大阪府知事と大阪市長が同時に辞職し、松井知事が市長に、吉村市長が知事に立候補するというダブルクロス選挙が統一地方選と同時期に行われることになった。

府議会市議会共に維新の議員が過半数に足りず、公明党と連立を組んでいたのだが、公明党が都構想の住民投票に乗り気ではないため、今回の事態に陥った模様。

大阪と言えば維新、維新と言えば大阪と言われるくらい、維新の会は大阪府民の多くの支持を得て、実際、大阪の発展に寄与してきた。
「府市あわせ(ふしあわせ)」と言われた大阪府と大阪市の二重行政による無駄遣いを維新の会が解消し、確実に、着実に大阪府民の暮らしと景気を良くしてきたのが維新の会。

問題は今は府知事も市長も「維新の会」だから問題は無いのだが、仮にどちらかが他政党の人になったら、また昔の二重行政の大阪に戻るのは火を見るより明らか。

だから大阪市を無くし、特別区を設けて、二度と二重行政が行われないようにしておかなければいけない。
維新の会が大阪府民に支持されるのは、実際府民が「良くなった!」という実感を十分感じているから、創業者の橋本徹氏がいなくなっても、選挙の度に指示されているのだと思う。

ま、これは安倍内閣の政策によって確実に日本が良くなってきていると国民が実感しているから、どの国政選挙も自民党が一人勝ちしているのと同じ事。

しかし、一番の問題は「大阪の自民党」

何故、維新に協力しない?国政の場ではあれだけ自民党に協力してくれる維新の会に何故協力しない?
大阪自民党はふしあわせの二重行政のままで良いと考えているのか?

同じ保守政党で政権を運営していけば良いじゃないか?松井氏も元々自民党の議員だったし、何で維新に協力できない?
協力しないどころか、対案も出さない何でも反対ありきの立憲民主や国民民主、挙句の果てはあの共産党とまでタッグを組んで維新の邪魔ばかりしてるのだから理解できない。

安倍総理の目指す憲法改正にしても、維新の協力が必要だし、国会でも何度も何度も維新の議員は援護射撃的な質問をしてくれる。

もう少し維新の会という政党を大事にしてやらないと、そのうち手痛いしっぺ返しを喰らう事でしょう。

DSC_4483