2014年09月25日

さて、やっとアウトランダーPHEVが納車されました。お盆を挟んだ関係とオプションの取り付け等で2ヶ月近く待たされました。慌てていたわけでもないし、夏休みを9月に取る予定だったんで結果オーライです。まだ、長距離も高速も乗ってないんですが、この車の真骨頂は近場のチョイノリだと思うんでその点では大活躍です。とりあえず、細かい部分とか試乗の時には書かなかった部分について、感想などを追記です。

大分あちこちに充電設備が増えてきました。関東近県だとドライブプランの段階でこの辺で充電と決めてしまえば困らない程度の数になっています。ナビで充電設備を検索することもできるのでそれを使っても十分です。外での充電は必須ではないですけど、出来ればするに越したことないです。充電ついでに色々と見て回るなんてことも出来たりで休憩、気分転換に使っています。それで数百円とは言え得する訳ですし、2回もやればちょっとしたケーキセット代位は出ると思うと悪く無いです。チャデモ契約すれば三菱ディーラー全ての充電施設を使えるので楽なんですが、それは様子見してます。NCSの動きも気になるし、どの位の頻度使うのかを見極めてからでも遅くないかなと。

遠乗りがまだなので、全体の9割位はEV走行なんですが、これがビックリする位違和感を感じません。それだけ自分の走りが大人しくなったのかもしれないなぁとか思ったりもしますが、少なくとも僕の運転の範囲で困ることはありません。ECOモードに入れっぱなしで走っています。ノーマルに戻すと気持ちパワー感が増すので、必要な時には切り替えるのも良いかもしれません。回生ブレーキもナチュラルです。通常B0で走って、必要な時に軽くブレーキを踏んで回生を効かせるというのが一番お得かもしれません。B5よりもブレーキ操作の方が多くチャージされる感じがする(メーター読み上)し、この方が面倒が無いです。

回生レベルセレクターはこの車の非常に大きな特徴です。長い下りとかに便利というだけでなくて、車をコントロールしているという感覚が味わえる装備です。通常のシフトだと加速時と減速時と両方のコントロールが必要になるのに対して、減速時にしか効果を発揮しないというのが面白いところです。つまり、低速時でもハイギアの感触を味わえる。逆に高速時でもローギアの減速感を出せるというのが魅力です。これが使える車は現状アウトランダーPHEV以外知らない(少なくとも国内で簡単に乗れる車には存在しない)ので、運転する機会があれば是非試して欲しいです。

FCMの効きはかなり甘めです。Far ModeとNear Modeと選べるのですが、どちらにしてもほとんど効きません。本当に事故防止以外では役にたたない感じです。日産のインテリジェントブレーキアシストがほぼ完璧で、通常時でも良い感じに自動ブレーキをかけてくれて、ナビ連動とか素晴らしかったのに比較するとおまけ程度の機能でしかありません。インテリクルーズの前車捕捉も日産より甘めな感じです。個人的には実質困るほどではないですが、インテリクルーズに馴れてない人が怖いというのは判るって感じです。その分LDWは結構うるさいんですが、これはあくまでも警告だけ。ブレーキコントロールで戻そうとするLDPや、ステアリングまで操作するアクティブレーンコントロールとは次元が違います。そういう意味ではこちらもおもちゃです。やはりこの手の装備は日産が最強です。とは言え無いとあるとでは大違いだしトヨタよりははるかに良い出来です。何れにしてもe-Assistは必須な装備だと思います。

SUVは初めてなんですが、サイドミラーが近くて大きいと感じます。見易いです。バックの時特に感じます。リバース連動下降を左だけ入れたのですが、セダンと比べると格段に見易いです。キノコミラーも見栄えは悪いですが、常にサイドの様子を見られるのは結構便利かもしれません。まだ見方が馴れていないですが、馴れると良いかもとか思ったりしてます。座面というか視界が高くなるのは思っていたよりも違和感が無いです。ただ、シート自体が高いので足を投げ出す感じのセダンよりも足が楽なように感じます。最低地上高が高いのは何かと安心出来そうです。

社内装備は残念ながら全体的にプアです。評判が芳しくないドリンクホルダーが顕著で、まず遠いです。しかも低いです。灰皿も付いてないので、カー用品店で買ったのですが、それの置き場を確保する為に1個のホルダーを2個に拡張する用品も購入しました。しっかり固定出来ない状態でやや不安定ですが、とりあえず使えています。そして、手元が暗いので、シガーから伸ばすLEDライトも追加です。これだけ用品を買ったのは本当に久しぶりです。最近の車はこういう小物が必要無い装備になっていますからね(笑) けどまぁ今のところこれで何となく良い感じになりました。また使っていく内にちょっと追加すると便利的な用品を発見するかもしれません。

インテリアパッケージ(ピアノブラック)がお勧めです。正直標準のプレートはプラスチッキーで安っぽく、しかもセンターコンソールと合っていないのでチグハグです。個人的にはヘアラインの方が好みなんですが、統一感を考えるとピアノブラックしかありません。これにするだけで車内がぐっと落ち着きます。割高な価格が付いていてボッタクリ感もありますが、まぁ400万以上の買い物をする時ですからこの位は奢ってもいいかなと。PHEVはオプションからしか値引きをしないので、ある程度値引きの形で戻ってくるだろうし、スカッフプレートも欲しいオプションですしよろしいかと。ダッシュボードもまぁ普通に安っぽいです。がフラットなので滑り止めシートを付けて良い感じの小物置き場になっています。

ナビは純正に全く魅力を感じ無かったので、サイバーナビを入れました。純正ナビ以外は久しぶりなのですが、まず感心したのが自車位置の精度。日産純正は後走りの傾向があったので、それが改善されたのはナビとしては大分強化です。通信モジュールも定額払いきりなので、データ送受信もやりたい放題です。結構スカウター映像が送られてくるので、使ってる人多いんだなと感じます。それだけ渋滞データの信頼性も上がるのでルートの精度に期待も持てます。操作については、タッチパネルに各種操作スイッチ、ジョグダイヤルスイッチまで備えた(フーガ)純正ナビの方が圧倒的に使い易いです。小さいボタンと画面タッチ必須な操作性は思っていた以上に使い辛いと感じました。ですが、当然走行中の操作も可能になるのは◎で、これが社外の最大メリットだよなぁと痛感しました。フーガの時も切替式のキット乗せてましたけど、使うと現在地を見失うし、色々と面倒なこともあったので、利用頻度低かったです。

MP3対応についてはサイバーナビはイマイチです。タグ情報の取り方も中途半端だし、ジャケ写もちゃんと出せない。再生時表示もイマイチで、地デジ対応前のCARWINGSナビかそれ以下です。音質についてはスピーカーが純正のままなので評価保留です。まぁナビの本業はルートですから、それがしっかりしてくれていれば他は目を瞑れます。同じ場所を目的地設定しても純正ナビとは異なるルートを引くので、期待しながら評価していきたいと思います。渋滞考慮リルートの頻度もかなり多いです。バックカメラは当然ステアリング連動じゃなくなってしまって、そこは悲しいところです。あれ馴れると凄く便利なんですよね。ただ日産純正カメラに比べるとかなり広角で広い範囲が写ります。車体の変更もあってまだ車庫入れはおっかなびっくりな部分もあるんですがなんとかなってます。

MMCSを付けなかったので、リモートコントロールを付けました。これがなかなかに便利です。タイマー充電はオール電化の家では必須だし、もう少し寒くなればタイマー空調や今すぐ空調も活躍するでしょう。家はガレージの位置がよくて、部屋に居てもガレージ側に寄ればWifiが取れるのですが、Wifiエクステンダーを入手していたので設定してみました。当然家の中何処に居ても繋がります。昼間外出して電池空になった時、夜にちょっと買い物とか行くかもしれないから17:00から2時間だけ充電とかそんな設定も簡単にできます。ETACSもこの社格の車にしては色々と設定項目があって、まぁ一度決めてしまえばそうそう変えるものではないかもしれませんが、いつでも変更可能というのは精神衛生上良いです。車側のファームアップも出来るので、将来的には機能追加もあるかもしれません。車に戻れば出来る設定だったとしても思い立った時に部屋から出来るのとではやっぱり違います。

100V電源はまだ活躍の場が無いですが、基本的にはお出かけした時に便利に使うというのが目的です。調理機器の持ち出しとかかな。どの位使うかは今のところ未知数ですが、まぁ100Vが気兼ねなく使えるというのはこれまた精神衛生上非常に良いです。それと、これは便利! と思ったのがヘッドライトマナースイッチ。ライトスイッチの先にボタンがついて、それを押すとヘッドライトが消灯。走り出すと点灯に自動復帰するというもの。ライトは補機バッテリーだから燃費に直接影響は無いけれど、その補機バッテリーへの充電は走行バッテリーから行う仕組みなので、結果電費の節約にはなります。まぁそれ以前にサイバーな感じを体感できるので好きです。これ日産やトヨタでは見たことないオプションなんだけど、なんで付けないんだろ?

補機バッテリーが走行バッテリーから充電される仕組みは、補機バッテリー上がりの心配を格段に減らしてくれます。チャージャーを繋ぎっぱなし状態な訳で、1日経てば満充電ですから当然です。バッテリー周りはトラブルの最大要因だし、特に乗り始めは色々と弄ったりもするので、バッテリーには厳しい状況です。あがりの心配が無いというのは何気に嬉しいです。ETACSでも色々と予防設定があるし、今時故障でも無い限りバッテリーあがりを考えるのは心配し過ぎかもしれませんが(とは言えV35ではスモール消灯忘れであげたし、V36ではACC状態でナビを弄り過ぎてあげたし、フーガはバッテリー弱ってると指摘されて一度変えたので)まぁこれも精神衛生上ですね(笑)

そんな感じで概ね良好です。なんと言っても走行費用の安さは感涙ものです。お出かけが楽しくなります。本当に純粋な平日用途だけだと3日に1度位充電でも大丈夫な感じです。フーガだとそれだけでも3日で1000円分位はガソリンを使っていたので結構大きいです。ドライブの時の費用もかなりの開きが出ます。それでいて乗っていて楽しいのですから言うこと無しです。単純計算ではプリウスやCX-5に負けてしまうかも知れませんが、条件次第なところがあって、自分の使い方だと実はPHEV最強なんじゃないかって思ったりしています。


(21:48)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字