「情報公開」
左翼と野党は何かあると「情報公開、情報公開」とわめきたてる。
左翼市民も「知る権利が重要だ!」自分達のプライバシーは保護したがるが、行政の情報はガラス張りにしたがる。

しかし、行政においてどのくらいのレベルの情報公開が必要なのだろうか?
何から何まで全てを情報公開など絶対あってはならないし、そんなことしてたら行政は成り立たない。

公的文書はある程度公開する必要はあるが、メモ書き程度のものまで公開するとかあり得ないし、やってはいけない事。

今回の加計問題はこのメモ書き程度の文書で「あーだこーだ」と言ってるから話にならないのである。

加計の話とは違うが、福島第一原発の汚染処理水をどうするかという事で議論が起きている。
汚染水を処理しても「トリチウム」だけは残るものだから、それを海に流すことが出来ず、タンクの貯蔵量は増えるばかり。

いくら処理しようが捨てられないから、処理するだけ無駄なような気もするが、問題はこのトリチウムを含む処理水は外洋に流しだしても、ほとんど環境被害は行らないとの事。

現に世界中の原発から、トリチウムを含む処理水は海に流されている。
何で日本だけ流してはいけないのか?

流していけない事はないのだが、結局、原発事故を起こしたことで、福島産の産品がいくら汚染されてなくても「風評被害」で売れない。売れにくい。そういう現状があるところに「汚染水を流した!」と左翼メディアや韓国が騒ぎ立て、さらなる風評被害を産みだすから、特に漁業関係者が反対しているのだ。

トリチウムは水と同じ成分で、人体に留まらないから世界中で海に流しているという現実をきちんと報道し、その上で今回福島第一原発でも安全を確認したうえで放出することになりました。
魚介類にも人体にも影響はないと報道すれば、そこまで極端な風評被害にはならないだろうに、絶対左翼勢力は「汚染水を海に流した!」と政権批判に繋げようとするから話にならない。

とにかくこの左翼どもは日本の足を引っ張る事だけに全精力を注ぎこむ。

何でもかんでも情報公開するのではなく、処理水を流したことを公開せず、普通に処理すれば良いと思うのだろうが、たぶん左翼どもはどっかから処理水を流してるらしいぞという情報を掴み、また非難してくるだろうから却って事態は悪化するか?

まあ、とにかく知らなくて良い事は世の中いくらでもあるし、一般人が知りたいとも思わない。
知りたがるのはとにかく政府の邪魔をするネタを一つでも得たいと願う左翼どもだけだっつーお話。
DSC_0030