とほほ管理員の「マンション つらいよ日記」

モンスター住民相手に毎日悪戦苦闘する、マンション管理人の日記です。

<ご挨拶> 初めて、このブログを訪問なさった皆様へ、お断り

このブログは、「自称 売れない小説家」の中年オヤジが、「自分が、もし、マンションの管理人だったら、こういうことが起きて、こんなふうな愚痴をこぼすだろうなあ」と想像したことを書き記している、「空想ブログ」です。
ですから。ブログ内に書かれることは、報道記事などの社会的事実の引用以外は、ほとんどが、「フィクション」です。

その点をご承知のうえ、お読みください。

なお、このブログは、本家であるHP「管理人は超つらいよ」の付属ブログという位置づけになっており、日々、脈絡のないことを書きなぐっています。

マンション管理に関することをきちんと調べたい方は、本家HPをごらんになってください。なお、ジャンル別インデックスもありますので、ご利用ください。

なお、「マンション管理人ブログ」の体裁をとっていますが、本人は、マンション居住が長く、複数のマンションで、理事長を計4期務めた経験もあります。そこでもいろいろな経験をしているため、「理事長視点」で書かれたコンテンツもあり、ただの管理人ブログとはちょっと違い、管理組合役員が読んでも参考になるように書いています。ですから、管理会社側の悪口も書きます。

以上、ご理解のほど、よろしくお願いします。

注1:筆者は、マンション管理士さんのように「法律に関する難関問題をパスして合格した」人間ではなく、特に、昔書いた記事については、法律や条例に関して、正確ではないことを書いていることもあります。文章を鵜呑みにはせず、読者の皆さんはご自分で検証したうえで、「そうなのか」と思うようにすることをお勧めします。
また、個人情報保護・業務上情報保護の関係で、わざとウソを書くこともあります。そのあたりの斟酌をお願いします。


注2:このブログで書かれていることは、くだらないことかもしれませんが、それでも、私トホホ管理人の著作であり、著作権が存在します。
勝手に文章を引用することはお断りします。一言、連絡してください。
それから、「まとめサイト」のような、ただ、全部を丸ごと自動的にコピーして転載するような悪質なものは、お断りです。

注3:現実のマンション管理の現場では、「こんなに働く」「こんなに有能」「委託契約外のことまでやってしまう」管理人はいません。当記事を根拠に、「こういうことまでする管理人がいるぞ。だから、うちでもやれ!」とか言うのはやめてください。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

読者の皆様、アマゾンで買い物をする際は、ぜひ、このバナーからアマゾンサイトへ進んで、ご購入下さい。
貧乏管理人が泣いて喜びます。よろしくお頼み申します。



野分のあと

21日の暴風雨はすごかった。台風みたいでした。
おかげで、今日は、「掃除」が大変。

そして、廊下がまともに掃除ができなくて困った。
なぜかというと、うちの住民は、平気で共用廊下で靴を乾かすのである。

みんなが廊下で「濡れた靴を乾かす」ために廊下が靴だらけ。
7人家族の部屋なんか、廊下に7足置いてある。

スラム化したマンションは掃除も大変。

「挨拶をしない」?  って。  え???

eb8b202493565060d0ec30fd3e480ec6


http://www.huffingtonpost.jp/ryan-takeshita/inada-conference-speech_b_17088510.html?ncid=engmodushpmg00000003

今回は「挨拶」の話。

「挨拶」といえば、上記リンク先のとおり、この前、ある国際会議で、「頭の中完全からっぽ女」の稲田防衛大臣が「私たちはグッドルッキング」って言って、国際社会から失笑を買ったばかりですが、そういうバカが大臣やっている日本のことを考えると悲しくなるので、やめます。

さて、マンション内で「リフォーム」とか「リノベーション」の工事を行なう際にも「挨拶」は必須です。
「騒音」「振動」「ホコリ」「廊下を占拠する」「エレベーターを長時間使用する」「共用部を汚す」など、いろいろと迷惑をかけるものですから、事前に挨拶しないのはまずいです。

ただ、リフォームとかリノベって、その業者は一生懸命挨拶に回ります。(一般的には上下左右に接する部屋のところへ行く)
なんでかっていうと、「自分たちの宣伝になるから」です。
お隣に挨拶に行って、扉を開けてもらえば、「我々はこういうもんです。よかったら御覧ください」とパンフレットを渡して「リフォームするといいですよ。きれいになって・・・」と宣伝します。ひどい業者になると、「中に入らせて下さい。浴室とか水回りの老朽化は怖いですよ・・・・」と半脅迫的に営業活動をします。

こういう「営業」を兼ねた挨拶なので、彼らは一生懸命挨拶回りをするのです。
(私は、そういうのがわかっているので、「挨拶は挨拶だけ。営業はだめだ」って、先に念を押しておきます)

そういうわけで、リフォームとかリノベ工事の場合は、掲示板に「告知」だけ貼っておけば、あとの「必要な挨拶」は、こっちが言わなくても業者のほうで勝手にやります。

しかし、今回、問題になったのは、リフォームはリフォームでも、「漏水事故被害者の部屋の復旧工事」のこと。

こういうのって、たいてい、管理会社のほうで手配して、そういう住宅設備関連の業者が修繕工事に来ます。
そして、その業者はたいてい決まっています。
今までの業者だと、ちゃんと事前に挨拶回りもする、しっかりとした会社なので、こちらがなにかをする必要は全然ありませんでした。「任せておけば大丈夫」って感じです。

「漏水の被害者の部屋」の復旧工事ですから、ここの住民には何の罪もないわけで、ここの住民が業者といっしょに「ご迷惑をおかけします。すいませんね」と挨拶周りをすることはまずありません。業者だけで回ります。


今まではそういうわけで、何の問題もなかったのですが、今回、この工事を担当する業者が変わりました。

ここで私が油断してしまったのですが、「当然、わかっているだろう」と私が思い込み、「ちゃんと上下左右に挨拶回りに行ってね」と指示することをしなかったのです。

そうしたら、「一件もあいさつ回りしていなかった」らしく、工事のお隣の部屋から、「うちに挨拶もなしに、うるさい工事を始めやがって・・・・」という苦情が来てしまい。

まあ、こういうのは、「一言、事前に言ったか、言わないか」が大きいわけで。たまたま、そういう「挨拶」を気にする住民だったので、ひどく叱られました。私が。

「掲示板には予告してましたよ」と弁解したら、いつものとおり、ここの住民の常套句、「そんなもん、見るわけねえだろ!」って思いっきり怒られました。

まあ、たしかに隣の部屋に挨拶に行かないのはまずかったです。

新しい業者になった場合、常識で判断せずに、「いちからちゃんと指示する」ってことをしないといけないなあ、と痛感しました。

こういう復旧工事の場合、「挨拶回りしても、営業になるわけじゃない」ってことで、業者側も熱心じゃないってことを知っておくべきでした。

ミスしました。まだまだ勉強です。


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ












みんな マナーを守ろうよ

夏になって、ドアの窓を開けたまま自動車を運転する人が増えています。

窓からタバコをポイ捨てする人、いっぱいいます。即逮捕でいいと思います。
窓から犬の顔が出て来ることもあります。


公園では、犬をノーリードにしている飼い主がいます。

s-Yoshida-0045















自転車のマナーもひどく、こんな危険なことをする人もいます。

ite

みんな、マナーを守ろうよ。

東京都内の高層マンション 8割で消防法違反

こんな記事がありました。(毎日)

>>>
ロンドンの高層住宅で起きた火災では、逃げ遅れた多くの人が犠牲になった。日本では法令により防火対策が義務づけられているが、昨年、東京消防庁が立ち入り検査をした東京都内の高層マンションの約8割で消防法違反が確認された。専門家は「避難訓練など火災に備えた安全管理を徹底することが重要」と指摘している。
>>>


これの細かい内容は、

>>>
避難計画を取りまとめる防火管理者を選んでいなかったり、計画を策定していなかったりする防火管理に不備があった。違反があったマンションでは避難訓練を実施していないケースが多数あるとみられる。
>>>

となっています。


つまり、「機械」や「設備」はOKだけど、人間が関わる「運用」面で欠陥があるということになります。

まあ、マンションの現場からすると、「人間が一番やっかい」というのはよくわかります。
機械なんかは、一回設置すればOKですが、訓練はずっと続けないといけませんし。

さて、そんなことも頭に入れつつ、町の中を歩くと、

s-DSC_3796

素人目にもわかりやすいのが、マンションの「連結送水管」の「送水口」。

これが、こんな感じで、植栽の中に埋もれているケースが非常に多いです。

おそらく、消防設備点検の際の判断基準としては、「ちゃんと外から見える」という基準じゃなくて、「接続できればいい」程度になってるんじゃないでしょうか?
でも、こういうのは、ちゃんと「根元までよく見える」ようにしておかないと、いざという時に困るはずです。

植物はすぐに成長しますから、ここもすぐに埋もれてしまうことでしょう。

別の、新築ほやほやのマンションでも、新築時点ですでに「送水口」が植物に隠れてよく見えない、なんてのもありました。
私が思うに、「送水口周辺には植物を植えてはいけない」くらいの厳しい基準にしないといけないと思います。

このように、「甘い」消防設備、けっこういろいろあります。
「法律を守ってさえ入ればいい」ではなく、実際の火災時を考えて設備のことを考えるべきだと思いますが、そこまで頭のまわる管理組合さんは非常に少ないです。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ









「女性の視点」も大事だなあ

理事長の妻さんのブログの新記事。

マンション管理を長年やってくると、かなりいろいろと広範囲な知識や考え方が身についてきたと自負はしているものの、しょせんは井の中の蛙。


s-IMG_4946

特に、「女性目線」というのが欠けていると感じさせられる。

管理組合って、男性女性のそれぞれの長所をうまく組み合わせて運営していくといいのかもしれませんね。


さて、本家HPも新記事をアップしました。

駐車場の番号ペイントのお話です



一番頭に来る  前年度役員からの苦情

8793391

この仕事をしていて、「頭に来る」ことはいっぱいあるけど、すごく頭に来ることといえば。

「前年度役員からの苦情」です。

その苦情内容に関しては、私も以前から承知していて、何度も何度も、昨年度の理事会に対して「真剣に話し合ってください」とお願いしたのに、何も話し合わず、未解決のまま、先送りされました。

そして、その件を、前年度役員をやっていて、その問題を理事会の席上で話さなかった張本人が、「おい、管理人、あれ、なんとかしろよ」と、今、文句を言ってくるのです。

これが一番頭にきます。

「てめえがやらなかったから、そのままになったのを、今頃、俺に言ってくるんじゃねえよ! バカ野郎!」と、心の中で叫んで、「そういうことは、現年度の役員さんに直接言ってください。理事会でやることなので」と丁寧に返答します。


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ








最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ