とほほ管理員の「マンション つらいよ日記」

モンスター住民相手に毎日悪戦苦闘する、マンション管理人の日記です。

<ご挨拶> 初めて、このブログを訪問なさった皆様へ、お断り

このブログは、「自称 売れない小説家」の中年オヤジが、「自分が、もし、マンションの管理人だったら、こういうことが起きて、こんなふうな愚痴をこぼすだろうなあ」と想像したことを書き記している、「空想ブログ」です。
ですから。ブログ内に書かれることは、報道記事などの社会的事実の引用以外は、ほとんどが、「フィクション」です。

その点をご承知のうえ、お読みください。

なお、このブログは、本家であるHP「管理人は超つらいよ」の付属ブログという位置づけになっており、日々、脈絡のないことを書きなぐっています。

マンション管理に関することをきちんと調べたい方は、本家HPをごらんになってください。なお、ジャンル別インデックスもありますので、ご利用ください。

なお、「マンション管理人ブログ」の体裁をとっていますが、本人は、マンション居住が長く、複数のマンションで、理事長を計4期務めた経験もあります。そこでもいろいろな経験をしているため、「理事長視点」で書かれたコンテンツもあり、ただの管理人ブログとはちょっと違い、管理組合役員が読んでも参考になるように書いています。ですから、管理会社側の悪口も書きます。

以上、ご理解のほど、よろしくお願いします。

注1:筆者は、マンション管理士さんのように「法律に関する難関問題をパスして合格した」人間ではなく、特に、昔書いた記事については、法律や条例に関して、正確ではないことを書いていることもあります。文章を鵜呑みにはせず、読者の皆さんはご自分で検証したうえで、「そうなのか」と思うようにすることをお勧めします。
また、個人情報保護・業務上情報保護の関係で、わざとウソを書くこともあります。そのあたりの斟酌をお願いします。


注2:このブログで書かれていることは、くだらないことかもしれませんが、それでも、私トホホ管理人の著作であり、著作権が存在します。
勝手に文章を引用することはお断りします。一言、連絡してください。
それから、「まとめサイト」のような、ただ、全部を丸ごと自動的にコピーして転載するような悪質なものは、お断りです。

注3:現実のマンション管理の現場では、「こんなに働く」「こんなに有能」「委託契約外のことまでやってしまう」管理人はいません。当記事を根拠に、「こういうことまでする管理人がいるぞ。だから、うちでもやれ!」とか言うのはやめてください。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

読者の皆様、アマゾンで買い物をする際は、ぜひ、このバナーからアマゾンサイトへ進んで、ご購入下さい。
貧乏管理人が泣いて喜びます。よろしくお頼み申します。



また救急車  でも熱中症ではなく

お盆の時期、来訪者が多い時期でもあります。

そして、このお盆の時期、派遣会社から来てくれる「清掃員」さんも、人手不足なのでしょうか? 今週来てくれている人は、すでに引退したのに、「人が足りないから働いてくれないか?」と無理に頼まれてやってきた高齢女性でして・・・・ 同じ高齢でも、行方不明の2才児を見つけてくれた、あの「スーパー・ボランティア・じいさん」尾畠さんみたいな丈夫な体ではなく、貧相な女性でして。
でも、すごくいい人で。


その女性が仕事をしている時に、ある住民から「私の自転車置き場に、おそらく来訪者だと思うが、別の人の自転車が勝手に置かれていて困っている。なんとかして欲しい」と言われたようです。
それで、その高齢清掃員さんが「じゃあ、これをまずどかしましょう」と言って、動かそうとしたのですが・・・ これが普通のママチャリではなく。電動自転車でして。

普通のママチャリって、「約20キロ以下」の重量ですが、電動自転車で、それも、3人乗り用の椅子やらバスケットやらいろいろついていて、おそらく30キロ以上の重さがあったんだと思います。
高齢女性の手には負えない重さでして。
さらに、この電動自転車は通常の鍵の他に「ハンドルロック」もかかっていて、「引っ張り出す」というよりも、「完全に持ち上げないと移動できない」という感じで・・・・・・

無理したので「ギックリ腰」をやってしまったのです。

71qEhjF5jrL._SL1380_


最初に私に連絡してくれれば、私がやったんですが、私に気を使ったのか、「早く動かせよ」という、うちの住民の圧力に負けたのか、自分でやろうと思っちゃったらしく。
それで倒れてしまい、「一切動けない状態」に。

もう、こうなると救急車しかなく。119しました。
私は仕事があるのでつきそえないので、とりあえず、その派遣会社の担当者に電話をして。
(この会社も、13〜15は休みだったので、今日でよかった)
会社から誰かを病院に行ってもらうことにして。

しかし、その電動自転車、私も持ち上げてみましたが、あの重さは、私でも注意しないと腰をやられます。

電動自転車って、乗る人にとっては便利ですが、我々にとっては、あの重量は災難です。

参ったなあ。



にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ







阿波おどり と どうしようもない管理会社

阿波おどりの騒動。
調べてみると「ひでえなあ」と思いつつ、「どこの町でもある話だなあ」とも納得。
まあ、とにかく、地方に行くと、「新聞」「テレビ・ラジオ」「交通」「観光」・・・・ すべてが同じグループに独占されているケースが多く、いわば「地元財閥」みたいなわけで。
そして、それが国会議員を国政に押し出してたりして。
それの弊害がものすごかったりします。
そして、「この街はこういうもんなんだ」という、変な納得が市民にあり、なかなか改善しようとは思わないのです。

こういう「グループ独占」も独占禁止法で摘発してもらいたいもんです。

さて、近所のワンルームマンションの話です。(200室くらいある大きな分譲マンションで、管理人も、月〜金のフルタイムで勤務しています)

おそらく、10日(金曜日)の夜にやられたものだと思うのですが、11日(土曜日)の朝に、そのマンションの玄関ホール前の一番目立つ場所、道路を歩く一般の通行人たちからも丸見えのマーボードーフの場所に、「ゲロッパ」が落ちてました。かなり大量のやつです。

土曜日なので管理人は不在。

そして、翌週13日の月曜日。その昼に、そこを通りましたが、まだ、ゲロッパはありました。(乾いてもんじゃ焼きのお焦げみたいになってましたが)
そして、本日14日火曜日。朝、通りがかりましたが、まだ、ありました。

気になったので、そのマンションの玄関ホールの中に入り、オートロックのガラス越しに「管理室」や「掲示板」の様子を見ましたが、いずれにも、「管理人はお盆休みです」といった表示はありませんでした。でも、実際のところ、管理人は休みのようです。
余計なおせっかいですが、そこの管理会社に電話をかけてみましたが、留守番電話で、「営業時間外のため、おかけ直し下さい」というメッセージが流れました。どうやら管理会社自体も休みのようです。

ちょうど、通りがかった、そこの住民に声をかけましたが、「管理人がいつ休みなのかはわかりません」と言ってました。「これ、ひどいですよね。なんとかしてほしいですよね」とも。
(ワンルームじゃ、住民の有志が掃除するなんてこともない)

つまり、このマンションの管理会社は、会社や現場管理人がいつ休むのかの表示もせずに勝手に休んでいるのです。まあ、委託契約の書面には、「8月の13〜15は休業です」とか書いてあるんでしょうが、普通の管理会社であれば、毎年、ちゃんと、予告掲示をするもんです。
でも、「このマンションはこんなもんなんだ」「居住者はほとんどが賃貸入居だから、苦情も来ない」と舐めてるんでしょうね。ひどいもんです。


ちなみに、そのあと、その管理会社のHPを調べてみましたが、「きめ細やかなサービス」・・・・・など、美辞麗句のオンパレードでした。

アホか。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ











管理室 今年の夏の特殊事情

110


がんこな高齢者住民が、「俺は何があっても、朝と晩の2回の散歩を欠かさない」という信念で、36度の猛暑の中、帽子もかぶらず、散歩に出かけ、宍戸錠、もとい、あしたのジョー、もとい、案の定、熱中症にかかり、へとへとになってマンションまで帰ってきました。
この住民は玄関ホールで倒れてました。
あとから聞いたら、「管理室の中に入れてもらって涼もうと思ったが、管理人が清掃中で、ドアに鍵がかかっていたので入れなかった。がっくりして、そこで倒れた」とのことでした。
(※いちおう、気づいた、他住民が119通報して、その老人、命には別状なし)
当マンションは敷地が広く、建物も大きいため、一番奥に位置する部屋は、管理室の前を通って、エレベーターに乗って、そこから歩いて・・・・ と数分かかる人もいるので、「自分の部屋まで行けなかった」ということがあるのです。

そんなことがあったので、私の方でもいろいろ考えました。
そして、その案を理事長に提案しましたが、毎度おなじみの、「シカト」。何も反応はありません。
とはいえ、何もしないわけにはいかないので、セキィリティ的には問題のあることなんですが、フロントにはこの話をして承認してもらい、実行に移しました。(※批判的コメントはご無用です)

「管理員勤務時間中は常に室内の冷房をかけておく」
「管理員が巡回中でも、管理室の鍵はかけず、緊急時に中に入れるようにする」
「誰が入ってもいいように、個人情報関係や鍵関係の大事なものは、鍵のかかる引き出しの中に保管するようにした」
「タオルを目につくところに置いておく」
「ソフトタイプのアイスノンを用意」
「冷蔵庫の中には、補水液とポカリを常に入れておき、中に入っている旨を明記」(ストローも準備)
「119の通報方法を明記」
「管理人の携帯番号を貼っておいて、呼んでもらうようにした」
「荷物を整理して、狭い管理室内ではあるが、人間一人が横になれるスペースを確保」
「キャンプ用のマットを常設し、すぐにベッド状のものを作れるようにした」(自宅から持ってきた)
「”熱中症の時は中に入って涼んで下さい 云々”の貼り紙をしておく」
などなど


というわけで、「こども110番の家」が、「なにかあったら、遠慮なく、来て」と言うのと同じように、「熱中症になったら、管理室の中に入って」としたわけです。
ちなみに、これは、住民専用の方策ではなく、マンション前の路上で倒れた他人に対しても呼びかけています。こういう助け合いは、お互い様ですからね。うちのマンションの住民が他のマンションの管理人さんに助けられた実例もあります。

まあ、管理室のドアは防犯カメラの画角内ですから、おかしなことをする人はいないと思いますが。

(保安のことを考えると、本当はこんなことをしてはいけないが、この異常猛暑にはこうでもしないと対応できません)

幸い、今のところ「駆け込んできた人」はいませんが、「トイレ貸して!」は2名ほどいます。


追記
熱中症搬送が多く、かつ、その部屋はいまのところすべて、「冷房を使わずに、部屋のドアを開けて通風でしのいでいる」という人なので、巡回時に調べた、「ドアを開けている部屋」をリスト化し、かつ、その部屋の「緊急時連絡先」の電話番号も加えたものを1枚の紙にして、管理室の中に置いています。さて、次は誰だろう?  エアコン使ってくれよ、頼むからさあ。


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ












お盆時期 帰省駐車との戦い

summer_kisei



お盆ですが働いております。

この時期特有の問題というと、「車でやってくる来訪客が多い」ということ。

よくあるのは、「東京に出ていって、そこで家庭を作った子供が、孫を連れて、祖父母のところ(=このマンション)に帰省する」というパターン。
孫がいることもあり、車で帰ってくることが多いです。

そういう身内なんで、「このマンションには来客用駐車場がない」ということはわかっているはずなんですが、反面、「このマンションは管理組合がいい加減だから、無断長時間駐車しても平気」という意識で駐車します。

今日も、そういう車が3台止まっております。通路を狭めるように駐車してますから、これだと、なにかあった際に、消防車や救急車が中に入ってこれずに、命の問題になります。
まあ、管理人としては、事前に、「来客用駐車場はありませんからコインパーキングをご利用下さい」と、夏季専門バージョンの大きな掲示物を貼ってありますから、いちおう、その車に「駐車禁止」の張り紙を貼っておしまいです。
防犯カメラを調べれば、その車の持ち主はわかりますし、こういうのは「去年も来た」なんていう、身元がわかっているのもあるので、その人に直接注意することもできますが、ごたごたしたくないので、対面注意はしません。

悪いやつが悪い。管理人はちゃんと仕事はしている。

ってことです。

ただ、巡回中に、中に入ってくる車に鉢合わせすることがあります。見ているのに注意をしないと、他の住民から「あの管理人は見て見ぬふりをした。職務怠慢だ」とかチクられますので、この時は直接注意をしないといけません。

注意された側はたいてい、
「年に1回の帰省時くらい多めに見ろよ」
(そういう人がいっぱいいるのよ、この時期は)
とか
「じいちゃんばあちゃん孝行をしにきたのに、その言いぐさはなんだ」
(関係ねえよ)
とか
「ちょっとの時間なんだからいいだろ」
(そう言って、あんた、去年は3日間ずっと置いていたろ)
とか
「周りのコインパーキングが全部いっぱいだったんだから、しょうがねえじゃん」
とか、
言い訳します。
誰一人、「すいません」と謝る人はいません。

この中で気になるのが「コインパーキングが満杯」という言葉。

実は、この時期は、私は、出勤前に周辺のコインパーキングの空き状況を毎朝調査しています。
「じゃあ、どこにコインパーキングがあるんだよ?」と聞かれた場合に備えての知識です。
なので、コインパーキングの空き状況がわかっており、「いっぱいだから置けない」というのが、「適当なウソを言っている」というのがすぐにわかります。
たしかに、今、近所で大きなビルの建設工事をしており、いつもは、それの関連車両がコインパーキングにいっぱい置かれているのですが、この工事もお盆期間中は休みなので、それの車は来ていません。
なので、「それ、ウソでしょ。空いてますよ」と指摘します。
でも、そういう「正しいこと」を言うとキレる人はけっこういるもんで。対応に困ります。

さて、こういう状況はどこのマンションでも同じようで。
さきほど、近所の知り合いの管理人が、うちにやってきて、「ちょっと聞いてよ、トホホさん!」と愚痴を言いに来ました。

「来客が無断駐車してて、それを注意したら、”掃除人風情が文句を言うんじゃねえ”って言ったんだよ。これって、身分差別だよね、ヘイトだよね。違法だよね!」って、彼は訴えます。

ほんと、この世の中の「管理人差別」って、ひどいです。みんな悔しい思いをしております。

しっかしなあ、高級外車に乗ってるくせに、コインパーキング代をけちる神経がわからんです。


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ










何か、「みんなのためにやっている」ということを思いたい心理

西日本の水害の現場で「現場にとっては迷惑な、お仕掛けボランティア」が問題になって、実際に、どこかのアホな議員が、それで辞任に追い込まれましたが・・・・

世の中、「他人のため」と言いながら、実は自己満足のためにはたらく人もけっこういます。


index



当マンションのように、建物が大きくて、役員の数も多い場合、今期の理事会役員の中には、役職構成上、「なんの役割分担もない、平役員」というのが数名います。

この人達は、役割分担決めの際に、あれこれ理由をつけたり、策略をはかったりして、「無役でいたい」という自分のわがままを通した人なんですが。
自分から無役を望んだのに、いざ、「今期の役員の活動開始」となると、他の役員が働いているのを見て、「何かやりたいなあ」と思い出す人がいまして・・・・
(その役員さんたちが楽しそうに会話しながら働いていたりするのを見ると、羨ましくなるんです)

突然、「管理人さん、ゴミ置き場の整理の仕事を手伝うわよ」とか言い出して、やってくるのです。

「え? でも、++さんって、何の役職もないですよね? 理事長から何か指示を受けたんですか?」

「いいえ、何の指示も受けてないわ。それに、あたしって、他人から指示されるの嫌いな性格でしょ?」
(知らねえよ、そんなの)
「じゃあ、どうして?」
「いやあ、他の役員がみんななにかしてるのに、あたしだけ何もしないのもなんだから、なにかしたくて・・・」
「でも、ゴミ整理の仕事って汚いし、危険だし。やめたほうがいいんじゃないですか?」
「いやあ、でも、これって、目立つ仕事だから、みんなが見てくれるでしょ? それに、頭を使わない単純労働で簡単そうだし・・・」
(おいおい、ゴミの分類は頭をすごく使う、難しい仕事だよ)

なんて会話をした上で、勝手に、私達の仕事に割り込んできます。
それでもって、ちゃんと仕事をしてくれればいいですが、実際は、何の知識もなくやってきただけなので、こちらにとっては迷惑なだけで・・・・
かつ、「あたしがこんなにがんばってるのに、見てくれる住民が少ないわね? もっと、人通りの多い時間帯にやりましょうよ」なんてことを言い出すし。

「ゴミに関することは私達の仕事ですから、何もしなくて、けっこうです。それよりも、役員であれば、駐車違反をなんとかする、とか、ペット飼育の規則を守らない人をどうするか? とか、そういう、本来の理事会の仕事をしてくれませんか?」とお願いすると、
「そんな面倒なことしたくないわよ。もっと、単純で楽で、目立つ仕事ってない?」



う〜ん、ほんと迷惑なだけだな、この人。


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ
















清掃パートさんは不用品回収係?

job_seisou_woman



相変わらず、当マンションでは、清掃パートさんが固定しません。
最低賃金で、こんなに大変な(特に、ここの特徴として、精神的に疲れる)仕事をする人がいるわけがないのです。

そんなわけで、「派遣」とか「体験入社」とか「見学」とか・・・

とにかく、「入れ替わり 立ち代わり」って感じでいろんな人が来ます。

今、来ている人に関してですが、「嫌です」とか「けっこうです」とか、そういう「断る」ことができない性格のようで・・・・

うちのマンションの住民は、貧乏性の人が多く、「不用品」を捨てることができません。また、メルカリみたいなITを使うこともできません。
なので、以前から、「これ、うちで使わなくなったものなんだけど・・・ 管理人さん、使ってくれない?」って押し付けてくることが多々あります。

私も経験値を積んで、「いらないものはいらない」とはっきり断るようになっているので、最近は、私に対して押し付けてくることはないのですが、そんな時に標的になるのが、新人の清掃員さん。

「あ、ありがとうございます」とか言って受け取っちゃうのです。
そして、「管理人さん 住民の方からこんなものもらったんですけど、なにかで使えますかね?」とか言って、私に押し付けます。


私も貧乏性なので、こういう「まだ使えるもの」を捨てるのは精神的に苦痛でして。
てなわけで、狭い管理室の中に、この手の不用品がどんどん集まってきて。

困っております。


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ











最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ