北朝鮮が日本の都市に照準を合わせてミサイルを発射しようとしている。
この場合は日本は憲法9条と言う防衛のための足枷にしかならないお荷物を背負ってはいるが、個別的自衛権の範囲内という事で、このミサイルを発射前に攻撃することも出来る。

これを敵基地攻撃能力というのだが、自衛権では認められていても、現在の自衛隊にはそういう装備も攻撃能力も保有はしていない。

ネックはやはり「憲法解釈」が様々で、自衛隊の存在自体も「憲法違反だ!」という憲法学者が未だにいる現状から、「他国の領土内を日本が攻撃して良いはずがあるわけないじゃないか!」いう意見もあるから。

やはり国際法上で「どんな国にも個別的自衛権は存在する。」と言われようが、日本みたいに「陸海空の戦力を保持しない」と憲法に明記してたら「やっぱ自衛隊は憲法違反だ!」と言われても仕方がない。

本当ならこういうまやかしを無くすためにも、「最低でも9条2項は削除しなければいけない」のだが、現実的には中々難しい。

しかし、今こそ逆にチャンスなのではないか?
北朝鮮の暴虐ぶりに、何とかしなければいけないと日本中が危機感を持っているだろう。
今こそ、与党野党関係なく、日本のために今なすべきことは憲法9条を無くすことだとハッキリと主張し、安倍総理もこれに進退を賭けて「自分が総理の間は議論しないというなら、私は辞めるから憲法改正を国会で発議し、国民投票にかけてくれないか?」と誠意を尽くしてお願いすれば、民進党の中からでもいくらでも賛同者は出てくるだろうし、それでも公明党は協力しないと言えば、公明党を追い出し、自民と維新と民進党の保守派で発議出来るのではないか?

例によって中国・朝鮮大好きな基地外左翼達やメディアが大反対のキャンペーンを張るだろうが、国民投票にさえかけられれば絶対何とかなると思う。

この危機的状況の今こそ「日本を守るために憲法を改正させてくれ!」と真正面から訴え、総選挙で国民の信を問う。
おっ!昨日今秋解散総選挙をするなら後は大義名分が必要だって書いたけど、これ程の大義名分は無い。
憲法9条を改正し、敵基地攻撃能力も保有し、日本国民の生命と財産を守る!
安倍総理!最後の大仕事としてやってみてくれよ!
たぶん今出来なきゃ一生できはしないから、「失敗したら日本は二度と憲法改正が出来なくなる」なんて心配はしなくていいから。
DSC_0788