市議会の傍聴が思っていた以上に長くなりました。

 午前10時の市議会が開会されるので10分ぐらい前に市役所の到着し、激励の意味を込めて日本共産党の議員控室に向かいました。

 予定どおり開会し、順調に議事が進行し、10時35分ぐらいから市長が登壇し、「平成29年度岩国市一般会計予算」の審議に先立って、施政方針を示しました。

 福田市長は事前に用意した原稿(A4サイズ・11ページ)を読み終え、質疑に入ったのが午前11時27分でした。

 施政方針に関する質疑は、一議員が2回までとの制限があるもとで、田村議員、重岡議員、大西議員、山田議員、石本議員、小川議員、坪田議員が挙手をして順次行いました。(日本共産党の大西さん、山田さん、小川さん、坪田さんの全員が質疑を行いました。)

 大西議員さんが質問したところで、休憩となり再開は午後1時からとなりました。午後からも傍聴することになりましたので、岩国民商で休憩させてもらいました。

 午後1時30分過ぎに「施政方針」に対する質疑が終了したので、途中退席させてもらいました。

 昨日ブログに書き込みを行った、「艦載機移駐問題の住民説明会の開催」の件ですが、「政府による住民説明会は行わない」、「市が主催する説明会は、総合的な判断で必要な時に開催する予定である」との回答でした。

 これは私たちが求めている「住民説明会」ではなく、まさしく「艦載機部隊の移駐を容認する時」を想定したものであることが明らかになりました。

 全くとんでもない態度です!! 艦載機部隊の移駐についての市民の不安の声や疑問点を封殺する強権的態度と非難されても仕方がない事態です!!

 3月6日~8日までの日程で予定されている一般質問に注目したいと思います。

 基地問題以外でも、医師不足、臨港道路、マイナンバー制度、川鵜の被害等の質疑も行われました。

 ダラケタ野次を飛ばす議員が2名程度いましたが、このブログではその議員の名前を明らかにすることは控えたいと思います。(私には議員の名前がはっきりわかります!)

 市民の負託を受けた議員なら、機会あるごとに質疑に参加したり、意見の述べたり、提案を行ったりすべきなのに、紹介した議員さん以外は質疑に参加していません!

 野次を飛ばして他議員の行為をけなすより、自らも積極的に質疑に参加すべきです。

 30分以上に及んだ市長の施政方針に対して、何も疑問点がないという議員に市民として注文をつけたいところです!!

 
 事務所に帰る前に、このよう陽気なら吉香公園の「しだれ梅」も咲き始めているだろうと寄り道をしてみると咲き始めていました…。
 今シーズンの梅の撮影も今回が最後になると思いましたので、短時間でうろうろしてみました。
IMG_6960

IMG_6962

IMG_6965

IMG_6966


IMG_6967

IMG_6970

IMG_6974

IMG_6976


IMG_6977

IMG_6979


IMG_6980