IMG_9595

Hornby R3809 Stephenson’s Rocket Train pack です。
ロケット号はリニューアル再販されたら買おうと思ってたので、新規金型で再販が
発表されてから楽しみにしていたモデル。遂に発売となりました。
rocket

実車は世界初の旅客用蒸気機関車にして、後に登場したほとんどの蒸気機関車は
この機関車の仕組みが使用されているという蒸気機関車の原典のような機関車です。
折角外国型鉄道模型に手を出したのだから、こういうのも欲しかったのです。
ただ、過去販売されていたものの相当に古い模型だったのですよね。
IMG_9566
IMG_9568IMG_9570
IMG_9572IMG_9574
IMG_9577IMG_9542

模型は新規金型なだけあって過去製品から大幅にグレードアップした感じ。
走行は静かですし比較的スムーズ、DCCにも対応。客車の方も車内まで作り込みがあります。
まぁ、相変わらず各部品の立て付けが悪いのは目立ちますけれど。
IMG_9587

連結はちょっと変わっていて、旧製品だと普通のベーカーカプラーだったのが
鎖を模した専用の物に変更されてます。見た目重視なのでしょうけれど、
なんだかすぐ折ってしまいそうで扱うのが恐ろしい。
IMG_9547IMG_9609
IMG_9552IMG_9553

また今回はDCC対応ということで、テンダーの樽の中に6pinソケットがあります。
が、これがとにかく狭いのでサウンドデコーダーは入りません。16.5mmゲージは
サウンド搭載を標準としたかったのですが……
これはそのうち他の方法を考えるとして、とりあえず手元にあったLokPilot v4.0を
改造の上取り付けました。
IMG_9527

これでとりあえず走行準備が整いました。
ところが試走させてみたところ、集電能力が低いのか低速走行時に
止まるという問題が発覚。DCCではなくアナログならごまかしが利くのですけれど……
ちょっと対応を考えないといけなくなってしまいました。