とほほ管理員の「マンション つらいよ日記」

モンスター住民相手に毎日悪戦苦闘する、マンション管理人の日記です。

<ご挨拶> 初めて、このブログを訪問なさった皆様へ、お断り

このブログは、「自称 売れない小説家」の中年オヤジが、「自分が、もし、マンションの管理人だったら、こういうことが起きて、こんなふうな愚痴をこぼすだろうなあ」と想像したことを書き記している、「空想ブログ」です。
ですから。ブログ内に書かれることは、報道記事などの社会的事実の引用以外は、ほとんどが、「フィクション」です。

その点をご承知のうえ、お読みください。

なお、このブログは、本家であるHP「管理人は超つらいよ」の付属ブログという位置づけになっており、日々、脈絡のないことを書きなぐっています。

マンション管理に関することをきちんと調べたい方は、本家HPをごらんになってください。なお、ジャンル別インデックスもありますので、ご利用ください。

なお、「マンション管理人ブログ」の体裁をとっていますが、本人は、マンション居住が長く、複数のマンションで、理事長を計4期務めた経験もあります。そこでもいろいろな経験をしているため、「理事長視点」で書かれたコンテンツもあり、ただの管理人ブログとはちょっと違い、管理組合役員が読んでも参考になるように書いています。ですから、管理会社側の悪口も書きます。

以上、ご理解のほど、よろしくお願いします。

注1:筆者は、マンション管理士さんのように「法律に関する難関問題をパスして合格した」人間ではなく、特に、昔書いた記事については、法律や条例に関して、正確ではないことを書いていることもあります。文章を鵜呑みにはせず、読者の皆さんはご自分で検証したうえで、「そうなのか」と思うようにすることをお勧めします。
また、個人情報保護・業務上情報保護の関係で、わざとウソを書くこともあります。そのあたりの斟酌をお願いします。


注2:このブログで書かれていることは、くだらないことかもしれませんが、それでも、私トホホ管理人の著作であり、著作権が存在します。
勝手に文章を引用することはお断りします。一言、連絡してください。
それから、「まとめサイト」のような、ただ、全部を丸ごと自動的にコピーして転載するような悪質なものは、お断りです。

注3:現実のマンション管理の現場では、「こんなに働く」「こんなに有能」「委託契約外のことまでやってしまう」管理人はいません。当記事を根拠に、「こういうことまでする管理人がいるぞ。だから、うちでもやれ!」とか言うのはやめてください。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

読者の皆様、アマゾンで買い物をする際は、ぜひ、このバナーからアマゾンサイトへ進んで、ご購入下さい。
貧乏管理人が泣いて喜びます。よろしくお頼み申します。



自分のマンションのことは意外と自分ではわからなかったりする

「灯台もと暗し」なんてことわざがあります。

これ、小学生のときに初めて聞いたとき、「東大もっと暮らしいい」と聞こえて、「東大を出ると、(お金儲けができて)もっと、暮らしがよくなる」という意味だと思ってました。

さて、前回、「外部の人にも、そのマンションの管理会社の情報を与えたほうがいい」と書きました。これについては、「教える必要はない」「他人のことまで親切にすることはない」というご批判もいただきましたが、「そんなことはない」って、思います。



「外部にわかるようにすべき」ですし、特に、オートロックの場合は、内部掲示板だけでなく、ドアの外にも張り出すべきだと思います。(もしくは、ドア越しに見えるような内部のどこかに)

というのも、自分のマンションのことって、その住民にとって、意外とわからなかったりするのです。

200px-Kouchi_suisou_01


たとえば、屋上にある「貯水タンク」。これ、そこの住民からは見にくいです。マンションの構造や、隣接する建物との位置関係によっては、「マンションの敷地内からは見えない」「少し離れたところから見ても見えない」ということがあります。

実は、当マンションは10階建てで、この地域の中では一番高い部類になります。他は、7階とか5階のマンションが多いです。
そうなると、うちのマンションの屋上に登ると、他のマンションの屋上を見下ろすようになって、よく見えます。
ある日、他のマンションの貯水タンクに亀裂が生じていて少しずつ水漏れしているのを発見しました。これも、ドバドバ出ていたわけではないので、その当事者のマンションでは誰も気がついておらず、私が、「漏れてるんじゃないですか?」って教えてあげて、初めて気がついた次第です。
このマンションは、管理人が隔日勤務で、その日は休みだったので、掲示板に書いてある管理会社の方に直接電話をかけました。

また、台風の翌日に、別のマンションの屋上に、どこかから吹っ飛んできたのでしょうか? 波板が乗っかってました。

1470620996_145


これも、屋上から落下すれば、下を歩いている人が死ぬかもしれないので、教えてあげないといけません。
教えに行きましたが、そこは小さな賃貸マンション(でも、オートロック)だったようで、管理人はいないし、管理会社がどこなのかもわからないし、オーナーの連絡先もわからず、仕方ないので、そこの住民に、「危険です。管理会社に連絡して下さい」って伝えました。「私も、管理会社がどこなのか知りません」って言ってましたが。

このように、特に「屋上」のことなんかは、自分ではわからないもので、他人のほうが気がつくものなんです。
ですからこそ、管理会社の名称や連絡先、管理人の勤務時間曜日等は、誰が見てもわかるようにしておきべきだと、私は思います。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ







外部の人間にも「管理会社の名前」くらい知らせてよ

今朝、出勤の際に、通り過ぎた近所のマンション。もう、とっくに日がのぼって明るいのに、マンション内外の共用部照明が全部点灯してました。
まあ、管理人が「点灯試験」をして、電球が切れてないのかチェックするために、全館点灯することは珍しくないのですが、土曜日は、このマンションは管理人はいないはずなのに・・・・・
light_keikoutou2


昼休み、気になって、また見に行きましたら、まだ、「全館で点灯している状態」でした。
管理室を覗くと、やっぱり、「管理人は出勤していない日」でした。

午後3時のお茶休みの時にもちょっと覗きにいきましたが、やはり、つきっ放し。

おそらく、前日とかに「点灯試験」をやって全部点灯させ、そのあとに、通常時にセットに戻るのを忘れたのでしょう。

このままだと、明日日曜日の日中も、全館つきっぱなしになるので、管理会社に教えてあげようと思って、管理事務室周辺をいろいろと見渡しましたが・・・・

「あれ、このマンション、どこの管理会社が管理しているのかも表示していない」

「掲示板とかに貼ってあるのかなあ」と思って探してみますが、掲示板がどこにあるのかわかりません。そう、このマンションはオートロックなので、中に入れないから探せないのです。

入り方の裏技は知っているけど、そんな光景を誰かに見られたら不審者扱いされるから、そこまでのリクスは犯したくないし。(電灯に関することは緊急事態とは言えないから)

しかし、今回の照明の件もそうだし、「屋上の避雷針が傾いて倒れそう」なんていうのも、住民以外の外部の人間が発見して教えてあげようとするケースは多々あるわけで。

そういう時用の連絡先を、貼ってないって、よくないなあ。

だめだな、ここの管理組合。


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ







裏方さん 元気?

お元気でしょうか?

大規模修繕工事への不信感 払しょくのためには「写真」

マンション管理関係のHPやブログで、ここのところ、いろんな人が「大規模修繕工事」への不信感を募らせています。

いい加減なもんだってことは、うちのブログやHPをちょっと検索すればいくらでも出てきます。

さて「そんなに文句があるのなら、自分でなんとかしなよ」って、私は思うわけで。

ただ、「アドバイスで飯を食っているマンション管理士」さんは、「そうならないようにどうするか?」ってことは全然書いてくれません。

しょうがないなあ。じゃあ、私がちょっとだけ教えますよ。



皆さん、大規模で手抜きとか仕様変更とかされて、それが、しばらくたって「不具合」として発見されて、その時になってから騒いだり、「どうしよう?」って頭を抱えたりしています。

そうならないためには「予防」が大事なんです。

「そんなこと言ったって、建築に関する知識をまったく持ってない役員ばかりのマンションはどうするんだよ」って、突っ込んでくる人もいるでしょう。私が教えるのは「素人でもできる方法」です。

 峺朕佑量樵阿埜討屐

◆屬箸砲く写真を撮る」


基本はこの2つです。

「個人の名前で呼ぶ」
警察官相手でもそうなんですが、組織を背負っている人間というのは、組織で守られています。このため、「おまわりさん」って呼び方をすると、無責任な対応をします。しかし、「岡田巡査部長」とか、個人名で呼ぶと、対応がかなり変わります。「やべえ、名前を覚えられた。これは下手なことはできない」って思うのです。
工事関係でも、「A塗装工業さん」とか会社名で呼んでいると、その人に「個人の責任感」は生まれません。「山田さん」って名前で呼ばないとだめなんです。でもって、私の場合、フルネームで呼ぶようにしています。「山田五郎さん」という感じです。人間、そんなに親しくない人からフルネームで呼ばれると、ちょっとびびります。「真面目に仕事をしないとまずいな」って思うものです。
それに「フルネームで呼ぶ」ためには、当然、その前に「名刺をもらう」とか「会話する」ってことが必要なわけです。そういった接触を重ねれば、「手抜きしよう」って気持ちは少し抑えられます。

「写真を撮る」
そんなに難しく考えないでいいです。とにかく撮りまくるんです。デジカメだからフィルム代はかかりませんから。
その時のコツなんですが、「職人の顔を撮る」「納品される資材を撮る」という2点を重視してください。
誰でもそうですが、自分の顔を写真で残されたら、あんまりいい気持ちはしません。「やべえ、俺が関わっていたことが記録に残される」って思って、真面目に働くようになります。

mig


「納品される資材を撮る」というのは、トラックで運ばれる資材を荷台から降ろすときに、バシャバシャ撮るのです。
資材って、その梱包に、名称が書かれていることが多く、そこを記録すると、「何を使用したのか?」という証拠になります。

img55885392


塗料なんかは、表面にはっきり書いてあります。
「この部分をちゃんと撮ってるぞ」ってことをアピールすると、あとあと揉めた際に、「仕様書に書いてあった資材を使わずに、安物を使った」なんてのがばれますから、業者側も警戒します。
逆に、そういう証拠がないと、「仕様書通りにやりましたよ」って言い張られます。

写真を撮るだけですから、建築の専門知識も不要です。一人の役員に任せっきりにしないで、日直のように、「その日、暇な人が担当して撮影する」というふうに分担して撮りまくりましょう。
こうやって、証拠を残しておくと、「この管理組合は、普通とは違う。ちゃんとしてる。ここは騙せない。きちんと仕事をしよう」っていう気にさせるのです。

こういうことが「不正をやらせない圧力」になります。

それから、この前段階として、「設計コンサル」と組合役員が話し合う際も、「ビデオカメラで撮影する」まではしないとしても、「ICレコーダーで録音する」ということはしましょう。「言った 言わない」で論争するのが一番の無駄ですから、きちんと録音したほうがいいんです。


逆に言うと、こういった「予防策」をとらない、無関心な管理組合は、「カモ」であり「ぼったくられる」べきして、ぼったくられるってことです。

マンションにかかわることで「任せて安心」なんてことはありませんよ。


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ











外国語の習得 あれこれ

study_nihongo


外国人住民が増えたことで、マンション管理の現場でも、日本語だけでは仕事ができなくなりました。このため、還暦のじいさんが、英語をはじめとする多種の外国語を今勉強しております。

そこであれこれ思ったこと。

大相撲の「日馬富士」問題はぐちゃぐちゃになってますが、私が思ったのは「モンゴルの力士の日本語のうまさ」という点です。ほんと上手。モンゴル人の中で、日馬富士は、ちょっと下手かもしれませんが、白鵬や鶴竜なんか、話だけ聞いてると、日本人となんら変わりません。ものすごい努力をしたんだと思います。

一方で、長年日本にいて、旦那さんも日本人である「アグネスチャン」さん。いまだに日本語が下手。
特に発音やイントネーションがおかしい。

当マンションにも「日本人と結婚し、何十年も日本に住んでいる外国人(今は帰化してると思うけど)」が数名いますが、この人たちの日本語がいまだにたどたどしくて、会話に困っています。しかし、ご当人は、相手の困惑は関係なしに下手な日本語でベラベラしゃべりかけてきます。

近所のコンビニにも、日本人と結婚して日本名になったペルー人女性がいるんですが、この人も何を言っているか、わかりにくくて、困ります。でも、自分では「私は日本語がうまい」と思っているのか、早口で話します。

こうやって、いろいろな外国人と接しているのですが、アグネスチャンとかのパターンをよく研究すると、「とりあえず、コミュニケーションが取れるようになった」「仕事上不便がなくなった」というレベルに達すると、ほとんどの人が、学習の意欲がなくなって上達が止まるのではないか? ってこと。

言葉の習得の目的は「不便をなくす」ことであり、この不便がなくなれば、問題ないわけで、「日本人と同じレベルの日本語を話す必要性はない」のです。
そうなると、アグネスチャンみたいに、変な日本語のまま、何十年も経過するわけです。
特に、中国人の場合、「相手のことは考えない」人が多いですから、自分だけ「不便はない」と思えば、そこで学習は停止します。

管理人としては、「会話の相手のことを考えて、もうちょっと上達してくれないかな? こっちは困ってるんだけど」って思ってるんですが・・・・

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ







マンション管理士が見ているはずなのに このアンケートはひどい

p02-01


時々、本家HPに出しているメールアドレスを通じて、ご相談が寄せられます。

今回は、「自身は今、平役員なのだが、現在の管理組合運営に疑問を感じており、次期は、任期延長して役員にとどまり、今度は理事長に立候補して改革していきたいというつもりで、マンション管理についていろいろ勉強しているところ」という人からのメールでした。

そのマンションは、某有名マンション管理士(武士の情けでここでは名前はだしません)が顧問を務めているマンションなのですが。
「先日配布された、某重要事項に関するアンケートの文面がひどいので、トホホさん、ちょっと見てくれませんか」ということで、そのアンケート書面を添付してくれて、それを拝見したのですが・・・・・

ここでは、ちょっとぼやかして、かつ、デフォルメして書きますが。

「***の設備に関して、更新しないことはいけないことだと思わないことはよくないことだと思わないですか?」という質問項目になっており。
回答は「はい」「いいえ」「どちらでもいい」という3つから選ぶようになっています。

これ、正確に把握して回答できる人がどれだけいるでしょうか?
原案は、管理会社フロントが作ったっぽくて、それをマンション管理士が校閲しているんですが、その結果がこれだったので、情けなくなったそうです。

実際、管理人のところに、「これはどういう意味だ?」という質問が殺到して、管理人が困っているそうです。

こういうアンケートというのは、「どんな人でも理解できる平易な文で書くべき」であり、「二重否定」(「やれないことはない」といった文)とか、ややこしくなる文は極力避けるべきですが、これはもう、そのレベルを超えた「意味不明」文でして。これを、マンション管理士が見過ごすって、「おまえはアホか!」を高橋名人並みの超高速で連打したいくらいです。

よく、日本語と英語の違いで、「君は***をしなかったのか?」という質問に対して、その回答が「しなかった」の場合に、日本語では「はい」と答え、英語では「いいえ」と答えるように、Yes No を扱うことは難しいことなので、設問に「**しない」という文はなるべく使わないよう、私なんかは考えていますが、この「管理会社のフロント」や「マンション管理士」は、何も考えてないんですね。

それとも、この手のアンケートの常套手段として、「事前に理事会の意志が決まっており、その意志に沿うように、アンケート結果を誘導したい」という際に、ちょっと不自然な設問文になることがありますが、そういう感じで書いたのでしょうか?

とにかく、ひどいです。

せめて、回答のほうに「はい いいえ」ではなく、「やるべきだと思う やらなくていい」という具体的な文を書き入れるべきじゃなかったでしょうか?

このマンション管理士、何しとるんだ???

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ










最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ