ログハウスに住み 料理・野菜・家具作り・・・

退職後、 和歌山の海のそばのログハウスに、 京都から移り住み、 私が作った料理を囲み、 気の合った人たちを呼び、 飲み食べ語らうのを楽しんでいる 脳天気なおっちゃんの暮しを紹介します。

グリルパンで餃子を焼く

先日、みやげにもらった餃子は

いつものとおりフライパンで焼くつもりでしたが、
使う食器がへるのと、焼いたあとも、しばらく熱い鋳物の
グリルパンで作ってみました。

まず、熱くしたグリルパンに油を回し

火を消し、ぎょうざを置き2分間(鋳物なので熱くなるのが遅いので長いめ)
加熱して消し、こんな感じに軽く焼き色を入れます。

P1201832

蒸し焼き

「王将の教科書」どおり、熱湯を餃子が3分の1つかるくらい入れ、
ふたをして6分間蒸し焼き。

P1201835

覗いて、ほぼ湯がなくなっていたら、

P1201836

返して確認。
いい感じに。

P1201838

お味は

ぎょうざに合うのは、やっぱりビール。
1.何もつけず、そのまま、2.酢、3.酢とラー油、
いろいろ楽しみました。
みんな、おいしかった!
ぎょうざをいただいた、ご近所さんの千春さんに感謝。

P1201840

5年ぶりに、腸の内視鏡検査へ

胃ガンの手術をしてくれた地元の森畠先生から

「腸も三年に一度、内視鏡検査を受けておくと、
お腹を切らないで済む」
「便の検査は、死なないためのチェック。
内視鏡検査は、おなかを切らないためのチェック」
と、わかりやすい説明を聞いていました。
で、体と気分が落ち着いたら、
できるだけ早く受けておきたいと思っていました。
さらに、今回の胃ガンの内視鏡手術で、
退院後三日で普通の生活ができた、のを経験したのもあります。
7年前の食道ガンでお腹を切ったのを比べると、
入院期間だけでなく、あとの生活がすごく楽で、
まったく違いましたし。

検査の前日

食事は、消化のいいもの。

P1211859

検査当日は、この容器に水を二リットル入れ、
朝から約2時間かけて飲みます。
腸の中に残ったのを流して、きれいにするため。
少し味がついていますが、これが意外としんどい。
ビールなら2リットルくらい楽に気分よく飲めるのに、
といつも思いますね。

P1221861

検査は

ポリープがあったら取ってほしいと依頼していて、
時間はかかりましたが、いつ管が入ったのかな?という感じ。
「気分はどうでしたか?」と聞かれ、
「今までより、管が入ってる感がなかった。腕の違いかな?」
と言ったら、「あはは」と。
3mmと5mmのポリープがみつかり、取ってもらいました。
で、しばらく、消化のいい食事+アルコールはダメ、
という生活になりますが、入院するよりマシと考えなおせば、
気分よくすごせそう。
そばに信頼できる優秀な先生がおられるって、
ほんと、ありがたいことです。

赤イカでサラダ

冷凍庫の赤イカを解凍し

最初の日は、刺身で。
次の日は、炙って間引き菜にのせてサラダに。

赤イカを炙る

魚を炙るときは、塩を少しふるのですが、身が薄いので、
今回は省略。
右側が炙ったもので、しっかり炙るほうがイカの味が出て、
おいしいと思い、半分くらい火を入れました。
刺身で食べられないイカなら、さっと湯がいてから炙るといいと思います。
炙った面は焦げ目が香ばしくおいしくなり、
生の部分は甘く、両方の味が楽しめます。

P1191821

野菜の上にのせる

山東菜の間引き菜の上に玉ねぎのスライスをのせ、

P1191824

お味は

炙ったイカをのせ、ドレッシングをかけて、いただきました。
前日、刺身に添えた残りのしょうがも。
ドレッシングは、イカに合う、からしマヨネーズに酢を加えただけ。
あっさりおいしかった!
この赤イカ、まず安い、しかも、刺身でも炒め物でもおいしく、
大好き。
さらに今回、サラダでも使える、というのわかりました。
ありがたいことです。

P1191825
livedoor プロフィール
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ