IMG_9273

アーノルドのICE3です。購入時より姿勢が気になっていたパンタグラフを
KATOのICE4に使用されているパンタグラフに交換してみる事にしました。
IMG_9274

ちなみになんとか姿勢を正そうとしてもこんな感じ。
とにかく傾いてまっすぐにならないのと、現在は搭載されていない架線集電機能の
名残でバネで高々と跳ね上がり、丁度良い位置で保持できないのでちょっと
かっこわるいのです。
IMG_9269

使用するのはKATOのASSYパーツ、4996-1F ABe4/4 35101パンタ です。
KATOのアレグラに使用されているものです。欧州の交流15kV区間用パンタグラフ
に近似の形状で、細かい事を気にしなければ色々流用が利きます。
IMG_9256IMG_9265
IMG_9288

作業自体は難しくなかったのですが、肝心の途中写真を撮り忘れ……
とりあえず車体をバラしてネジで止まってるパンタグラフを取り外し、
ボディに残る2本のガイシパーツも引き抜きます。その後ASSYパーツの
パンタグラフの3本のガイシ兼取り付け足のうち中央の取り付け足だけカットして、
残り2本を元のガイシパーツがはまっていた穴に差し込んで少量のゴム系接着剤で
留めるだけ。
IMG_9287
IMG_9286
IMG_9285

これで完了。若干形状が違うのと、ちょっと前後位置がズレてはいますが、
元のパンタグラフよりもずっと見た目が良くなりました。
位置ズレは気になるようなら直しますが、走っちゃえばわからないですし、
面倒なのでこのままで良いかという気もしますね。