今回は審査員に行ったついでにスタジオの上から見学してきました。
なので、今回もオフエア組の感想を書きます。ご了承ください。


401 チョップリン
301 オオカミ少年
457 三拍子
357 スマイル
381 くじら
269 三福星
293 セーフティ番頭
209 宴人
153 クルクルキューティクル
473 風藤松原





473 風藤松原
457 三拍子
401 チョップリン
381 くじら
357 スマイル

301 オオカミ少年
293 セーフティ番頭
269 三福星
209 宴人
153 クルクルキューティクル


※感想は計量順です。

チョップリン(コント)おっさんの人魚が釣れた

最初のトンデモ設定をぐいぐい引っ張る形のコントでしたね。ボラとかツナサンドのくだりとかが結構細かくて良かった。
(トーク)(神田アナ・西野さんともに座ってトーク)人魚のヒレは単独ライブの時に作ってもらい、20万くらいかかった。小林さんは、上半身をあらわにするネタだったために、ガリガリだった体を鍛えたそうです。
退場の時、間違えて小林さんは後から出ていこうとしました。
(ステージの階段を下りて、スタッフにバケツを渡すのが正しい)


オオカミ少年(ショートコント)声出し練習

沢尻エリカなど、時事ネタに突っ込んだところが多く、自分は満足したが、審査員にとっては「マンネリ」に感じられたのかな…
(トーク)見た目は怖そうだが、サングラスをとったらざごば師匠に。
二人は同じアパートの隣同士の部屋。アパートの壁が薄く、鼻歌も聞こえるほど。
先日夜2時ごろ、どどどどん!と音がするので、地震かと思ったら、相方が隣の部屋で壁にカレンダーをかけていたそうです。


三拍子(漫才)ドラマのべたなシーン

三拍子にしては小粒な感じだったけど、ミスをうまくアドリブで笑いに変えるあたり、やっぱりベテランだなと感じました。
(トーク)よく虫歯にかかる久保さん。
高倉「お前の口臭か俺の鼻くそかわからない」
久保「どっちも汚いよ」
高倉「NHKは汚いのが多いですね」
神田「NHKまで巻き込まないで下さいよ」
高倉「NHKのKは汚いのK」


スマイル(漫才)一般常識/カラオケ

まあ、無難なところでしたがレッドカーペットとかでカラオケネタ見たことある人が食傷気味に感じてボールを入れず、ボーダーになったのかもしれませんね。
(トーク)ウーイェイよしたかさんは天然。先輩とラーメン屋に行く時に、あいているかどうかわからなかったので、電話で聞くことにする。
そこで、ラーメン屋の電話番号を聞くために104に電話したが、そこで「あいてますか?」と聞いたそうです。


くじら(ものまね)釣りのものまね/ものまねメドレー

後半になって少々とっちらけになってしまったのかもしれません。ただ、「ものまねが終わったと思ったら拍手をお願いします」と言って、「続きまして…」で拍手が鳴るように仕向け、ネタが伝わらないことをアピールしたのはうまいと思いました。
(トーク)彼自身は魚がぬめぬめして触れないので釣りはしない。なので釣り界のオファーから呼ばれて気まずい。
バスプロ界の結婚式に呼ばれると普通は「しらねーよ」なのに、そこでは「似てる!」と言われるらしい。
最近、自分のルアーが出たらしい。


三福星(コント)修学旅行の夜

女子の部屋をのぞきに行くか行かないかで心が揺れ動くコント。
少々東京03っぽいかなと思いました。ただ、そちらと比べると、やっぱり荒さが目立ったな、と思いました。昼の部のニッケルバックに続き、ここも今季C大会は絶望的かな。
(トーク)だれかは忘れましたが、縁起担ぎにかつ丼を食べに行ったら、一人だけキツネそばを食べた人がいたそうです。
また間違えて後ろから退出しようとしていました。


セーフティ番頭(ショートコント)検査結果/名場面(他)

ボケに対し突っ込まず、共感したり流したりするショートコント。
あー、受かってほしかったなー。ぜひお茶の間にこういうタイプのショートコントを見せてやりたかった…って、僕この回審査してなかったんだけどね。
ただ一つだけ突っ込んで終わったショートコントがあったんで、そこで冷めてしまったのかもしれない。ネタチョイスをしっかりすれば、次は受かると思います。
(トーク)緊張の余り水を1リットル飲み、そのせいで汗がだらだらだそうです。
藤崎さんは自炊したり、自転車で移動したりと節約術をやっているそうです。
新宿・渋谷・三軒茶屋は自転車で行けるそうです。


宴人(漫才)バーベキュー

漫才・バーベキューとは言うものの、いつもの「惚れてまうやろー!」のネタです。
フェイントで「焦げてまうやろー!」とかもありましたが、会場とうまくなじめてなかったようです。
(トーク)バケツを持ちかえって、「アー、少ないですねー」とのこと。
1年半ぶりの登場、と紹介を受けると、「1年半前と変わらないですね。苦汁をなめて挑戦したら、これ…」
神田アナとは初めて会うようで、「過去3回の中で一番きれい」
「女子アナ二人しかいませんから、もう片方否定したことになりますね


クルクルキューティクル(漫才)エステ

二人は話術はすごくうまいんですよ。ほんとに。
ただ中身が全然印象に残らない。JPの「女子同士の会話」ってのもうなずけます。ネタをもっと磨けば、初オンエアも夢ではないと思います。
それにしてもスタジオの上から見ると、球がどれだけ流れているか、一目瞭然ですね…明らかに十数個しか流れておらず、隣にいた人は「少ない…」とつぶやいていました。
(トーク)母親(こちらもどちらのか忘れました…)がブログを始めたらしく、たむけんや小島よしおなど男の裸芸人が好きだそうです。
珍しくブログにコメントが来たそうですが、そのコメントは、「郷ひろみさんの誕生日、間違っていますよ」


風藤松原(漫才)やだねぇ/ニュースキャスター/アルバイトの面接

トークにもありましたが、ここまで絶不調だったので、最後くらいは…という心理が審査員にあったのでしょうか、初のトップオンエア。
いや、ネタもよねさんのことをうまくひっぱっていて、よかったんですけどね。
(トーク)「初めてのラストなので、他の方々のしりぬぐいを…」
リハーサルの時、他のコンビはみんなはなれていたのだが、彼らは一緒に並んでいたらしい。
「やっぱりいつも一緒にいないと気持ち悪いですね」
二人は同棲していて、片方が風邪をひくと、うつりやすいそうだ。
相方が風邪をひいたので、お見舞いの定番としてバナナを買ってやろうと思ったらバナナがなかったので、バナナチップで代用したそうです。


総評は、以前も言ったとおり、全体的に厳しめの審査でした。
某サイトを見てわかったんですが、10組の平均キロバトル数が今シーズンで一番低かったそうです。
オオカミ少年、セーフティ番頭はもっと評価されてもいいと思ったんですけど…


(次回予告)
次回から4勝目をねらう芸人がでてきますね。
大輪教授の時、照明が暗かったんですが、何のネタなんだろう…