城国和那の気まぐれ活動記録

主に模型、中でも鉄道模型。ついでにそれ以外。 作業備忘録的なものから無責任な独り言まで。 そんな目的なので、気が向いたときにしか書かないはず。 手で書くのは面倒でもPCなら続けられる、ハズ。 基本自分がやってみたことの記録なので参考にならないもの多し。 参考にするなら自己責任で。

KATO TGV Duplexのカプラー交換

IMG_0511

KATOのTGV Duplexです。
以前の記事でも書きましたがこの車両のカプラー、やたらと固くて連結解放してる
うちに壊しそうで怖かったのですが……
IMG_0487
IMG_0491

最近発売となったタリスPBAではこのカプラーが改良されて連結しやすく
なったとの事で、ASSYパーツを買ってきました。形状はフック付きの密連形
カプラーっぽいですね。
IMG_0493
IMG_0497
IMG_0499

特にバネなども入っていないカプラーなので、交換はただ差し替えるだけ。
構造はやはりKATOのフック付き密連形カプラーと同じなので、慣れているこちらの方が
扱いやすいです。副次的にカプラーの車体から突き出す部分が減るので
ケースに入れやすくなったというメリットもありますが…… これはcascoのケースに
収納してる自分の場合だけでしょうかね。
 

KATO C62の動輪をゴムなし仕様にする

IMG_0479

KATOのC62北海道形。2号機、3号機と合わせてデジタルサウンド対応加工済みで、
主に重連、あるいは3重連で走行させてます。
しかし、デジタル環境では各機同じ走行速度を直接指定できるため問題なく同調するものの、
アナログ環境では走行速度を電圧で決定するため、各機バラバラな走行になりやすいのですよね。
その状態で重連すると、それぞれが走行抵抗になってまともに走行できない事も。
そこでKATOがよくやる、『重連用にゴムタイヤ非装備』を実行してみることに。
動輪にゴムタイヤがないので、バランスが崩れたら空転する事で力を逃がすことができます。
IMG_0050

材料はジャンク品のC62用動力ユニット。分解して動輪を取り出し、車軸から引き抜いて
第一動輪と第三動輪を入れ替えます。輪芯パーツはどちらも同じもののようなので、これで
ギア付きゴムタイヤなしの第三動輪と、ギアなしゴムタイヤ付きの第一動輪ができます。
IMG_0054

こんな感じ。ゴムタイヤ付き第一動輪は特に使い道があるわけではありませんが、
とりあえず元のジャンク品動力ユニットに戻しておきます。
IMG_0465

ゴムタイヤなし第三動輪は、元のゴムタイヤありの動輪と交換しました。
動輪ごとの交換なので、問題があるようなら元の動輪へ戻すのも簡単にできます。

これでバランスがとれた、というよりは空転させる事でむりやり速度差を吸収させてる
のですが、とりあえずアナログ環境での重連走行もある程度安定するように。
単機での牽引力は当然ながら低下していますが、重連前提という事でそこは気にしない事に。
ただ、模型の設計が良いのか意外にも平坦な路線でなら客車9両くらい牽引できたり……
KATOの蒸気機関車の走行性能って凄いのかもしれません。

D51のスピーカーを交換する

f61712ab

以前サウンド搭載したKATOのD51長野形ですが、その後C62などを加工していくうちに
もう少し工夫してスピーカーのエンクロージャを大型化できないかと考え始めました。
IMG_9844

今まではこんな感じでスピーカーの上に被せるようにデコーダーを搭載していました。
テンダー内部の前後長さの関係でこうしないと収まらないのですが…… 他の方々の
加工例の中に、前後のダイキャストを切除している例を見つけまして、今回はこれを
真似てみようかと。
IMG_0343

というわけで早速切断。右のパーツが元の状態、左のが加工後です。前後の壁を
切断してしまいます。
IMG_0346

また基盤のほうも一工夫。コネクターを可能な限り端に寄せてはんだ付けしました。
本来の白い枠から端にずれているのがわかるかと思います。
IMG_0349

こうする事でスピーカーとデコーダーを並べて配置することが可能になりますので、
スピーカーのエンクロージャを大きいものにする事が可能となりました。
これで音量は最大設定だとうるさいくらいに改善。音質は使用したスピーカーの特性で
あまり変化せず。今回の目的としては良い結果です。

が、それよりも問題なのが、とにかく加工がめんどくさいという事。ダイキャストを切断して
ヤスリで整えてという事がまず大変ですし、むりやり端に寄せてはんだ付けしたコネクタの
はんだ不良が起きやすいので、導通チェックしては手直しという繰り返しという事も。
しかも後者は最悪の場合ショートしてデコーダーを壊す可能性があるのですよね。
実は今回もはんだ不良でなかなか動作してくれず、よくサウンドデコーダーを焼かずに
済んだものだと思いました……
ギャラリー
  • KATO TGV Duplexのカプラー交換
  • KATO TGV Duplexのカプラー交換
  • KATO TGV Duplexのカプラー交換
  • KATO TGV Duplexのカプラー交換
  • KATO TGV Duplexのカプラー交換
  • KATO TGV Duplexのカプラー交換
  • KATO C62の動輪をゴムなし仕様にする
  • KATO C62の動輪をゴムなし仕様にする
  • KATO C62の動輪をゴムなし仕様にする