とほほ管理員の「マンション つらいよ日記」

モンスター住民相手に毎日悪戦苦闘する、マンション管理人の日記です。

<ご挨拶> 初めて、このブログを訪問なさった皆様へ、お断り

このブログは、「自称 売れない小説家」の中年オヤジが、「自分が、もし、マンションの管理人だったら、こういうことが起きて、こんなふうな愚痴をこぼすだろうなあ」と想像したことを書き記している、「空想ブログ」です。
ですから。ブログ内に書かれることは、報道記事などの社会的事実の引用以外は、ほとんどが、「フィクション」です。

その点をご承知のうえ、お読みください。

なお、このブログは、本家であるHP「管理人は超つらいよ」の付属ブログという位置づけになっており、日々、脈絡のないことを書きなぐっています。

マンション管理に関することをきちんと調べたい方は、本家HPをごらんになってください。なお、ジャンル別インデックスもありますので、ご利用ください。

なお、「マンション管理人ブログ」の体裁をとっていますが、本人は、マンション居住が長く、複数のマンションで、理事長を計4期務めた経験もあります。そこでもいろいろな経験をしているため、「理事長視点」で書かれたコンテンツもあり、ただの管理人ブログとはちょっと違い、管理組合役員が読んでも参考になるように書いています。ですから、管理会社側の悪口も書きます。

以上、ご理解のほど、よろしくお願いします。

注1:筆者は、マンション管理士さんのように「法律に関する難関問題をパスして合格した」人間ではなく、特に、昔書いた記事については、法律や条例に関して、正確ではないことを書いていることもあります。文章を鵜呑みにはせず、読者の皆さんはご自分で検証したうえで、「そうなのか」と思うようにすることをお勧めします。
また、個人情報保護・業務上情報保護の関係で、わざとウソを書くこともあります。そのあたりの斟酌をお願いします。


注2:このブログで書かれていることは、くだらないことかもしれませんが、それでも、私トホホ管理人の著作であり、著作権が存在します。
勝手に文章を引用することはお断りします。一言、連絡してください。
それから、「まとめサイト」のような、ただ、全部を丸ごと自動的にコピーして転載するような悪質なものは、お断りです。

注3:現実のマンション管理の現場では、「こんなに働く」「こんなに有能」「委託契約外のことまでやってしまう」管理人はいません。当記事を根拠に、「こういうことまでする管理人がいるぞ。だから、うちでもやれ!」とか言うのはやめてください。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

読者の皆様、アマゾンで買い物をする際は、ぜひ、このバナーからアマゾンサイトへ進んで、ご購入下さい。
貧乏管理人が泣いて喜びます。よろしくお頼み申します。



資源の節約&リサイクルはいいことなんだけど・・・・

アベノミクスが大失敗して、「一部の大企業」と「自分たちだけがウハウハできるように自分たちで制度を作ってきた公務員&団体職員」のみがいい思いをして、中小企業が不景気で苦しんでいる現在。

うちの会社が、こんな節約を始めました。

マンション管理会社って、ネット時代なのに、いまだに「郵便」を使うことが多いです。
会社と現場(マンション)は離れているし、会社のフロント君は忙しくて、理事会参加以外にマンションに来ることは少ないし、現場でネット環境があるところは皆無だし・・・  そんなわけで、書類関係は、「紙媒体」で、郵便でやりとりします。
管理組合の銀行の処理も、「キャッシュカードは危険」なので、いまだに、1枚1枚払い出し伝票を作成し、そこに理事長の印鑑をもらって、という20世紀のやり方をいまだにやってますし。

そういうわけで、「封筒」というものを使うことが多いのです。

今回、その「封筒」を節約することになりました。「会社とマンションの間の身内同士のやりとりに限定」ですが、一度、郵便で使用した封筒をまた使うのです。
マンション側からしたら、宛先はほとんどが、会社の住所なので、それは、書き直さないでまた使えるから合理的ではあります。

切手&消印の部分をバッテンして、また、あらためて切手を貼ります。開封した切り口の部分はセロテープで貼って閉めます。

まあ、節約は悪いことじゃないけど、扱う郵便屋さんも「なんだこれ?」って思うでしょうし、我々も、「なんかせこくて、悲しくなるなあ」と精神的によくないし・・・

どんなもんでしょうか???

ところで、以前、「書類の枚数を少なくするために、文字のフォントを小さくする」という節約方法を始めたことがありましたが、これは、「高齢者ばっかり働いている職場」では大不評でして、「逆にもっと文字を大きくしてくれないと年寄りは読めないよ」という声があがり、撤回になりました。

こんなセコイことで頭を使わなくてもいいような好景気、来ませんかね???


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ









こんな騒音の聞こえ方もあるのかあ〜

マンション管理のはじめちゃん  というブログがあります。

今回注目したのは、「マンションで、どこからともなく聞こえてくる低周波音の正体」という記事。

「へえ、そうなんだ〜」って思いました。

これに似たことで、うちのマンションで、こんなことがありました。

620号室の住民から、「部屋の中にいると、なんか、ゴオオオオ っていう音が聞こえるんだよ。ベランダに出るともっと大きく聞こえる。この近くでなにか工事とかしてるのかね?」という問い合わせがありました。

マンション内巡回をしている時に、そんな音は聞こえた記憶はないのですが、いちおう、その部屋に行って確認してみました。たしかに聞こえます。ベランダに出ると、その音は大きくなります。
でも、周囲で工事なんかはないし、うちのマンションの給水ポンプの音とは違うし・・・

念のため、両隣の部屋の住民に、「こういう音は聞こえませんか?」と質問しましたが、すると、「聞こえません」との返答。
「そんなわけないでしょ?」と実際にお隣の部屋のベランダに入らせてもらいましたが、たしかに、そこからだと音は聞こえないのです。

「ええ? なんで?」

ぽか〜んとしてしまいました。

あれこれ考えてもなにもわかりません。

それで、望遠鏡持参で再度、その部屋のベランダに行き、望遠鏡でそこから周囲を覗いてみました。すると、ほぼ真正面の位置に工場があって、その工場の「排気口」というか、そういうのが、こっちを向いています。

20100707_929103

(こんな感じのイメージです)

620の住民に、音がする時間の詳細を聞くと、「朝の8時から12時。12時から13時の間は音はしない。そして13時から17時の間」「土日は聞こえない」とのこと。

となると、企業活動の時間と合致するわけで。

まさか? とは思いながらも、その工場に行ってきたら、あらまあ、「そんなの関係あるわけねえだろ!」って、てっきり門前払いされるかと思ったら、「え? おたくもなんですか?」という反応。

その工場の責任者に話を聞いて、事情がわかりました。

結論から言うと、その騒音の正体は、その工場の操業音だったのです。
念のため、620号室のベランダに立って、携帯電話で、工場のほうに連絡し、「ちょっと操業を止めてくれませんか?」と指示したら、音がしなくなったのです。

さて、謎解きですが。

そこの工場では、つい最近、排気口も含め、工場内のちょっとしたリフォーム工事を行なったそうです。

それで排気口も以前とは違うものに変えたらしいです。
しかし、その排気口が、その構造の問題だと思うのですが、ライフル銃のように、工場内の操業音を、非常に狭い角度に放出してしまう効果があるらしく。
今回のことで言えば、狙撃者のように、620号室のベランダだけに、その音が届くようになっていたのでした。

ちなみに、別の角度を向いている排気口でも同じことが起きていて、やはり、近所のアパートの一室から苦情が来て、調査した結果、「新しくした排気口が原因だった」とわかっていたそうです。そのため、私が出向いた際に、「おたくも?」ってなったわけです。

まあ、排気口がトランペットの朝顔みたいな効果をもたらしちゃったってことなんでしょうな? アルペンホルンといったほうが正確かなあ?

対応としては、その排気口を取り付けた工事業者に連絡して、そういう「スナイパー効果」にならないように改造してもらうそうです。

「それまではしばらく辛抱して下さい」ということで、今回の件は解決しました。

いろいろと不思議なことがあるもんですね。

これも、ちゃんと調査しないと「原因不明」「他は誰もそんなこと言いませんよ。気のせいですよ」「被害妄想」「耳鳴りじゃないの?」みたいなことになったかもしれません。
有能な管理人じゃないとできない仕事です。


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ









最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ