屋内集会での挨拶や訴えは、街頭演説と違った難しさがあるように思います。これも回数を積み重ねることで克服できていくのでしょうね…。

 今日は2つの屋内「集会」で挨拶をさせてもらいました。

 どこの会場でも、「参院選山口県選挙区の候補者はどうなるのか」と聞かれます。

 私は「野党は、戦争法の廃止と立憲主義の回復との一点共闘を実現させるよう最後まで努力すべきだ。」、「もちろん山口県においてもその方向性に変わりはない。」

 さらに「アベ政権の暴走を止めるためには何でもする覚悟がいる。」との決意を語っていますが、うまく伝わっているか心配です。

 参加者のみなさんの反応を感じながら、微妙な表現をいろいろ変えながら苦心しながら訴えています。

IMG_4718

IMG_4721


 元気で頑張るようにとこんなにたくさんのレモンをいただきました。ありがとうございます!!
IMG_4773