とほほ管理員の「マンション つらいよ日記」

モンスター住民相手に毎日悪戦苦闘する、マンション管理人の日記です。

<ご挨拶> 初めて、このブログを訪問なさった皆様へ、お断り

このブログは、「自称 売れない小説家」の中年オヤジが、「自分が、もし、マンションの管理人だったら、こういうことが起きて、こんなふうな愚痴をこぼすだろうなあ」と想像したことを書き記している、「空想ブログ」です。
ですから。ブログ内に書かれることは、報道記事などの社会的事実の引用以外は、ほとんどが、「フィクション」です。

その点をご承知のうえ、お読みください。

なお、このブログは、本家であるHP「管理人は超つらいよ」の付属ブログという位置づけになっており、日々、脈絡のないことを書きなぐっています。

マンション管理に関することをきちんと調べたい方は、本家HPをごらんになってください。なお、ジャンル別インデックスもありますので、ご利用ください。

なお、「マンション管理人ブログ」の体裁をとっていますが、本人は、マンション居住が長く、複数のマンションで、理事長を計4期務めた経験もあります。そこでもいろいろな経験をしているため、「理事長視点」で書かれたコンテンツもあり、ただの管理人ブログとはちょっと違い、管理組合役員が読んでも参考になるように書いています。ですから、管理会社側の悪口も書きます。

以上、ご理解のほど、よろしくお願いします。

注1:筆者は、マンション管理士さんのように「法律に関する難関問題をパスして合格した」人間ではなく、特に、昔書いた記事については、法律や条例に関して、正確ではないことを書いていることもあります。文章を鵜呑みにはせず、読者の皆さんはご自分で検証したうえで、「そうなのか」と思うようにすることをお勧めします。
また、個人情報保護・業務上情報保護の関係で、わざとウソを書くこともあります。そのあたりの斟酌をお願いします。


注2:このブログで書かれていることは、くだらないことかもしれませんが、それでも、私トホホ管理人の著作であり、著作権が存在します。
勝手に文章を引用することはお断りします。一言、連絡してください。
それから、「まとめサイト」のような、ただ、全部を丸ごと自動的にコピーして転載するような悪質なものは、お断りです。

注3:現実のマンション管理の現場では、「こんなに働く」「こんなに有能」「委託契約外のことまでやってしまう」管理人はいません。当記事を根拠に、「こういうことまでする管理人がいるぞ。だから、うちでもやれ!」とか言うのはやめてください。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ




読者の皆様、アマゾンで買い物をする際は、ぜひ、このバナーからアマゾンサイトへ進んで、ご購入下さい。
貧乏管理人が泣いて喜びます。よろしくお頼み申します。



公務員と管理組合役員 どっちも責任をとらない

business_sekinin



厚労省の調査の改ざん。ひどいです。
ゴーンより、役人を逮捕しろよ! っていいたくなります。

しかし、公務員は捕まりません。
「処分が行われた」と言っても「戒告」程度の話。痛くも痒くもないでしょう。
それに、政権のために行なった不正行為は、公務員にとってはむしろ勲章であり、「昇進」や「天下り」につながります。

なんという無責任な構造でしょうか?

いっぽう、管理組合の役員。これも、絶対に責任を取りません。
昨年、ある「改善工事」が提案されましたが、役員の中に一人だけ難癖をつける大きな声の女性がおり、その人のために、この工事が実施されませんでした。
(うちの管理組合理事会って、「多数決」で決めるよりも、「全員が賛成しないとどうも・・・・」って考える人が多く、一人でも強硬な反対者が出現すると、流れてしまうことが多々あります)

この工事は多くの住民の要望があった工事なんですが、結局、予算化されませんでしたから、その工事をしないことで不具合を被る住民がいっぱいいます。
しかし、「反対した役員」は一切責任を取りません。自分の任期の1年が終わると、まるで「亜人」が死んでリセットするように、「あたし、関係ないもん」ってなります。
ほんと無責任です。
しかし、それで苦情がなくなるわけではなく・・・・・ そして、そのはけ口は管理会社に向けられます。
ここのところ、その件で、毎日のように文句を言われています。

自分の責任ではないことで、それを責められるのはつらいです。
あ〜、胃が痛い。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ









最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ