2013年07月28日

アクセラレータネタは、とあるシリーズの中でも最も派手であると同時に無理があるエピソードだったりして、それは当然の事ながら変わりません。美坂視点にすることでやや軽減されてはいるものの、釈然としない感覚はやっぱり残ります。

超電磁砲Sとして見ると、前半、中盤とここまでの繋がりの悪さがかなり酷くて、ここからの話でそれを解消して行ってくれることを期待したいところです。このままではあまりに断片的すぎてお粗末です。

まぁ正直とあるシリーズがしっかり作られていたという記憶は過去にないので、そのまま終わってしまう可能性も十分ありそうで怖いんですが。


(00:38)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. (アニメ感想) とある科学の超電磁砲S 第16話 「姉妹」  [ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2013年07月29日 19:03
投稿者・ピッコロ とある科学の超電磁砲S 第1巻 (初回生産限定版)(特典ディスク付き) [Blu-ray](2013/07/24)佐藤利奈、新井里美 他商品詳細を見る ●意見交流の場として掲示板を設置しました。記事の感...
2. 2013年02クール 新作アニメ とある科学の超電磁砲S 第16話 雑感  [ 妖精帝國 臣民コンソーシアム ]   2013年08月03日 12:40
[とある科学の超電磁砲S] ブログ村キーワード とある科学の超電磁砲S 第16話 「姉妹」 #railgun2013 『とある魔術の禁書目録』のヒロインの1人である御坂美琴を主人公として、科学サイドの出来...

コメントする

名前
 
  絵文字