2012年05月21日

結局切嗣メインの話なんだな。だったら最初からそういう構成で作ればいいのに、視点があっちこっちに移動するものだから、話数の割に異様に情報量が薄いです。設定だけ複雑にしてしかも謎を引っ張ろうとするから回りくどい表現になって、それも時間を無駄にしています。話そのものは悪くないとしても、その表現方法が稚拙です。それが鼻に付いてしまって話そのものを楽しむことが出来ないって状態になっています。

やり方さえ旨ければもっと楽しめる話になったと思うんだけどなぁ。例えば峰不二子という女や坂道のアポロンを見るとその差が良く判ります。そもそもFATEという出来上がった世界観を使っていて、キャラのバックボーンも相応に使えるにも関わらず、かったるい展開の連続で第二シーズンも半ばまできてこの程度にしかならないって悲しい限りです。

原作なのかアニメスタッフなのか問題の所在は知りませんが、結果としては駄作のようです。


(00:06)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 2012年02クール 新作アニメ Fate/Zero 2 第20話 雑感  [ 妖精帝國 臣民コンソーシアム ]   2012年05月23日 12:02
[Fate/Zero] ブログ村キーワード Fate/Zero 第20話 「暗殺者の帰還」 #Fate2012 #ep20 大作 Fate/Zeroのセカンドシーズン であります。本作は『Fate/stay night』の10年前(第四次聖杯戦争)の物語...

コメントする

名前
 
  絵文字