とほほ管理員の「マンション つらいよ日記」

モンスター住民相手に毎日悪戦苦闘する、マンション管理人の日記です。

<ご挨拶> 初めて、このブログを訪問なさった皆様へ、お断り

このブログは、「自称 売れない小説家」の中年オヤジが、「自分が、もし、マンションの管理人だったら、こういうことが起きて、こんなふうな愚痴をこぼすだろうなあ」と想像したことを書き記している、「空想ブログ」です。
ですから。ブログ内に書かれることは、報道記事などの社会的事実の引用以外は、ほとんどが、「フィクション」です。

その点をご承知のうえ、お読みください。

なお、このブログは、本家であるHP「管理人は超つらいよ」の付属ブログという位置づけになっており、日々、脈絡のないことを書きなぐっています。

マンション管理に関することをきちんと調べたい方は、本家HPをごらんになってください。なお、ジャンル別インデックスもありますので、ご利用ください。

なお、「マンション管理人ブログ」の体裁をとっていますが、本人は、マンション居住が長く、複数のマンションで、理事長を計4期務めた経験もあります。そこでもいろいろな経験をしているため、「理事長視点」で書かれたコンテンツもあり、ただの管理人ブログとはちょっと違い、管理組合役員が読んでも参考になるように書いています。ですから、管理会社側の悪口も書きます。

以上、ご理解のほど、よろしくお願いします。

注1:筆者は、マンション管理士さんのように「法律に関する難関問題をパスして合格した」人間ではなく、特に、昔書いた記事については、法律や条例に関して、正確ではないことを書いていることもあります。文章を鵜呑みにはせず、読者の皆さんはご自分で検証したうえで、「そうなのか」と思うようにすることをお勧めします。
また、個人情報保護・業務上情報保護の関係で、わざとウソを書くこともあります。そのあたりの斟酌をお願いします。


注2:このブログで書かれていることは、くだらないことかもしれませんが、それでも、私トホホ管理人の著作であり、著作権が存在します。
勝手に文章を引用することはお断りします。一言、連絡してください。
それから、「まとめサイト」のような、ただ、全部を丸ごと自動的にコピーして転載するような悪質なものは、お断りです。

注3:現実のマンション管理の現場では、「こんなに働く」「こんなに有能」「委託契約外のことまでやってしまう」管理人はいません。当記事を根拠に、「こういうことまでする管理人がいるぞ。だから、うちでもやれ!」とか言うのはやめてください。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

読者の皆様、アマゾンで買い物をする際は、ぜひ、このバナーからアマゾンサイトへ進んで、ご購入下さい。
貧乏管理人が泣いて喜びます。よろしくお頼み申します。



子供のいない人が理事長だと・・・

来期の新しい理事長がほぼ内定しました。
ここで気がついたのですが、ここ4年ほど、理事長に就任した人は、いずれも、「子供のいない人」(夫婦もいるし、単身者もいます)でした。

子供の有無が管理組合運営にどう影響するかというと、やはり、子供のいない人って、子供のことを考えられません。
子供に関する案件があっても、無関心だし、改善しようとも思いません。

実は、マンション内の設備で、「子供がいたずらして怪我をする可能性があるから、なんとかしたほうがいい」と、私が何度も何度も、口を「ポッカレモンを原液で飲んだみたいに」すっぱくして言っている案件があります。
でも、いずれの期の理事長も、みんな、「シカト」です。
今のところ、たまたまラッキーでなんの事故も起きていませんが、いずれ大事故が起きるかもしれないと心配しています。
私が個人でなんとかしたいところですが、ちゃんと予算がついて専門家による工事をしないとだめな案件なので、私一人ではなにもできません。

申し訳ありませんが、私としては、大事故が起きた際に、「ちゃんと何度も理事長に警告しました」という証拠をしっかりと残して、責任を逃れるしかありません。

うちのマンションの役員って、「自分は東棟の住民だから、西棟のことなどどうでもいい」とか「子供がいないから子供に関することは知らん振り」とか「認知症なんかうちには関係ない」とか「植栽には興味はないから」・・・・・

自分に直接関係のないことは一切何もしない。

という人ばっかりです。

困ったもんだ。


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ








何が適正か? それを見定める「眼」はあるのかなあ?

しあわせデザイン研究所さんの最新ブログ記事。

「管理人は、実質上、管理人ではなく清掃員にすぎない」
「清掃員として考えた場合、現状の勤務時間は過剰」
「このため、勤務時間を大きく削減し、コストカットした」
っていう話なんですけど。

概ねこの記事の内容には賛成なんですが、全部賛成するわけではなく。

だいたい、この手の「管理人業務時間の削減」の場合、事前に、住民アンケートを取るのですが、その結果をはたして鵜呑みにして良いのか? ってのが疑問なんです。
なんでかっていうと、住民の中に、「管理人業務」のことをちゃんと理解している人がどれくらいいるのか? ってことで。

うちのマンションで言えば、住民全体で500人くらいいる中規模マンションですけど、「ちゃんとわかっている」って、私が思える住民は3人ほどしかいません。
理事長を経験し、私が毎日のように報告書を書いて提出していても、その報告書なんかろくろく読んでませんから、理事長経験者であっても管理人のことなんかわかってません。

そういう面もあるし、マンション管理士がどれだけ、管理人や清掃員のことをわかっているのかも、はなはだ疑問です。

ただ「時間を削減する」のではなく、もっと、「こういうことをやって清掃業務を効率化した」なんていうのをブログに書いて欲しいと思います。でも、無料でそういうことを教えてはいけないのかなあ?

清掃って、一番、そこの住民に対してアピールできるものなので、ええかっこしいの管理人は、朝の、住民の多くが出勤していく混雑時に、玄関ホールとかを掃除して、「私はこんなにがんばってるんだよ」というのを住民に知らしめようとしますが、これってどうでしょうか?

住民がひっきりなしに通行するところで清掃をしていたら、清掃の能率は悪いし、住民から見れば「通行の邪魔」です。私だったら、「朝の出勤ラッシュ」が終わって一段落してから、玄関ホールの掃除を開始します。

また、玄関ホールのドアのガラスの清掃も、朝一番にやっていると、なんか、「この管理人さんがんばってるなあ」と思いがちですが、ガラスのドアを一番汚すのは、子供です。
午後の2時3時になって、学校から子供が帰ってくると、ガラスに素手でベタベタやるので、ガラスは油でベトベトになり、その汚れは翌朝の掃除のときまで残ります。
私の場合、小さな子供たちが学校から帰ってきて汚しまくる時間が過ぎてから、ガラスの掃除をします。そうすれば、きれいな状態が長い時間続くことになります。

このように掃除の仕方というのは、そのマンションの状況に合わせて臨機応変にやるものです。

そのへんまでわかって、コンサルタントをやっているのだとしたら尊敬します。


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ








ヤブガラシ 対策方法 まさか、こんな方法とは???

「暖かくなると困る」シリーズの続きです。

ヤブガラシという雑草があります。
すごい繁殖力の雑草で、当マンションでは、隣地境界部分にある「フェンス」に繁茂するため、毎年頭を悩ませていました。
手作業でむしりとるのですが、地下茎のある植物のため、地中に残っている茎から、また、必ず芽を出して成長します。なので毎年イタチゴッコを繰り返すわけです。
うちに来ている植木屋さんは、除草剤を撒いてくれるのですが、これも、地中の根っこには浸透しないようで、また、芽が出てきます。

それで、悩んでいたわけですが、こんな記事を見つけてしまいました。

ヤブガラシの駆除方法

この方法、まさに「目から鱗」です。
薬品も使わずに、本当にこんなふうに駆除できたら、これは素晴らしいです。

でも、フェンスとかに巻きついたものを切らずにほどくって、けっこう大変なんですよねえ。

まあ、とにかく、今年はこの方法を試してみます。

効果あるかな??

定年退職して何年も経つのに・・・・ ずっと同じ制服

男性が定年を迎えた時。

「自分の趣味に生きる人」なんてのもいますが、不器用な男の人は何をして良いのかわからず、とりあえず、「サラリーマン時代みたいにスーツを着て出かけてしまう」なんて人がいます。

実は当マンションには、定年退職して、その後5年もたつのは、いまだに、以前やっていた仕事の「制服」(作業服みたいな感じのもの)を着続けて生活している男性がいます。

心理はわかりませんが、以前やっていた自分の仕事に対する「誇り」がすごいのか、はたまた、「本当に普段着を持っていないのか?」、よくわかりませんが、とにかく、私の視界に入るときはどんなときでも、その制服を着ています。


seifuku_bad3_blazer

まあ、その制服はそこそこかっこよく、その人の着こなし方もなかなかサマになっているので、その制服姿を見たからと言って不快になるわけでもないのですが、私同様、他の住民も気にしているわけで、そういう人たちが、「ねえねえ、管理人さん。なんで、あの人はいつも制服なの? もう働いてないんでしょ?」って質問されるから面倒なんです。

そんな男性なんですが、この前、奥さんが病気で亡くなりまして・・・・

その葬儀の日。なんと、その男性、「いつもの制服」で現れまして・・・・
集まっていた親戚の中からも、「なんだ、そのかっこうは!」って怒られてました。

まあ、管理人にとっては、あくまでも「他人事」ですから、余計な口は挟みませんが・・・・

ほんと、なんでなんだろ????


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ








中国人のことを笑えない 公共マナーのひどさ

当地域にも近くにちょっとした観光地があるため、そこに中国人観光客が訪れます。
そこでの「マナーの悪さ」が時々問題になり、今日の地元新聞の紙面にもそのことが載っていました。

さて、ちょっと前に「暖かくなってくると虫がわいてくるので嫌だ」ということを書きましたが、暖かくなるとマナー違反者が沸いてくるのも嫌です。

さっき、館内巡回をしていたら、共用廊下側に面した部屋の窓から2本の手が飛び出していました。
その手の先にあったのは、これ。

tsumekiri_woman


そう、なんと、部屋から手を突き出して、共用廊下の上で、つめを切っていたのです。
当然、切った爪は廊下に落ちます。
ということは、当然、それを掃除するのは、我々管理会社の人間ということで。

参ったなあ。っていうか、よくそんなことできるなあ、ってあきれ果てました。

この時期、階段の踊り場に腰掛けながらタバコを吸う人もいます。その吸殻もポイ捨てです。
また、最悪なのは、廊下で、ペット犬のブラッシングをする人がいること。中型犬なので、けっこうな量の毛が落ちます。これの掃除も我々です。

こういうのがいっぱいいるのです。
桃太郎侍連れてきて、全員、ぶった切って欲しいもんです。


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ








こういう温泉施設は好きじゃない

以前書いたことと重複しますが、どうかご勘弁を。

日曜日、天候も良かったことから、原付バイクを飛ばして、隣県にある、某「日帰り温泉施設」(老舗温泉ホテルが日中だけ「日帰り利用可能」として営業しているもの)に行って参りました。

今は、ネットがありますから、下調べは十分に行なったつもりでしたが・・・・

またまた、騙されてしまいました。


spa_tour004

 崔謀鬚小さい」
温泉施設って、いろんな個人ブログで紹介されますが、その性質上、お風呂の様子をスマホで撮影した写真などは滅多にありません。なので、浴場については、そこの公式HPの写真を見るしかないわけで。
HPの写真では、十数名は一度に入れる、大きな内湯と、露天風呂があったはずですが・・・
実際に行ってみると、内湯は4人で目一杯、露天は3人で目一杯という、超狭いお風呂しかなく。そして、露天は、深いアリジゴクの巣の底のような場所にあり、眺望はゼロ。広大な敷地があるのに、なんで、そんな構造にしたのか不可解なほど、ひどい露天風呂でした。
この「狭さ」について、帰り際にフロントの女性に文句を言ったら、「あの写真は女湯なんです」とのこと。

あちゃ〜、昔の温泉旅館は「男湯が大きくて、女湯が小さい」というものでしたが、最近は、利用客の数にあわせて、それが逆転し、「女湯が大きくて男湯が小さい」というパターンが多く、まさにそれだったわけです。
うちの近所にあるスーパー銭湯も、女湯が男湯の倍くらいの大きさになっています。

女性上位の世の中ですが、こういうのは男女平等にして欲しいもんです。


▲蹈奪ーが有料
これも何度も書いてますが、観光地の温泉施設でよくある手で、表面上の「入浴料」とは別に実際は、脱衣ロッカー代がかかる、という詐欺的商法です。
リピート客を大事にする「スーパー銭湯」では、こんなことはせず、「100円入れたらあとで100円が戻ってくる=事実上無料」というのが当たり前ですが、「2度と来ないであろう観光客をだます」姿勢の観光地では、「100円が戻ってこない脱衣ロッカー」という手法がよくあるのです。
ですから、「入浴料」が1000円であっても、実際には、「お風呂に入るには1100円かかる」ということになります。なんともセコイやり方です。
さて、そういう「100円を騙し取る」温泉施設の経験は多々ある私ですが、今回の温泉施設のやり方には驚きました。

ロッカーの壁面には、大きな紙に、こう書いてありました。
「このロッカーは100円玉を入れる方式です」
「使用後100円は戻ります」

これだけ見ると、「リターン方式で事実上無料」というふうに考えます。私も、「良かった」と思い、100円を入れてドアを閉じようとしましたが、鍵がかかりません。
「え?」
再度、ロッカーの蓋部分を見たら、小さな字で「200円入れてください」と書いてあります。
ロッカーに200円を入れる方式なんか、私、初めてです。
仕方ないので200円を入れて鍵をかけました。
そして入浴後、脱衣所に戻り、、ロッカーをあけたら、「チャリン」と音がして、100円玉が戻ってきました。

しかし・・・・  戻ってきたのは100円玉が1枚だけ

「え??? どういうこと???」

これもフロントの係員に聞きましたら、
「200円を入れて、100円が戻る方式です」とのこと。
「そんなこと書いてなかったじゃないか!」と怒ると。

「使用後100円は戻ります」と書いてあって、ウソではありません。「200円が戻る」とは書いてありませんよ。
「ロッカー利用料が100円」ということです。
とのこと。

う〜ん、なんとも巧妙な詐欺です。

たしかに、200円入れようが、300円だろうが「100円玉を入れる方式」には変わりありません。
そして、戻ってくるのは「100円」と書いてあり、「100円玉が戻ってくる」とは書いてないし、「200円戻ります」とも、「無料ロッカーです」ともどこにも書いてないし・・・・

よく検証すると、警察に「詐欺です」と訴えても、財務省の官僚の言い訳のように、なんとか理屈で言い訳できそうです。

しかし、客商売としては最低だと思います。この温泉、絶対に2度と行かない。

それにしても、こういう大事なことがなんでネットには載ってないんだろう? 

せっかく楽しみにして、数時間もかけてわざわざ出かけて行ったのに、こういうことでとても悲しくなった温泉旅行でした。トホホ。


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ







最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ