城国和那の気まぐれ活動記録

主に模型、中でも鉄道模型。ついでにそれ以外。 作業備忘録的なものから無責任な独り言まで。 そんな目的なので、気が向いたときにしか書かないはず。 手で書くのは面倒でもPCなら続けられる、ハズ。 基本自分がやってみたことの記録なので参考にならないもの多し。 参考にするなら自己責任で。

2018年08月

結局カメラに戻ってくる。

IMG_5146

パナソニックのアクションカメラ、HX-A1Hです。
展示品で外装キズありとかなんとかでやたら安かったので衝動買い。もちろん模型に乗っけるため。
……つい数日前に車載撮影飽きたって言ってたのにね。
IMG_5152

既に各所で使われてるので説明不要とは思いますが、ぎりぎり鉄道模型に載せられるサイズの
Wifiカメラで、フルHD撮影も出来る事から車載動画に良く使われる製品。
IMG_5148

まぁぎりぎり載せられるといっても、Nゲージの場合内蔵は不可能で、コンテナのように
コキに乗っけるのが一般的のようです。それでも車幅は大きくはみ出しますし、車高も高いので、
走らせる場所を選びますけれど。狭いところだとホームとか架線柱とかに確実に引っかかりそう。

更に言えば明らかにおかしな物が載っている貨車を、しかも機関車が推進運転しますので、
走行する姿は違和感以外の何物でもないのが致命的な欠点でもあります。
IMG_5153

16.5mmゲージ系なら内蔵も出来そうです。とはいえ流石に動力車に内蔵するのはスペース的に
無理で、こういう機関車には載せられません。日本型だと電車型の先頭車に仕込むのが良さそう。
外国型なら客車に組み込んで推進運転するのが簡単ですかね。
見た目的にも日常的に推進運転で走っている外国型なら違和感ありませんからね。

結局めんどくさくなって作業中止。

IMG_5107

TOMIXのアーバンライナーplus。買った直後は勢いで付属編成側に動力移植しようと
思ってたのですが……
よく考えてみたら、どうせフル編成でしか走らせないんですよね、私の場合。
中間2両だけで走行させてもまぁネタにはなるでしょうけど、どれだけ頻度があるか。
それなら加工するよりも、取り付けが多少甘いのを許容して必要な時に差し替えするほうが
楽だという結論に達してしまいました。

なので前回の続きはやらない事になりそうです。めんどくさいので。
なんとも私らしい結末ですねぇ。

あきがきたようです。

RocoH0Railjetcabview

秋という季節ではなく、飽きたという話。
まぁ、立秋も過ぎてますから暦の上では秋が来てるのですけれど。どう見ても夏ですが。

で、飽きたというのは車載カメラの話。RocoのRh1116です。
早速か、という気もしますが、買った理由がカメラではなく入手できるのがこれだけだったから
という理由なので元々あんまり重視してなかったのですよね。
確かに最初は面白がってたんですけれど…… 私にはあまり向かなかったのかも。
前面展望動画とか作っといてこう言うのも変な話ですけれど。

むしろ私にとっては中途半端な再現のサウンドのほうをなんとかしたく、
しかしそのために購入したLeoSoundLabのデコーダーはカメラ搭載仕様では動作せずという。
この際Rocoからスペアパーツのカメラなし仕様の基板を取り寄せて、ある程度デコーダーの
自由が利くカメラなし仕様の製品と同等に改造してしまおうかとも考えたりしてます。

MGヘイズル他を衝動買い

IMG_4883

実はガンダムという作品自体は詳しくないのですが、いくつかのメカは好みだったりします。
そんなわけで、今回「ヘイズル」シリーズを完全な衝動買い。自分にしては珍しくガンプラです。
ヘイズルってアニメじゃないガンダム系作品なのでかなりマイナーな部類だと思いますが、
各部パーツの組み換え的な要素があるので、アーマードコアっぽくて私は好きなんですよね。

それにしてもガンプラなんて最後に組んだのはいつだったか……
ヘタをするともう10年ぶりくらいかも。
しかし、実はこれ、既に入手から1ヶ月が経とうとしております。何時組み始めるのか…… 

市販室内灯ユニットがまたひとつ

ポポンデッタ販売のNゲージ用各社対応室内灯が出るみたいですね。
何処のメーカーが作ってる製品かはわかりませんが、蓄電機能付きでチラツキを抑えるのだとか。
個人の工作レベルではよく目にしますが、ついに製品として販売されるようですね。

しかし、私個人的に気になるのはそれよりも発光色。
青白色ってのは多分他の市販LED室内灯が採用している今までどおりの青色LEDだと思うのですが、
それに加えて黄白色というのがラインナップに入ってます。

これはちょっと期待できるかもしれません。
市販の真っ青なLED室内灯に辟易としつつカラーフィルムでいちいち調整している身としては
こういうのを待っていたという感じ。明るさの切り替えが利くというのも一部の明る過ぎな
室内灯に対して優位といえます。これなら安心して使えそう。

ただ、ポポンデッタなんですよねぇ…… ポポンデッタ。それだけが心配。
ギャラリー
  • D1/3 蒸気機関車にサウンド搭載
  • D1/3 蒸気機関車にサウンド搭載
  • D1/3 蒸気機関車にサウンド搭載
  • D1/3 蒸気機関車にサウンド搭載
  • D1/3 蒸気機関車にサウンド搭載
  • D1/3 蒸気機関車にサウンド搭載
  • ロケット号にサウンドデコーダーを積みたい
  • 鉄道模型のモーターを換装してみる(Dapol Class A4 Sir Nigel Gresley)
  • 鉄道模型のモーターを換装してみる(Dapol Class A4 Sir Nigel Gresley)