安倍が憎けりゃ加計まで憎い!?
加計学園の獣医学部の許認可が出るか出ないか判断されるとされていた8月。結果はなんと「保留」
結論は10月に延期されるそうだ。

来年の4月から開学するんやろ?10月と言ったら推薦入学とか決まってくる時期なんやない?
受験生にとっては進路を確実に決めていかなければいけない時期に、開学できるか出来ないかまだわからないなんてそんな殺生な事ある?

そんな事ならいっそのこと「30年4月の開学は無理」とはっきり言ってもらった方が、学生はもちろん、学校側もヤキモキしなくて良いんじゃない?

結局、これだけ大問題になった件で安易に「認可」を出したら今度は自分達が責められると審査会の連中が保身に走ったわけでしょ?
逆にここで路線を転換する方がよっぽど悪い事のように思えるのだが。

すんなり「認可」して「別に何の問題もないんですよ」とした方が絶対良いと思う。
騒動するのはバカな野党連中と左翼連中だけで、それでこの問題は終了する。

それが延期したことで、問題をさらに引き延ばすことになると何故わからないのか?
民進党のバカ玉木が「加計学園の認可問題を白紙にする考えはないのか?」と言っていたが、それを実行することになりかねない。

そして延期したことで国民も「やっぱり疚しいことがあるから、延期するんだ」くらいにしか思わない。逆に疑惑を認めることになりかねない。

この結論はたんに審査会が独自で出した判断なのか?それとも文科省の新大臣になった林さんがストップをかけたのか?
それともただ単に審査会がそういう空気を忖度して延期という判断を出したのか?

とにかく「一番やっちゃいけない事をやった」としか思えない。
終わりかけた問題をまた蒸し返す・・・・忘れかけた問題を再び問題にする。
まるで韓国のやることと同じ。

やっぱ左翼や野党は朝鮮人が多く含まれていると思わざるをえないようにやることが似ている。
そんな不逞な朝鮮人どもに「不法滞在するな!在日特権を返上しろ!」と言うと「ヘイトスピーチだ人種差別だ」と毎度お決まりの決まり文句。もう飽き飽き。

DSC_0614