2014年04月21日

実はこの作品も凝った設定なんですが、そんなことは置いておいてお気楽路線に突き進んでいます。それをやりきっているところが凄いところで、しかも設定を置き去りにはしていなくてそれなりに利用しています。

キャラの数も増えてきて動かすのがしんどくなってきているような感じはありますが、その分絞り込みを行えたという方向で良く転換できているという気もします。最初からこの位を割り切った作りをしてくれると楽しめます。

前作もそうでしたが、今回も女の子達の可愛らしさを色々な側面で描き出しています。やや淡泊な気もしますがその点良く出来ていると思います。まぁ女の子達が可愛いと感じられるのはこの手の作品では一番ですから、何よりですね。

少し進展もしていくだろうし、真面目な展開もあるでしょうから、その辺どうなってくるのか期待したいです。


(00:58)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字