米朝首脳会談は無事終わったみたいだが、なんか政治ショーを見せられているような気がする。
何か具体的に北朝鮮の核ミサイル放棄の約束事は出来たのか?

ただ「朝鮮半島の非核化」とか言っていたら、「在韓米軍が撤退しない限り、朝鮮半島の非核化は実現しない!だから北朝鮮も核を維持する」という事に将来なりかねない。

国と国との交渉だから、一方ばかりが土下座するみたいに相手の言い成りになる事は出来ない。
北朝鮮とてメンツがあるのもわかる。
しかし、あの北朝鮮が自分から「会談したい」なんて譲歩を見せるくらいだから、国連の経済制裁が確実に効いているのは間違いない。

もっとトランプ大統領も上から見下ろす感じの交渉で良かったんじゃなかろうか?
拉致問題もまずは「解決済み」から「再調査する(実際は把握してるのは間違いないが)」くらいの言葉を引き出して欲しかったしね。

そんなこんなで世界は動いているのに、日本ではまだまだどうでも良い問題で騒いでいる。

■漆原良夫・公明党顧問(発言録)

 (森友・加計学園問題で)心配していることがある。国会は国権の最高機関だ。内閣の下請けじゃない。一連の文書の改ざん、廃棄、隠蔽(いんぺい)。行政府が立法府を一年間だましてきた。そういう意味では、国民の代表たる国会の権威がないがしろにされている。だから、国会が怒らないといけない。

 ところが、政局的な観点から与野党が攻防戦をやっているという声が多い。野党であろうが与党であろうが、国会としてこの問題にどう取り組むのか。真相解明と再発防止をどうやって進めていくのか、真剣に取り組まないといけない。

 今回の問題は平成の一大不祥事だ。将来、後世のために国会としてどうしたのか(と問われている)。衆院、参院の院の力できちっと解決していただきたい。(TBSラジオの番組で)


平成の一大不祥事?
森友問題や加計問題がそれ程の問題か?問題に仕立て上げたのは左翼メディアと左翼どもでしょう?
森友問題は値引きに関しては一切問題無かった。それで終わり。文書の改ざんは財務省の一人遊び。
加計問題はそれこそ何の問題も無いどころか、「歪められていた行政が正された」話。

それをさも問題があるように仕立てたのが左翼ども。

ようは安倍総理が「関わっていたら総理も議員も辞める!」と言わなくても良い事を言ってしまったから、そこに付け込んで「なんとか問題に仕立て上げよう!」と必死にやっただけの事。

公明党もそろそろ野党に戻るか?でも公明党の組織票は捨てがたいんだよな~(笑)
DSC_4248