IMG_9146

引き続き天賞堂T-Evolutionのクモヤ145用のライト基板です。
ヘッドライト用の電球色LEDが届きましたので取り付けまで進めてしまいます。
IMG_9101

上が付属品、下が今回購入してきた電球色のもの。
白色LEDも電球色LEDも元は同じ青色LEDで着色する事で色を変えてあるだけだ、
とは聞いていましたが、こうして見ると確かにそのように見えますね。
IMG_9115

 早速はんだ付けしてライト基板を完成させました。説明書にもありましたが、
方向幕灯のLEDを並べてはんだ付けするのが難しく、熱を加えすぎてLEDが
壊れてないか心配でしたが……
IMG_9122
 
なんとかなったようです。方向幕灯も含め、全て問題なく点灯しました。
初めてのチップLEDでしたが、なんとかなるものですね。
ヘッドライトのLEDの発色は電球色(warm white)という表記の割には
ちょっと橙色寄りな気もしますが。
IMG_9105
 
車体への取り付けですが、前面窓パーツを外してみると意味深な溝が彫られています。
ここで切断すると丁度窓ガラスとライト周りが分離しますので、光漏れしにくいように
遮光できそうです。
IMG_9107

 取り付けには遮光も兼ねてブチルゴムシートを利用。自己融着するので
隙間を確実に埋める事ができ、同時に固定もできるのでだいぶ楽ができました。
IMG_9146

車体に取り付けた状態で点灯させてみるとこんな感じ。
流石にプラが薄いライトリム辺りと黄色いパーツとボディの継ぎ目は光が透けてますが、
それ以外は目立つほどの光漏れはしていないようですね。

ここまでくればあとはデコーダーに繋げるだけなのですが、肝心のデコーダーが
まだ仮の状態なのですよね。方向幕灯は前後同じで良いとしても、ヘッドライト、
テールライト、キャブライトはそれぞれ前後独立して制御したいですから出力端子の多い
デコーダーが欲しいですし、ライト基板がボディ側にあるので、床下と分離できるように
コネクターも設置したいですし…… とりあえずここで一度中断ですかね。