とほほ管理員の「マンション つらいよ日記」

モンスター住民相手に毎日悪戦苦闘する、マンション管理人の日記です。

このブログは、「自称 売れない小説家」の中年オヤジが、「自分が、もし、マンションの管理人だったら、こういうことが起きて、こんなふうな愚痴をこぼすだろうなあ」と想像したことを書き記している、「空想ブログ」です。
ですから。ブログ内に書かれることは、報道記事などの社会的事実の引用以外は、ほとんどが、「フィクション」です。

その点をご承知のうえ、お読みください。

なお、このブログは、本家であるHP「管理人は超つらいよ」の付属ブログという位置づけになっており、日々、脈絡のないことを書きなぐっています。

マンション管理に関することをきちんと調べたい方は、本家HPをごらんになってください。なお、ジャンル別インデックスもありますので、ご利用ください。

なお、「マンション管理人ブログ」の体裁をとっていますが、本人は、マンション居住が長く、複数のマンションで、理事長を計4期務めた経験もあります。そこでもいろいろな経験をしているため、「理事長視点」で書かれたコンテンツもあり、ただの管理人ブログとはちょっと違い、管理組合役員が読んでも参考になるように書いています。ですから、管理会社側の悪口も書きます。

以上、ご理解のほど、よろしくお願いします。

注1:筆者は、マンション管理士さんのように「法律に関する難関問題をパスして合格した」人間ではなく、特に、昔書いた記事については、法律や条例に関して、正確ではないことを書いていることもあります。文章を鵜呑みにはせず、読者の皆さんはご自分で検証したうえで、「そうなのか」と思うようにすることをお勧めします。
また、個人情報保護・業務上情報保護の関係で、わざとウソを書くこともあります。そのあたりの斟酌をお願いします。


注2:このブログで書かれていることは、くだらないことかもしれませんが、それでも、私トホホ管理人の著作であり、著作権が存在します。
勝手に文章を引用することはお断りします。一言、連絡してください。
それから、「まとめサイト」のような、ただ、全部を丸ごと自動的にコピーして転載するような悪質なものは、お断りです。

注3:現実のマンション管理の現場では、「こんなに働く」「こんなに有能」「委託契約外のことまでやってしまう」管理人はいません。当記事を根拠に、「こういうことまでする管理人がいるぞ。だから、うちでもやれ!」とか言うのはやめてください。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

読者の皆様、アマゾンで買い物をする際は、ぜひ、このバナーからアマゾンサイトへ進んで、ご購入下さい。
貧乏管理人が泣いて喜びます。よろしくお頼み申します。



obon_nasu_kyuri

国会を見ていても「公務員の腐敗。いい加減さ」を痛感しますが、日々の業務でも、クソ役人に悩まされています。

さて、「七夕祭り」というと、7/7ですが、この日に、神奈川の平塚では有名な七夕まつりが開催されます。しかし、これまた有名な「仙台の七夕祭り」は、8月に行われます。つまり、1ケ月ずれるわけです。

また、「お盆」も、一般的には、8/15周辺で、テレビニュースで「お盆休みの帰省ラッシュ」とか言う時は当然、この8/15周辺のお盆のことを言うわけですが、地域によっては7/15周辺だったりするわけで、実際、当マンションでも、今年の2月に奥さんが亡くなった部屋では、この前、玄関ドアの前に、茄子の牛を置いていました。

ですから、7月のお盆も「アリ」なわけですが・・・

東京の豊洲問題ではないですが、今、あることで、役所と当マンションの間で、ちょっとした揉め事がありまして。これは、昨年の夏からいろいろとこじれているのですが・・・・
今年の4月の時点で、市役所の役人が「はっきりと日程は言えませんが、お盆明けの頃に、みなさんと話し合う機会を設けたいと思いますので、ご準備のほどよろしくお願いします」と口頭で伝えてきました。(※いつものとおり、役人は、文書で伝えません)
これを聞いて、管理組合側は「お盆明けか。ということは8月の下旬だな。だったら、7月末開催の理事会で、この件について役員たちで話し合って、マンション側の意見を決めておこう」としたわけですが。
なんと、その「会」は、7/18に役人がやってきて、「では、7/23に開催しますのでよろしくお願いします」と言ってきたのです。
こっちとしたら、「はあ???? なにそれ?」って感じです。
そしたら、役人は、「前回お伝えしたとおり、お盆明けの頃の開催ですが、まずいでしょうか?」とのたまいまして・・・・

何、考えてるんだよ。
理事長に伝えると、「え? 8月下旬じゃないの? 7月の理事会の前に開催されても、意見の集約ができてないし、まずいよ」との反応。
でも、副理事長は、「あ、7/23ね。お盆明けだから、そんなもんね」とか言うし・・・

こういう、「2つの解釈がある日付」って、困ります。


まいったなあ。

(この役人、お正月も旧正月なのかな???)

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ










住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



2224894

昔、中学で英語を学習し始めたころ。

「道路」の英語が「ロード」だと知った時、「面白いなあ 英語って。反対にすると英語になるのか〜」と感心した覚えがあります。

さて、ツイッターをやってると、「よくもまあ、こんな汚い言葉を平気で使えるなあ」と呆れ果てることがよくあります。
まあ、今は、自民党が電通使って、アルバイトを雇って、そいつらにツイッターアカウントをとらせて、私らのような「自民の政策に反対する人間」に対して攻撃をさせてますから、ひどい言葉を使う人はますます増えています。(税金使ってそんなことやらせるな!)

そんでもって、この前、元AKB48の大島優子さんが、
https://www.youtube.com/watch?v=JinlpJ5NnM8

Fuck 

と書かれた帽子をかぶった動画を公開して物議をかもしだしました。
これに限らず、この4文字熟語は、今は、日本にも浸透して、よく使われています。

ちなみに、「中指1本を立てる仕草」も、けっこう、日本人の中に浸透してきて、私が、「街中でタバコをポイ捨てする高校生」を注意したら、その仕草を返してきたことがありました。
でも、その仕草って、我々{痔持ち」の人間にとっては「座薬を挿入する」仕草でして、映画とかで、あの仕草を見ると、「君も痔なのか、大変だね」とか思ってしまうわけです。

さて、この「Fuck」ですが、昔、論語を勉強した際に、「四十にして惑わず」=「不惑」、これと同じじゃないか、と思いました。

人生を達観できるようになるのが、「Fuck」なんですねえ。

でもって、その後、仏教をあれこれ勉強してたら、「不悪口」という言葉を知りまして。
これは、読みは「ふあっく」と読みまして、Fuckと完全に一致します。
しかし、意味は、「悪口を言わない」ということでして。

「Fuck」と「不悪口」が、完全に反対の意味になるわけで、「ほんと、言葉って面白いな」って思った次第です。

これからは、悪口を言ってくる相手には、「ファック! ただし、仏教用語」と返してあげようかと思っております。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ







fish010

大滝詠一の「空飛ぶくじら」って、いい曲です。

ところで、クジラも空を飛ぶし、魚にも飛び魚なんてのがいるし、・・・・ 木魚が空を飛んでもいいのかもしれません。

今朝、うちのマンションで、木魚が空を飛んでいる、いや、空から落ちてくるのを見ました。

8階の認知症高齢者の稲田朋子さん(仮名 元弁護士)が、仏壇のところにあった木魚を、ベランダから外に投げ落としたのです。

そして、その落下地点には、「今日から夏休みになって、朝から遊んでいる小学生の子供たち (近所の友達も連れ込んでいたため、大人数)」がいて、木魚は、その子供の集団の真ん中に落下。そして木っ端微塵。子供はみんな目がテン。

私はその様子を見ていて、「このマンションには、頭の病気のおじいさんやおばあさんが多いから、時々、こういうことがあるの。危険だから、こんなところでは遊んじゃダメだよ」と諭しました。

いつもだったら、管理人の言うことには従わず、私がいなくなったら、またそこで遊び始めるとか、「だって、::::なんだもん!」とか反論する子供たちですが、今回はさすがに、素直に従いました。


それにしても、こういうことがしょっちゅうある当マンション。今、日本では「ヒアリ」が話題になってますが、うちでは、こういう「ヒヤリ!」がいっぱい起きています。いずれ、全国ニュースになる日も近いと思います。

なお、管理会社としては、その時に、管理会社の責任を追及されないよう、言い訳は十分用意しています。
っていうか、これほどのことが多発しているのに、何も手を打たない管理組合がすごいよなあ。
誰かが大怪我しないと動かないんでしょうね。
今のところは「奇跡的に誰も怪我をしていない」っていう「幸運」なだけなのに。

認知症住民だけでなく、強風が吹けば、共用廊下にぶら下げている「傘」が吹っ飛んで落下することもあります。
ベランダの手すりの上に植木鉢を置いている部屋もかなりあり、それが落ちることもしばしば。

「管理人が巡回の際には、必ずヘルメットをかぶっている」ということの意味をよく考えて欲しいなあ。こっちも命がけで仕事してるんだから。


でもまあ、今回は、「じゃまな子供たちを追い払う」ために役立ったのはいいことだったかもしれません。


(なんちゅう、マンションなんだ、トホホ)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ













う〜ん、今年も芥川賞を取れなかった。無念。

(いちおう、自称小説家なので、こういうことも書いておく)

同業者さんのブログで

「マンション管理人によるマンション管理」というのがあり、注目をしております。

ただ、これ、「Yahooブログ」で書かれてまして。Yahooブログはとにかく構成が見にくいので大嫌いなんです。できれば、別のプロバイダーで読みやすいのを書いて欲しいなあ。

さて、その最新記事が「カメラ付きインターホン」に関してです。

この記事、すごく同感です。

特に、
全戸の玄関にカメラ付き子機を取り付けていれば館内に
150台以上ものカメラが追加されたことになり、かなりの抑止力なったのでは?

という文章、ガッテンボタンを20回くらい押したいほどです。


実は、私、先日、友人のマンションに行ったところ、そこが、つい最近、管理組合負担で、全室に、カメラ付インターフォンを交換工事したマンションでして、興味があったので、その機能を教えてもらったのですが、「すごいなあ、便利だなあ」と感心しました。

そこのインターフォンは、ビデオじゃなくて静止画で記録されるのですが、まず最初に「ワイドな絵」が1枚記録され、来訪者の全体像が写ります。ワイドなんで、その人が1人じゃなくて、2人とか3人の場合でも全員が見れます。その後、少し大きめの絵が記録されます。これは来訪者の上半身のアップという感じです。
でもって、音声は10秒間ほど記録されるようになっていて、その来訪者が名乗れば、社名と個人名と用件くらいは録音されます。
また、来訪者がインターホンのボタンを押すと同時に、小さなLEDランプが点灯するようになっていて、顔がけっこうはっきりと見えます。
それが、オートロックのある「玄関ホール」と、個別の玄関ドアのところと、2ケ所記録されるようになってました。
パパパっと簡潔に説明を受けただけなので、正確な機能を把握したかどうかわかりませんが、とにかく、非常に便利で有用だなと思った次第です。

特に「いいなあ」と思ったのは、「ワイドとアップの2種類の画角の画像が記録される」ということ。これはすごいなあ。
これだけの機能があれば、上記ブログのように、防犯カメラとしても十二分に機能するでしょうし、抑止力もすごいです。

我々管理人からしても、「ゆうべ、なんか怪しい営業マンが来たのよ」という苦情があった場合、今までは「どんな姿の男でしたか?」とか聞いてましたが、これがあれば、画像で記録されてますから、一目瞭然です。

これ、うちでも導入して欲しいなあ。

ほんと、素晴らしい。そして、このインターホンのすごいのが、「今までの音声だけのインターホンの電気回線でも、そのまま交換できる」ということ。別途新たな電気配線工事は不要なんだそうです。

すげえなあ。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ









↑このページのトップヘ