2023年02月11日

交野市の入札参加資格審査申請

230211_交野市の入札参加資格審査申請
















先日、交野市の入札参加資格審査申請をしました。
この申請受付は、2年に1回(今回は令和5年1月12日〜2月13日)行われます。
前回までは、申請書類を郵送していましたが、
今回は、インターネットの専用フォームに必要事項を入力し、押印が必要となる書類もPDFスキャンデータを添付する申請方法に変わりました。

さて、写真は交野山(”かたのさん”ではなく”こうのさん”と読みます)です。
生駒国定公園の最北部に位置し、標高341mと低い山なので、初心者に人気のハイキンコースとなっています。
頂上には、観音岩と呼ばれる巨岩があり、みんなそこを目指し登っていきます。
その観音岩に立って眺める景色は、東に京都、北に枚方市、西側には大阪平野が一望でき360度のパノラマの絶景が広がっています。
山頂に立つ岩ということで見晴らしが良いということは、 つまり遮る物が何もないということで、9月〜10月は、タカの渡り観察ポイントにもなっています。
大空を悠然と舞うタカの姿は、理屈ぬきにカッコよくロマンを感じます。

交野市内地の樹木の剪定・伐採等に伴い、鳥の巣を発見することもあるそうです。
巣の中に卵やヒナがいない場合は巣を撤去することが可能なのですが、
撤去することで卵やヒナを損傷、殺傷することが明白な場合は、許可を得ていなければ、法に抵触するおそれがあります。
そのような場合は、巣立ちまで温かく見守り巣立ち後に撤去することになります。

多くの野鳥たちは季節ごとに、定期的な移動を繰り返しています。
その距離は1万キロを超えるものから、市街地から山の上と言った近距離のものまでさまざまです。
このような移動を繰り返して、餌の多いところに行って繁殖すると言う基本的なパターンがあるようなので、営巣の保護を図っているそうです。

その一例として、断崖絶壁の窪地にあるハヤブサ営巣を保護するために、伸びた木の伐採を行っている建設業者の動画を紹介します。



2022年01月27日

国の機関への入札参加資格審査申請

220128_国の機関への入札参加資格審査申請


















全省庁統一資格の審査申請をしました。
この申請受付は、3年に1回(今回は1月11日〜1月31日)行われます。

<全省庁統一資格とは?>
役所が工事実施や物品納入などの業務を発注する場合、入札という手続きがとられます。
多くの人が、役所と言われてパッと思いつくのは、最も身近な地元の市役所ではないでしょうか。
そして、次に思い浮かぶのが都道府県庁。

最後に、意外と思いつかないのが国です。

市役所、都道府県はイメージしやすいでしょう。
それゆえ、多くの会社が、それらをターゲットにして入札に参加しています。

入札に参加している会社の社長にお話しを伺うと、枚方市役所や大阪府庁の入札に参加していても、国の機関への入札には参加していない場合が多いです。
その理由は、あまり身近ではないため、近くに国の機関があることを知らなかった、あるいは気づかなかったということです。

では、国の機関にはいったいどのようなものがあるのでしょうか?

それは内閣を筆頭とする行政機関、最高裁判所を筆頭とする裁判所、そして国会です。

行政機関というのは、財務省や厚生労働省などの省庁です。
これらの省庁は全国各地に膨大な数の地方機関を置いています。

あなたが住んでいる近くにも、税務署やハローワークはありませんか?

それらも国の機関の一つです。

裁判所は、各地方の中心となる都市に高等裁判所があります。
さらに、主に都道府県庁所在地に地方裁判所があり、主要な市町村には家庭裁判所や簡易裁判所があります。

国会は・・・全国に出先機関はありません。


国の機関である各省庁の入札に参加するには「全省庁統一資格」が必要となります。
この資格さえ取得すれば全省庁への入札に参加できるとても便利な資格です。

建設業者の方には、公共工事も元請として受注して、適正な利益を確保して頂きたいと思っています。
しかし、地元の市役所だけでは、多くのライバル会社との競争に挑んでいくことが増えてきています。

そのような苦労に少しでもお役に立てるように「物品」「役務」の入札についてご提案させていただきました。

2021年11月16日

枚方市の入札参加資格審査申請

211116_枚方市の入札参加資格審査申請












枚方市役所です。
建設工事の入札参加資格審査申請をしました。

この申請受付は、2年に1回、限られた期間(今回申請は 10月11日〜11月19日)行われます。

申請内容も毎回変更され、今回の変更されたポイントは、次の場合に同一入札へ参加することができなくなったことです。
 1.子会社と親会社のように資本関係にある場合
 2.会社の役員を兼ねている場合

2018年に発生した大阪北部地震以降、自然災害が相次ぎ、復旧工事が増加し、枚方市の有資格者名簿の登録業者も多くなってきています。

先月、和歌山市の紀の川にかかる水管橋の一部が崩落し、1週間にわたって断水しました。
橋のアーチと水道管をつなぐつり材の腐食による破断が原因らしいです。

それに伴い、枚方市(交野市)を流れる天の川にかかる水管橋の老朽化した補修工事も増えそうです。

税金を原資とする枚方市の発注工事は、公平性をもって競争性を確保する必要があります。
技術力や経験に基づく施工が行える建設業者に登録業者になって頂きたいと思います。


2021年01月03日

交野に国宝あり

210103_交野に国宝あり













京阪電車の私市駅から30分ほど山を登ると獅子窟寺があります。

ここには国宝に指定されている薬師如来坐像があります。

普段は拝観に事前予約が必要ですが、お正月の三が日は無料で自由に拝観できます。

今年もこの日を逃すわけにはいかないと参ってまいりました。

この薬師如来坐像は、一材から彫成した一本造で平安時代前期の制作と推定されています。

お顔のつくりや足先まで衣で包んでいる衣紋の美しさに息をのみます。

拝むことができた後は、見晴らしの良い場所へ移動して大阪平野を広く見渡します。

移動する途中には、花崗岩の巨石が多く見ることができます。

そのひとつに「獅子窟」と呼ばれる巨石が組み合わさった岩の隙間の空洞があり、この中で弘法大師が修行をしていたといわれています。

また、修行中に祈祷すると空から北斗七星が降ってきたという伝説もあります。

今年も貴重な国宝を見学してから、巨石たちのパワーを感じれたことに感謝します。

kazutakada at 18:21コメント(0)気付き この記事をクリップ!

2020年01月23日

写真作品展(祈り)を鑑賞

200123_写真作品展(祈り)


















昨年の夏にスリランカを旅された写真家である上山さんの
写真作品展に行くことができました。

昨年の4月21日にスリランカで連続爆破テロ事件が発生しました。
その日はキリストの復活祭で
教会や高級ホテルなど8ヶ所で起きたのです。

「スリランカ、ほんまに行くんですか?」

という私の問いかけに対して

上山さんは「これは行かなあかんと思うねん」と言って、
なぜスリランカを旅することに決めたのか、
これまでの経緯というか直感的なものを語ってくれました。

そのときに
上山さんのスリランカの旅に対する覚悟を感じたことを
今でも覚えています。

どんな写真作品展なのかワクワクして訪れました。

現地の人に寄り添って撮りたいと思ったものを
ストレートに撮っているように感じました。

特に、見知らぬ他人のアップを
真正面から堂々と臆することなく撮っているのは
「上山さんの写真」だなぁと思います。

そこまでは期待していたとおりで、
今回の写真展はさらに私の魂に響きました。

写真パネルが壁に数枚並んで飾ってあり、
その前に椅子が用意されています。

その椅子に座り、ゆっくり鑑賞することができます。

その写真パネルの中の一枚を通して
自分と向き合うことができました。

その一枚の写真は、
老人が静かに手を合わせて祈る姿が明かりで輝いて見え
顔や手のシワが長年生きてきたことを物語っています。

その祈る姿の尊さに、
昨年の夏に亡くなった母の姿と重なって
涙ぐんでしまいました。

この写真作品展に来ることができたことに感謝します。
本当にありがとうございます。


kazutakada at 19:04コメント(0)気付き この記事をクリップ!

シンガポールの綺麗な街

191213_シンガポール













シンガポールの街は日本よりもキレイです!

多民族国家で様々な人種の方が暮らしているため、
異なる文化や考えを持った人たちを
同じルールで統一することが大切です。

このルールを守らせるために生まれたのが罰金制度。

チューイングガムを食べたら罰金ではなく
「ガムを持っているだけでも罰金」には驚きました。

191214_街がキレイ













しかし、罰金があるとはいえ、
主要道路から裏道に入った路地には、
平気で歩きタバコしている人や
ポイ捨てもしているところを目にしました。

それでも綺麗さを保っているのは
清掃員のおかげなのだと思います。

朝方の道路を掃いてゴミを回収する清掃員の姿も
いろんな場所で目撃しました。
191215_清掃員


kazutakada at 09:40コメント(0)海外旅行 この記事をクリップ!

2019年04月07日

開業13年目に突入しました

新しい元号が発表されました。
さっそくパソコンで文字を打ってみて、
予測変換に「令和」がでてきたことには驚きました。

「建設業キャリアアップシステム」の本格運用も開始されました。
建設業者様としては、なにかと手間がかかることが予想されますので、全力で支援していく所存です。

190407_開業13年目に突入しました

2019年01月24日

ホーチミン市人民委員会庁舎

これが市役所 !(◎_◎;)190124_ホーチミン市人民委員会庁舎

kazutakada at 11:07コメント(0)海外旅行 この記事をクリップ!

2019年01月23日

ホーチミン地下鉄工事

2020年開通を目指して工事が進められている。
NguyenHue通りにある日本とベトナムの旗を揚げた看板
190123_ホーチミン地下鉄工事

kazutakada at 07:18コメント(0)海外旅行 この記事をクリップ!

2019年01月22日

ベトジェットエアLCC

関空とホーチミンの直行便
ベトジェットエアLCCに乗ってみました。
約45分遅れで到着・・・
CAは全員 ”男“ でした(笑)
190122_ベトジェットエアLCC

kazutakada at 21:45コメント(0)海外旅行 この記事をクリップ!

2018年10月31日

鳴門海峡(大鳴門橋)

181031_鳴門海峡1

渦潮の上部に掛かる吊橋です。
瀬戸内海と紀伊水道の間にあり、潮のみちひきによって落差が出来るために渦が出来るようです。
迫力ありますよ!

181031_鳴門海峡2

kazutakada at 19:42コメント(0)気付き この記事をクリップ!

2018年09月23日

称名滝

富山県の立山にある称名滝(しょうみょうだき)を見に行ってきました。
落差が日本一の滝と言われており、期待に胸を膨らませて向かいました。
いやはや、素晴らしかったです。
稚拙な言葉しかでてきませんが、自然が創る壮大さと美しさなんです。
ゴーーーという流れ落ちる音、顔にかかる水しぶき、山の香りが重なり合って、なんとも非日常的な瞬間でした。
180831_称名滝

kazutakada at 17:39コメント(0)気付き この記事をクリップ!

2018年04月01日

開業12年目に突入しました

新年度を迎えました。
おかげさまで当事務所も12年目に突入しました。
プロフェッショナルなサービスを提供し、
少しでも皆さまのお役に立てるよう邁進していきます。

180401_開業12年目に突入しました


2017年12月13日

寝屋川市建設工事入札参加資格審査申請

寝屋川市役所です。
建設工事の入札参加資格審査申請をしてきました。
(申請受付期間は 12月15日まで)
171213_寝屋川市指名願い

2016年08月31日

建設業許可研修の講師

2016年8月30日(火)

大阪府行政書士会枚方支部の研修会

枚方市民会館の会議室で、建設業許可研修の講師を務めました。

160830_研修の講師



2016年07月18日

初ピーチ

2016(H28)年7月1日(金)晴れ。
 
関西空港の第2ターミナルに来ています。
初ピーチです。
今から東京へ向かいます。
 
160701_初ピーチ



ソウル市役所

2016(H28)年6月20日(月) 曇り。
 
ソウル市役所です。
 
160620_ソウル市役所
 
 




2016年07月01日

ソウルへ

2016(H28)年6月18日(土) 晴れ。
 
関西空港で出国待ち。
KOREAN AIR で Seoul へ行ってきます。

160618_Seoulへ



2007年10月01日

第3回 遺言の書き方の無料セミナー開催


第3回 交野市民向けの無料セミナーを開催した。

今回は、相続の個別相談で1名が来てくれた。

守秘義務があるので相談内容は書けないが、市民のニーズはあるので
もっと行政書士を知ってもらうことが必要だと感じた。

今月は「行政書士制度広報月間」だ。

新たな気持ちで活動していこう!



2007年09月14日

探偵!ナイトスクープ収録会場

念願の『探偵!ナイトスクープ』収録会場に行ってきた。

妻が何度も応募して、ようやく抽選に当たったのだ。


探偵!ナイトスクープ






生放送ならではのハプニングもあって楽しかった。

どのように放送されるか楽しみだ。


Profile

Takada

Recent Comments
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)