IMG_9073

天賞堂のコアレスパワートラックです。名前の通り小型のコアレスモーターを
利用する事で、台車内で完結する動力装置です。レールから拾った電力をそのまま
モーターに流せるのでとても単純な構造で良いです。
ただ、私の場合16.5mmゲージはDCCサウンドが前提ですので、このパワートラックも
DCC対応に改造しなければなりません。
どうせ集電板がそのままモーターに繋がってるだろうから、加工が面倒そうだなと
思っていたのですが……
IMG_9061

バラしてみてびっくり。モーターへ直結ではなくケーブルがはんだ付けされてます。
ということはここを外すだけで良いわけですね。
IMG_9069

早速集電板からケーブルを取り外しました。あとは集電板をそのまま戻して、
ケーブルをどこからか外に出さないといけません。
IMG_9074

しかしこれも既に準備がされていました。丁度モーターの端子の直上に
「ここを通してケーブルを外に出してください」と言わんばかりの穴が開いています。
説明書には一切記述がありませんが、元々DCCでの利用も考慮されているような
作りですね。
IMG_9073

とりあえず、これでDCCでのモーター制御が可能となります。

……が、しかし。
まだデコーダーもスピーカーも用意できていないんですよねぇ。
今回もまた車体に収まるギリギリの大型スピーカーを用意したのですが
まだ届かず、デコーダーは注文すらしていません。
本格的にいじるのはもう少し後になりそうですね。