2012年08月02日

すっかりショートネタアニメになっています。今回はいつもにも増してお間抜け度が高かったような気がしますが、その緩さが鼻に付かないのが技だなぁと感心してしまいました。悪く言えばそれだけの拘りが持てないってことで、キャラの薄さを逆手に取ってあくまでも分り易さを強調するデフォルメの方向を取っています。この作品ならそれもありかもしれないという気がします。

ストーリーものでもないし、特に何がある訳でもない。だからこそって感じではあるんですが、今期で言うと同じような路線のじょしらくの方が好みかな。あれは会話の面白さが際立っています。その辺はさすが久米田って感じでしょうか。

ゆるゆりは癖の無さが癖って感じで、ここまで徹底できるとある種の凄みすら感じますね。


(00:03)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字