2008年03月02日

八幡平樹氷ツアー

モンスター

八幡平頂上付近の樹氷です。人の3倍はゆうにある、まさにモンスターの姿です。

今日、八幡平樹氷ツアーが行われました。
今年の冬、一番楽しみにしていたイベントに念願叶って参加することができました。

冬山を3時間以上もスキーで登り、しかもテレマークスキーや山スキーははじめてということで、多少の不安はありましたが、不安よりもまだ見ぬ八幡平の樹氷への期待が大きく、ちょっとした冒険心に後押しされてのツアー参加でした。

結果はというと、体中で八幡平の冬を体感し、多少ハードがゆえに、感動の大きいツアーでした。

ツアーは、昨日、政子姫が紹介した標高約900mの八幡平大沼を出発し、秋田八幡平スキー場のリフトを利用し、蒸の湯を通って八幡平山頂へ向かいました。

山頂へ

八幡平の8合目の田代沼付近から樹氷群が広がり、その樹氷群の中を縫うように、頂上を目指しました。

山頂へ向かう道中は、頂上に向かうにつれ、時折吹雪交じりの天候となり、少なからず冬山の脅威を感じさせられました。


樹氷

頂上近く、吹雪の合間に晴れ間がのぞいた時に、なんとか撮影できた樹氷です。

天候と、不慣れなスキーで写真撮影がままならず、雄大な樹氷の姿をうまく伝えられないのが残念です。

 

山頂へ2

頂上

登ること約3時間、ついに到達した八幡平頂上です。

頂上を記す標柱もすっかり雪に覆われていました。

 

山頂近くの山小屋で昼食後、ツアーは帰路、山を下りました。下りはじめて間もなくは強風が吹き、ただ歩を進めるのが精一杯という感じでした。
鹿角の里は、日中穏やかな天候に恵まれたようですが、標高1500mを超えるの頂上付近は、まさに別世界、変わりやすい天候、冬山の猛威も身をもって経験できました。これもいい体験。

樹氷2樹氷群それも8合目まで下ると、天候も落ち着き、晴れ間が広がるなか、樹氷もくっきりとその姿を見せ、遠く鹿角の里のほうまで望む眺望が広がりました。


下りは約1時間半、厳しくも楽しく、普段は経験できない感動につつまれた八幡平樹氷ツアーを踏破することができました。
このツアーは、実は前日の夕方からはじまっていて、大沼温泉で結団式・交流会を行って翌日の登山に臨むもので、こういった参加者の交流や、もちろん温泉を楽しむことができるのも、また魅力の一つです。
いわば、登山、樹氷、温泉、交流と、冬の八幡平をまるごと満喫できるツアーです。今年は終わったばかりですが、来年も是非、です。

八幡平は、これからアスピーテラインの冬期通行止になっていた区間の除雪がはじまり、道路開通によって八幡平は春をむかえ、八幡平の頂上も身近になります。
それによって多くの人が気軽に八幡平を訪れることができるようになりますが、道路開通前の冬の間に、こうやって自らの足で冬山を登って頂上を目指すことも、大自然の魅力を体いっぱいに感じることができる一つの醍醐味だと感じました。
充実した貴重な冬の一日でした。


こちらもクリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングに参加しています。
1日1クリックで応援してください



トラックバックURL