職人育成のすすめ 其の8

思うように壁が塗れたら左官の仕事はとても面白いだろう

IMG_6859

でも本当はなかなか思う通りに塗れないから左官は奥が深く

面白いのかもしれない

IMG_6852

楽しみながら今日も壁を塗る 左官の仕事をする

IMG_6864

暑い日は暑い日なりに壁を塗る

とても楽しい仕事です。SAKAN




職人育成のすすめ 其の7

先日、日本左官業組合連合会青年部の

定期総会東京大会に参加をしてきました。

今、東北を始めオリンピックを控えた東京では

職人不足が叫ばれているという話がありました。

どの業種も職人育成は急務なのですが、

実際に職人を育成しなければならない企業側も

どのように職人を採用し育成したらよいのかという事で

悩んでいるところが多いのです。

今回、中屋敷新青年部長のプレゼンは

その悩みを解決してくれるようなものでした。

ズバリ、モデリングDVD 「職人育成の現代版」です。

私も、数ヶ月前に3枚のDVDを見たのですが

素晴らしいものでした。

このDVDを活用して職人育成に取り組もうと思いました。

青年部のHPも一新され、そちらの方に掲載されています。

日左連青年部HP

http://nissaren-seinenbu.jp/

こちらからモデリングDVDと職人本も購入

できます。

職人育成のすすめ 其の6

IMG_9768

今年も技能検定の練習が始まりました。

栃木県の場合、左官の資格試験は2級と1級があります。

7月中旬に実技の試験があり、8月に学科の試験があります。

その両方に合格すると資格取得ができるのですが、

実技・学科共に結構難しい試験でもあります。

実技に関しては、ちょっとばかりの練習では

間違いなくアウトです。

実技の試験は5時間を超えるものでかなりハードです。

夏場の室内で行われるので体力も必要です。

技術は一夜漬けというわけにはいかないので

毎日コツコツ、地道に練習することが大切ですね。

この練習期間で彼の技術は大幅にアップするでしょう。

技術は、積み重ねにより身につくものですね。

職人育成のすすめ 其の5

IMG_3684[1]
常に安全で良い仕事をするために
毎月一回、全社会議を開催しています。
会議の内容は、職人一人一人が今現場で
問題になっていること、改善しなければならないことを
A4用紙一枚に纏め、それを全員分綴って
会議資料にしています。
職人も最初はA4一枚と言っても資料作りに
かなり時間がかかりました。
しかし、今はそんなに時間が掛かりません。
何故かというと、何年も続けると習慣になり
常にそのことについて考えるようになるからです。
この会議の目的は、
考える習慣を身に付けてもらうこと
毎月一回で70回(概ね6年)になりました。
その間大きな事故も起こっていません。
安全について常に考え、常に意識することが
事故を未然に防ぐのですね。

http://a-sakan.com/kazushi/?page_id=8

日本左官業協同組合連合会青年部幹事会で助成金補助金制度の勉強会がありました。職人育成をする上では助成金補助金制度をうまく活用することが大事ですね。私の会社でも過去に助成金補助金制度を活用して営業活動に活かしたり、職人の採用や職人育成に活用してきました。助成金や補助金は、待っていても絶対に入ってくることはない。情報を探し、勉強し、申請して始めて活用できる可能性が出てくる。つまりは、自分で動かなければダメなんですね。積極的に動きましょう。

日本左官業協同組合連合会の青年部の幹事会でモデリングという職人育成の訓練法を知りました。よくスポーツ選手等がやっているような他の選手や自分のフォームを撮影してその動作を良く観察し、真似てみては改善をして行くというもの。最初は、ぎこちないが徐々に同じ動作ができるようになる。左官では、カリスマ左官職人と言われるような一流の職人の無駄のないスムーズな塗り方を撮影させてもらい、何度も何度も観て、何度も何度も真似てみては繰り返し、改善をして行く。するとスムーズな無駄のない壁塗りの動作ができるようになる。そして、現場でも意識して仕事をすれば良い仕事ができるようになる。昔から言われている「観て覚えろ」の現代版ですね。皆さんの職種でもやって見る価値はあると思うな。とにかくやってみよう。

職人といってもいろんな職業の職人がいるので

一括りに職人の仕事の仕方はこうだ!とは言えないが

職人には、職人らしい仕事の仕方があるのではないだろうか

ちょっと難しい仕事を依頼された場合、次の3タイプに別れます。

1、できない理由が先に出てしまう人 

2、できるかも知れないと考える人

3、できると思って行動する人 

どの職人が職人らしい仕事する職人でしょうか?

できない理由が先に出る人は、おそらく職人らしい仕事は出来ません。

というより、職人ではありません。

できるかも知れないと考える 人は、職人なのかもしれませんが

考えているだけでは、職人らしい仕事は出来ません。

できると思って行動する人が職人らしい仕事をする職人ですね
 
 職人らしい仕事の仕方

 すぐやる 必ずやる できるまでやる

できると思って行動する

そして「できるまでやる」それが大事ですね


 

職人育成のすすめ 其の1

今日で5月が終了し、明日から6月になります。
最近は、Facebookへの投稿が多く、ちょっとブログを
休んでいました。現場の写真やちょっとしたことであれば
Facebookでも良いかもしれない。
しかし、考えていることを纏めるのには
やはりブログの方が適していますね。
久しぶりの投稿になりますが、読んでみてください。

職人育成のすすめ 其の1 朝礼

私が左官の仕事に携わってから23年になります。
私が入社した23年前は、阿久津左官店でも
朝礼らしい朝礼は行っておらず、職人が集合したら
軽い挨拶をして、荷物を積み込みすぐ現場に向かっていました。
職人の中には、朝会社に来ずに直接現場に向かう人もいました。
現場から帰った後もちょっとした話をして解散というような感じでした。
今、当時のことを振り返ってみるとあれでよく会社が成り立っていたなぁ〜
と思います。どこで、いつ、誰が、大事なことを職人達に伝えていたのだろうか・・・
当時は、職人のマナーも悪く、会社の業績も本当に悪かった。
12年ぐらい前にある研修に参加した時に「朝礼はやっていますか?」
と言われ、「朝礼を始めてみてはどうですか。」と言われた。
当時の私は朝礼なんてうちの職人には絶対無理と考えていたし、
うちの会社では絶対出来っこねぇ〜よと思ってました。
しかし、このままでは本当に会社がダメになってしまうのでは
ないかという不安もあったので、朝礼をやってみようと始めてみました。
最初の頃は、本当にぎこちない感じで集まりも悪かった。
内容も、私が一方的に訓辞を述べるようなもの・・・誰も聞いていない。
数年、こんな感じの朝礼を続けていました。
あまりにもうまくいかないので、同じ地域のすごい朝礼をしている
S社さんの朝礼を社員全員で見学に行きました。とても素晴らしい
朝礼でした。しかし、うちの会社にあんな朝礼できるの・・・
それから、いろいろ試行錯誤して朝礼にはツールも必要ではということで
13の徳目という冊子を使うことにしました。もう5年以上続いています。
その冊子がこちらの冊子です。(6月号は、当社の記事が載ってます。)

13の徳目1

職人育成のすすめ 其の1 朝礼

朝礼をやっていないのであればやってみてください。

職人でも大丈夫ですよ。

必ず効果が出ます。





左官という仕事と、どろだんご

左官という仕事は、実に奥が深い

カタチを創るのには、硬いものを削って作る

柔らかいものを固めて作る等 

その他にも作り方は、いろいろある。

四号線南側看板


左官は、どちらかというと柔らかいものを固めて

作ることが多い。考え方によってはどんな形でも

できてしまう。つまり、無限の可能性がある。

左官の仕事を始めたばかりの頃は、

自分のイメージした形と出来上がった物の形が

あまりにも違うので自分の技術の未熟さに悩むことが多かった。

しかし、考えながら長く続けていくとそのギャップが小さくなってくる。

イメージした通りのカタチを作れるというのは実に楽しい。

写真のどろだんごを作った女の子も

最初の一個は、イメージと違うものが出来上がった。

2個、3個と作り、写真に写っているのは7個目のどろだんご

オレンジ色に光り輝くどろだんご

イメージにかなり近いものが出来上がったようだ。

左官という仕事は、そんな仕事である。

お客様のイメージをカタチにする仕事

実に遣り甲斐のある仕事である。

左官をやりたい人、待ってます。

あれから3年

今から3年前の今日、私は東京にいました。

東京のあるビルで建設関連のセミナーを聞いていました。

そこで突然の地震、ビルの6階だったのでとても大きく揺れました。

床に這いつくばり、とりあえずテーブルの下に隠れました。

とても長く感じた地震ですが、いったん収まりその後、何回も余震が来ました。

東京駅まで歩きましたが、新幹線はストップしており、そこから上野まで歩き

カプセルホテルに泊まりました。テレビで見た津波の映像には衝撃を受けました。

翌朝、在来線に載って一日かけて宇都宮まで戻り、タクシーで自宅まで戻りました。

戻ってから町の状況をみて唖然としました。(崩れている家がたくさんありました。)

3年前のことですが、今でも当時の状況が鮮明に蘇ります。

今日は、3年前のことを思い出しながら仕事に取り組もうと思います。

私達の仕事は、壊れた建物を修復する仕事でもあるのです。

3年前の出来事は、自分の仕事(左官)に更に誇りを持てる日でもありました。

今日も自分の仕事(左官)に誇りを持って取り組みます。

IMG_1269[1]

職人に光をあてる

私が尊敬する名古屋の水谷工業、京極社長が

常々、言っている。「職人に光をあてる」ことが大切

私もそう思います。

現場で仕事をしてくれえている職人さんの姿は

実にカッコいいと思う。

こんな看板を建てていきます。

この看板は第2弾です。お楽しみに

阿久津左官店看板3

浴室の目地改修工事

9116cf24.jpg
温泉を使用する浴室は、数年で目地が剥がれてしまいます。定期的にメンテナンスが必要です。お困りの時には、お電話下さい。

作業効率を上げる

d2982823.jpg
新しい機械を購入しました。
左官の壁塗り下地に鉄のアミを張る為の機械です。過去に何台もこの道具を使ったが最新のものはとてもカッコイイ、明日から早速使ってみます。
作業効率がどれくらい上がるか楽しみです。

第75回経営者モーニングセミナー

7e44eac8.jpg
那須野ヶ原矢板準倫理法人会、第75回経営者モーニングセミナー、本日の講話者は、足利市倫理法人会渡辺和江会長、テーマ「得るは捨つるにあり」

週末の大雪

314547_193813577363508_242374214_n[1]

今年の冬は、あまり雪が降らないのかなと思っていたら

やはり、大雪が降ってしまいました。

会社の車は、昨年全車スタッドレスタイヤに入れ替えて置いたが

土曜日の雪は結構積もったために外部の仕事はできませんでした。

仕事は忙しいが、自然現象にはかないませんね

うまく予定を組み直して仕事をします。

天気が悪い日やお休みの日は読書がイイかもね。



こんな本がお勧めですね



 

新春経営者セミナー2

a1cbd2c5.jpg
クロネコヤマトの満足創造経営 ヤマトホールディングス株式会社 代表取締役会長 瀬戸 薫 氏

職場の教養と13の徳目朝礼

カテゴリ:
image

私の会社の朝礼は、早朝6:40からスタートします。

冬場は寒いので朝早いのはキツイですね

まずは、13の徳目朝礼の冊子を使って

設問に沿ったコーチング型の朝礼を行い

その後に職場の教養を読上げます。

さらにその後前日現場で気づいたことを発表し合い

最後に私が安全について少しお話をして現場に向かってもらいます。

毎日10分程度の時間ですが、5年・10年と続けると

会社にも変化が出てきますね

毎朝、一緒に継続してくれるみんなに感謝です。

 

このページのトップヘ

見出し画像
×