2009年04月30日

21年度の観光ブログ始まります

皆様、大変長らくお待たせいたしました。
平成21年度の鹿角のブログ始まります。
今年度もよろしくお願いいたします。

たんぽ小町ちゃんとゆかいな仲間たち一同
下記よりアクセス!
http://blog.livedoor.jp/kazuno2009/

kazuno2008 at 16:35|PermalinkTrackBack(0)

2009年03月31日

来年度も♪

両手-2今日は3月31日。
平成20年度も本日で終わりです。

先日のだまっこくんから「締め」を仰せつかりました、たんぽ小町ちゃんです
このブログのタイトル「たんぽ小町ちゃんとゆかいな仲間たち」にもあるように、そうです私が今年度の最後を飾る責務がございます(・∀・)つ

・・・というワケで、今年度最後のブログはどうしようか、いろいろと悩みましたが、やっぱり私たんぽ小町ちゃんの気持ちを仲間に伝えたいと思いました
併せて、このブログをご覧くださったたくさんの方々への気持ちも。



という事で、思えば約1年前、4月に新たな仲間も加えた合計14名でスタートしたこのブログ。
「鹿角をPRしたい」「いろいろな情報発信したい」とここまでやってこれました。

確かに、このブログのために「ネタ集め」を強いる形になってしまいましたが、「ネタ集め」と言えば義務的で、結果として些細な鹿角の魅力にも視線や意識が傾くようになって、本当に鹿角の良いところ、残念なところ、いろいろ発見を得られたハズ。・・・とそのご協力に感謝しつつ、恩をきせたい(笑)たんぽ小町ちゃんです。

kiri_03-1林檎おじさん・・・林檎等の農作業や音楽、スポーツと各種大会、イベントをいろいろな視点(パパ目線?!)でご紹介くださいました。
酒仙人・・・インテリな雰囲気の投稿、たんぽ小町ちゃんはお気に入りでした。9/16の投稿、時々読み返します。
山菜長老・・・写真は?!というツッコミを入れたい投稿が今年は多かったですが、たんぽ小町ちゃんはそれがなかなか難しかったことを良く知っているつもりです。
温泉たまごちゃん・・・と言えば「中滝」。「中滝らぶ」の気持ちがいつも本当に深く伝わる投稿でした。
北限ピーチ姫・・・姫と呼ぶにふさわしい「特別」感のある投稿が印象的でした。今年は温泉ネタが少なかったかな?でも行動力の高さがうかがえる投稿、さすがです。
しぼり大根おじさん・・・相変わらず「おっ」と目を奪われる写真。心に染みる文章。しぼり大根おじさんの撮影した写真は鹿角の観光PRでも活用させていただいております。
けいらん先生・・・年度途中での離脱はやむを得なかったとして、何でも楽しんでやろうとするお姿、投稿、さすが先生!でした。
ブルーベリー嬢・・・いつも丁寧で絵文字満載の「伝わる」投稿でした。私たんぽ小町ちゃんより優しい柔らかな雰囲気の投稿が多かったような気がします。
あきたフキおばさん
・・・いつの間に?!と感じさせるほど、取材にあっちこっち出向かれていましたね。あきたフキおばさんの写真は思わず「おぉ〜」とため息が出るものばかりでした。
ほるもん坊や・・・たくさんの「美味しい」投稿、初の動画投稿、いつも詳細まで報告してくれるイベントの数々。もう「坊や」とは呼ばれないくらい、レベルは高いところにあると思います!
ベコたん・・・きっとこのブログの訪問者の大半は、ベコたんのレシピを楽しみにしていたのではないか?と思うくらい、そして「ベコたん、そんなにお酒飲んで大丈夫?」と若干心配になるくらいの投稿、ホントによかったです!
八豚親父・・・いつもディープな投稿、すごいなーって尊敬してました。何事も深く知る事で自分も豊かになっていくんだ、という事を八豚親父の投稿から教えてもらいました。
そしてそして
だまっこくん・・・だまっこくんの第三者的な視点が「常に視野は広く持つ事」を忘れがちな私に本当に気付きをくれました!だまっこくんのようにできる限り客観的に鹿角を観て、そこにあるたくさんの鹿角の魅力一つひとつを丁寧にPRしていきたいと思います

本当に13人の仲間達に心から、「ありがとうございましたと、「お疲れ様でしたと、「また今後もよろしくお願いいたしますを伝えたいと思います

kiri_05-1そして、このブログを毎日、時々、極稀にご覧くださいました、皆々様

「えっ?今日の投稿はこんなん?!」と思われる日もあったことでしょう・・・その点は深く深くお詫び申し上げます

でも私とゆかいな仲間たち14人は、それぞれの視点、感性で鹿角愛を発信してきたつもりです。

少しでも皆様の気持ちに「鹿角っていいところだね。」とか「鹿角にいてラッキーだな。」とか「知らなかったわぁー」とか「行ってみたいね、鹿角。」とか感じていただけたら14人、幸せです。

応援してくださった皆さまに心から「ありがとうございました「またぜひご覧くださいを届けたいと思います。




たんぽ小町ちゃんsそーしーて

来年度・・・と言っても若干の春休みをいただきまして、ドーンとまた鹿角の魅力発信ブログを立ち上げますので、どうぞお楽しみに

またこのページで新ブログ情報をお知らせいたします

それでは、ぜひ引き続き応援をよろしくお願いいたします



<ちょっとの間、お待ちくださいね〜
















kazuno2008 at 19:27|Permalinkたんぽ小町ちゃん | 鹿角情報いろいろ

2009年03月30日

ありがとう鹿角

あと2日で4月1日新年度の始まりもすぐそこです一面真っ白だった田んぼもすっかり雪解けが進み、各農家では耕起のためのトラクターの準備や種まきへの準備がハウス内で進んでいるようです。こんにちはだまっこくんです

 

明日はたんぽ小町ちゃんが本年度ブログの最期の大酉を飾ってくれるかと思いますが、その前座でご挨拶申し上げます

 

縁あってたんぽ小町ちゃんのお隣に2年前にやってきてお仕事をさせていただきました。昨年春からは「ブログも書いて下さい」とお願いをされ、快く引き受けさせていただきました。そして今日を含めて26本の投稿をさせてもらいました。広い鹿角、探せば沢山ご紹介できることがもっとあったと思います。もっと知らない宝物を発掘できたと思います。そこは他に仕事を抱える身、でもそれなりに鹿角の魅力をお伝えできたかな。

 

うまカレー
そして沢山のイベントをお手伝いさせていただきました鹿角の観光シーズン到来を告げる「八幡平山開き」をはじめ、花輪商店街を会場にして行われた「男女で作るうまカレー選手権」や「サマーノルディックスキー街中イベント」、そして先日行われた「第27回春を呼ぶ花っこ市&第3回全国10トンダンプひっぱり選手権サマノルでは司会を仰せつかり、声が枯れるまでMCを務めさせてもらいました。本職と思っていた人が沢山いたのが楽しかったです。

 






鹿角は食も豊富です。ベコたんのお酒紹介しかり、北限ピーチ姫のラーメン紹介、ホルモン坊やのイタリアン、スイーツ、だまっこ自身も自信をもってご推薦したい「かづの牛」かづの牛カルビや「花輪ホルモン」等々。合併で今では小さい方の規模になってしまった市においてこんなに外に発信できる食材があるところをだまっこは他に知りません。ホルモン

 

ワンタン麺








何より温泉だまっこは「大湯温泉」の共同浴場の大ファンでした。全国でも地元の皆さんが日常使用している共同浴場を外来のお客様に開放しているのは珍しいんですよ。そして170円で入れるあの熱い熱いお湯。絶対に他では味わえない風情です。今回、家族で温泉を楽しもうと宿泊した場所も「大湯温泉」でした

 
後生掛火山風呂
この他にも「湯瀬温泉」、そしてまだ雪に閉ざされている「蒸けの湯」や箱蒸し風呂を堪能した「後生掛温泉」など、それぞれ効能が異なる素晴らしい温泉が点在しています。

 





茶釜滝
本当に書ききれないくらい「宝物」がある鹿角です。そして何よりもだまっこにとって一番の宝物は「夜明島渓谷」で明かした一晩朝に1人で急な梯子を登って見に行った「茶釜の滝」の素晴らしさ、「雲上の滝」の繊細さ。

 

焼山もう1つ、後生掛から秋田焼山を経て玉川温泉へ下るルートの標柱設置で訪れた焼山直下の湯ノ沢で入った天然の硫黄温泉。川がそのまま硫黄泉になっているあの場所は再び訪れたいスポットです。

 

春夕日今回、鹿角を離れ、たんぽ小町ちゃんファミリーとお別れしなければいけませんが、本当に惜別の念でいっぱいです。

花輪ばやし
毛馬内盆踊り







でも、どこにいってもだまっこは鹿角の人の温かさ、花輪ばやしの雄壮さ、毛馬内盆踊りの幽玄さ、そして人がそこに存在しなくても滔々と流れる湯ノ沢の硫黄泉の匂い、水霧を立ち上げて流れ落ちる茶釜の滝の轟々とした音を思い浮かべて「鹿角を想う」ことになるでしょう。

 

ちびだまっこも大好きだった鹿角。この1年間、本当にありがとうございました

花輪全景茂谷山夕日夕景
 







皆さんも「いざ鹿角へ」。



kazuno2008 at 10:06|PermalinkTrackBack(0)だまっこくん | 鹿角の春

2009年03月28日

今日から休日の高速ETC料金が1,000円に♪

大湯環状列石今日の鹿角は、昨晩からの季節外れの積雪で一面の雪景色になりました
せっかく雪が解けて春を感じられるようになってきたのに、急に冬に逆戻りしたようです

今年の冬は週末に限って天気の悪い日が多い気がしましたけど、なんだか最後まで続いてしまったようですね

ところでこんな週末からですけど、ついに今日から高速道路の「ETC休日特別割引」が始まりました

今日の鹿角八幡平ICこれはもうみなさんご存知と思いますけど、高速道路を休日にETCを利用して走ると、料金が最高1,000円に割引されるという大変お得な制度 
もちろん、東北地方の高速道路は今日からすべて適用されますよ

例えば極端な例ですけど、東北自動車道で川口JCTから鹿角八幡平ICまで来ると、通常料金が11,850円のところ、休日ならなんと1,000円で来れことに (ガソリン代はもちろん別にかかりますけど)

ちなみに通常料金2,000円未満の短い区間では半額割引になりますよ

今日の十和田IC
大変お得な制度が始まりましたので、今年はぜひお車で鹿角までおこしくださいね

ところでこのETCですけど、最近、開閉バーの開くタイミングが遅くなりましたので、通行の際はしっかり減速するようにお気を付けくださいね
(←今週末は混雑を予想してか、このように注意喚起のために人が立っています


それと鹿角・小坂地域では、この割引制度が始まったことを記念して、 「十和田八幡平黄金歴史街道 高速道路のETCカードトク得キャンペーン」を実施します

omoteura



←クリックしてチェック












鹿角地域の協賛いただいた観光施設や温泉、宿泊施設等でETCカードを提示すると、割引やサービス等の特典が受けられるお得なキャンペーンですので、ぜひご利用くださいね (詳細は3月30日に発表されるようです。)



kazuno2008 at 11:56|Permalink鹿角情報いろいろ | ブルー・ベリー嬢

2009年03月26日

鹿角の酒 「大吟醸 鏡田」

ふと暦に目をやるともうすぐ弥生も終わり、早くも卯月になろうとしています

のどかな鹿角市にも ようやく春の足音が・・・

うぉい∑(゜д゜ ) 今日3月26日だぞ!?

<撮影日 3月26日

( ゜ω゜ )!!

ああ・・・春の足音が掻き消えていく・・・

春の訪れは、もうちょっと先になりそうですね



とはいえ、積もる雪を疎んではいけませぬぞ
何しろ、この雪が溶けて伏流水となり、
鹿角市の貴重な水資源となるのですからね<ソウダヨ!?

そう考えるとありがたいじゃないですか、雪<ソウダベ!?

何しろその豊富な水があるおかげで
十和田湖は豊かに水をたたえられるわけですし
八幡平は青く萌えるわけですし

そしてなにより美味しいお酒ができるわけですし


美味しいお酒は鹿角の宝、日本酒係のべコたんですオッス!!
いやあ、酒どころに生まれてきてほんとによかった

酒どころの条件は、やはり美味しい水と美味しいお米、これでしょう
幸い鹿角市はどちらもそろっています、オラの理想の酒どころです

ところで米といっても、日本酒に適しているとされているのは酒造好適米、
いわゆる酒米ですね
(食用の米に比べて中心にでんぷんが多く、タンパク質が少ないのが酒米)

もちろん、酒どころ鹿角市でも酒米は作られております

そのうちの一地域に、花輪地区の鏡田というところがあります

鏡田は立派な田園地域で、風の凪いだ初夏には水を張った水田が、
まるで巨大な鏡のように空を写しているところを見ることができます
(おおっ、まさに 「鏡田」

秋には黄金色の稲が頭(こうべ)をたれ、風に吹かれるその様子はまさに稲穂の波
鹿角のステキな田園風景を楽しむことができます。

今日はその鏡田にちなんだお酒をご紹介させていただきます


鏡田は赤く燃えている!
いかがですか、この威風堂々とした風格

赤地に黄金のコントラストが美しい

大吟醸 鏡田
(醸造元:かづの銘酒さま)
まるで 豊かに頭をたれる黄金色の稲穂を、峰々に沈む夕日が浮かびあげたようです



シンプルながら技が冴える御姿シンプルだけど力強いラベルもいいですね
「美酒」 という冠はよく付きますが
「美田」 と付いているのはなかなかお目にかかりません
田んぼにかける思いが伝わるいいネーミングです

世界で一番幸せな瞬間
おっとっとっと・・・
ビールでも日本酒でもウィスキーでもワインでも・・・
この瞬間が一番わくわくしますよね



立ち昇る吟醸香には魔性の魅力があると思う。ぐい呑みに注ぐと、花でも生けたかと
言わんばかりの吟醸香・・・

綺麗に澄んだ 鏡田 は、凪いだ水面を
たたえる鏡田地区の水田を思わせます

よくワインを 「液体のルビー」 なんて言いますが、よく澄んだ日本酒はまさに 「液体のダイヤ」 といっても言いすぎではないと思います

実はこの取材の前に、友人がこの 鏡田 を持っているのを目ざとく見つけ、
拝み倒して飲ませてもらったことが一度だけありました。
あのときはあまりに美味しくて、味わいもせずカッパカパ飲んでしまいました。
今にして思うと大変惜しいことをした・・・

今回はゆっくり味わいながら飲もうと心に決めました

胸ときめかせて一口・・あああ・・・美味しい
昔飲んだ記憶と感動が甦るようです・・・

やっぱり美味しいです、 鏡田 ! グラマラスな吟醸香が官能的ですらあります
アルコール度数が幾分高いようですが、むしろ高い方が美味しいですね

言葉で言いあらわすのは難しいので、皆様是非飲んでみてください
オラのオススメです

(これはオラの定番な鹿角お土産になりそうな予感・・・



してなぜ 鏡田 と銘打っているかというと・・・
おお、こんなところに地産地消

このように、このお酒の原材料である
「秋田酒こまち」 が
鏡田で作られていたからなんですね
うーん、一口ふくめば初夏の鏡田が見えてくるような、そんな気持ちにさせる日本酒です





お酒は二十歳になってから
酒飲みの仁義を守って楽しく適量を
飲酒運転はダメ、ゼッタイ






おまけ

はじめは美味しくスルスルと飲んでいたのですが、
何も食べないで飲んでいたらおなかがすいてきました

鹿角のPRも兼ねて、何か鹿角産の食料はないかな〜と
家中を物色してみるも、こういうときに限って何も出てこない・・・

と、あきらめかけた矢先、
「ベコたんは大豆を手に入れた!」 
あ  あった

鹿角は草木地区で作られた大豆を見つけました。なんてマニアックなチョイス。

ですが一度やると決めたら適度にやる男、ベコたんです

いくらなんでも渋すぎる酒肴チョイス
大豆炒りましたとも!いわゆる炒り豆ですね

それに 小坂町に住んでいるオラの伯母ベコが作っている、牛馬長根みそをちょこっと盛りました




ふだん 「ベコたんって親父くさーい」なんてよく言われますが
↑の写真を見ると少なくとも
「親父というより野武士だな・・・」 としみじみ思いました・・・



kazuno2008 at 19:14|PermalinkTrackBack(0)ベコたん(かづの牛) | 鹿角のめーもの

2009年03月25日

鹿角ラーメン行脚☆

みなさんこんばんは。
北限ピーチ姫の今年度最後の投稿は、取材のために1年という「時間」をかけた自信作です

今回の記事を作ろうと思ったきっかけは、
お仕事などで鹿角へ訪れることが多い友人から
「鹿角はどこのラーメンがおいしいの?」
と聞かれたことからでした。

「どこも、それぞれ特長があっておいしいよ!」
とは答えるけれど、聞いた立場になってみると困りますよね。

そこで!!!
麺やスープの出来などを評価する能力がない私なので、
「せめて写真だけでも撮り歩いて、みなさんに紹介しよう」と思ったのです。

“鹿角ラーメン通”の方も楽しめるように、あえて本文にはお店の名前を出しませんでした。

写真の上にカーソルを置くと、そのお店の名前が出てきますヨ。
「ラーメン写真」というところをクリックすると、そのお店の地図がでますヨ。


ラーメン写真
まんぷく食堂

 

 

 







山盛りの野菜炒めが特徴の味噌ラーメン。野菜から食べていこうとすると、なかなか麺にはたどりつきませんよ〜。



ラーメン写真
錦

 

 

 

 

 

 

ここのお店はお客様をお待たせしません!写真はイチバン人気の広東麺。




ラーメン写真
両国ドライブイン












スープが真っ赤で辛そうですが、生卵がまろやかにしてくれます

 


ラーメン写真

山水亭












ザーサイのみじん切りで びっしり。なかなか他では味わえないのでは?





ラーメン写真

あがりっぱ

 

 

 

 

 

 

 

シンプルですが、深夜の小腹がすいたときにはぴったりの味噌ラーメン。
「深夜」がヒントです。




ラーメン写真

栗山飯店

 

 

 

 

 

 

 

ピーチ姫大絶賛。もう、かれこれ10年以上、通いつめております。




ラーメン写真

紅蘭五目












これがどこのラーメンか分かった人は、鹿角ラーメンの達人!?
このお店の定番はこっちだと思うので↓



ラーメンと餃子





















さぁ、みなさま、楽しんでいただけましたか?

鹿角のラーメン、これだけじゃないんですよ!
もっとたくさん、おススメのラーメン屋さんはあります
ご紹介しきれなかったのが残念

さぁ、みなさんも鹿角で「ラーメン行脚」してみませんか?



kazuno2008 at 20:18|PermalinkTrackBack(0)北限ピーチ姫 | 鹿角のめーもの

2009年03月24日

祝★ミシュラン星獲得

 先日フランスで発売されたミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで十和田八幡平国立公園に星1つ、そのうち奥入瀬渓流に星2つ、十和田湖に星1つが与えられました。実にめでたいことでございます。これを機会としてより多くの皆様に十和田八幡平を訪れていただきたいと思います。

20090321_01_2 ちなみに21日の奥入瀬の様子です。鳥の声も聞こえるようになってきました。冬もそろそろ終わりといった風情ですが、雪はまだ多く、車を止めて見物している観光客もあまりいません。
 新緑の季節が待ち遠しいものの、今週になって雪が続いてますので、またしばらく雪景色に逆戻りしそうです。





20090321_03_2 同じく十和田湖の様子です。湖畔の雪はほとんどなくなっており、訪れる人の数も増えてきました。
 しかし風が強く、いきなり引き返そうかと思うくらい寒かったです。みんな平気そうなのがスゴイ。






20090321_04_2 で、ミシュランの話に戻りますが、八幡平の影がちょっと薄いのが鹿角市民としては残念。雄大な景観といい、植生の豊かさといい、決して十和田エリアに負けないものと思いますので、次の版では八幡平単独でも星がもらえるよう、我々もがんばらなくてはいけませんね;^-^)

去年の写真です。)



kazuno2008 at 13:07|PermalinkTrackBack(0)あきたフキおばさん | ぷらっとお散歩