世界を旅する歩くパワースポット

秘伝の予言!いずれ海外渡航中止になると脳内に降りてきてから!即、旅に出かけ、世界五大陸制覇!地球一周クルーズ2周、地中海クルーズ2周合計50ヵ国100都市の行列ができるセレブたちとガッチリ出会う。世界遺産や古代遺跡、都市伝説ランクのPSを徹底的に巡り、宇宙からのパワーを体験。 パワースポットを歩きその土地に足跡を残してきた疑似体験をしよう。 神秘体験を通して見た未来、 奇跡をまとめた不思議体験ブログ。 あなたの人生で起こる全ての出来事は あなたを成長させる為に起こる! Live Your Life.感謝

都市伝説

新総理の真相!

 8日の所見発表演説会で菅氏が口にした経歴だ。
ライバルの石破氏と岸田氏は政治家一家に生まれた3世議員。

政界のサラブレッドである。

対する菅氏は、政治とは無縁の貧農に生まれ育ち、
食うや食わずの中で上京し、
苦学して政治の道を志したかのようなイメージだが、それは大間違いだ。

 菅氏が生を受けたのは、秋田県雄勝郡秋ノ宮村(現・湯沢市秋ノ宮)。
父・和三郎氏は南満州鉄道に勤めた地元エリート。
終戦で秋田へ引き揚げた。

「冬には出稼ぎに行く農家が多かったため、
和三郎氏は地域振興のためイチゴ栽培に取り組んだ。
それが見事に成功し、菅家は貧農というより、
むしろ豪農と言った方がいい」(永田町関係者)

 名士となった和三郎氏は雄勝町議を4期務め、
姉2人も大学に進学して教職に就いたという。

菅氏の学歴についても、「夜間部卒」と一部で報じられているが、
実際は昼間の「法大法学部政治学科卒」。"集団就職"も作り話だ。
議員バッジを付けるまで恵まれない環境にあったというわけではない。

風の時代に突入すると?現在のホロスコープ!

占星術講座

以下は、現在のホロスコープです。

これから ♄(土星)♃(木星)♇(冥王星)の3つの星座の塊。

それが、今までの♑(山羊座)から♒(水瓶座)に入るのですね。

今までスピリチュアル系などでは、これから水瓶座の時代だと良く言ってました。

それがまさにいよいよ始まるのですね。
12月末から完全に水瓶座に入る。

水瓶座の時代の特徴としては、フラットな社会。

今まで権威と思われてたものが権威じゃなくなる世界。

だから多分、もちろん政治家もそうですが、
企業のトップ、宗教指導者、貴族、皇族。

今まで上と思われてた権威がさっぱり効かなくなってしまう。

あんた。
わたしん家は、元は有栖川宮ですよ。
元皇族ですよ。

アタスはバチカンの枢機卿です。

どうですか。凄いでしょう。

とかなんとか言っても

は?
だから何?
ということになってしまうのです。

以下は、それぞれの星座のエレメント(性質)を表した図です。
今まで、山羊座の地のエレメントだった。

地というのは固い、固定されたイメージです。

それが、これから水瓶座の風のエレメントになるのですね。

風というからには、自由で動きが速い。
お互いに情報を共有し、隠してたこともあっという間に伝わる。

地から風へ

それがこれから3ヵ月で起こるのでした。

だから多分ですが、
資産もそうです。

今まで上位1%がただ貯め込んで使いもしないかった資産。

何でそんなに1%に偏らせる意味があるんだ?

そんなもの後生大事に持ってないでみんなで使っちゃおう。

資産を使う喜びは享受し合おう。

みんなで共有シェアリングエコノミー。
そういう時代になるのですた。

人の自由を縛る常識や慣習もぶっ壊れ。
誰かが資産や権威をかざして、人をコントロールすることもできなくなる。

フラットになってお互いのネットワークが大事になって来るのです。

ちょっと前にトカナに、こんな記事が載ってました。
ジョーダン・マクスウェルさんというアメリカ人の予言です。

この人も占星術で予言してます。

10月は全世界、全ての国々にかかわる、大規模なシャットダウンがあり、
人類がこれまで経験したことがないほどの政治的・社会的な不安が広がります。
これは政治や政府の問題ではなく、星座の配置の問題ですから、誰にも止められません。

これは、多分ですが、12月末から完全に水瓶座に入る。

その前に今までの権威がぶっ壊れるイベントが起きるかもしれない。
と言ってるんでしょう。

これから3ヵ月は何があってもおかしくはない。
というお話です。

これからの時代。
一時期、カオスになる。

でも、それを通り過ぎた先。

とっても風通しの良い自由な時代になる。
生きてて楽しくてしょうがない時代がやってくる。

前からそういうイメージを持ってるのでした。

本当にありがとうございました。

セレブはUFOを見ている!対処方針決定!

UFO対処方針近く決定へ 河野防衛相“日米連携”強調

Ghost Riponの屋形(やかた)さんのサイトより
https://ameblo.jp/ghostripon/entry-12623758387.html
<転載開始>
UFO対処方針近く決定へ 河野防衛相“日米連携”強調

https://www.youtube.com/watch?v=EYO19eOP4CA


政府がUFOの存在を認めだしました。
その意図は?


「近づかない」「手を振らない」…もしUFOに遭遇したらどう対処? 自衛隊の対処方針も近く発表に
2020/9/9 FNN プライムオンライン
https://news.yahoo.co.jp/articles/1d09c1f2240d10cc9117eb1ade769ce0c458d692


世界各地で目撃される未確認飛行物体

幻想的なオーロラの撮影中に映り込んだ謎の光。場所は南極付近。複数の発光体がかなりのスピードで移動している。

南米ペルーでは、キリスト像の後方に光る物体が、わずかに移動しながら浮かんでいるように見える。

世界各地で目撃情報が絶えない”Unidentified Flying Object"その名も「UFO」未確認飛行物体である。

このUFOを巡って、日本の大臣から気になる発言があった。

ーーUFOについての対処方針について

河野防衛相:
(UFOの)対処方針については、もう間もなくでございます

9月8日の会見で、記者の質問にこう答えた河野防衛大臣。自衛隊機が、万が一UFOに遭遇した場合の撮影や報告の手順に関する対処方針を、近く決定すると明らかにした。

UFOに対する自衛隊としての備え…きっかけとなったのがこちらの映像だ。

米軍パイロット:
見ろよ!飛んでいるぞ!気球じゃないよな?

アメリカ海軍のパイロットが、絶叫しながら撮影した不審な飛行物体。2020年4月、アメリカ国防総省が初めて公開した。

これを受け日本の防衛省は、UFOに遭遇した際どう対処するのかを検討してきた。

「私はUFOをあまり信じていない」4月の時点ではそう話していた河野大臣だったが、9月8日の会見では…

河野防衛相:
先日のグアムでのエスパー長官との会談の中でも話題に上りました。詳細について、つまびらかに申し上げるのは差し控えたいと思います

こう述べ、日米で連携してUFOに対処していく考えを強調した。

もし遭遇した時はどう対処する?

2019年12月には、FNNのカメラも福島県いわき市で謎の飛行物体をキャッチしている。画面左から右へとものすごいスピードで移動していたこの光の正体は、今も分かっていない。

さらに、これは福島市で咲くシダレザクラの前で撮影された写真だ。

白い雲の中に浮かんで見える黒い物体、映像をアップにしてみると円盤のようにも見える。

撮影者は、画像を見るまで気付かなかったと言う。

東北大学航空宇宙工学専攻・桒原聡文准教授:
身元が確認されていないものが、上空に存在するのは危険な状況にいたる可能性がある

では、私たちがそうした謎の飛行物体に遭遇した場合、どう対処すればよいのか?

東北大学航空宇宙工学専攻・桒原聡文准教授:
当然ですけれども、近づかない。落下してきたものがあったとしても、それには触らない。その上で、観測装置が未確認飛行物体に搭載されていて、偵察目的でそこに存在しているということはあり得る。(手を振るなど)積極的に自分の居場所を教えるといった行為が、場合によっては好ましくないこともあり得る

ふと見上げるとそこにUFOが…そうした状況への心の備えはできているだろうか。

「夢のある話だったらいい」

加藤綾子キャスター:
もしUFOに遭遇したら、落ち着いて対処できますか?

別所哲也氏:
できないでしょ

加藤綾子キャスター:
「近づかない」って言われても、向こうが近づいてきたらもう終わりですよね

別所哲也氏:
映画のETみたいな夢のある話だったり、ドラマとかの世界だったらいいですけどね。今の話を聞いていると、未確認飛行物体というのは、未確認軍事機密物体なのかもしれないですしね

加藤綾子キャスター:
8月にアメリカ国防総省も、米軍の航空機などに危険を及ぼす恐れがあるとして、UFOを調査する特別チームを立ち上げました。こうした動きが世界に広がってくるんでしょうか

別所哲也氏:
宇宙開発も進んでいるわけで、ある意味しっかり考えるのは重要ですよね

(Live News it! 9月9日放送より)

9月23日地球滅亡

惑星Xが衝突? 「9月23日地球滅亡説」を、NASAがわざわざ否定

2017年9月23日、「惑星X」が地球に衝突して人類は滅亡する──。そんな噂話が広まってしまったために、NASAが火消しをする事態が発生した。「地球滅亡説」の科学的根拠はまったくないという。

デイヴィッド・ミードとその信奉者たちによると、終末(アポカリプス)が差し迫っているのだという。

聖書の「黙示録」の第12章には、「天に大きなしるしが現れた。ひとりの女が身に太陽をまとい、月を足の下にし、頭には十二の星の冠をかぶっていた」と書かれている。そして2017年9月23日、大乙女座のなかで、惑星と恒星の直列が実現するのだという。月はまさに乙女座の下を通り、人型の上部は水星、金星、火星、さらには獅子座の最も明るい9つの星により囲まれることになる。

また旧約聖書「イザヤ書」第13章では、ある予言が述べている。「見よ、主の日が来る。残忍な、怒りと憤りの日が。大地を荒廃させ、そこから罪人を絶つために。天のもろもろの星とその星座は光を放たず、太陽は昇っても闇に閉ざされ、月も光を輝かさない」

ミードの予言を完成させるにあたって、「ニビル」を欠くことはできない。そう、伝説的な「惑星X」だ。人類を滅亡させるといわれる惑星Xは、地球に衝突し、衝撃は地震と津波を引き起こし、あらゆる生命体を消滅させるだろう──。

この話は気に入っただろうか? これはミードが書いた『惑星X──2017年到来』で読むことができる。もしくは、ウェブサイト「Planet X News」でも掲載されている。魅力的な物語かもしれないが、科学的な根拠は何もない。

だが「9月23日地球滅亡説」がネット上で広まってしまったため、ついに米航空宇宙局(NASA)も火消しのために介入。惑星ニビルの存在が、どれほど蓋然性の乏しい仮説であるかを説明しなければならなくなった。たとえ地球と衝突する可能性のある天体が存在するとして、巨大でそれほど近くにありながら、あらゆる宇宙観測システムを免れていることはありえない、と。

指摘しておくと、ミードは有名な天文学者でも、国際政治学の専門家でもない。経済学と天文学、そして統計学というあまりはっきりしない学歴のあとに、法医学の分野で働き、Amazonで本を出版している。彼の好む議論は、アポカリプス以外では、トランプ大統領に対する陰謀、世界的な電磁気の嵐、科学と聖書のつながりだ。科学者としてはまったくいい評判を得ていないが、彼の本はたくさん売れている

やりすぎ都市伝説ネタバレ!9月18日(金)

さて、今回のワクチンは本当にやりすぎ。

今まで誰も体内に入れてなかった人類初のDNA/RNAワクチン。
まだ一度も世界で承認されたことがない。

このワクチンを打ったが最後、遺伝子組み換え人間になってまう。
一見、人間のようでいて、人間とは違うDNAの生物になってしまう。

何度も言うように専門家も怖いから受けないと言ってます。

 

で、言わんこっちゃない。
先日のニュースですね。
さっそく深刻な副作用が出たようでした。

驚きは、もう既に日本で250人も打ってる。

神経障害が出てるようですが、
打った人は可哀想に遺伝子に取り込まれてるので、
もう元に戻る見込みはないでしょう。

被験者は、わずかな報酬欲しさに治験バイトに参加した人なのかも知れません。

チンパンジーも死んでいたようです。

今回のRNA/DNAワクチンがどう言うものなのか良く分からない人。

専門家が分かりやすい動画を出してくれてます。

カリフォルニアのお医者さんが作った動画のようです。

この人も、厚労省が21年中に承認するって正気か?
と言ってますね。

この動画によると、

なんで従来型の不活化ワクチンじゃなくて、
遺伝子組み替え型なのかというと、
開発期間が短くて済むから。

遺伝子組み替えワクチンは以下のような仕組みのようです。

遺伝子組み換えワクチンの仕組み

コロナの表面の刺(スパイク)の部分の遺伝情報を取り出す。

それを遺伝情報を伝えるmRNAの形にする。

これをワクチンとして人に注射。
mRNAが人の免疫細胞に取り込まれる。

これで人の免疫細胞にコロナと同じ刺(スパイク)が出来る。

これに対して他の免疫細胞が攻撃するように体の中に抗体ができる。

これによりコロナに対する免疫を得られるようになる。

気持ち悪いのは、人の免疫細胞にコロナと
同じ刺(スパイク)を作るところです。

なんで自分の体の中に刺(スパイク)を
作らなきゃならないんだ?
その細胞が体内に増殖して身体中
トゲトゲになったらどうすんの?

とかなんとか素人考えで思ったりしますが。
さっぱり分かりません。

で、RNAワクチンじゃなくて、
DNAワクチンも、やってることは同じ、

違いは、mRNAを使うのじゃなく、

プラスミドという輪っか状のDNAを大腸菌で
増殖させて、人に注射するようです。
体の中に刺(スパイク)を作るのは同じ。

で、今回、副作用が出たアストラゼネカ社の
ワクチンもほぼ一緒。

違いは、刺(スパイク)の情報を
アデノウイルスというウイルスに入れて
それを人に注射するとこ。

とにかく遺伝子組み替え型ワクチンは、
今まで承認例が0件なんだ。

その中のウイルスベクターワクチンだって
エボラの1件だけ承認されただけなんだよ。

それが、今まで承認まで10〜15年
かかってたワクチン開発なのに、
わずか1年あまりで承認するなんて
頭おかしいんじゃないの?

厚労省正気なの?と言ってるのです


現在、ファイザーとか、
アストラゼネカからは日本の人口と同じ数。
1億2千万回の供与を受けることで基本合意してる。

こんなもん広めて正気なのか?
というお話です。

まぁ、遺伝子組み換え人間になりたい人だけ
一本いっときましょう。


本当にありがとうございました。

セレブな生き霊①位

第1位 渡辺直美さん

女性のファンの生き霊の数がものすごいです。

たぶん、僕が大ファンのTWICEのメンバーが、9人総出でかかっても勝てないと思いますよ。それくらい圧倒的な女性支持がありますから。

しかも、霊視させてもらったのが何年か前のことなので、たぶん今ではもっと膨大な数になっているはず。日本にとどまらず、世界的に活躍されてますから、生き霊モテという面では、ほかの誰も太刀打ちできないんじゃないかと思います。

セレブな生き霊④位

第4位 ぺこぱ 松蔭寺太勇さん

ついているファンの生き霊がめちゃくちゃ多いうえに、熱狂的な人の割合もすごかったので、さすがブレイクまっただなかだなって思いました。

でも、一番いいなと思ったのは、松蔭寺さんのことを応援している人だけじゃなくて、“うっすら嫌っている”人の生き霊もついていたこと。

これは僕が霊視を重ねるなかで気付いたことなんですけど、芸能界で長く活躍している方って、うすーくアンチの生き霊がついてることが多いんですよ。まさに、蛭子能収さんがそうでしたし。

それと、松蔭寺さんの魂の“根っこ”の部分を覗くと、マイナス思考でちょっと暗い方だったので、どんなに成功しても調子に乗らずに努力し続けると思うんですよ。一方、相方のしゅうぺいさんは超絶プラス思考で底抜けに明るい方だったので、コンビとしてのバランスも最高ですね。

19年目の9.11の真相!

さて、
今日はあの世界同時多発テロの日からちょうど19年目の9.11。

ちょっと記念に書いときます。

911で印象深いのは、
ツィンタワーからかなり離れた位置にあったソロモンブラザーズビル(第七ビル)。

それも一緒にぶっ倒れたことでした。
なんでこんな離れたとこにあるビルも一緒に倒れるんだ。

それも倒れる20分前にフライング報道してた。

フライング報道したのは英国放送協会BBCです。
倒れてもないのに倒れてますと報道してます。

皆様はユーロダラーという言葉はご存知ですね。

ユーロダラーとはユーロとドルをつなげた言葉です。

ドルと言えばアメリカの通貨ですが。

当たり前ですが、世界の基軸通貨としてドルは使われてるので、
もちろんアメリカ以外の世界中で流通してます。

ユーロダラーとは、要するにアメリカ以外の世界で使われるドルの総称です。

ユーロダラー

ユーロダラーは,1950年代に入って米ソ間の冷戦が激化するのにともない,米ドル資金をアメリカで運用していたソ連・東欧の中央銀行がアメリカによる資産凍結を懸念してヨーロッパの銀行に預け替えたのが起源である。

当時いわゆる〈ドル不足〉に悩むヨーロッパでは,銀行を中心にしてこの資金を相互に融通し合い,その結果,卓越した金融ファシリティを有するロンドン金融市場を中心にして,ユーロダラー市場と呼ばれる一種の外貨資金市場が成立した。

このユーロダラーは、イギリスのロンドンシティで大部分が運用されているのです。

ちなみに、バークレイズ銀行は知ってるでしょうか。
イギリスの巨大投資銀行。

バークレイズ(Barclays PLC)は、イギリス・ロンドンに本拠を置く国際金融グループ。

リテール、ホールセール、投資銀行部門のみならず、ウェルスマネジメント、モートゲージ、クレジットなど幅広いサービスを提供する。

この銀行は、そのロンドンシティで
ロスチャイルドの親戚、ゴールドスミスさんの義理の息子バークレイさんが作った銀行です。


デービット・バークレイさん(1729–1809)

このバークレイさんはロイズ保険で知られる、あのロイズ家の娘さんと結婚しました。

ロイズ保険と言えば、保険会社の保険会社です。
何かが起きれば保険会社は顧客に保険を払わなければならない。
だから、保険会社も保険に入る。

その最終的な保障するのがロイズ保険会社です。
保険の元締めですね。

これはロンドンにあるロイズの本社。

ロイズとバークレイズは同じ会社のようなものです。

で、このバークレイズ銀行はあまり知られてないようですが。
あのリーマンショック後のリーマンブラザーズを買収したところですよね。

で、その後、あのブラックロックに売却しますた。
あのモービディック(巨大クジラ)と言われる世界最大の投資ファンド、
あのブラックロックにです。

 blackrock-bond-plan.jpg

このバークレイズ銀行の取締役に、
カーリド・ビン・マフーズという人がいました。

この人の実の妹が、あのウサマ・ビン・ラディンさんの奥さんです。

こういう話をすると陰謀論とかなんとか多くの人は揶揄するのですが、
真実を報道しないから陰謀になってるだけで、

真実論。
正しい歴史論です。

普通に調べると出て来ます。
どこらへんから911の指令が出てるのか
分かりそうなもんでしょう。

そう。
報道とは、911の頃から、何も変わってない。

BBC放送が倒壊前の20分前からフライング報道する。

ということは、アメリカのみならずイギリスまで。
メジャーメディアは全部押さえられてる。

あの頃から現在まで構造はさほど変わってない。
奴らがその気になれば、ただの風邪もパンデミックにできる。

今日は、そのような世界に我々が生きてることを再確認する日です。

本当にありがとうございました。

※この記事は書き過ぎたのですぐ消すかもしれません

投資の世界にもジンクスがある?アノマリー現象とは?

アノマリー現象とは

アノマリー現象とは

マーケット(相場)の動きを予想することは、プロでも難しいことです。
ただし合理的な説明はできませんが、良くあたる経験則がマーケットにはあります。
それが「アノマリー現象」です。

例えば、「ジブリの法則」といわれるアノマリー現象は、
金曜ロードショーでジブリ作品が放映された翌週の月曜日は、
株や為替が大荒れになるというものです。

おそらくこれは金曜ロードショーが金曜日だという点と、
ジブリ作品が放映されるのが夏に多い点がポイントだと考えられます。

アメリカでは毎月第1金曜日に、雇用統計の発表があります。
雇用統計は、今後の景気を予想する際に重要になる指標です。
この発表により相場が上昇したり、下落したりすることは良くあることです。

また、「夏枯れ相場」といわれるように、
夏は季節柄、相場のパフォーマンスがあまり良くない年が多いようです。

日本では「ニッパチ」、つまり2月と8月は昔から飲食店や小売店で売上が落ちる時期であり、
株式相場も閑散としています。アメリカではほとんどの人が夏休みを取るので、
夏は市場参加者が少なくなり、取引量も減ります。

その結果、ちょっとしたネガティブなニュースがあると普段以上に反応して下落しやすいことが、
「夏枯れ相場」といわれる要因と考えられています。

このように、ジブリが直接的にマーケットに影響を及ぼすわけではないですが、
過去の経験則や季節性によりあたるといわれているのが、アノマリー現象です。

1年を通した具体例

季節性で見れば、実は1年を通してアノマリー現象は起こっています。
ここでは具体的にご紹介します。

1月効果

「ご祝儀相場」とも呼ばれる1月のマーケットは、上昇傾向にあるといわれています。
クリスマス以降年末にかけてと、年始の立ち合いである大発会(その年の取引初日)は、
ご祝儀を含めた買いが入りやすくなるためです。

2月、3月「節分天井彼岸底」

節分で株価が天井(高値)をつけ、その後は調整が続き、3月のお彼岸で底をつけるというものです。
1月効果による期待先行の相場が節分で一服し、企業の決算が集中する3月は、
大きな金額を運用する機関投資家の利益確定の売りが多くなる傾向と考えられています。

考え方は納得できそうですが、実際のマーケットとはあまりリンクしていないようです。

4月効果

日本が新年度を迎え、株価が上がりやすいといわれています。
機関投資家の新年度でもあるので、買いが入りやすく、
3月に売られた資金が戻ってきやすいとも。

5月「セルインメイ」

「Sell in May」つまり「5月に売って相場から離れなさい」という、
昔からアメリカにある相場の格言です。
5月に高値をつけて、夏にかけて相場は下がりやすいといわれています。

7、8月「夏枯れ相場」

前述の通り、海外では夏休みを取り避暑地で過ごす慣習があることや、
日本ではお盆があるため、市場参加者が少なくなり、
1年のなかで一番取引量が少なくなるのが夏です。
6月で株主総会なども一巡し、政治的なイベントも少ないことで、
積極的に売買する理由が見つからないというのが夏枯れになる理由と考えられています。

10月効果(ハロウィン効果)

10月は株価が下がりやすいといわれています。
10月31日がハロウィンの日であることから、「ハロウィン効果」とも呼ばれます。

過去、
1929年の世界恐慌で株価が下落したブラックチューズデーは10月29日でした。
1987年のブラックマンデーは10月19日。
2008年のリーマンショックでは、10月28日に日経平均は一時6,000円台(26年ぶり安値)を
つけるほど下落しています。

相場は大きく動くことが多いですが、この時期に買うことでパフォーマンスが上がるかもしれません。

12月「クリスマスラリー」

クリスマスシーズンは株価が上がりやすいというアノマリーです。
アメリカでは年末5営業日から新年の第2営業日までは株価が上昇しやすいといわれています。

最後に、「二日新甫(しんぽ)は荒れる」というアノマリーがあります。
二日新甫とは、その月の取引初日が1日ではなく、2日から始まる月のことです。
このアノマリーは、根拠や背景がなく、過去の経験則からいわれているアノマリーです。

こう見るとアノマリーにも、説明を聞けばなんとなく納得できるものと、
まったく根拠がないものと様々ですよね。

アノマリー投資は投資家も活用

アノマリー投資は投資家も活用

アノマリーを基にした投資は、合理的な説明ができなくても、
過去の傾向や市場のサイクル、季節性に基づいているからこそ、
参考にしている投資家も多いようです。

特に5月は、「今年はセルインメイかどうか」と、毎年話題になります。
結果はあたる時もあれば、もちろんはずれることもありますが、
参考にしている投資家が多いのは事実です。

またマーケットの参加者には、
大きなお金を動かすプロの投資家(機関投資家やファンドマネージャー)がいます。
このプロの投資家は、相場が良い時も悪い時も運用を続けなければいけません。
顧客に結果を報告しなければいけないため、
どうしてもカレンダーに左右されるということも考えられます。

一方、個人の投資家は、自分の好きなタイミングで投資ができます。
アノマリー現象を信じて投資をするのも、一つの方法かもしれません。

実際、アノマリー投資を実践する投資家たちは、市場のサイクルは繰り返されると考え、
歴史を参考に売買します。
10月や11月に買って、4月や5月に売ることで、ほとんどの年で利益を出して、
リスクを減らすことができるという投資法は、良く聞く話です。

ただし、投資すべき金額の大きさは前年の動きによります。
直近で大幅上昇していれば、少し様子見する必要もあるでしょう。

アノマリーを意識すれば、マーケットの動きを読みやすくなり、
あらゆる投資判断に役立つ可能性があります。

理論だけではない投資は、とても興味深い世界

理論だけではない投資は、とても興味深い世界

投資をしようと考えた時は、もちろんある程度の投資理論を知っておかなければなりません。

株式であれば、企業の株価収益率や純資産倍率などのファンダメンタルズ分析や、
株価の動きを見るテクニカル分析は知っておいた方が良いでしょう。

しかし投資理論を知っている人すべてが、利益を出せるわけではありません。
様々な要因が絡み合って、思いがけないことが起こるのが相場です。

またアルゴリズム取引が普及しているとはいえ、マーケットを形成しているのは、人間です。
もちろん株や債券の取引を行うトレーダーたちもお昼ご飯を食べますので、
正午から午後2時くらいまでは株価が横ばいになることが多いともいわれています。

週末の金曜日には、休みの間に何か悪いニュースがあっても売れないので、
手じまいの売りの動きが入るということもあります。

このように人間の行動や心理に照らし合わせて考えた場合、
過去の経験則であるアノマリー現象はあながち間違っているともいえません。
投資判断の一つになることには、間違いないでしょう。

アノマリー通りに売買すればうまくいきそうですが、その通りに動かないのも相場です。

どちらにしてもどのように動くか分からないからこそ、投資の世界は面白いのかもしれません。

まとめ

「投資」と聞くと難しく考えがちですが、アノマリー現象の話を聞くと
なんとなく身近に感じることができるのではないでしょうか。
どんなことでも過去を知ることは大切ですよね。
アノマリー現象は、過去の経験則からのアドバイスだと思い、
これから投資を始める人も、ぜひ参考にしてみてください。

2050年の未来予測!30年後の日本はどうなっている?

世界全体の人口は100億人超へ
2大勢力は米中

DESA(国際連合経済社会局)より人口開発に
関するデータ解析結果が発表されています。
DESA発行の「世界人口推計2019年版」
データブックレットを見てみると、
2050年には人口が94億人から101億人まで
増加すると予測されています。

2020年の人口が約77億人ですので、
今後30年で最大24億人が増加するということです。
この人口増加のほとんどは開発途上国、
具体的にはサブサハラアフリカ(サハラ以南)
などアフリカで起きるといわれています。

また、2050年までに増える人口の半分は、
インド、ナイジェリア、パキスタン、
コンゴ民主共和国、エチオピア、タンザニア、
インドネシア、エジプトそして
アメリカの9ヵ国が担うと予測されています。
先進国はアメリカのみが増加し
、一方でヨーロッパの人口は縮小傾向となりそうです。
日本の人口もヨーロッパと同様縮小傾向です。

人口の増加は経済の活性化をもたらします。
いわゆる「人口ボーナス」と
呼ばれるものです。ではアフリカ地域で
めざましく経済成長があるのでしょうか?
みずほフィナンシャルグループの
Oneシンクタンクによる
「2050年のニッポン」レポートでは、
サブサハラアフリカ、
アフリカ諸国の本格的な成長は2050年以降に
なるだろうと予測されています。

では2050年ちょうどに世界の経済リーダーは
やはりアメリカでしょうか?
GDPに関していえば、多くの分析結果では中国がトップ、
ついでアメリカとなりそうです。
ただし差は僅かで、この2国が
拮抗するといわれています。そのほか、
インド、ロシア、ブラジルが影響力を
強めるとされており、
現在の勢力地図とはかなり異なってきます。

2050年の日本の姿
 人口減少と高齢化

では2050年の日本はどうなっているでしょうか。
多くの分析に共通していること、
それは現在に比べて国力が低下しているということです。

2020年現在、日本のGDPは世界第3位です。
しかし、2050年には日本は4位あるいは
7〜8位にまで順位を下げているだろうと
多くのコンサルティングファームや
シンクタンクが予測しています。

その要因として、人口減少と高齢化があります。日本の場合
、高齢化へのスピードは他国に先駆けて非常に早く、
2042年頃に高齢者数がピークになり、
東京都民の3人に1人は65歳以上になります。2050年前後には
日本全体の人口は1億人を割り込むと考えられています。
そしてアジアのなかでの高齢化率は日本がトップとなります。

このような状態のまま、2020年現在すでに
問題が見えている人口増加を前提にした
社会制度(国民皆保険や年金制度)は、
現在と同じ形での継続は難しい状況と
なっているのではないでしょうか。

前述したレポート「2050年のニッポン」では、
2020年代からマイナス成長が
常態化した場合、2050年の債務残高GDP比は約500%まで拡大し、
「皆保険制度や年金制度の維持は困難に」としています。

2050年の日本社会に
合わせて必要な3つの変化

未来想像WEBマガジン

人口減少、高齢化により社会制度の変革が必要となる2050年に向けて
必要な変化とはどのようなものが想定されるでしょうか?

社会資本の高齢化問題を
解決する
コンパクトシティの実現

高齢化は人間だけではなく、
社会資本(インフラ)にも訪れています。
水道管や電線、橋脚、道路。
税収も低下している状況で老朽化した
これらすべてを刷新していくのは
難しいのではないでしょうか。

このようななか、進むであろうと
予測されているのはコンパクトシティ化と、
それに伴うモビリティの最適化です。
人々が広いエリアに分散して暮らしていると
行政サービスもインフラ整備も大変なので、
ある程度集約することで
効率化をはかるのがコンパクトシティの考え方です。

街の規模が小さくなれば、
交通インフラもコンパクトですみます。
コンパクトシティ化が進むことで
個人の車所有はなくなり、
カーシェアやレンタルが主流となるでしょう。
つまりこれは、
自家用車を持つ時代から、
カーシェアの時代へと変化することを意味しています。

社会構造に合わせた
医療技術の進化

前述の「2050年のニッポン」レポートでは、
医療技術の進化によって、
疾病予防や予測を中心とした先制医療、
発病してからは再生医療やバイオなどを
活用した高度医療が現在より進み、
健康寿命が延伸。ほぼ寿命と健康寿命が
一致するようになり、高齢でも活躍できる
時代が来ると予測されています
(ただし同レポートのこの予測は、
30年後に“こうなっているべき日本”の未来像であり
、逆にすべての問題を先送りした場合には
、現在国が取り組んでいる病院の
機能分化や地域包括ケアシステムの普及な
どだけでは医療制度、介護制度の維持は困難で、
健康寿命は延びず、介護需要は
増大するとされています)。

学び直しつつ働き
続けるリカレント教育

日本が良い方向へ進んでいた場合、
例えば興味のある学問を学び直しつつ働き続ける
リカレント教育も盛んになるでしょうし、
高齢層も採用のターゲットとして
重要な位置を占めてきます。

リカレント教育は、AIやロボットの
台頭で多くの職業に人間が関わらなくなることと
関係しています。コンピュータにはできない、
専門性が高くクリエイティブな
仕事をするためには、
学び続けることも必要になるわけです。
そして、学ぶことは何歳であっても
喜びをも与えてくれます。

健康寿命の延伸=
活況を見せるのは
健康産業

長くなる健康寿命に呼応して、資産形成、
ファイナンシャルプランの設計が
今以上に重要になるでしょう。
「2050年のニッポン」レポートでは、
「健康行動に連動した金融商品や認知機能低下者へ
の資産運用支援などの新商品開発等」が
重要となり、「運用資金の一部をヘルスケア
領域に振り向けることで、
健康需要の延伸と資産形成の両輪を後押し」
することが理想としています。

資産形成や投資の対象も今とは形を変えそうです。
健康で長生きするための資産形成。
それに付随する産業。ここに伸びしろがありそうです。

もちろん、資産形成は現時点からも重要です。
厚生労働省が2019年に発表したデータでは、
日本の平均寿命は女性87.32歳、男性は81.25歳。
今後はさらに伸びることが予測されますので
、将来に備えた資産形成は不可欠と言えるでしょう。

ライフステージにより、どのような
ライフイベントが生じ、その際にいくら支出があるか……。
現在30代であれば、マイホームの購入や
子どもの学費などが最優先されますが、
2050年に子どもたちが独立し、
自身も今までとは違う仕事スタイルを
選択するようになったときのことを
想定しておきましょう。

補足:新型コロナ
ウイルスによる影響は?

未来想像WEBマガジン

しかし、予測にブレが生じるような
事態が起こりうることも
認識しておく必要があります。
例えば新型コロナウイルスは、
これまで30年後の世界を予測する
際に加味されていませんでした。

新型コロナウイルスは世界中の人の
生活を変え、経済を停滞させました。
IMF(国際通貨基金)の経済顧問兼調査局長
ギータ・ゴピナート氏は、
新型コロナウイルスによる現状を
「各国が感染拡大防止に必要な隔離や
社会的距離確保の対策を実施するなか、
世界は『大封鎖』と呼べる状況に置かれている」とし、
「今回の危機はほかに類を見ないものであり、
人々の命や生活に及ぼす影響にも
大きな不確実性がともなう。(略)
この大封鎖が終わったときに
経済の様相がどのように変わっているか
、相当な不透明感がある」としています。

新型コロナウィルスは2020年6月現在でも
未だ感染の勢いは止まらず、
いったん収束に向かっても第2波、
第3波が起きた場合に世界全体に
どのような影響があるのか、短期で終わるのか、
長期に及ぶのかも予測できない状態です。

今後も新型コロナウイルスを始めとした
未来に影響を及ぼす可能性のある
事象に気を配りながら、
時代を先読みしていきたいですね。

記事検索
↓↓億万長者になる方法↓↓
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
market
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ