ける
ライトも白い。

MMDのモデルやアクセサリは、一度に全て読み込んでいるのではなく、
表示させる順番ごとに読み込んでいる。
画面に描き出す順番なので、描画順。
「背景」の「アクセサリ」編集から、描画順のステータスが見れる。
120704_サボテンPさん_#8_4444_背景アクセ
レイヤーの概念に近い。

読み込ませた順番に並ぶ。
120704_サボテンPさん_#8_4524_光舞台光
スポットライトの透過部分が白いのは、
ステージすら、透過させてしまっている状態。

ライトが白いのは、背景が白いので、白い。
120704_サボテンPさん_#8_4646_遠望背景白

背景を黒に切り替えると、透過部分が黒くなる=この背景がステージすら透けて見えている。
120704_サボテンPさん_#8_4627_遠望背景黒

では、対策はどうするのか?
→描画順を変えてやる。
上から「ライト→ステージ→ライト」の順だったのを、
上から「ステージ→ライト→ライト」に変える。
120704_サボテンPさん_#8_4739_舞台光光
OKを押すと…、

透けるようになる。
120704_サボテンPさん_#8_4753_透過する

描画順の合ってる・合ってないの判断は?
「基本となる描画順」がある。
奥にあるものほど上に、手前にあるものど下に並ぶようにする。
MMD内であれば、「スカイドーム(空)」が一番奥(描画順では上)にする。
次に、街等セットがあり、ステージ等の舞台があり、そのステージのライトがある、という順。

コメント「カメラ移動で順番が入れ替わるときに困る」

「ステージ→赤→青」の描画順、順番通りなのでキレイに描画されている。
120704_サボテンPさん_#8_5313_ス赤青順

カメラが回り込んで、赤が手前(見方がステージ→青→赤)になると、青が見えなくなる。
120704_サボテンPさん_#8_5324_ス青赤に

MMDの仕様上、どうしようもない。
解決策1、コメント「2つとも同じアクセサリなら、一瞬で入れ替えるとか」
解決策2、別カットで撮影(出力)し、編集する。など
(他に、カメラワークでその部分を映さないようにするとか、アクセでなくpmd化しちゃうとか等のコメントも)

※アクセサリ編集でアクセサリの名前を変更できる!
120704_サボテンPさん_#8_5237_アクセ名前変更
(知らなかった弾幕!)
コメント「同じアクセいくつも使う時便利です」
コメント「同じアクセ複数の時は名前つけとくといいですね」


モデルとアクセサリの描画順について

通常は、モデルが最も最初に描画されている。
120704_サボテンPさん_#8_5531_モデルアクセ描画順
モデル(ミクさん)→ステージ→赤→青の順

モデルの描画順を変えてみる。
120704_サボテンPさん_#8_5622_モデルアクセ描画順
ステージ→赤→青→モデル(ミクさん)の順
赤と青の透過部分に、ミクさんが映らなくなった。


どういう時にモデルの描画順を変えるのか?
=透明ファイルを含むpmdモデル、もしくはpmdステージを使う場合に注意する必要がある。

箱ステージ登場!
120704_サボテンPさん_#8_6255_キューブ登場
\デェェェェン!/
透過ファイルを含む、pmdのステージ。

デフォルトの順番「モデル→アクセ(ステージ→ライト赤→ライト青)」の順になっている。
120704_サボテンPさん_#8_6546_描画順
箱の透過部分にステージが映らない。

描画順を変えてみる。
「ステージ→モデル→ライト赤→ライト青」
120704_サボテンPさん_#8_6736_描画順
箱の透過部分に、ステージが映るようになった。

モデルの描画順も変えれる。
120704_サボテンPさん_#8_6844_モデルの描画順

現在は読み込んだ順に「ミクさん→ダミー→箱ステージ」の順。
120704_サボテンPさん_#8_6930_ミクダミ箱

描画順を変えてみる「箱ステージ→ミクさん→ダミー」
120704_サボテンPさん_#8_6939_箱ミクダミ
箱の透過部分にミクさんが映らなくなった。
影だけ残る=影はモデルではなく、MMDの「地面影表示」という機能。

モデルが消えたのではなく、ただ見えなくなっただけ。
120704_サボテンPさん_#8_7020_見えないだけで居る
マイコメント「見えないだけで、そこにミクさんは居るてことねw」良い表現と褒められる///
(コメント「見えないだけで、そこにいる 微妙にホラーな表現ww」 そう言われると確かに…w)


もう1度描画順の復習。
(講座内では、何度も繰り返し実演・説明してくれてます。が、割愛;x;)

ネギ→ライト→ステージの順で描画。ライトの透過部にステージが映らない。
120704_サボテンPさん_#8_7732_描画順復習

奥のモノを上へ並べる。ステージ→ネギ→ライトの順で並び替える。
120704_サボテンPさん_#8_7808_復習並び替え
ライトの透過部にステージが映る(描画される)

ネギとライトは、ネギ→ライトの順なので、正しく表示(描画)されているが、
120704_サボテンPさん_#8_7811_ネギライト

仮に並び替えると(ステージ→ライト→ネギ)、ライトの透過部にネギが描画されなくなる。
120704_サボテンPさん_#8_7831_ネギ消失
ライトが重なるときなど、モデルに持たせてるマイクが消えたりする場合がある。注意。

ここまでは、アクセサリのみの描画順のみ。
モデルの描画順の設定を理解する。

「0番目より後のアクセサリは、モデル描画後に描画する。」
=「0番目より後のアクセサリよりも、モデルは先に描画している。」
120704_サボテンPさん_#8_8104_モデルアクセの描画順を注釈
この状態では、モデルが最初に描画=モデルが一番遠い扱いになっている。

ミクさんには透過部がないので、支障はないが、
透過を含むモデルが入ってきた場合、どうなるか。

再び、箱ステージ登場
120704_サボテンPさん_#8_8146_箱再び
\デェェェェン!/

120704_サボテンPさん_#8_8258_モスネラ
コメント「背景の「白」→(0番目)モデルステージ→アクセサリ類」
コメント「○番目までのアクセサリ→モデル→○+1番目以降のアクセサリ」

「背景→モデル→ステージ→ネギ→ライト」の状態だが、
「背景→ステージ→モデル→ネギ→ライト」に並び替える。
120704_サボテンPさん_#8_8531_スモネラ
モデルの透過部に、ステージが描画される。

さらに並び替える。
「背景→ステージ→ネギ→ライト→モデル」に並び替えると、
120704_サボテンPさん_#8_8630_スネラモ
モデルの透過部に、ネギ・ライトも描画される。
ただし、ライトの透過部にミクさんが描画されなくなる。

通常はこういう状態にはならない。
(例として、複雑な構成にしてみている。)
透過部が正しく描画されない時は、描画順を確認する。

以上。
120704_サボテンPさん_#8_8959_end
ありがとうございましたー!

次回は「MME」とのこと!



1週間と1日遅れの更新となりました…。
本当は、もっと丁寧に補足事項を書き込んで行きたかったんですが、
力尽きました…orz

アクセサリのステータスについて、全然知りませんでした。
サイズ変更や、透過まで出来るなんて。
さらにダミーボーン。言葉自体は良く聞いてましたが、
「アクセサリと対であり、セットで使う」というのは、全然知りませんでした…。

加算合成については、照明系のアクセサリなどではオンにしておくほうがいいかんじなのかな。

描画順についても、なんとなく、その言葉だけは聞いてましたが、
原理を正しく知る事が出来ました。
コメントでは、「眼鏡が透けなかった理由がわかった!」などもあって、
モデルデータでも、眼鏡などに透過処理がある場合は、気をつけないと行けないんだなーと。

んー、後半の描画順についての補足をもっと盛りたかったなぁ…。
文字を手書きするのに、編集の限界を感じます…。
特に文字量が多いと、もう、ね…w
その時々にあった編集方法を、とは思うんですが、
急にデザインが変わると見難くなるんで、調和は取れるようにしておきたいですね。

時間がかかった割には、妥協な出来だけど、仕方がない。
んー、まあ、妥協っていうか、目標ラインがどんどんあがってるだけ、か…w

余力があれば、自分なりの描画順の解説もしてみたいなぁ…。



ということで、次回、というか、今週の初心者講座です。

MME回!

私事ですが、今週の金曜日から、来週の火曜日まで沖縄出張なんですよね…。
で、出張先の宿泊施設に、ネット環境がない可能性が高い…!
MME回の備忘録作る時間があー。
そのまた次回、物理演算の回は生で見れないかもー。

とりあえず、力、尽きた…ヾ(:3ノシヾ)ノ゛
Posted by kazuna_wis18 at 21:30│Comments(0)