城国和那の気まぐれ活動記録

主に模型、中でも鉄道模型。ついでにそれ以外。 作業備忘録的なものから無責任な独り言まで。 そんな目的なので、気が向いたときにしか書かないはず。 手で書くのは面倒でもPCなら続けられる、ハズ。 基本自分がやってみたことの記録なので参考にならないもの多し。 参考にするなら自己責任で。

鉄道模型

マイクロエースのキハ8000、スピーカー変更

IMG_9047

サウンド搭載したマイクロエースのキハ8000北アルプスです。車外から
見えない車体端にデコーダーとスピーカーを押し込んだので、車体端ギリギリに
小さなスピーカーを積む事しかできませんでした。
IMG_9046

確かにこの位置なら車外からは見えませんので、見た目は良いのですが……
やはり、8*12mmでは音があまり良くありません。音割れもするのでなんとか
ワンサイズ大きなスピーカーの搭載を検討していました。
IMG_9050
IMG_9051

その結果思いついたのがここ。ヘッド/テールライトユニットを取り外し、
そこにスピーカーを搭載してみようというわけです。当然ライトは
点灯できなくなりますが、どうせ中間に入る車両なので問題無いという判断です。
IMG_9055IMG_9053

 使用するのは以前ついで買いしていたRocoの11*15mmのスピーカー。
これがライトユニットとほぼ同じサイズで都合よく収まりました。
 外から見てもライトユニットが入っているのと同じ見た目なので目立ちません。
IMG_9054

あとは配線を適当に通して完了。
スピーカーが前に移動したのでデコーダーの設置にも余裕が出来ました。
音の方も概ね良い感じで、音量も出て音割れもせず音量調整がしやすいため
サウンドごとのバランスをとって設定しなおしました。
IMG_9055

これでとりあえずキハ8000のサウンド搭載は完了でしょうか。
Nゲージの方は積極的にサウンド搭載するつもりでもありませんので、
これくらいにしておきましょうかね。
やはりNゲージ用のスピーカーは11*15mmのシュガーキューブが丁度良さそうです。
これ以下だと音が良くありませんし、これ以上だと車内で目立ってしまいますからね。

TOMIXもスカイライナー

tomixae

TOMIXでもスカイライナーが出るようです。
既にマイクロエースのがあり、ちょっと気になるところはあるものの概ね問題ない
出来だと思ってますが、TOMIXの出来次第ではちょっと考えてしまいますね……
2020_02w

しかし、ほぼ同じタイミングでそのマイクロエースからも発表が。
こちらはヘッドライトを現行にあわせて白色化しての再生産となるようですね。
ただマイクロエースの場合、あくまで発表だけで実際に発売されるかどうかは
未定なので、TOMIXの様子を見て実際に再生産するかどうか決めるつもりでいる
かもしれませんね。

エヴァカラーのミュースカイはやはりグリーンマックスから

abaf7eb01994081129bb3bba357153b7

やっぱり出るみたいですねこれ。エヴァンゲリオンカラーのミュースカイ。
グリーンマックスなので仕方が無いとはいえ、TOMIXの500系typeEVA
迫る価格なのが恐ろしいですが。

元のミュースカイはボディが白色なせいか室内灯入れると光が透けてしまいますが、
エヴァカラーだとどうでしょうね。ちょっと気になります。

アーノルド ICE3のパンタ交換

IMG_9273

アーノルドのICE3です。購入時より姿勢が気になっていたパンタグラフを
KATOのICE4に使用されているパンタグラフに交換してみる事にしました。
IMG_9274

ちなみになんとか姿勢を正そうとしてもこんな感じ。
とにかく傾いてまっすぐにならないのと、現在は搭載されていない架線集電機能の
名残でバネで高々と跳ね上がり、丁度良い位置で保持できないのでちょっと
かっこわるいのです。
IMG_9269

使用するのはKATOのASSYパーツ、4996-1F ABe4/4 35101パンタ です。
KATOのアレグラに使用されているものです。欧州の交流15kV区間用パンタグラフ
に近似の形状で、細かい事を気にしなければ色々流用が利きます。
IMG_9256IMG_9265
IMG_9288

作業自体は難しくなかったのですが、肝心の途中写真を撮り忘れ……
とりあえず車体をバラしてネジで止まってるパンタグラフを取り外し、
ボディに残る2本のガイシパーツも引き抜きます。その後ASSYパーツの
パンタグラフの3本のガイシ兼取り付け足のうち中央の取り付け足だけカットして、
残り2本を元のガイシパーツがはまっていた穴に差し込んで少量のゴム系接着剤で
留めるだけ。
IMG_9287
IMG_9286
IMG_9285

これで完了。若干形状が違うのと、ちょっと前後位置がズレてはいますが、
元のパンタグラフよりもずっと見た目が良くなりました。
位置ズレは気になるようなら直しますが、走っちゃえばわからないですし、
面倒なのでこのままで良いかという気もしますね。

TOMIX M-13モーターを試す

IMG_9226

TOMIXのM-13モーターです。パーツ販売がやっと始まりました。
以前にM-9モーターの換装をネタにしているのでこれも一応やっておこうかと
いうことで早速買ってきました。M-9モーターTYPE4互換がM-13モーターTYPE1、
M-9モーターTYPE3互換がM-13モーターTYPE2のようですね。
IMG_9231

とりあえず500系のM-9モーターを交換してみます。以前も言ってますが、
私は未だM-9モーターが壊れるという状況に遭った事がありません。なので
特に理由はありませんが、そういえばM-9モーターの換装を思いついたのは
元々500系が不調だったからだなぁと思いまして。
IMG_9233
IMG_9234
IMG_9248

まぁ、IMONモーターの時と違ってただ載せ換えるだけなので難しい事は
特にありません。バラして交換して組み戻して終わり。
ただ、換装した事によって何か大きく変わるのかというとそうでもなく。
IMONモーターの時みたいに大幅に速度が落ちて粘るようなスロー動作が出来るとか
そういうのもありません。特性はM-9とほぼ一緒。
起動電圧が上がったのか動き出すのがM-9よりも遅くなり、最大速度が遅くなったようです。

……あれ、つまりこれって実質性能下がってるって事ですよね?
安定して低速走行できるわけでもなく、でも動き出しは遅い。逆に最高速が出るかというと
そういうわけでもなく。これなら走行特性という意味ではIMONモーターへの換装も
まだまだ有効な選択になりそうですね。手間がかかるのを除けば。

まぁ、本来は当たり外れの大きいM-9モーターの置き換えが主目的で、性能向上を
求めてるわけではないのですから、今回のM-13が多少性能が下がってもそこは
問題ではないのですけどね。すぐに壊れたりしなければいいわけです。

もちろん、今の時点ではM-13の耐久性は未知数です。M-9と同じように壊れるようでは
本当にただの劣化版になってしまいますが…… さてどうなるやら。
ギャラリー
  • マイクロエースのキハ8000、スピーカー変更
  • マイクロエースのキハ8000、スピーカー変更
  • マイクロエースのキハ8000、スピーカー変更
  • マイクロエースのキハ8000、スピーカー変更
  • マイクロエースのキハ8000、スピーカー変更
  • マイクロエースのキハ8000、スピーカー変更
  • マイクロエースのキハ8000、スピーカー変更
  • TOMIXもスカイライナー
  • TOMIXもスカイライナー